FC2 Blog Ranking

2017-06

Latest Entries

ティンプーとパロ駆け足観光。

6/16 ブータン/プナカ →(専用車)→ ティンプー →(専用車)→ パロ パロ泊


急遽泊まったホテルはラッキーなことにプナカの街の中心部。朝からふらふら散歩に出かける。

IMG_2151.jpg
やたら多い運動器具、真面目にトレーニングに励むオッサン、それを見つめる国王写真とシュール要素満載



IMG_2155_201608120025274b6.jpg
どこの街にもある寺院とマニ車。朝早いのにおばちゃんがグルグルやってる



IMG_2160_2016081200253998e.jpg
ネパール式チョルテン

プナカの街ももちろん伝統建築ばかり並ぶステキな街並み。日本でいえば村か集落レベルだけど。。
ちなみに行きに寄ったプナカ・ゾンは街からさらに奥にあり、街から歩いて行くのは難しい。


IMG_2170_201608120028088d3.jpg

たぶんティンプー行きかなあ、路線バスも見かけた。

IMG_2169.jpg


ガイドさんに聞くと、外国人ツーリストはガイドを同乗させたとしても路線バスには乗れないとのこと。そういえばこないだ日本のテレビでインド国境からトンサまでバスで旅行する番組見たのに、、と思ったが、大人の事情なんでしょう。

で、なぜかタクシー運ちゃんにはやたらと声をかけられる。いやいやガイジンにはガイドとドライバー付いてるって知ってるでしょあんたら。
タクシー運ちゃんは一般人と比べものにならないほど外国人にガツガツくるのは全世界共通だけど、シャイな人ばっかのブータンでもこの有様なのね。


IMG_2177.jpg
読むだけで号泣必至の説明文付きの国王写真
、、、の近くで初めて物乞いしてくるばあさんに出会う。ついに幸せの国のボロが出始めたか?お?


ホテルに戻ると、昨日の真夜中まで続いた悪路走行でベトベトのぐちゃぐちゃになった車の洗車中。


IMG_2182.jpg

「昨日大変だったっしょ、お疲れさんっした」とドライバーさんにお礼を言うといや慣れてるからとだけぼそり。その無口だけど頼れる男感漂うのがいかにもデキるドライバー。
そういえば英語を解すドライバーはブータンでは少ない、と聞いたけど今回の方は英語ぺらぺらでガイドさん不在の時はガイド代理みたいなことをもやってくれた。

さて一路首都ティンプーへ。


IMG_2186.jpg



IMG_2195.jpg
露店。やっぱりブータンの商売人はやる気なさげ


ティンプーの街へは峠道を一気に下っていくから、手前で街を一望できる。人口10万ぐらいだけど、前にティンプーを出て以来ずっと村か集落レベルしか見てこなかったからもちろん大都会にしか見えない。


IMG_2206_201608120043238ae.jpg
しかしここまで建築様式を徹底して統一してくると逆に違和感が。。


ティンプーではささっと観光。
まずはたぶんティンプーマストポイントのメモリアルチョルテン。


IMG_2208.jpg



IMG_2211.jpg


いつもにぎわってるんだろうけどそれにしても人多くね?と思っていると王妃の母上だか誰かがお越しとのことだった。そりゃ皆さん押し寄せるわな。
相変わらずこの国の仏教パワーと国王パワーはハンパない。


IMG_2218.jpg


さらにハンパないのがティンプーを臨む山にあるクエンセル・ポダン、通称ティンプー大仏。


IMG_2229.jpg

とりあえずばかでかい大仏が鎮座してるだけだしまわりに何もないし、インド人団体旅行者以外誰もいないし、なんか中国の観光地臭がするぞ?と思ってたらどうもシンガポールの富豪によってつくられたとのこと。しかしこれつくるのよく許可したよな、どうみても場違いなのに。。
そういえばテレビで国王夫妻と赤ん坊がここを訪問したニュースを延々とやっていたのを思い出した。



IMG_2241.jpg
外国人ツーリストはたぶん全員行くであろうブータンキッチンにて、これが正統派ブータン料理や文句あっか!といいたげな料理

うーん別に文句はないのだけどやっぱりツーリスト向けレストランよりはジモティー向け食堂に行った方がテンション上がるのよね。ってことを前にガイドさんに行ったはずなのだけど有無を言わさずここに連れて行かれる。たぶん大人の事情なんでしょう(二度目)

レストランから外を見ると、バスケ中。なのだが皆ゴを着てやっているのでブータンで生み出された新競技にも見える。

IMG_2239.jpg


その横にあるのは、、サッカー場?あ、これ代表のホームスタジアムのチャンリミタン国立競技場じゃないの??
てことで、急遽ガイドさんに自分がサッカーマニアであることを白状し連れて行ってもらう。もともと日程表になかったけどすんなりおkで、しかも客席がフツーに空いており誰でもうぇるかむなのがいかにもブータンだ。


IMG_2255.jpg
ブータンリーグ、、じゃなくてティンプーリーグなのね。。

ガイドさん曰くティンプーシティが強いとのこと。よく見るとドゥルックユナイテッドというクラブもある。この2クラブの対戦はブータンのマンチェスターダービーといわれている(嘘)
ただブータンで一番人気があるのはプレミアリーグというのは本当のようだ。

あいにくリーグ戦は今日やっていないものの、のんびり草サッカーをやっていた。いいなあ代表のホームスタジアムで草サッカーなんて。

IMG_2250_201608120105548cd.jpg
どっかで世界一美しいスタジアムって聞いたことあるけど、確かに。なんやあの寺っぽいバクスタは

ご存じかもしれないがサッカー代表といえば世界最弱レベルで有名、2002年には日韓ワールドカップ決勝の日に英領モントセラトと世界最弱決定戦も行われた。ところがそのブータンが最近猛烈にレベルアップ、2018年ワールドカップ予選でスリランカに2連勝してしまい日本と同じステージまで進んでしまった。結局中国やカタールと同じグループになったけど、日本代表がこのピッチに立っていた可能性もあったのだ。こんなスタでおなじみのおーにいっぽーの声が響いてたことを妄想すると胸アツ!
ちなみに案の定というか、ブータンはカタールにアウェーで15点取られるなどフルボッコの末予選敗退。

なぜかお坊さんがぼーっと草サッカーを観戦していたのでご一緒に写真を撮らせていただく。

IMG_2251.jpg
カメラ目線もらえなかったけどね!もおーやっぱりシャイなブータン人!このこのぉ


もちろん市場見学にも案内していただく。街の中心部サブジバザール。
通常市場がオープンするのは週末午前中だけということだったけど、平日のこの日も一応やっていた。


IMG_2259.jpg
肉肉しいエリア。ブータン腸詰めギュマが目立つ


IMG_2264.jpg
どうもブータン国産エリアと輸入品エリアに分かれているらしい



IMG_2279.jpg
お坊さんが唐辛子を品定め中


IMG_2278.jpg
そしてやっぱり売る気ない。。 このやる気のなさはキルギスのバザールを思い出す

週末の市場を見ていないから何ともいえないけど、やっぱりにぎわいに欠ける。路上販売や物々交換のほうがこの国ではメインなんだろうか?
山盛りの唐辛子の数々やヤクの皮などブータンらしいものが見れたのは満足だったけど。

一応今回の渡航は仕事も半分入っている、ってことで今回の手配旅行会社のボスの方を紹介していただき、お話しする機会もできた。
日本人メインの会社なのだけど、国王来日後のブータンブームで一気にやってきたあとはどんどん日本人が減っているとのこと。すみませんね熱しやすく冷めやすい民族でして。。w
今回の日本人特別料金キャンペーンも国交樹立30周年記念とか言っているけど日本人もっと来てくれ!ってのが一番の理由らしい。この会社でも今後は日本人だけでなく中国、インド、バングラ方面へのマーケットを広げていくとのことだった。バングラ人も海外旅行するのね。
また今まではとにかく国内の道路事情が悪すぎるため(そりゃ国一番の幹線国道が文字通り酷道だもんな)、旅行するのもつらかったけど来年は一気に改善される、だからこれからももっと日本人旅行しに来て!とのことだった。

せっかくなので今回の旅行のテーマの一つ、幸せの国ってなんすか?ということを突っ込んでみたが、
「個人個人の幸せなんて国は知ったこっちゃない。目指しているのは国全体の幸福。教育や医療を無料にしたり、伝統文化保護に取り組んだり、インド人の指導で水力発電所をブータン人で運用し、得た電力をインドに売るなどして環境保護と雇用改善と経済成長を同時に目指したり(今までは技術系の仕事はほぼインド人に任せてきたのだとか)・・・。国王も政府も、まずこのことを念頭に動いている」
簡単に言えばこういうことらしい。
なんだか自分の空っぽの頭では理解するのは難しいが、とにかく日本でいわれている「ブータン=幸せの国」と言うイメージはどこか誤解されているようだった。そりゃこの考えがどこの国でもベストなのは分かるけど、まず日本のような人口大国では無理だろう。人口70万の小国だからこそできる政策だ。
この国は程良い人口と自然環境、歴史文化、そして賢明な君主と政府に恵まれた奇跡の国だと改めて思う。そもそもインドと中国という国力も態度もデカい国に挟まれ、同じ文化圏のチベットとシッキムが消えた中でも上手くやっているという時点で奇跡な気がするけど。
そしてその賢明な君主と政府がその時々に応じた政策を打ち出し、国民も完全に信頼しているというのがなんともうらやましすぎる。

まあとにかく、「日本で蔓延している『ブータン=幸せの国』という風潮に一石を投じ、ブータンの実態を世間に知らしめる」というブータン渡航のミッションはこの時点でたたきつぶされることに。ええやんけ幸せの国で!


IMG_2286_2016081201204023f.jpg
ティンプーからパロへはこのリア充写真の前を通らなければならない


さあ、ついにブータン旅の始まりかつ終わりの地パロへ。


IMG_2293_20160812012040a80.jpg
見事な田園風景とパロ・ゾンを見下ろす



IMG_2303.jpg
パロ・ゾン内部へは背後の山から侵入。。


IMG_2312.jpg



IMG_2319.jpg


せっかくなのでブータン名物石焼き風呂ドツォにも入ってみる。これもガイドさんに「予定にはなかったけど入りたいッス」と言えばすんなり手配。1000円ほど取られるけど。
どうもどの街にも外国人ドツォ体験御用達農家みたいなものがあるようで、行ってみると日本人の先客がいた。



IMG_2349.jpg
ドツォ小屋



IMG_2328_2016081201542891b.jpg
ここで石を焼く



IMG_2345.jpg
やっぱ我々風呂大好き民族にはたまりません。ベダですがぜひ極楽体験を!




IMG_2348.jpg
お世話になった農家。風呂上がりのビール、じゃなくてミルクティーも振る舞ってくれた



夕食はブータン最後の晩餐にふさわしい、思いっきりローカルな食堂兼バー。ガイドさんの高校の同級生の実家経営、ってのがなんだかリアル感があってステキ。
明日もいるならクラブ開いてるんだけど、、、と最後までチャラいガイドさんは悔しそうに言っていた。


IMG_2358_20160812020635540.jpg



IMG_2355.jpg
山椒が効いた腸詰めギュマ、やっぱビールがススム!



IMG_2362.jpg
目の前であなたたち付き合ったらどうよ、とか言ってくるガイドさん
彼のおかげでブータン男の印象がだいぶ変わりましたわ。。


パロの街並みも日本の宿場町のようでなかなかいいのだけど観光が駆け足すぎてまともな街歩きはできなかった。でもブータンに空路で入っていきなりこの街並みを見ると間違いなく感動するはず。


IMG_2370_2016081202043835f.jpg
夜の街並みとライトアップされたパロ・ゾン


もちろん郊外のタクツァン僧院にも行けなかったけど、悔いはないッス。こんな奇跡の国をちょっとのぞけただけでも幸せ。お、これが幸せの国の底力か。。。


IMG_2382_201608120204345ce.jpg
ブータンの新聞初めてみたけどやっぱ一面はこれ以外ないよね。なぜか占いもあるぜよ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://furafuramachiaruki.blog.fc2.com/tb.php/803-91ca3593

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

takumi

Author:takumi
関西の某外大を卒業して日本社会の荒波へ、しかしまだまだ旅中毒末期患者。モラトリアム期間をなんとかして延長したい。。。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
旅行準備・スケジュール (36)
移動安宿ビザ等国別情報目次 (1)
日本/原付ツーリング (10)
日本/鉄道の旅 (8)
日本/その他 (26)
韓国 (13)
中国 (34)
香港 (3)
マカオ (2)
台湾 (6)
フィリピン (2)
ベトナム (3)
カンボジア (3)
ラオス (6)
タイ (2)
マレーシア (7)
シンガポール (2)
インドネシア (2)
バングラデシュ (7)
インド (4)
ブータン (8)
ネパール (4)
パキスタン (10)
キルギス (22)
カザフスタン (11)
ウズベキスタン (21)
トルクメニスタン (6)
タジキスタン (19)
アフガニスタン (5)
イラン (27)
アルメニア (7)
グルジア (7)
イラク領クルディスタン (11)
アラブ首長国連邦 (5)
ヨルダン (5)
イスラエル (8)
パレスチナ (2)
トルコ (24)
フランス (10)
スペイン (13)
ポルトガル (4)
イタリア (15)
バチカン (1)
サンマリノ (3)
ギリシャ (11)
スイス (2)
ベルギー (6)
ドイツ (3)
ハンガリー (5)
スロベニア (7)
クロアチア (6)
ボスニア・ヘルツェゴビナ (4)
セルビア (9)
モンテネグロ (6)
コソボ (7)
マケドニア (6)
アルバニア (9)
ブルガリア (8)
ルーマニア (14)
ウクライナ (2)
チュニジア (5)
アルジェリア (8)
モロッコ (18)
西サハラ (1)
エチオピア (26)
ジブチ (6)
ソマリランド (8)
モーリタニア (11)
セネガル (4)
マリ (12)
カナダ (2)
米領プエルトリコ (1)
ペルー (9)
ボリビア (10)
アルゼンチン (18)
チリ (9)
オーストラリア (2)
ニュージーランド (2)
総集編 (18)
訪問国とルート (7)
観光に役立つリンク集、用語集 (3)
世界のサッカー (20)
スタンプ、ビザ (7)
世界の鉄道 (17)
世界のお金 (9)
パクチー栽培日記 (1)
キューバ (2)
米国 (2)
メキシコ (2)
チェコ (2)
パプアニューギニア (1)

 

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

 

FC2カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR