FC2 Blog Ranking

2017-06

Latest Entries

バングラ初日、いきなり濃すぎるダッカ滞在。

12/29 中国/昆明 →(中国東方航空)→ バングラデシュ/ダッカ ダッカ泊

昆明発のフライトは12時。

それまでモーレツに暇なので(wifiはやっぱり外国人使えないみたいだし)、千葉在住ニューヨーカーと一緒に市内まで出てみる。

せっかくなので2年前に出来たばかりの地下鉄で行ってみましょう。
空港開業と同時に開業した路線とのことで、中国の割になかなかやりおるな。正式名称は昆明軌道交通6号線。

015_2015011116064411f.jpg
中心部まで届いてない上に駅が2つしかない地下鉄6号線

しかし路線図からお察しのようにまだまだ発展途上の路線で、始発から2本目ということもあってご覧のように車内はガラガラ。


017_2015011116064712d.jpg


線路はほぼ地上でしかも車窓から雲南の山々が一望できるので地下鉄らしくねえよなあと思いつつ、約20分で終点の昆明東部汽車站(バスターミナル)に到着。ここで路線バスに乗り換えて市内中心部を目指すが、遠い上に渋滞がひどくなかなか進まない。
関係ないけど昆明はやたら夜明けが遅く、8時でやっと明るくなったかな?ぐらい。まあ馬鹿でかい国土なのに全部北京時間で活動してたらそうなるわな。ウイグルなんかもっとひどく、北京時間の2時間遅れのウイグル時間なんてのも存在していた。
そして日本より寒い。

022_201501111606496bf.jpg


結局バスを降りたのは空港を出てから約1時間半後。それも中心部まで着けず、「このまま乗り続けたらフライトの時間心配だし、どっかテキトーなとこで降りるべ」とニューヨーカーと相談した結果だった。


そんなわけでせっかくはるばる昆明までやって来たのに、市内でやったことと言えば肉まんを食らったことと10分ぐらいまわりを散策しただけ。

まあいっか、雲南自体は見所多いけど昆明は特に見るものないって言われてるし。たしかにちょろっと散策した印象も、なんてことはないただの中国の地方都市。


026_20150111160735db9.jpg
やはり驚異的にウマイ中国肉まん



032_2015011523353838b.jpg
中国名物オバチャンの朝のダンスになぜか一人だけ混じるオッサン。やっぱ人民はいいネタを提供し続けてくれるぜ!



036_20150111160739e30.jpg



帰りに空港への直通リムジンバスを見つけたので乗ってみると、ものの30分で空港についてしまった。行きの所要時間の1/3。
あーあ、あのガラガラ地下鉄に乗ったのってただの時間の無駄だったのね。まあいいかおれ地下鉄フェチだし。


042_201501111607417c0.jpg
昆明長水空港の外観は東南アジアの寺に似てなくもない



045_20150115233541b5a.jpg
やっぱ中国の空港内のデザインって落ち着かないね


自分の中で唯一昆明でやりたいことは雲南名物過橋米線を食べることだったのだけど、空港内に店があったので難なく達成。
この過橋米線、要するにビーフン入りしゃぶしゃぶ。具によって値段が大きく変わるようだけど(今回は5つのうち2番目に安い豚肉入りをチョイス、2人でシェアして48元=約900円)、カップラーメンバージョンも見つけたので手軽に食べれると思うYO。


043_20150111160744234.jpg

具材は普通で味もまあまあだったのだけど、それより気になったのが豊富なサイドメニュー。中国では漢字のおかげでだいたいどの食堂に行ってもメニューの想像がつくのだけど、ここのメニューは字を見ても写真を見ても意味不明なものばかりだった。なんだこいつら雲南名物なのか?お茶もよく分からない方向に充実しており、松茸茶なんてのもあった。

今回はメインの過橋米線以外は頼まなかったのだけど、ひとつだけサイドメニューがついてきた。上の写真でいうと麺と具材の間にある小皿がそれで、メニューの写真と照らし合わせると虫草参とかいうらしい。見た目は「中国四千年の歴史☆東方漢方の神秘」風、味はサクサクいけるスナック菓子風。
漢字が読める千葉在住のニューヨーカーは、「インセクト・・・グラス・・・かよ。。」と言ってほんのちょっとしか手をつけなかった。まあ字面だけ見たら気色悪いだけだわな。
いつかガッツリ雲南を旅した際は、この意味不明な食材どもを丸ごと食ってやりたいものです。



さて、一瞬の中国滞在が過ぎダッカへ向かう時間がやってまいりました。

ゲートの周りには旅人風日本人が何人もいる。おっバングラって実はこんなに日本人旅行者がいるのか、これは一緒に年越しをすごせる人も見つかるかもしれん、よっしゃーバングラ風紅白歌合戦を、、とか勝手に意気込んでよく見ると、彼らが向かっているゲートはダッカ行きゲートの階下にあるヤンゴン行き。

ダッカ行きゲートは、想像通り角刈り人民オヤジと荷物をめちゃくちゃ持ったむさくるしい浅黒バングラオヤジがほとんどを占める別世界となっていた。


049_2015011523354319b.jpg


フライトはダッカの悪天候のため1時間半遅れ。なんだ悪天候ってサイクロンか?つーか今乾季じゃなかったの??


059_201501152335453dd.jpg
ミャンマー上空付近。イラワディ川か?


060_20150115233547e01.jpg
そしてベンガル湾へ



062_2015011600004393c.jpg
水と陸の区別が付かないような景色が続く。これが川の国バングラデシュか。。



068_20150116000045eae.jpg
同じような建物ばっか。社会主義臭い?


結局悪天候に出くわすことなく、ダッカに着陸。空港内とは思えないほどかっ飛ばすバスに乗って、平べったい空港ターミナルへ。

特に長い列でもないのに猛烈に時間がかかり、係官に執拗に国内での携帯番号と滞在先を探られた挙句他のスタンプの真上に入国スタンプを押されパスポートを放り投げて返してくるというまことにフラストレーションがたまるイミグレを通過しやっとこさ空港外へ。

そういえば人民オヤジとバングラオヤジでほぼ100%を占めると思っていたフライトだけど、ダッカに着くと4組ぐらい日本人旅行者がいた。やっぱそれなりに行く人はいるのだ。
そして彼らと外国人用イミグレと並んでいると、隣にどう見てもバングラ人のご婦人も並んでいた。話を聞くとロンドン在住のイギリス国籍ベンガル人で、家族訪問に来たとのこと。自分の後ろのベンガル人オヤジは韓国パスポートを持っていたし、これが出稼ぎ大国の証拠かと一人で納得。北海道二つ分の国土に1億5000万人がうじゃうじゃしてる国だもんな、ある程度国外に脱出しないとやってらんねーよなと思う。


さて、空港外へ。なんか空気がキタナイのは予想通りだけど、ときどき「タクシー?」とのお声がかかるだけで一気にバングラ人が殺到してくるわけではない。なんだ、バングラに日本人が行くと常時30人ぐらいに囲まれ握手攻め&サイン攻めっていう都市伝説があるからさっそくここで第一回包囲戦が、とか思っていたけど拍子抜け。確かに無意味に空港前に人がワラワラしているのだけど、こっちを見てもガン見するだけ。


076_20150116000051b89.jpg


タクシーの声をシカトして鉄道駅まで行っても同じ状態。おとなしすぎるぞバングラ人。せっかくサインの練習までしてきたのに!
しかしちゃんと空港から市内まで鉄道が延びてるって地味にすごいな。。

083_20150116000055c32.jpg
ベンガル文字オンリーな鉄道駅


ホームに出るとさっそく屋根と線路上に人がワラワラしているザ・アジアな風景。ついでにヤギが線路上にもホーム上にも。
ほんとは車体が見えないほどびっしり人が張り付いている列車を見たかったのだけど、まあこんな程度がバングラ風通常運転なのでしょう。高望みはいけません。


091_20150116001643fbb.jpg

それでもこんな駅は今まで見たことがなかったのでそれなりに満足してパシャパシャ撮りまくっていると、雰囲気よさげなにーちゃんねーちゃんグループが英語で話しかけてくる。
するとそれを待っていたかのように一瞬で暇なバングラ人がわんさか湧いてきて、またたくまに20人ぐらいに包囲されてしまった。出たああああこれがバングラ旅行の真骨頂だっ!!


092_20150116001646044.jpg
ちょwwカメラ目線www

このにーちゃんねーちゃんたちはtakumiと同じく終点のダッカ中央駅へ向かうそうで、もちろん同行させていただく。あとは国籍やら何で来たの?やら仕事は?やら当たり障りのない会話。そしてこの会話に聞き耳を立てまくる野次馬たち。

そうこうしているうちに列車がやってきた。なぜかこちらの列車が来るまで反対側には4本も列車が来ていたけど。


097_201501160016493c1.jpg



099_20150116001651e69.jpg

いいねえ引き続きザ・アジアンなこの感じ。このドMな感じを期待してわざわざ鉄道をチョイスしたのよ。
こんな中でもにーちゃんたねーちゃんグループはtakumi用のスペースを確保してくれ、座りたいなら席を空けといてやるよ!と言ってくれる。開けっ放しのドアから景色を見たいので丁重にお断りしたけど。。


100_20150116001654cbf.jpg



105_2015011600360618d.jpg
途中駅で撮影大会



20141229_173028.jpg



106_20150116003609d0a.jpg

「ベンガル語しゃべれる?」と聞いてきたので「ノモシュカール」と返すとそれヒンドゥーだよん、とのこと。やっぱり無難な挨拶はイスラム共通のアッサラームアライクム。「ありがとう」は「ドンノバット」。ちなみにヒンディー語だと「ナマスカール」、「ダンニャワード」。
ヒンディー語のアの発音をオに、スをシュにするとベンガル語っぽくなるのかな?と推測。バングラ西部の観光地、シュンドルボンのマングローブもインドだとスンダルバンっていうらしいし。まあそうは言ってもヒンディー語が分からないからお話にならないのだけど。


108_201501160036127a8.jpg
貨車の中でバングラダンスw

どこまでも明るい彼ら。なんか歌って!といわれたのでウルトラソウルを熱唱すると一瞬ポカーンとしたあと社交辞令っぽい拍手をしてくれた。


たった4駅だけなのに通過待ちとかでものすごい時間がかかり、結局空港を出てからダッカ中央駅に着くまでに3時間もかかってしまったけど、その時間が全然退屈しなかったのは彼らのおかげです。ザッスザッス。


最後に駅前のリキシャと交渉してくれ、あっさりと別れていった。


というわけで暗闇の中人生初リキシャでダッカ中心部へ。
思ったより渋滞ひどくないなあ。というか首都なのに明かり少なすぎじゃね?という印象。

110_20150116003614090.jpg
ストールは冬のバングラ男子に人気のファッション。ときどきほっかむり男子も出現する


目当ての宿は知らなかったようなので、妥協して次に目星をつけていたロムナホテルへ。シングル600タカなり。
この宿の周りは、最初のダッカ市内の印象と打って変わって明かりキランキラン人ウジャウジャな場所。バザールの真っ只中に宿があるのだった。

というわけで、疲れた体に鞭打ってさっそく散策してみる。


111_20150116003617d72.jpg



118_2015011600542714c.jpg
宿のすぐ近くのでかいモスク。いやーな予感がする、と思ってたら案の定早朝に大音量アザーンで起こされる



112_20150116005425bfd.jpg
バングラ初メシはやっぱりカレー。マトンっていってたけどバングラ人のいうマトンはヤギのことらしい。
ここの中学生ぐらいのウエイターもなかなかフレンドリー。バングラ初日は上出来!


しかしまだまだ終わらないバングラ初日。バザールをふらふらしていると日本語で声をかけられた。日本で仕事していた、仕立て屋のバングラオヤジトリオ。
そのまま流れでお茶をご馳走してもらう。

20141229_214051.jpg

日本の思い出話からダッカ風俗事情までありとあらゆることを教えてくれた。つーかイスラム国なのにおおっぴらに買春の話していいのかよ。。

なんか無償の愛受けまくりで親日家に出会うことも多かったイラン旅を思い出させてくれますねこの国。そういえばベンガル語でさようならは「コダーハフェーズ」、ペルシャ語の「ホダーハーフェズ」にクリソツ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://furafuramachiaruki.blog.fc2.com/tb.php/735-cb6ee0b7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

takumi

Author:takumi
関西の某外大を卒業して日本社会の荒波へ、しかしまだまだ旅中毒末期患者。モラトリアム期間をなんとかして延長したい。。。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
旅行準備・スケジュール (36)
移動安宿ビザ等国別情報目次 (1)
日本/原付ツーリング (10)
日本/鉄道の旅 (8)
日本/その他 (26)
韓国 (13)
中国 (34)
香港 (3)
マカオ (2)
台湾 (6)
フィリピン (2)
ベトナム (3)
カンボジア (3)
ラオス (6)
タイ (2)
マレーシア (7)
シンガポール (2)
インドネシア (2)
バングラデシュ (7)
インド (4)
ブータン (8)
ネパール (4)
パキスタン (10)
キルギス (22)
カザフスタン (11)
ウズベキスタン (21)
トルクメニスタン (6)
タジキスタン (19)
アフガニスタン (5)
イラン (27)
アルメニア (7)
グルジア (7)
イラク領クルディスタン (11)
アラブ首長国連邦 (5)
ヨルダン (5)
イスラエル (8)
パレスチナ (2)
トルコ (24)
フランス (10)
スペイン (13)
ポルトガル (4)
イタリア (15)
バチカン (1)
サンマリノ (3)
ギリシャ (11)
スイス (2)
ベルギー (6)
ドイツ (3)
ハンガリー (5)
スロベニア (7)
クロアチア (6)
ボスニア・ヘルツェゴビナ (4)
セルビア (9)
モンテネグロ (6)
コソボ (7)
マケドニア (6)
アルバニア (9)
ブルガリア (8)
ルーマニア (14)
ウクライナ (2)
チュニジア (5)
アルジェリア (8)
モロッコ (18)
西サハラ (1)
エチオピア (26)
ジブチ (6)
ソマリランド (8)
モーリタニア (11)
セネガル (4)
マリ (12)
カナダ (2)
米領プエルトリコ (1)
ペルー (9)
ボリビア (10)
アルゼンチン (18)
チリ (9)
オーストラリア (2)
ニュージーランド (2)
総集編 (18)
訪問国とルート (7)
観光に役立つリンク集、用語集 (3)
世界のサッカー (20)
スタンプ、ビザ (7)
世界の鉄道 (17)
世界のお金 (9)
パクチー栽培日記 (1)
キューバ (2)
米国 (2)
メキシコ (2)
チェコ (2)
パプアニューギニア (1)

 

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

 

FC2カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR