FC2 Blog Ranking

2017-06

Latest Entries

takumi的世界遺産 2014年度編

政治に熱いバングラデシュ(バングラデシュ)

291_2015012514084747f.jpg



181_201501210151547cb.jpg

バングラに行って必ず気づくことと言えば、そこらじゅうに政党ポスターがべたべた貼られていること。日本でいうと至る場所の電柱やら塀やらに安倍ちゃんとか自民党のポスターが貼られているようなもの。そして運が悪いと野党が起こすホッタールなるゼネストに遭遇し、移動がまったくできなくなってしまうらしい。
それほどまでアツいバングラ政治事情。その中心となっているのはアワミ連盟と民主主義党の二大政党、そしてその党首のハシナとジア。イスラム圏でありながら二大女性党首が覇権を争っている国もなかなか珍しいのでは?とにかく「政治」というキーワードは、バングラの特異性をあらわすキーワードのひとつでしょう。




インドシナ魅惑のC級グルメ(ベトナム、カンボジア)

IMG_3432.jpg



IMG_2754.jpg

最近やたらとフィーバーしている東南アジア料理。確かにヘルシーだしシャレオツだしで日本人受けしそうなものばっかだけど、C級グルメ(?)も忘れてはいけません。ベトナムは中国と同じく、四つ足のものは机以外空を飛ぶものは飛行機以外全部食べるとかいわれている国(宗教的に食材の制限がそれほどないため多様な食材が食べられているとのこと)。そしてカンボジアは知る人ぞ知る昆虫食大国。ということで、お腹を壊さない程度にやってみたい珍食材試食。
ベトナムで特にオススメなのが爬虫類系。ワニは歯ごたえも味もまるでチキン。そして蛇はチキンをさらに凝縮した感じ。蛇鍋を食べれば蛇ホルモンなんていう超ワイルド珍味もついてきまっせ。さらに高級な店に行くとコブラ肉だの心臓だのを食べさせてくれるらしい。爬虫類のほか、犬やら猫やらねずみやらの哺乳類もばっちり食用。そういえば最近岐阜県で、除草用のヤギがベトナム人に食われてしまったって言うニュースを聞いたときは不謹慎だけどニヤニヤしてしまったw
カンボジアではとりあえず蜘蛛やコオロギのから揚げがふつーに屋台で売っている。シェムリアップには最近シャレオツな虫レストランもオープンしたのでぜひチェケラしてみてね。
よく日本人がこんなのを見て「うえー、まじかよ」とか言ってたりするけど、よく考えると生魚とか海藻とかを食らっている我々も同じような目で見られてるかもしれないんだよね。。




インド映画(インド)

729.jpg



734.jpg

今回のインド旅はコルカタのみの滞在で、ガッツリ観光するつもりは全然なかった。でも絶対に見たかったのがインド映画。「インド映画ってほんとに踊ってんの?」ってのがtakumiのインド旅最大のテーマ。
コルカタのど真ん中の映画館で見たのは、pkという作品(あとでこれが全印中超ヒット映画で、主演が有名俳優のアミール・カーンだと知る)。映画館は予想に反してなんかふつーのシネコンっぽいし、観客の入りもそうでもないぞ?ってことで期待はずれかなーと思っていたのだけど、映画が終わるときにはもう大満足。ほんとに唐突にヒゲオヤジ達のダンスシーンが出てくるし、ストーリーはやっぱり素晴らしいし、それに合わせて観客の反応も見てるだけで面白いしでまさに感動の三重奏。もう5年以上映画館に行っていないドが付くほどの映画音痴でしたが、これでインド映画にハマりそうな予感です。というか今でもようつべでインド映画のダンスシーンを眺めながらニヤニヤしてるし。
このとき見たのはたぶんベンガル語吹き替えだったけど、言葉がさっぱりでもストーリーがすんなり頭に入ってくるのもインド映画の魔力なのか。でもインドは多言語国家ってことで、やっぱりわざとストーリーが分かりやすく作られてるみたいね。




バナウエ(フィリピン)

173_20141207225357c29.jpg



202.jpg

フィリピン旅行行く人って英語留学生かリゾート好きな人か風俗大好きマニラおやじだけじゃね?と勝手に思い込んでいたけど、いやいやここはすごかった。ルソン島山岳地帯のバナウエ、ここにあるのが世界遺産にもなっている棚田。誰が名づけたのか別名天国への階段。山という山が切り開かれ段々になっている光景は圧巻そのもの。これが先住民イフガオ族によって紀元前からつくられてきたというのだからもうビックリボンバー。
棚田ばっかに目が行きがちだけど、バナウエの街自体もひなびた温泉街系なアトモスフィアでグッド。棚田もそうですが、人種も文化もまったく違うフィリピンでありながらザ・古きよき日本の原風景な感じがいたします。まあ平成生まれがこんなこと言っても説得力ないんだけど。
そういえばおれの地元は紀伊半島の三重県側なのに、そこそこ有名な丸山千枚田に行ったことないんだよなあ。規模でいえばバナウエとは比べ物にならないかもしれないけど、今度行ってみっか。




喧騒のオールドダッカ(バングラデシュ)

20141230_103029.jpg



156_20150120233225d3e.jpg

北海道二つ分の面積に1億5000万もの人々がひしめきあっている超人口過密大国バングラデシュ。その首都は、やっぱり人であふれております。まあそもそもバングラに旅行に行く時点できれいさとか快適さなんて求めてないと思いますが、さらなるカオスを味わいたいならぜひオールドダッカへ。
ここはもうとにかく道という道を車やリキシャ、それにむさくるしいバングラ人の群集が埋め尽くしているのでまともに歩けない。路地に入ってみてもやっぱりバングラ人とリキシャで慢性的渋滞中。おまけにまわりは今にも崩れそうなボロボロの建物やら深呼吸すると気絶しそうになるごみの山やらでさらに世紀末感が漂っている。ほとんどの人にとっては不快指数120%だろうけど、ごく一部のカオスな街好きとドMにはたまらんでしょう。takumiも含めて。でもすぐに鼻くそ真っ黒になるほっどガチで大気汚染ひどそうだし、間違いなく一回はリキシャに轢かれそうになったりするので気をつけてね。




エアーズロック(オーストラリア)

IMG_5827.jpg



IMG_5837.jpg

アンコールワットは「へー」の一言で終わったし、こちらもあまり期待してなかった「一生のうちに必ず行きたい世界遺産」系ド定番観光地エアーズロック。でも行ってみたらやっぱいいですやん。特にサンセットとサンライズなんか、色が一瞬で移り変わったりしてボーっと見てるだけで感動ものですやん。
そんなド定番観光地なのに、撮影禁止箇所があるなどアボリジニに徹底的に配慮しているのはさすが。ホテルとかショッピングモールが集まるエアーズロックリゾートでも、社会活動も兼ねてアボリジニの雇用に力を入れているとのことだった。アボリジニ文化とか歴史をちょっと調べてみたらなかなかおもしろいけど、やはりここ最近は政府がアボリジニ文化の保護やアボリジニとの共生に気を配っているのがわかる、今は認められているエアーズロック登山も、もうちょっとしたら禁止になるかもなあ。
そんなわけでいろいろひっくるめてやっぱいい場所なんだけど、でもやっぱこんなとこに一人で行くのはちと辛いよねー。。



バングラデシュ人による包囲&写真攻め(バングラデシュ)

171_201501210151482b9.jpg



20141229_173028.jpg

バングラデシュ旅行最大の目的は、旅行者の間でまことしやかに囁かれている「日本人が突っ立っているだけで現地人2,30人に囲まれ握手会&撮影会状態になる」という都市伝説?が本当なのか実証しに行くこと。今までもずっとそうだったけど、相変わらずしょーもない旅行目的ですな。
で、やっぱりこの都市伝説は本当だとダッカ到着後1時間で判明。とにかくバングラ人の好奇心がえげつない。どこにいても必ずガン見、五度見ぐらいされるし。誰かが話しかけると、会話を聞き逃すまいと一気にそこらじゅうの人が集まってくる。で、バングラ人による包囲戦の完成。超有名人か珍獣になった気分がお手軽に味わえます。
あと皆さんやたら写真にこだわっているようで、だいたい一緒に写真とろーぜと言われる(なんかあとでfacebookにうpするらしい)。無言でいきなり目の前に携帯突き出して写メってくる失礼極まりないやつもいる。そうそう、もしバングラに行くことがあったら、特に人にフォーカスしてない風景写真を撮ってみてください。どんなに遠くても絶対誰かがカメラ目線してるはずです。
つーかバングラってそこまで秘境でもないし、国際NGOがたくさん活動してるんだから外国人を見かける機会も少なからずあるはずなのに。。 なんでこの国だけ皆さんこんなに群がってくるの?教えてエロい人!



メコンデルタ(ベトナム)

IMG_3539.jpg



IMG_3811.jpg

行く前はなんかイマイチ乗り気じゃなかったベトナムカンボジア旅行だけど、ここは気に入った。やたらガヤガヤした市場とかのんびりした街道沿いに現れる高床式住居とか、ディスイズ東南アジアな景色そのもの。ホーチミンとかハノイみたいな大都市と違って凶悪バイクに轢かれる心配も胡散臭い系現地人にだまされる心配もございません。
もともと椎名誠のメコン川の本を読んだことがあったので気になっていた場所。チャウドックのクメール人やチャム人の水上集落とか、カントー近郊の水上市場なんかに行くと、この地域の人々がメコン川にどれだけ頼っているか実感できる。市場を見ても分かるけど、とにかくこのあたりの土地は本当に豊か。ベトナムで生産される4/5がメコンデルタ産という話もあった。そういえばメコンとは偉大という意味なのだそうで、ここを旅しているとその意味も理解できるはず。




印バ国境の国旗降納セレモニー(バングラデシュ、インド)

20150102_163443_2015020522440406c.jpg



20150102_164232.jpg

国旗降納セレモニーで有名なのはワガーの印パ国境。でも、まさかまさか印「バ」国境でも見れるとは。
場所はクルナからコルカタへ向かうルートのベナポール・ハリダスプール国境で、それなりに旅行者も多い。にもかかわらずまったく情報がなかったもんだからもう大興奮。さすがに印パ国境のとは熱狂度が違うだろうけど、同じベンガル人同士でのほほんとした雰囲気の中行われるセレモニーもまたいいものです。
その中で何でもきっちりしているインドとどこかだらしないバングラの違いが表れたりしてニヤニヤしてしまったり。行かれる方はクローズ間際のバングラ時間16時半に国境にいるように。




ロケットスチーマー(バングラデシュ)

366_20150126015841533.jpg



20150101_075232.jpg

見所に乏しいバングラデシュで、なんと歩き方で見開き2ページで紹介されている物件、それがロケットスチーマー。ロケットとは名ばかりのただのオンボロ外輪船なのだが、世界で定期的に運行されているのはここバングラだけということで最近(一部の旅行者に)大フィーバー中。
またバングラは川の国っつーことを実感するのにこんな最適な移動手段はないかも。これに乗っていればでかい船が停泊している港湾からてこぎ舟、小さい村なんかが見えてなかなか退屈しませぬ。ちなみにtakumiが朝起きて最初に見たのは座礁した船だったけど(しかも2015年の元旦)。
他の国なら間違いなくスクラップにされていたであろうこのロケットスチーマー、いくらあのバングラでもいつ運行停止するか分からない。行かれる方はお早めに!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://furafuramachiaruki.blog.fc2.com/tb.php/750-dc30fa1a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

takumi

Author:takumi
関西の某外大を卒業して日本社会の荒波へ、しかしまだまだ旅中毒末期患者。モラトリアム期間をなんとかして延長したい。。。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
旅行準備・スケジュール (36)
移動安宿ビザ等国別情報目次 (1)
日本/原付ツーリング (10)
日本/鉄道の旅 (8)
日本/その他 (27)
韓国 (13)
中国 (34)
香港 (3)
マカオ (2)
台湾 (6)
フィリピン (2)
ベトナム (3)
カンボジア (3)
ラオス (6)
タイ (2)
マレーシア (7)
シンガポール (2)
インドネシア (2)
バングラデシュ (7)
インド (4)
ブータン (8)
ネパール (4)
パキスタン (10)
キルギス (22)
カザフスタン (11)
ウズベキスタン (21)
トルクメニスタン (6)
タジキスタン (19)
アフガニスタン (5)
イラン (27)
アルメニア (7)
グルジア (7)
イラク領クルディスタン (11)
アラブ首長国連邦 (5)
ヨルダン (5)
イスラエル (8)
パレスチナ (2)
トルコ (24)
フランス (10)
スペイン (13)
ポルトガル (4)
イタリア (15)
バチカン (1)
サンマリノ (3)
ギリシャ (11)
スイス (2)
ベルギー (6)
ドイツ (3)
ハンガリー (5)
スロベニア (7)
クロアチア (6)
ボスニア・ヘルツェゴビナ (4)
セルビア (9)
モンテネグロ (6)
コソボ (7)
マケドニア (6)
アルバニア (9)
ブルガリア (8)
ルーマニア (14)
ウクライナ (2)
チュニジア (5)
アルジェリア (8)
モロッコ (18)
西サハラ (1)
エチオピア (26)
ジブチ (6)
ソマリランド (8)
モーリタニア (11)
セネガル (4)
マリ (12)
カナダ (2)
米領プエルトリコ (1)
ペルー (9)
ボリビア (10)
アルゼンチン (18)
チリ (9)
オーストラリア (2)
ニュージーランド (2)
総集編 (18)
訪問国とルート (7)
観光に役立つリンク集、用語集 (3)
世界のサッカー (20)
スタンプ、ビザ (7)
世界の鉄道 (17)
世界のお金 (9)
パクチー栽培日記 (1)
キューバ (2)
米国 (2)
メキシコ (2)
チェコ (2)
パプアニューギニア (1)

 

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

 

FC2カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR