FC2 Blog Ranking

2017-11

Latest Entries

ミニサイズなりにおもしろい、ホニアラ市内ふらふら観光。バヌアツで早速カババーへGO!

6/10 ソロモン諸島/ホニアラ →(ソロモン航空)→ バヌアツ/ポートビラ ポートビラ泊

ソロモン諸島最終日。まだまともにホニアラ観光をしていなかったので、ふらふら市内へ。
そういえばソロモン人、「グッドモーニング」のグッドを勝手に略して「モーニン」とだけ言ってくる。グッドイブニングもしかり、ピジン英語やね。

宿から市内へ歩いて行くとまず出くわすのが、小さい街にしてはやたらでかい教会。前も書いたけどこの国、メラネシアで最も熱心なクリスチャンが多いらしいのだ。

IMG_8608.jpg

一応職員の方に入っておkか聞いてみるが、人のいいソロモン人、予想通り0.1秒後に快くおkの返事が返ってくる。
それにしても南国らしい開放感たっぷりの教会ですこと。


IMG_8610.jpg


さらに、(こんな観光資源に乏しい国ではなおさら)定番観光コースの市場へ。

IMG_8621.jpg


さっそく入口付近のスイカ売りのオッサンに絡まれる。

IMG_8624_20170820230220ea8.jpg

このオッサンは近くの島からわざわざスイカを売りに来たそうで、彼みたいな人たちのおかげで週末の方がにぎわうそうな。わざわざ市場観光を土曜にぶつけてラッキー。
彼の島にも日本人ボランティアがいるとのことだった。


IMG_8628.jpg
海外ではなかなかこんな立派な貝が売られているのはお目にかかれない


IMG_8632.jpg
南太平洋ならではのやたら充実した芋ゾーン


IMG_8638.jpg
フィッシュアンドチップスならぬケマラチップス。サツマイモ、魚、ネギ入り


IMG_8641.jpg
せっかくなので店のオッサン一押し、怪しい着色料ドバドバ系ジュースも飲んでみる

いやーやっぱ(こんな観光資源に乏しい国ではなおさら)市場観光は楽しいですな。
今度は山の手へ向かってみる。

またまたでかい教会が出現してきたので、

IMG_8647.jpg

一瞬だけミサ?を見学して

IMG_8649.jpg


例のハイエースミニバスをつかまえて向かったのはスカイラインにある米軍記念碑。

IMG_8651.jpg

うーん一昨日行ったアウステン山の日本記念碑より明らかに立派、しかも無料。
これが戦勝国の余裕なのか。。


IMG_8652.jpg


再び市内に下りる途中に国会議事堂があるとのことなので、寄ってみる。
敷地入口にゲートがあったので一応職員の方に入っておkか聞いてみるが、予想通り0.1秒後に快くおkの返事が返ってくる。さすがに中には入っちゃダメよと言われたが、一国の国会議事堂にこんな得体の知れないガイジンを通らせてセキュリティ大丈夫なのだろか。。

といっても人口65万ほどの国、予想通りの小ささ。田舎の役場レベルである。

IMG_8666.jpg



IMG_8670.jpg
議事堂横の休憩所、「議員以外立ち入り禁止」とあったのにどう見ても議員でないギャルが一人でくつろいでいたw

その国会議事堂から徒歩5分で国立博物館。ただこちらも案の定国立とは思えないサイズ。。

IMG_8681_201708210001324bf.jpg

しかもこちらの建物は改装中か何かで、実際に入れるのはさらにショボいこんな建物。これ倉庫とかじゃないの?


IMG_8682.jpg

もちろん3分ぐらいでちゃちゃっと見て回れる。展示物はホコリをかぶっていてやる気のなさ満載だし、そのくせ謎に撮影禁止だし、入場料寄付制なのに「ちゃんと払ってってね」アピールは忘れないし。。

IMG_8683.jpg
屋外展示もあるけど、、うーん。。

南太平洋諸国なら当たり前なのだろうけど、こんな全てがミニサイズ的な国はなかなか経験がないので逆に感動。そういえばメインストリートのごく普通の建物にもなんとか省だのオリンピック委員会だの書かれていてテンション上がったし。こうなったら伝説の島国ナウルやらピトケアン諸島やらにも行かなあかん!


IMG_8687.jpg
そんな街に不釣り合い?なシャレオツなカフェでランチ

ソロモンドルが余ったので、空港までは宿の送迎バンを変態ドイツサッカーファントリオ(前回の記事参照)の一人のブラウンシュバイクサポとワリカンすることにした。彼はバヌアツではなくその少し前のフライトでフィジーに向かい、その後オーストラリアでアマチュアリーグを観に行くそうな。

空港に着いてからもディープサッカートークが続き、ゲートで別れる。そういえばチェックインのときに全く別人のボーディングパスを発行してきた。いくら島国でなんくるないさー精神があるとはいえそれはあかんでしょ。。

ところが彼のフライトはオンタイムで出発したものの、我らがソロモン航空ポートビラ行きは謎の遅延。南太平洋旅の諸先輩方のブログを拝見すると1日2日も遅延することがあるようなので覚悟はしていたが。。

「遅れました。てへぺろ☆」以外のアナウンスも一切なく、遅れて当たり前感が漂う。
売店でバヌアツの旅行会社に到着が遅れる旨の国際電話をただでさせてくれたのはありがたかったけど(慣れてんのか?)


IMG_8696.jpg
お礼も兼ねて目に付いたココナッツジュースを買ってヤケクソで飲み干す


IMG_8697.jpg
ゲートにて。やはりこの国に来る日本人は慰霊関係がほとんどなのね、と改めて思い知る

これで今日飛ばなかったりするとあとの旅程がドミノ倒し的にパーになるのでガクブルしていたけど、結局1時間半ほどたってやっと出発。


IMG_8702.jpg



IMG_8707.jpg



IMG_8709.jpg


フライトは全く問題なく、バヌアツの首都ポートビラのバウアフィールド国際空港に到着。記念すべき80ヵ国目の入国であります。
ソロモン諸島やオーストラリアと同じくやたら食べ物の持ち込みについて税関で聞かれ、空港ロビーへ。ソロモンとは打って変わってバヌアツは送迎にまともなホテルつきのツアー扱いで手配しており、今回お世話になるサウスパシフィックツアーズの方がしっかりお迎えに来られていた。

すでに真っ暗になっていたが、ちょっと市内を車で走っているだけでもあのショボかったホニアラよりポートビラの方がさらに小さいのが分かる。我々ビンボー系旅行者から見たら豪邸ホテル(だが、世間一般から見ると中級ホテル)のメラネシアンホテルにチェックイン。すぐにバヌアツでのto doリストの一つ、カババーへと歩いて向かう。一応バヌアツのメインイベントはアンブリム島の火山トレッキングなのだが、バヌアツ人が愛してやまないという謎の嗜好品飲料カバの調査もこの旅の目的の一つなのだ。


IMG_8724.jpg
赤提灯ならぬ青いランプが「カバありますで」のサインとのこと

カバとはなんぞや、まあ平たく言えばパプアやソロモンのビートルナッツ(ビンロウ)に似た嗜好品で、南太平洋の国はビートルナッツ派とカバ派の国に別れておりバヌアツはフィジーなどと並びカバの方が人気、、ということなのだがざっと調べてみるとかなり奥が深いようで気になっていた。せっかくサウスパシフィックツアーズの日本人スタッフの方も来られているので質問攻めにすると、、

・「カババー(別名ナカマル)」はポートビラだけで200軒以上ありバヌアツ人社交の場
・店ごとに味が違い、人気のカババーでは18時にはカバが売り切れる(そういえばサウスパシフィックツアーズとのメールやりとりのとき、カババーに行きたいと送ったら「売り切れるかもしれないのでできるだけ早く空港出てください」と返信が来た)
・木の根が原料で、とにかくマズいため一気に飲み干し、水でゆすいではき出す
・それゆえカババーには「ガー、ペッ」という下品な音が響きまくっている
・量で値段が決まり、初心者には100バツ(約100円)がおすすめ
・最近カバが高騰してきているが、値段を上げるのではなく薄めることで対応している
・何杯か飲むと効果が出てくる、いわゆるキマってくる(ただカバ中毒のバヌアツ人は効果が出るまでかなりの量のカバが必要)
・といってもアルコールのような興奮作用ではなく鎮静作用があるためカババーは薄暗く、静か


たしかにここのカババーも暗い、そして先客が5人ほどいるのに静か。居酒屋というより銭湯上がりに皆がくつろいでいる大広間みたいな落ち着きがある。テレビも付いてるし。そういえば広かろうとテレビが付いていようとカバの料金はどこもだいたい一律で、こんなところだと料金上げた方が儲かるのに、、なんて話もしていた。

それでは飲んでみませう。


IMG_8719.jpg
味噌汁のお椀?に入っているのはどう見ても泥水です本当にありがとうございました

見た目からしてドン引きなのだが、これを飲まないことにはバヌアツに来た目的の半分が達成されないので躊躇なく一気に飲み干す。
、、、驚愕のお味だった。とにかくマズい、世の中にこんなマズい飲み物が存在していいのか!と思わず憤慨するぐらいマズい。

かのエチオピアのインジェラが見た目雑巾、味ゲロならカバは見た目泥水、味も泥水(飲んだことないけど)。しかもインジェラは肉や野菜を包んで食うことである程度カモフラージュが効くが、こいつはもう一対一の真剣勝負するしかない。
カバの後酒を飲んでも悪酔いはしないようで(逆はよくないらしい)、すぐにローカルブランドのタスカーなるビールを飲めたのが救いだった。

でもとりあえずキマってみたいので、あと1、2杯追加で飲んで気持ち頭ボーッとしてきた?と感じた所で終了。
なんでもバヌアツには約80の島があるがそれぞれカバの味が違うそうな。これは明日のアンブリム島でもカババーに行かねばならぬ。やはりカバは調査のしがいがある奥深い文化のようなのだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://furafuramachiaruki.blog.fc2.com/tb.php/840-d324da06

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

takumi

Author:takumi
関西の某外大を卒業して日本社会の荒波へ、しかしまだまだ旅中毒末期患者。モラトリアム期間をなんとかして延長したい。。。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
旅行準備・スケジュール (36)
移動安宿ビザ等国別情報目次 (1)
日本/原付ツーリング (10)
日本/鉄道の旅 (8)
日本/その他 (28)
韓国 (13)
中国 (34)
香港 (3)
マカオ (2)
台湾 (6)
フィリピン (2)
ベトナム (3)
カンボジア (3)
ラオス (6)
タイ (2)
マレーシア (7)
シンガポール (2)
インドネシア (2)
バングラデシュ (7)
インド (4)
ブータン (8)
ネパール (4)
パキスタン (10)
キルギス (22)
カザフスタン (11)
ウズベキスタン (21)
トルクメニスタン (6)
タジキスタン (19)
アフガニスタン (5)
イラン (27)
アルメニア (7)
グルジア (7)
イラク領クルディスタン (11)
アラブ首長国連邦 (5)
ヨルダン (5)
イスラエル (8)
パレスチナ (2)
トルコ (25)
フランス (10)
スペイン (13)
ポルトガル (4)
イタリア (15)
バチカン (1)
サンマリノ (3)
ギリシャ (11)
スイス (2)
ベルギー (6)
ドイツ (3)
チェコ (2)
ハンガリー (5)
スロベニア (7)
クロアチア (6)
ボスニア・ヘルツェゴビナ (4)
セルビア (9)
モンテネグロ (6)
コソボ (7)
マケドニア (6)
アルバニア (9)
ブルガリア (8)
ルーマニア (14)
ウクライナ (2)
チュニジア (5)
アルジェリア (8)
モロッコ (18)
西サハラ (1)
エチオピア (26)
ジブチ (6)
ソマリランド (8)
モーリタニア (11)
セネガル (4)
マリ (12)
カナダ (2)
米国 (2)
メキシコ (2)
キューバ (2)
米領プエルトリコ (1)
ペルー (9)
ボリビア (10)
アルゼンチン (18)
チリ (9)
オーストラリア (2)
ニュージーランド (2)
パプアニューギニア (3)
ソロモン諸島 (4)
バヌアツ (6)
総集編 (18)
訪問国とルート (7)
観光に役立つリンク集、用語集 (3)
世界のサッカー (20)
スタンプ、ビザ (7)
世界の鉄道 (17)
世界のお金 (9)
パクチー栽培日記 (1)
ロシア (2)

 

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

 

FC2カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR