FC2 Blog Ranking

2017-10

Latest Entries

世界のお金特集!グルジア編。

<通貨名>ラリ Lari
※補助通貨はテトリ Tetri


<通貨コード>GEL


<レート>1ラリ=約62円(2014年9月現在)


グルジアの通貨名はラリ。ユーロをパクったみたいな通貨記号も今年できたとのこと。
ちなみにお隣トルコの通貨はリラで価値もほぼ同じ、ってことで、両国間を移動すると一瞬混乱するとかしないとか。


<紙幣>

SCN_0022.jpg

上:5ラリ紙幣(絵柄:イヴァネ・ジャヴァヒシヴィリ)

下:10ラリ紙幣(絵柄:アカキ・ツェレテリ、ツバメ、花)

※他に20、50、100、200、500ラリ紙幣あり

5ラリ紙幣のジャヴァヒシヴィリは20世紀前半に活躍した歴史、社会学者。トビリシ国立大学の創設者でもあるとのこと。日本でいう福沢諭吉的ポジション?~シヴィリはグルジア人によく見られる姓で、グルジアの歴史を調べたりスポーツの試合を見たりしていると~シヴィリか~ゼのオンパレード。~シヴィリはグルジア東部、~ゼは西部によく見られるらしい。
ツェレテリは19~20世紀の詩人・文学者。



SCN_0023.jpg

上:5ラリ紙幣(絵柄:トビリシ国立大学、国土地図、アラザニ川沿いの墓から出土した黄金のライオン)

下:10ラリ紙幣(絵柄:ディビッド・カカバゼの作品"Imeretia - My Mother"、ぶどうの木)

5リラ紙幣には表に出てきたジャヴァヒシヴィリが建てたトビリシ国立大学。日本でいうと一万円札の裏に慶応が載ってるもんですか。国土地図は出入国スタンプにも描かれていて、やたらこの国が強調しているのを感じます。しかもこちらの地図はご丁寧に英語表記つき。まーロシアのせいで国土が分裂しかけだもんね。
で、このライオンってなんだ?調べてみても日本語で説明したものが見つからなかったけど、埴輪的なもんか?
10ラリ紙幣の絵柄は、原始人かなんかかと思ってたら有名な画家の作品でした。ぶどうの木が出てくるのはさすがワインどころ。



<硬貨>

SCN_0166.jpg

左から:
5テトリ硬貨(絵柄:グルジアの紋章ボルジュガリ)

10テトリ硬貨(絵柄:グルジアの紋章ボルジュガリ)

20テトリ硬貨(絵柄:グルジアの紋章ボルジュガリ)

新50テトリ硬貨(上)(絵柄:国章)

旧50テトリ硬貨(下)(絵柄:グルジアの紋章ボルジュガリ)

1ラリ硬貨(絵柄:国章)

2ラリ硬貨(絵柄:国章)

※他に1テトリ硬貨、2テトリ硬貨あり

50テトリ硬貨以下は独立直後から発行された古いもので、絵柄はグルジアの紋章ボルジュガリ。聖書に出てくる生命の樹と太陽を表したものとか何とか。寺院を表す地図記号として知られる卍ともルーツが同じとのこと。
国章はまったく別のもので、ライオン二頭が盾を持つというよくあるやつ。その盾に描かれているのが国名の由来にもなった聖人ゲオルギウスで、エチオピアを旅行した人は有名ビールのギオルギスのラベルになっているのを見たはず。



SCN_0167.jpg

左から:
5テトリ硬貨(絵柄:アラザニ川沿いの墓から出土した黄金のライオン)

10テトリ硬貨(絵柄:クタイシのゲラティ修道院のプレートに描かれた。ライオンに載った聖人ゲオルギウス)

20テトリ硬貨(絵柄:ニコ・ピロスマニが描いた鹿)

新50テトリ硬貨(上)(絵柄:なし)

旧50テトリ硬貨(下)(絵柄:トビリシ近郊のサムタビシ大聖堂入口のレリーフのグリフォン)

1ラリ硬貨(絵柄:なし)

2ラリ硬貨(絵柄:なし)

やたらとアニマル系な裏側の絵柄。グリフォンは鷲の上半身とライオンの下半身が組み合わさった伝説の動物。
なかなかイカした動物がそろっているだけに、2006年から発行された新硬貨に絵柄がないのが惜しい。。 ま、かっこいいグルジア文字が目立ってこちらもいい感じだけど。


そういえば今日偶然、グルジアの表記をジョージアに変更するかもとのニュースが。グルジアという呼称はロシア語由来で、それだったら英語で呼んでくださいオナシャス!という本国じきじきの要請があるにしてもちょっと寂しい気がする。ソ連臭がいまだにプンプンする国にジョージアっていう名前は絶対似合わないってw
関連記事
スポンサーサイト

コメント

どうも、お久し振りです。
大学をご卒業後、荒波に揉まれながらの生活とのことですが
元凶となるものを除ければその荒波も穏やかなものへと変わるような気がします。

そもそも元凶を作ったのは現政権を始め、自民・公明ら国賊政党並びに
追従の姿勢を貫き続ける情報媒体モドキとその関係者なので、これらの存在を
徹底して表へ引き摺り出してしまえば世も徐々に鎮まり、静かな波を
見せてくれると信じてます。

世界の貨幣紹介シリーズ、密かに愉しませて戴いてます。
グルジア改めジョージア、名前が変わっても言語の名前に変更は無い様で
暫くはグルジアの名を聞く事になりそうな流れです。

ただ、未だに地域エリアのカテゴリーが、人によって
中央アジアだったり西アジアだったり、はたまたヨーロッパと
全く定まっていない所がある為、その辺りをきちんと固定化することが
大事なのではないかと、僕個人はそう考えています。
一体どっちやねんとツッコみたくもなるのでww

それと、ソ連と言えば6日の月曜にテレビ東京が制作している
経済情報(?)番組の
「未来世紀ジパング」http://www.tv-tokyo.co.jp/zipangu/about/
で、トルクメニスタンが特集という形で紹介されていました。

この番組自体はかなり前から放送されているようで、TV自体を全く
観ない生活をしている分、どういうものか詳しくは存じませんでしたが
【トルクメニスタンとチュルク語の日々】http://turkmenche.blog.fc2.com/
にてその事を告知する記事が出されていたのを偶々見たのもあり、当日
京セラケータイのワンセグで拝聴しました。

・・しかし、乗っけから色濃かった。あの国はww
撮影許可が下りても至る所を撮影出来る訳でなく、現地政府からの
お目付け役(監視員)が民族衣装のドレス姿で睨み付けるかのような
監視振りでダメ出ししたり、絨毯売場の絨毯を撮影するなと制止されたり、
永世中立の塔の兵士に阻まれたりとワケワカメな出だし。

世界最大を自負する姿勢も割と痛く、祭日の1つに数えられる
メロン記念日も 08年辺りで憲法・法案改正がなされて消え去ったかと思いきや
実は未だ廃止されずに続いているという意外さがあったり、
前大統領や現大統領が「様」付けされるといったものもあったりと、呆れと
驚きが半分ずっこで単純に感想を述べるのは難しい内容でした。
( 他はこのブログを始めとする各サイトで紹介済みのものが出ています )

また、豊富な資源の件で海外から注目されているという話も上げられていて
中国も資源を介して深い関係にあったことを再認識させられるなど、色々な面があると同時に
日本も様々な所で関わっているということを初めて知る事になりました。
( 例として、現地で日本車といえばトヨタ (トヨ=結婚式 オタ=草原 と語呂で覚えられてる等 )が鉄板であること。
工事用の重機は日本製のものが使われていて、導入されているのはクボタ。現地仕様の特別改造が施されているという紹介など・・ )

他にも幾つかあり、内1つは中国で作られた商品が日本名で販売されるというトンでもない一面もあるなど
日本が一大ブームになりつつあることを強く物語っているとも取れる話でした。


地上波若しくはBSやCSの専門チャンネルで再放送されることがあれば、お浚いを兼て
もう一度観て見ようかと思えるものもありますが、思っているよりも一度見てしまったら腹一杯な感じですww

因みに、ジパングの次回放送内容はアゼルバイジャンだそうです。
機会があれば参考に拝聴されてみるのも一興かも知れません。

すみません。コメントの一部に一寸ばかり訂正があります。

重機のメーカー名にクボタと出しましたが、クボタ ではなく コマツ だったような気がします。
現地仕様の改造がインパクト有り過ぎだったのもあって、メーカー名を好い加減な感じで観てしまったかも知れません。

若し再放送をご覧になられた際は此方の書き間違いにご容赦をば・・

連投すみません。
ジパングの件がキャリコネニュースで紹介されていましたので
その記事URLを貼らせて戴きます。
https://news.careerconnection.jp/?p=2492

では、ROM専に戻ります。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://furafuramachiaruki.blog.fc2.com/tb.php/716-2bc97e58

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

takumi

Author:takumi
関西の某外大を卒業して日本社会の荒波へ、しかしまだまだ旅中毒末期患者。モラトリアム期間をなんとかして延長したい。。。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
旅行準備・スケジュール (36)
移動安宿ビザ等国別情報目次 (1)
日本/原付ツーリング (10)
日本/鉄道の旅 (8)
日本/その他 (27)
韓国 (13)
中国 (34)
香港 (3)
マカオ (2)
台湾 (6)
フィリピン (2)
ベトナム (3)
カンボジア (3)
ラオス (6)
タイ (2)
マレーシア (7)
シンガポール (2)
インドネシア (2)
バングラデシュ (7)
インド (4)
ブータン (8)
ネパール (4)
パキスタン (10)
キルギス (22)
カザフスタン (11)
ウズベキスタン (21)
トルクメニスタン (6)
タジキスタン (19)
アフガニスタン (5)
イラン (27)
アルメニア (7)
グルジア (7)
イラク領クルディスタン (11)
アラブ首長国連邦 (5)
ヨルダン (5)
イスラエル (8)
パレスチナ (2)
トルコ (24)
フランス (10)
スペイン (13)
ポルトガル (4)
イタリア (15)
バチカン (1)
サンマリノ (3)
ギリシャ (11)
スイス (2)
ベルギー (6)
ドイツ (3)
チェコ (2)
ハンガリー (5)
スロベニア (7)
クロアチア (6)
ボスニア・ヘルツェゴビナ (4)
セルビア (9)
モンテネグロ (6)
コソボ (7)
マケドニア (6)
アルバニア (9)
ブルガリア (8)
ルーマニア (14)
ウクライナ (2)
チュニジア (5)
アルジェリア (8)
モロッコ (18)
西サハラ (1)
エチオピア (26)
ジブチ (6)
ソマリランド (8)
モーリタニア (11)
セネガル (4)
マリ (12)
カナダ (2)
米国 (2)
メキシコ (2)
キューバ (2)
米領プエルトリコ (1)
ペルー (9)
ボリビア (10)
アルゼンチン (18)
チリ (9)
オーストラリア (2)
ニュージーランド (2)
パプアニューギニア (3)
ソロモン諸島 (4)
バヌアツ (5)
総集編 (18)
訪問国とルート (7)
観光に役立つリンク集、用語集 (3)
世界のサッカー (20)
スタンプ、ビザ (7)
世界の鉄道 (17)
世界のお金 (9)
パクチー栽培日記 (1)

 

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

 

FC2カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR