FC2 Blog Ranking

2017-04

Latest Entries

チュニスから日帰りトリップ!「第4の聖地」ケロアンへ。

2/14 チュニジア/チュニス →(SNTRI社バス)→ ケロアン→(乗合タクシー)→ チュニス チュニス泊

今回のチュニジア旅は時間の関係でチュニスに泊まるのみだけど、一日余裕があるので日帰り旅行してみることにする。
とりあえず行きたかったのがチュニスからバスで2時間半のケロアン。日本人には発音しにくい地名のようで、他にケルアン、ケルーアン、カイルーアン、カイルアン、カイラワーンとかいろいろ表記方法がある。でもチュニジア人に伝えるときはそれっぽく言っとけば問題なく伝わる模様。

内陸部にある都市で鉄道が通っていないためバス利用になるのだけど、チュニジアのバスは国営のSNTRI社、鉄道会社SNCFTの連絡バス、私営バスに分かれるとのこと。って完全にモロッコのバス事情と同じじゃねーか。懐かしのCTMw スープラトゥールww

今回はSNTRI社を利用。バスターミナルは市内から少し南に行ったところにあり、歩いて向かっていると親切なオッサンがずっと案内してくれた。
バスはしっかり時間通りの出発、車内も清潔で優秀。ここんとこもモロッコと一緒。


IMG_2200.jpg
立派な高速道路もあるで。しかも3車線


IMG_2203.jpg



IMG_2206.jpg
ドア市

さて、ケロアン。ここに来た理由はチュニジア最大の聖地かつイスラム全体でもメッカ、メディナ、エルサレムに次ぐ第4の聖地らしいから。まあ自称第4の聖地なんてイスラム世界にたくさんありそうだけど、ここは北アフリカのアラブ発祥の地ってことでなかなか聖地度は高そう。
632年にムハンマドが亡くなり、わずか150年ほど後の760年頃にアラブ軍の将軍ウクバがこの地に進軍、都を置いて北アフリカのアラブ化・イスラム化を進めた。それまでこの地に住んでいたのはベルベル人がほとんどで(もちろん今もベルベル人にルーツを持つ人が多いのだけど)、宗教も多神教やらキリスト教やらユダヤ教だったから、ケロアンがなければ今のチュニジアや北アフリカは存在しなかったのかもしれない。そんなわけでここは絶対行っておきたかった。


街の散策の前に、とりあえずメシ。かの有名なクスクスをいただいてしまいませう。


IMG_2217.jpg

なんか見た目からして超辛そうなのだが、実際超辛い。クスクスに限らず食べ物自体はモロッコとかと似ているのだけどとにかくチュニジアではあらゆるものが辛いのだ。北アフリカの中は涼しい気候のため辛い料理が多いとかなんとか。。
よく使われる調味料が唐辛子のペーストにオリーブオイルを加えたハリッサなるもので、とにかくあらゆるものにこいつが入っているし平気でパンにジャムの代わりにこいつを塗って食べるし(しかも結構いける)、だいたい食堂のテーブルにこいつが載っていて追いハリッサも可能。とにかく守備範囲が広い。韓国でいうコチュジャンと同じ扱い。
これがなかなかやみつきになる味で、スーパーで瓶詰めハリッサを買ってしまった。使い道分からずに未だに自宅の冷蔵庫で眠ってるけどw

料理評論家でもないのでチュニジア料理批評はこれぐらいにしてケロアンの街へ。ところがやっぱり今日も例のエスペランスユニを着ていたので会う人会う人に声をかけられる埒あかない状態に。。
地方都市でもサッカー馬鹿が多いこの熱狂ぶり、日本から来るとなんともうらやましい限りであります。


IMG_2221.jpg
クスクスを食った食堂のおふざけ店員


IMG_2225.jpg
床屋から声かけられたと思ったら、、、おそろで2ショット


一回だけそのユニ嫌いじゃ!と言われ、はいはいクラブアフリカンサポ乙と思って話を聞いていると地元クラブのJSケロアンファンだった。そっかケロアンにもクラブがあったのね。
結局この人はジャポン大好き!ほらこの待ち受け日本のアニメでしょと言って携帯を突き出してきてさっそうと去って行ったナイスガイだったのだけど。。


IMG_2227.jpg
メディナ入口。掲げられているのはたぶんJSケロアンのフラッグ、この日試合があるみたい。時間なくて行けなかったけど


IMG_2226.jpg
その近くの、たぶんアラブの春のグラフィティ。これ描いた人の思いを想像すると目がウルッと。。。
やっぱり自らの手で革命を成し遂げたチュニジア国民は偉大だったのだ!


さっそくメディナの中へ。
細い路地が入り組んだもろ異世界間が広がるのはチュニスと同じ。でも地方都市だけあってチュニスよりのんびりした空気が流れている気がする。。
これでも国内第4の都市らしいけど。



IMG_2300.jpg



IMG_2232.jpg


IMG_2238.jpg



ふらふら歩いているとケロアンのシンボル、グランドモスク。


IMG_2258.jpg
なんとなく空がイイカンジ

別名ウクバモスク。はるかエジプトからやってきた将軍ウクバが建てた、アフリカ最古のグランドモスク。
ケロアンが北アフリカのイスラム発祥の地で聖地ということはさっき書いたけど、ここは聖地の中の聖地だ。


IMG_2254.jpg



IMG_2250.jpg
特徴的な列柱はローマ遺跡から流用されたとか

ときどき観光客や巡礼者がやって来る以外は本当に静か。1000年以上も前にここに攻めこんできた、野心あふれるアラブ軍の姿を思い描いてみる。
・・・が、己の想像力に欠ける脳みそでは全く何も思い浮かばない。。


そのほかの見所といえば、シディ・アモール・アバダ霊廟。といっても自分で行ったのではなくて、そのへんをふらふら歩いていたら現地人が手招きするのでついて行ったらありました、みたいなもんだけど。。


IMG_2286.jpg

それでも、メディナとはまた違う異世界感。言ってしまえばただの墓なのになんか落ち着くこの感じ。着て良かった・・・。
連れてきてくれたオッサンありがとう。


IMG_2287.jpg



霊廟ついでにもう一つ、バスターミナル近くのシディ・サバブ霊廟。ここはシディ・アモール・アバダ霊廟と違って巡礼者やら暇人やらで結構賑わっていた。

IMG_2310.jpg
アンダルシアのイスラム建築に似ているような。。


IMG_2316.jpg

シディブサイドの記事でも書いた気がするけど、本来イスラム教では御法度の聖者信仰が盛んなのを気づかせてくれるこの霊廟。ところ変わればイスラムも変わるわけで。

でもやっぱメディナの街歩きが一番楽しいんだな。

IMG_2293.jpg


IMG_2277.jpg



IMG_2275.jpg



IMG_2273.jpg
メディナの外にある市場。ここでも「そのユニ着るな!ここはケロアンじゃ!」と言われる。。。

チュニジアでは広場とか通りに面したオープンカフェがいつも大盛況でどんだけ暇人多いねんと突っ込みたくなるけど、ここもやっぱり同じ。メディナ入口のカフェは老客男女ありとあらゆる暇な方々(ややオッサン率が高いけど)がだべりんぐしていた。
takumiもそんな暇人の仲間入り。オッサン3人組のテーブルに入れさせてもらう。

IMG_2301.jpg

英語と現地語(フランス語)と日本語とボディランゲージで会話になっていない会話をする、英語が通じない国あるある。
しかしチュニジア、一目こちらを見ただけでなぜかすぐジャポンジャポン言ってくれて好感度高いぞ!なぜか唐突にコンニチワって言われたりするし!


チュニスへの帰りは乗合タクシー、チュニジアでの呼び名はルアージュ。バスの補完的役割を担っているようで、モロッコとかウズベキスタンの交通事情に似ている。速い上に運賃はチケット事前購入方式、これならぼったくりもなく安心ですな。
その他バスとどう違うのか?いろいろ観察してみたかったけどすぐ寝てしまう。。


で、起きたところなんとゲリラ豪雨。

IMG_2320.jpg
乗ってきた乗合タクシー。土砂降りの中中途半端な場所で下ろされる。。

アラブの春に博物館襲撃事件と世間一般的治安イメージはあまりよろしくないチュニジア、結局全く安全でリアルゲリラに遭遇することはなかったけどこっちのゲリラも困るんだよなあ。街外れのバス・タクシーターミナルから大雨の中トラムで中心部に出るとほとんど店が閉まっている。ただでさえチュニスの夜はあまりない上にこの天気だとますますやる気なさがアップしてしまうようだ。

しかし、この日時間が余ったら海沿いの地方都市スースとかローマ遺跡のスベイトラにも行こうと思っていたけど行かなくてセーフ。行ったらもっとえらいことになっていた。。


結局なんとか開いていた安食堂を見つけてチュニジア最後の晩餐をとるものの、、、

IMG_2323.jpg
野菜やらをぐちゃぐちゃにして卵を落とした混ぜ混ぜ系食べ物、たぶんオジャなる料理
この国はフランスパンとオリーブのレベルが異常に高い。。


食べている途中でまたもゲリラ豪雨。メディナ入口まで行くと、この先道が水没して歩いて行けないとの衝撃の事実が入ってくる。えーっ、宿はメディナのど真ん中だし今晩の寝床ないんですけど。。
生活の場にも世界遺産の観光資源にもなっているチュニスの誇りメディナ、これまでの記事でもさんざん褒めまくってきたのにここに来てまさかのだめっぷりを露呈。

なんとか通れる道を探したり引き返したりしていると、よほどかわいそうに見えたのか周りの人が警察官に声をかけてくれ(しかも傘を持たせようとしてくれた)、マンツーマンで宿まで送ってくれることになった。
ああ最後の最後までチュニジア人に助けられまくりんぐ。。 でも最初から何となくこういうことが起こりそうな気がずっとしてたのは内緒だけど。毎回毎回チュニジア人の優しさに助けられるのが当たり前になっていたのだ。

アルジェリアの前座的扱いと勝手に思っていたチュニジア(チュニジアの皆様スイマセン。。)、でも前座にはもったいなさすぎるすばらしい国でございました。こんな国をさっさと出るのは惜しいですが、明日ついにアルジェリアに向かいませう。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://furafuramachiaruki.blog.fc2.com/tb.php/779-029757b8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

takumi

Author:takumi
関西の某外大を卒業して日本社会の荒波へ、しかしまだまだ旅中毒末期患者。モラトリアム期間をなんとかして延長したい。。。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
旅行準備・スケジュール (34)
移動安宿ビザ等国別情報目次 (1)
日本/原付ツーリング (10)
日本/鉄道の旅 (8)
日本/その他 (26)
韓国 (13)
中国 (34)
香港 (3)
マカオ (2)
台湾 (6)
フィリピン (2)
ベトナム (3)
カンボジア (3)
ラオス (6)
タイ (2)
マレーシア (7)
シンガポール (2)
インドネシア (2)
バングラデシュ (7)
インド (4)
ブータン (8)
ネパール (4)
パキスタン (10)
キルギス (22)
カザフスタン (11)
ウズベキスタン (21)
トルクメニスタン (6)
タジキスタン (19)
アフガニスタン (5)
イラン (27)
アルメニア (7)
グルジア (7)
イラク領クルディスタン (11)
アラブ首長国連邦 (5)
ヨルダン (5)
イスラエル (8)
パレスチナ (2)
トルコ (24)
フランス (10)
スペイン (13)
ポルトガル (4)
イタリア (15)
バチカン (1)
サンマリノ (3)
ギリシャ (11)
スイス (2)
ベルギー (6)
ドイツ (2)
ハンガリー (5)
スロベニア (7)
クロアチア (6)
ボスニア・ヘルツェゴビナ (4)
セルビア (9)
モンテネグロ (6)
コソボ (7)
マケドニア (6)
アルバニア (9)
ブルガリア (8)
ルーマニア (14)
ウクライナ (2)
チュニジア (5)
アルジェリア (8)
モロッコ (18)
西サハラ (1)
エチオピア (26)
ジブチ (6)
ソマリランド (8)
モーリタニア (11)
セネガル (4)
マリ (12)
カナダ (2)
米領プエルトリコ (1)
ペルー (9)
ボリビア (10)
アルゼンチン (18)
チリ (9)
オーストラリア (2)
ニュージーランド (2)
総集編 (18)
訪問国とルート (7)
観光に役立つリンク集、用語集 (3)
世界のサッカー (20)
スタンプ、ビザ (7)
世界の鉄道 (17)
世界のお金 (9)
パクチー栽培日記 (1)
キューバ (2)
米国 (1)
メキシコ (1)

 

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

 

FC2カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR