FC2 Blog Ranking

2017-07

Latest Entries

ブムタン一日寺めぐり。

6/13 ブータン/ブムタン ブムタン泊


IMG_0842.jpg
やっぱり仏教度と国王度の比率が高い居間


本日は一日ブムタン観光。前の記事でも書いたようにブムタンは街ではなく地域名で、見どころも広範囲に散らばっているのでほとんど移動は車。
チベット仏教伝来時の古刹、名刹が多くブータンの京都といえそう。でも高原地帯で涼しく、稲作よりそば栽培が盛ん、って聞くと信州的要素も入ってそうだ。


IMG_0845.jpg
朝食で早速そのそば料理。そば粉パンケーキのクレ、バターを塗って食べる


ところが最初に訪れる寺院クジェ・ラカンまでは歩いていくことになった。車道の橋が遠く、歩行者用の橋が直線距離に近いのだそうな。そもそも車というものが持ち込まれるのが遅かったこの国では、たぶん車が通れない橋の方が圧倒的に多い。1950年代に日本人として初めてブータンを公式訪問した中尾佐助の本を読むと、インド国境から入国してから出国まで車とか車道なんてのはなくずーっと徒歩か馬で旅行していたようだし、いまだに車道が通じていない県庁所在地ってのもある。改めてこの国どんだけグローバルスタンダードから取り残されてんのYO、と思う。


IMG_0846.jpg
よく見るとお坊さんが水浴びしてる



IMG_0860.jpg
ルンタびっしりで異世界への入口感MAXな橋


最初の寺はクジェ・ラカン。チベット仏教の基礎を築き、ブータンにもチベット仏教を持ち込んだパドマサンバヴァ(グル・リンポチェ)ゆかりの寺で、ブータンの中でもなかなかの聖地。多くのチベット寺院では釈迦とグル・リンポチェの像があり、これに加え建国の父ンガワン・ナムゲル(シャブドゥン)の3点セットの像があるのがブータンの寺院の特徴。


IMG_0869.jpg



IMG_0874.jpg


クジェ・ラカンはツェチュ祭のためあさっても訪問予定。このときは参拝者はそんなにいなかったけどあさっては村じゅうからわんさかやってくることでしょう。
聖地らしく裏山には聖なる湧き水があった。

IMG_0886.jpg


このあとも車で寺院めぐり。パパパッとまわれてしまうからお気楽パックツアー的感覚でおもしろみに欠けるけど、ブータンなのだからしかたないのじゃ。


IMG_0889.jpg
チャカルラカン


IMG_0898.jpg
ブータン最古の寺ジャンパ・ラカン


IMG_0900.jpg


寺めぐりをして気づいたけど、高額紙幣しかなくてお賽銭入れれねえ!ってときは勝手にお釣り持ってっていいのね。なんて合理的。


IMG_0904.jpg
仏具売りと興味津々のインド人観光客

そういえばこの国、やたらインド人観光客を見かける。インド国内以外ではなかなか見かけないので新鮮この上ない。我々がブータンを旅する上でネックになっている公定料金がなく、お安く旅行できるのだそうな。
それでもガイドさんに聞くと、奴らうるさいし注文多いしあまり好きじゃねーとおっしゃっていた。あとこれまでブータン国内のインド人といえば肉体労働者(特に道路工事とか)のイメージが強いから、ブータン人も戸惑っているのかもしれん。



IMG_0919.jpg
ワンデュチョリン宮


どの寺もシーンとしており牧歌的な風景と合わせてのどかそのもの。たまにふらっと現れる村人が回すマニ車がチリンチリンよく響く。ブムタンこそブータンの原風景って聞いたことあるけど、これがそういうことなのか。。



IMG_0923.jpg
ブータン料理マストアイテムの干し肉作成中!


昼頃向かったのはメンバルツォ。直訳すれば燃える湖で、ここもグル・リンポチェゆかりの聖地。グル・リンポチェが埋めた経典を高僧がここで発見したそうな。
ガイドさんも説明するときlake、lake言っていたのだけど、着いたのはどう見ても淵。

IMG_0935.jpg


前もってガイドブックを見てたから知ってたけど。ブータンにまともな湖がないからどうしても誇張説明っぽくなってしまうのか?
こないだここで観光客が落ちて死んだからマジ気をつけてね、とのこと。


それでもただの淵ではなく、聖地らしくルンタや仏画なんかで賑やか。


IMG_0941.jpg



IMG_0962.jpg



IMG_0950.jpg
ここにも聖なる湧き水


ブムタンはチョコル谷、チュメ谷、タン谷、ウラ谷の4つの谷から成り、中心地ジャカルや多くの名刹はチョコル谷にある。本日の観光もチョコル谷が中心で、ここも一応チョコル谷だけどタン谷との境界近く。広いブムタン、やっぱりがっつりまわろうと思ったら何日もかかる。
まあ今回実際何日もいるけど、明日明後日はツェチュ祭見学で一カ所にとどまっているわけで。。

ジャカルに戻ってランチタイム。


IMG_0970.jpg
市場。ブータン人は基本的に商売っ気ナッシング


IMG_0977.jpg



もうひとつのそば料理、プタでも食えたらいいねとガイドさんと話していたが、プタどころか今チキンしかねえよ、という店ばかり。そもそも今までランチはホテルか旅行者向けレストランで取っていたのだが、ジャカルはローカル食堂しかない。下手にツーリスト向け料理食うよりは普通の食堂に行きたいのでそれは別にいいのだけど、チキンしかないのはいただけない。やたらメニュー豪華かだなあと思ったら実はラグメンとスープしか置いてませんでした、残念っ!という状況の連続だった中央アジアを思い出す。

結局なんとかまともなメシを出してくれる食堂が見つかった。


IMG_0982.jpg
ブータン来て毎日食ってる、大量の米と野菜干し肉の煮物。チベット餃子のモモも出てきた



IMG_0984.jpg
お、唐辛子だけでなく山椒もあるのか!米にふりかけて食うだけでもイケル


隣のおっさんは真っ昼間から一人酒を始めていた。ここブムタンでは地ビールがつくられているとのことで、他よりアルコールが寛容な地域なのかもしれん。あ、なんかこれも中央アジアっぽいな。さすがにブータンにアル中はいなさそうだけど。。


レジには見慣れないものがぶら下がっていた。

IMG_0985.jpg


これはヤクのチーズを固めたもので、試しに買ってみると一束280ニュルタム(約400円)もした。しかも食ってみて分かったのだけどとにかく固すぎて完食するまで2時間ぐらい舐め続けなければならない。完全に失敗した買い物ざんす。
それでも他の国では見られないものだしヤクがどれだけ貴重で高価か分かって良かったよな、と無理やり自分を正当化する。


さて観光午後の部開始。


IMG_0993.jpg
ジャカルの街を見下ろす山の中腹にあるジャカル・ゾン
プナカと違って遠くからでないと全景がなかなか見れない。。


IMG_0991.jpg



IMG_0998.jpg
小屋の中にあるのは水力でぐるぐる回る半自動マニ車


次もジャカルの街が見渡せるカルチュ・ダツァン。こちらはジャカル・ゾンの反対側の山にある。
ジャカルの街に近い割には観光コースに入っていないようだったけど、「ブムタンってブータンで主流のドゥク派だけじゃなくてニンマ派も多いのよね?ニンマ派の寺も見たいッス」と言うと連れて行ってくれた。一日あたりのツアー代金が決まっているブータンだけどその分融通もきくのだ。

IMG_1006.jpg


それでもここブムタンでもやっぱりドゥク派が多数派とのこと。なんでブータンで最初にチベット仏教が伝来したブムタンでも最古の宗派かつグル・リンポチェが尊崇されているニンマ派が負けてんのよ?と不思議だったけど、そんなめんどくさいことを言える英語力を持ち合わせていないので聞けなかった。

けれどこの日は海外に行っていた高僧が帰国して説話を開くとかなんとかで、国中からニンマ派信者が集まっているらしい。


IMG_1015.jpg


なんかガチっぽいしお近づきになれないよね、と思っているとすんなり入れさせてくれる。


IMG_1007.jpg


チベット仏教ってなんかとっつにきくいよな、というイメージだけどこんなテキトーな面もあって拍子抜け。チベット仏教の教えはチベット人だけでなく世界中に開かれている、と聞いたことあるしタルチョやルンタも簡単に言えば経文を世界へ広めるベ!といったもの。この旅の予習のため行った上野のブータン展でも現地でのインタビューでブータン人がマニ車をぐるぐる回しながら世界中の生きとし生けるもののために毎日祈ってます、とクサイことをさらりと言っていたし、他の仏教よりよっぽどオープンなのかもしれん。



IMG_1029.jpg
ケンチョスム・ラカン。火事になったとかで内部絶賛工事中



IMG_1030.jpg
タムシン・ゴンパ

内部に高僧ペマ・リンパが着たとかいわれている重そうな鎖帷子が置いてあり、これを着てお堂を3周回ると罪が消えるとかでガイドさんとドライバーさんがハアハア言いながら回っていた。ついでにてめえもやれよ、的空気になり容赦なくやらされる。ブータンの寺院は一律内部撮影禁止なのが残念。


タムシン・ゴンパの前に土産屋があったので入ってみると、お客が少ないのかなかなかの歓迎っぷり。ブータン人はシャイなのかあまりガイジンには絡んでこないので、これにはホッとする。


IMG_1041.jpg
プロクパ(東部に住む遊牧民)の民族衣装を着させられブータン焼酎アラを注がれるブータニーズホスピタリティ?



IMG_1046.jpg
お礼にどこかで買いたいと思っていたゴをお買い上げ!帯と合わせて2500ニュルタム(約4000円)なり


ブータン女紹介するから日本人女紹介しろよ、と会って以来何回も言っていたガイドさんがこの土産屋の子と付き合っちゃいなYO、と勧めまくってくる。ノリが中学男子なのだ。ブータン男は恋愛熱心、と聞いたことあるけどこのガイドさんがまさにそうだった。顔もチャラいし。
夜這いやったことあんの?と一回聞くとそれは東部とか田舎の文化だからおれやったことない、と言ってたけど。



IMG_1052.jpg
結局プタはホームステイ先で出てきた。日本のそばと似て非なる不思議な味。
今度ブムタンに行ったときはめんつゆとわさび持参でそば打ちやってみよー



ホームステイ先に帰ったあとも、ねえほんとあの子彼女にしたいなら協力するよん?その代わりおれに日本人女を(ryとガイドさんがドライバーさんを巻き込んで言いまくってくる。彼を日本に連れてったら毎日ナンパしかねないぞ。。
そういえば某歩き方にも、ガイドがよく女性旅行者に言い寄ってくるとか書いてあった気がするし、ブータン国内の離婚率は案外高いと聞いたこともある。幸せの国は肉食系男子で成り立っているのだ。


本日見たテレビはニュース。8時から1時間ゾンカ語ニュース、9時から1時間英語ニュースというように2言語で同じニュースをやるのがいかにもブータン。
そしてもちろんトップニュースは国王動静。


IMG_1056.jpg


でも番組のクオリティは日本の田舎のケーブルテレビ並み。ブータンは国全体が田舎なのだから当然か。。
そしてとにかく出演者全員が民族衣装着ているから、どんな番組でも時代劇か笑点に見えるのよねw
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://furafuramachiaruki.blog.fc2.com/tb.php/800-018a2020

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

takumi

Author:takumi
関西の某外大を卒業して日本社会の荒波へ、しかしまだまだ旅中毒末期患者。モラトリアム期間をなんとかして延長したい。。。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
旅行準備・スケジュール (36)
移動安宿ビザ等国別情報目次 (1)
日本/原付ツーリング (10)
日本/鉄道の旅 (8)
日本/その他 (27)
韓国 (13)
中国 (34)
香港 (3)
マカオ (2)
台湾 (6)
フィリピン (2)
ベトナム (3)
カンボジア (3)
ラオス (6)
タイ (2)
マレーシア (7)
シンガポール (2)
インドネシア (2)
バングラデシュ (7)
インド (4)
ブータン (8)
ネパール (4)
パキスタン (10)
キルギス (22)
カザフスタン (11)
ウズベキスタン (21)
トルクメニスタン (6)
タジキスタン (19)
アフガニスタン (5)
イラン (27)
アルメニア (7)
グルジア (7)
イラク領クルディスタン (11)
アラブ首長国連邦 (5)
ヨルダン (5)
イスラエル (8)
パレスチナ (2)
トルコ (24)
フランス (10)
スペイン (13)
ポルトガル (4)
イタリア (15)
バチカン (1)
サンマリノ (3)
ギリシャ (11)
スイス (2)
ベルギー (6)
ドイツ (3)
ハンガリー (5)
スロベニア (7)
クロアチア (6)
ボスニア・ヘルツェゴビナ (4)
セルビア (9)
モンテネグロ (6)
コソボ (7)
マケドニア (6)
アルバニア (9)
ブルガリア (8)
ルーマニア (14)
ウクライナ (2)
チュニジア (5)
アルジェリア (8)
モロッコ (18)
西サハラ (1)
エチオピア (26)
ジブチ (6)
ソマリランド (8)
モーリタニア (11)
セネガル (4)
マリ (12)
カナダ (2)
米領プエルトリコ (1)
ペルー (9)
ボリビア (10)
アルゼンチン (18)
チリ (9)
オーストラリア (2)
ニュージーランド (2)
総集編 (18)
訪問国とルート (7)
観光に役立つリンク集、用語集 (3)
世界のサッカー (20)
スタンプ、ビザ (7)
世界の鉄道 (17)
世界のお金 (9)
パクチー栽培日記 (1)
キューバ (2)
米国 (2)
メキシコ (2)
チェコ (2)
パプアニューギニア (2)
ソロモン諸島 (1)

 

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

 

FC2カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR