FC2 Blog Ranking

2017-11

Latest Entries

さっそくチュニス街歩き&ドタバタのチュニジアサッカー観戦。

2/13 チュニジア/チュニス チュニス泊


今回チュニジアではチュニスのみ3泊の予定だけど、どうも安宿の選択肢があまりないようでしかも事前予約できる宿となるとユースホステル(フランス語でオーベルジュ・ドゥ・ジュネス)一択しかなかった。
世界遺産の旧市街メディナのど真ん中にあり、古民家を改装した宿のようで安宿にしてはなかなかゼータクなのだが、、


IMG_1932_20160321122830163.jpg

IMG_1934.jpg


IMG_1931.jpg





前回の記事通りそのメディナが夜になると真っ暗になり、肝試し状態で帰る羽目になるのがやなところ。。

あとスタッフが英語通じない(たまに通じるオッサンが出てくる)、カギが古くしばらくガチャガチャしないと開かない、朝食がパンとコーヒーだけでしょぼいといった安宿あるあるもあるけど、久々にこんな宿に泊まったから気になっただけであってたぶん長期旅行してるなら全く問題ないはず。wifiも一応あるしホットシャワーだし。

けれどそれ以上に気になったのが宿泊客の少なさ。一応いるにはいるがどうも現地人っぽいようで(アルジェリア人なら一人いた)、外国旅行者は皆無。うーん前日のカルタゴといいほんとこの国の観光産業大丈夫か??夏ならまた違うだろうけど。。

とりあえずこの日は半日メディナ街歩き。宿を出るとすぐにトンネルあり洒落た扉や出窓ありのばりばりイスラム系旧市街。やべえおらワクワクすっぞ!



IMG_2071.jpg


IMG_2102.jpg
モロッコなどマグレブ諸国共通、すっとのびたモスクのミナレット


IMG_2067.jpg


大都市のど真ん中にこんな街並みが広がっていることに感激しまくりんぐ。やっぱりどうしても同じ北アフリカ・マグレブ地域のモロッコと比較してしまうけど、マラケシュやフェズと違って会う人会う人が親切でツーリスティックすぎないし(やっぱ観光客減ったせいかなあ。。)、ラバトよりメディナの規模がでかい。なかなかやるじゃねーですか、チュニス。


IMG_2118.jpg



IMG_2112.jpg
お菓子屋さんらしく甘い言葉で女性を誘惑する(たぶん)、店主のオヤジ


IMG_2115.jpg


IMG_2088.jpg



IMG_2080.jpg
中央アジアやら独裁チックな国で見た覚えのあるモニュメント。ベンアリの遺物?


さて午後からは久々の海外サッカー観戦を決行しようとしていた。それに欠かせないアイテム、ユニフォームをさっさとメディナ内の店で買って着てみる。

・・・ここまではフツーなのだが、急展開なのはここから。
その前にちょいと前置きが必要なのだが、チュニジアサッカーはだいたい2つのクラブを中心にまわっている。ともにチュニスに本拠を置く、エスペランス・チュニスとクラブ・アフリカン。特にエスペランスはチュニジアリーグ最多優勝を誇り、アフリカ王者としてCWCで日本にもやってきた名門。これに絡んでくるのが地方都市スースのエトワール・サヘルで、こっちもCWCに出場経験あり。
チュニジア人のサッカー熱はそこそこ知っていたけど、これは予想外だった。エスペランスユニを着たガイジンを会う人会う人が呼び止めてベラベラ話しかけたり写真撮ったりする国だとは。。

IMG_2108.jpg


IMG_2086.jpg
エスペランスのフラッグの下で

乱暴に日本国内で例えると、エスペランスとクラブ・アフリカンは巨人と阪神のようなもの。同じ街だからサッカーファンにはインテルとミランとか、ガラタサライとフェネルバフチェとかで例えた方がしっくりくると思うけど、まあつまりライバル意識が強烈な両クラブでチュニスっ子はだいたいどちらかのファン。つまり歩いているとエスペランスファンからは歓迎のありがたいお言葉が、クラブアフリカンファンからは罵声(というほどでもないと思うが、、)が飛んでくるわけだ。
メディナのスーク(市場)を歩いているとそれがエンドレスに繰り返されるわけだから、もう埒があかなくなる。


IMG_2087.jpg
この宝石屋のオッサンは昔の優勝したときの記念写真をくれた!なんだなんだ。。

エスペランスのチャントを教えてくれるオッサン(エスペランスはアラビア語でタラジと言うそうでタラジ!タラジ!と連呼)、クラブアフリカンのエスペラント侮辱チャントを歌わせて動画を撮ろうとするにーちゃん、「スタジアム行くならおれのチケットも買ってや」とすり寄ってくるうさんくささ満点の奴、まあとにかく皆さんこのガイジンを放っておけないようで全然退屈しない。

うーんこんなにサッカー熱あふれる街久々に来たぞ!これは一刻も早くエスペランスの試合を見ねばならぬ!!
そういえば空港から市内へ行く途中にも、クラブアフリカンのクラブハウスっぽいところに群衆が押し寄せてるのを見かけたし。。


スタジアムへはトラムで向かう。メディナからトラム駅へ行く途中に中央市場があったのでちょっとだけ見学。


IMG_2123.jpg


IMG_2126.jpg
アラブの市場といえば山盛りのデーツ


・・・が、結局やっぱりこうなるw

IMG_2135_201604092237458b8.jpg
猛エスペランス魂を感じる肉屋。帽子を拝借!


ここでチュニストラム初乗車。地下鉄でもないのに正式名称はメトロというらしいが。。
車両も駅もグリーンカラーで統一されており、チュニスの街名物となっているようだ。
フランス時代に建設され、意外と路線が多い。

IMG_2140.jpg


IMG_2141.jpg
メディナ最寄りかつトラム最大の駅、バルセロナ駅


ここでも、何も聞いていないのに周りの人がホームや乗換駅を教えてくれる。ああ中東に来たら毎日感じる無償の愛。。


本日の試合会場はスタッド・エル・メンザ。メンザはそのまま地区の名前で、チュニス中心部から見ると北にある。
スタジアムの最寄り駅はCite Sportive、バルセロナ駅からLa Republique乗り換えで約20分。
このほか郊外のラデス地区ににスタッド・オリンピック・デ・ラデスという巨大スタジアムがあり、エスペランス、クラブアフリカンの両クラブと代表戦はこのどちらかでやっているようだ。チュニジアは2004年にアフリカネイションズカップを開催しており、その決勝の会場はラデス。しかもちゃっかり優勝もしている。そういえば日韓W杯のとき日本がグループリーグ最終戦であたったのがチュニジアだった。


IMG_2142.jpg
よく見るとネルソンマンデラとかムハンマド5世とかアフリカ大陸の偉人が駅名になってたりするチュニストラム


最初はエスペランスファンはほとんど乗っていなかったものの、途中からどっと乗ってきて当然のようにチャントを歌い始めた。ああ、やっぱチュニスのサッカー熱ハンパない。。
もうクラブW杯の時にリーベルサポに占拠された横浜線状態!

IMG_2144.jpg

そして最寄り駅のCite Sportive到着。駅の目の前にスタジアムが!テンションあがるう!


IMG_2149.jpg
バンデラッソ(決起集会)やっちゃうとこもリーベルっぽい

・・・が、チケット売り場が見当たらない。どうも皆前売り券かシーズンパスを持っていてそのままスタジアムに入っていくようだ。チケットがない人はスタジアムに近づくことすらできない模様。
スタジアム周辺をほっつき歩きながら様子をうかがったり絶望的に片言なフランス語で聞き回ったりしてみると、どうもその場で当日券を買うという行為自体がかなり難しい様子。やっとつかまえた英語が話せるテレビ局関係者っぽい人は、「当日券を買うのはオールモストインポッシブル」「ファンでも買えないのよ」「市内に戻ってテレビで見なさい」とまで言い放った。
うーんyoutubeで見る限りスタジアムはガラガラそうだったのでラクショーと思っていたのに。。 前売り券しか売っていないのか?それとも急に観客が増えたのか?といってもリーグはまだ中盤のはずだし。。

さっきの「ファンでも買えないのよ」発言は本当だったようで、チケットが買えずにヤケクソになったと思われるファンが一斉にどこかに向かって投石し始めた。すぐに警察が出てきたようで目の前で一斉に逃げるヤケクソファン。たいしたことにはならなかったが、危うく催涙弾をぶっ放されたサンロレンソ戦@ブエノスアイレスの二の舞になるところだった。。

しかしますます遠のくエスペランス生観戦の夢。これはヤバい!非常にヤバい!
せっかくかの有名なバルドー博物館見学も取りやめてこんな郊外までのこのこ出てきたのに。。

しかたないのでできるだけ哀れそうな目をして引き続きスタジアムの周りをほっつき歩いていると、どこかのにーちゃんが寄ってきてフランス語で話しかけてきた。ほとんど何を言っているか分からんが、もしかしてもしかして・・・
絶望的に片言なフランス語でいろいろ訴えてみると、「9ディナール」とか言いだし、、、そして別の人を呼んでチケットを握らせてくれたのだった!
ちょっとだけ期待したとおりダフ屋がいたのだ!しかもチケット代は結局10ディナールだったがそれでも500円ちょっと!

メルシーを連発して小躍りしながら、しかしもうキックオフの時間が過ぎていたので急いでスタジアムへ。

IMG_2152.jpg
これを手にするのにどれだけ血と汗と涙を流したのか。。。


IMG_2155.jpg
あまりにニヤニヤしすぎてたのかボディーチェック担当の警官も呆れてたよ


スタジアムに入って、チケット購入が難航した理由がすぐに分かった。どういうわけかメインスタンドしか開放されていなかったのだ。なんでやねん。
道理でyoutubeではガラガラに見えたのね、と納得。


IMG_2157.jpg
しかし変な構造のスタジアムだ。。


IMG_2160.jpg
一応アウェーサポは別のスタンドにいた。ただし人数は(ry


今回の試合はチュニジアリーグ第16節。相手はチュニス郊外のリゾート地ラ・マルサが本拠のASマルサ。ASってのが宗主国フランスのクラブ風。ASモナコとか。
この時点ではエスペランスが首位、ASマルサが中位から下。クラブの格を考えてもその差は歴然。

もちろんメインスタンドしか開放されていないのでかなり窮屈。たまたま下のほうの席で見ていたが(たぶん自由席)、コアサポは上の方に固まっているようだ。上半身裸のコールリーダーっぽいのも数人いた。てかコールリーダーいるのJリーグだけじゃないんだ。。
声量はかなりでかく、それなりの威圧感。これチュニスダービーは鳥肌ものだろうなあ。デンジャラスすぎるだろうだけど。。

IMG_2163.jpg



IMG_2166.jpg

しかしぎゅうぎゅう詰めでほぼ全員立ちっぱなので何かあったら将棋倒しになりそうで怖い!上の方で何度かドドドッという音がしたときは生きた心地がしなかった。昔のイングランドのスタジアムもこんなのだったのかもしれん。ヒルズボロ的な。
てかスタンド全面開放しろよ。


・・・で、予想はしていたけど街歩きと同様やっぱり写真撮影だの握手だの求められてもはや試合観戦どころじゃなくなるのだった。


IMG_2176.jpg



IMG_2170.jpg

しかもピッチの専属カメラマン?にまで撮られる始末。ひょっとしたらクラブの公式facebookあたりに登場できるかもw

いろいろ話してみるけど、英語が話せる人がおらずちゃんとした会話ができなかった。インテリ層や上流階級はどこの国でもあまりスタジアムに行かないから結構話し相手に困るんだよなあ。。
ホンダやらカガワやらナカタやらは言われたけど、残念ながらクラブW杯の話は出てこなかったし、当然日本に行って浦和戦見てきたんだよ!てな人もいなかった。

そういえばクラブカラーが赤と黄色のためか、スペイン代表やローマやガラタサライのユニを着た人もちらほらいる。しかし赤黄のストライプのユニもなかなか珍しい。この旅でエスペランスとクラブアフリカンの試合どちらを見るか出発前まで迷っていたけど(この翌日にクラブアフリカンのアフリカチャンピオンズリーグ予選の試合があったのだ)、決め手はユニだった。まあクラブアフリカンも日本のラグビー代表みたいでなかなかエキセントリックなユニなのだけど。
もしかしたらギラヴァンツ北九州のユニを持って行ったら好評かもよ。


一応試合はPKの決勝点で1-0の勝利。あ、あと相手の若そうな黒人選手がなかなか上手かった。たぶん来シーズンはエスペランスかクラブアフリカンに引き抜かれるな。チュニジアリーグ、活きのいいアフリカの若手がたくさんいる気がする。
試合後相手監督とコーチ陣がぶち切れて審判団ともめた模様。

IMG_2174.jpg

というわけで、十何?カ国目の海外サッカー観戦は円満に終了。


IMG_2180.jpg


なぜか帰りのトラムがしばらく止まっていたけど、近くのスーパーで時間をつぶして1時間ほど後のトラムで帰った。


さて、サッカーも見れたし次にやるべきことは酒。
しかしゆるーい系イスラムの国だと思っていたのに、昨日からなかなか酒が飲めそうな店が見つからない。高級レストランにはありそうなのだが、安食堂やそこらへんのスーパーには置いていないしバーや酒場もなかなか見つからない。
何年か前の歩き方も参考にしたのだが全く見つからなかった。革命でイスラム色が強くなって状況が変わったのかな?

でも探しまくったら見つかるもんですね、大衆酒場が。やっぱり遠慮気味なのか、だいぶ薄暗い面構えだったけど。。

IMG_2183.jpg
チュニジアのビールといえばこちらセルティア。ラベルがイケテル


その遠慮さの裏返しか、中に入ればうるさいうるさい。しかもオッサン度100%。
食べ物は出さない純粋な酒場だったが、この雰囲気はいいっすね。

IMG_2187.jpg

アメリカ在住経験があるオッサンがいろいろ話してくれた。
やっぱり気になる革命とその後のことを聞いてみると、「革命のあとは経済があまり良くない、でもこれから良くなってくるだろう。何より自由を手に入れたのが大きい!」と、外国メディアが喜んで取り上げそうな模範回答が返ってきた。
「エジプトとかシリアを見てみろ、アラブの春の後も国がちゃんと安定しているのはチュニジアだけだ」とも。おっしゃるとおりです、と言わざるを得ない。

ここで誰かがいきなり携帯を見せてきた。そこにはスタジアムと自分の写真・・・。いつの間にか有名人扱いされてシェアされまくっている様子w

IMG_2190.jpg
チキンとかモツとか、とにかく肉肉しい肉の盛り合わせ。さすがにフランスパンはうまい



IMG_2193.jpg
いっちょまえにライトアップ


結局この日も真っ暗肝試し状態の中宿に帰着。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://furafuramachiaruki.blog.fc2.com/tb.php/778-c201958d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

takumi

Author:takumi
関西の某外大を卒業して日本社会の荒波へ、しかしまだまだ旅中毒末期患者。モラトリアム期間をなんとかして延長したい。。。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
旅行準備・スケジュール (36)
移動安宿ビザ等国別情報目次 (1)
日本/原付ツーリング (10)
日本/鉄道の旅 (8)
日本/その他 (28)
韓国 (13)
中国 (34)
香港 (3)
マカオ (2)
台湾 (6)
フィリピン (2)
ベトナム (3)
カンボジア (3)
ラオス (6)
タイ (2)
マレーシア (7)
シンガポール (2)
インドネシア (2)
バングラデシュ (7)
インド (4)
ブータン (8)
ネパール (4)
パキスタン (10)
キルギス (22)
カザフスタン (11)
ウズベキスタン (21)
トルクメニスタン (6)
タジキスタン (19)
アフガニスタン (5)
イラン (27)
アルメニア (7)
グルジア (7)
イラク領クルディスタン (11)
アラブ首長国連邦 (5)
ヨルダン (5)
イスラエル (8)
パレスチナ (2)
トルコ (25)
フランス (10)
スペイン (13)
ポルトガル (4)
イタリア (15)
バチカン (1)
サンマリノ (3)
ギリシャ (11)
スイス (2)
ベルギー (6)
ドイツ (3)
チェコ (2)
ハンガリー (5)
スロベニア (7)
クロアチア (6)
ボスニア・ヘルツェゴビナ (4)
セルビア (9)
モンテネグロ (6)
コソボ (7)
マケドニア (6)
アルバニア (9)
ブルガリア (8)
ルーマニア (14)
ウクライナ (2)
チュニジア (5)
アルジェリア (8)
モロッコ (18)
西サハラ (1)
エチオピア (26)
ジブチ (6)
ソマリランド (8)
モーリタニア (11)
セネガル (4)
マリ (12)
カナダ (2)
米国 (2)
メキシコ (2)
キューバ (2)
米領プエルトリコ (1)
ペルー (9)
ボリビア (10)
アルゼンチン (18)
チリ (9)
オーストラリア (2)
ニュージーランド (2)
パプアニューギニア (3)
ソロモン諸島 (4)
バヌアツ (6)
総集編 (18)
訪問国とルート (7)
観光に役立つリンク集、用語集 (3)
世界のサッカー (20)
スタンプ、ビザ (7)
世界の鉄道 (17)
世界のお金 (9)
パクチー栽培日記 (1)
ロシア (2)

 

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

 

FC2カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR