FC2 Blog Ranking

2017-04

Latest Entries

ダナキル一日目、不思議なアファール人ワールドへ。

2/22 エチオピア/メケレ →(ツアー専用車)→ ベルハレ →(ツアー専用車)→ ハメディラ ハメデラ泊


この旅行の半分ぐらいの重要度を占めるであろうダナキルツアー当日。
ロンプラ曰く、「さようなら地球、こんにちは金星」な土地とのこと。なんてドキをムネムネさせてくれるフレーズなんでせう。
断トツでこれまで利用したツアー史上最高額の一人450ドルだけど気にしなーい☆


このツアー計画が始動したのは秋ごろ。そこからおっくんとさおりさんカッポーが中心となって、人脈をたどってたどって最終的に集まったのがなんと10人。ほんとよくこんなに物好きが集まったなあ。メケレに行ってツアーメイトを集めるかエジプト発修学旅行系アフリカ縦断グループが寄るかのどちらかが多いダナキルツアーで、これはけっこう自慢できることじゃないの?まあtakumiはほとんど何もせずただ傍観してただけなのでエラソーなこと言えないけどw
このへんのプロセスは爆笑必至のさおりさんブログを見てね(人任せ)

ちなみにメンバーは以前の記事どおり、
さおりさん(南米の旅仲間)
おっくん(さおりさんの紹介で知り合う、世界一周同期、旅に出るたびに災難に遭う悲運の大学生)
きょうちゃんさん(アルメニアと南米の旅仲間、世界一周同期)
あっきー(バルカン半島と南米の旅仲間、世界一周同期)
まゆさん(アルバミンチで偶然はじめまして、世界一周同期、エチオピアでインジェラ作り修行)
こうへい先生(ほとんどはじめまして、お医者さんの卵、この日本人軍団の主治医)
もえさん(アディスアベバではじめまして、スリランカ経由でエチオピアに到着)
森口くん・大橋くん(takumiの大学の後輩、この後ケニアでボランティアが控える)

と、超絶濃厚メンバー。なんと10人中世界一周経験者5人、しかも同時期w すごいね旅人ネットワーク!



今回利用した旅行会社はEthio Travel and Tours。他の方のブログなんかを見ていると、現在日本人に絶賛人気急上昇中のツアー会社らしい。というかそれ以前に「他のツアー会社は一人1000ドル以上するかリプライがなかったから必然的にここしかなかったよねー」(byツアー会社交渉係のおっくん)とのこと。このあたりの情報はまた今度ダナキル攻略情報として重点的にうpするのでそこんとこ夜露死苦。


さてツアー当日。ツアー参加者はどんどん膨れ上がって約20人!国籍はアメリカ、オーストラリア、イギリス、シンガポール、イスラエルなどなどで、時期によってはエジプト発アフリカ縦断日本人パッカーご一行様がわんさかやってくるらしいけど今回は会わなかった。というか日本人だけじゃなく欧米などでもダナキル絶賛フィーバー中なのね。
これにさらにガイドやらコックやらソルジャー(2年前に国境を越えたエリトリア人武装集団にヨーロッパ旅行者が殺害されて以来必ずソルジャーがついてくるとのこと。それゆえこんなアホみたいなお値段になるのだとか)やらを加えて6台か7台の車で出発することになった。
車分けだけど、ツアー会社が気を利かせてくれてJAPANESE ONLY(浦○レッ○かよww)の車2台、日本人2人+欧米人の車1台。これはグッジョブですね、日本人一人であと全員ラエリーとかあったらたまったもんじゃないしw

我々の車はきょうちゃんさん、あっきー、こうへい先生。これって昨日教会見に行ってガキに付きまとわれたメンバーそのまんまじゃん、またむっさい車内になりそー。
しかも運ちゃんもまたむさそうないかにもトラック野郎な見た目、名前はヤマーネという冗談みたいな名前。これはあれだね、ジャンガジャンガ覚えさせるしかないよね。



001_201404150840038ae.jpg



メケレから北に向かって出発。


002_2014041422304183f.jpg
メケレの街を見下ろす




006_201404142230586bb.jpg



008 (2)
途中にある吊り橋



しばらく昨日と同じルートをたどっていたけど、ウクロの手前で右に折れる。途中から未舗装道路に。早くも4WDの本領発揮。



そして10時の出発から2時間で昼メシ。なかなかすばらしい地形のところです。



014 (2)



017 (3)


メシって何出るの?とツアー前にツアー会社のおねいさんに聞いたら「サプラァイズ(満面の笑み)」とか言ってごまかしてたけど、メシもこれまたすばらしい!小さい星型粒パスタとツナサラダなんだけど、これ毎食でもいいんじゃね?というレベル。レストランで食べる雑巾インジェラとか学校給食系ふにゃふにゃパスタの100倍うまいっての。



021_201404142231028ee.jpg


聞くとなんでもこのツアーのコックは5つ星レストランで働いているとのこと。ほんまかいな。というかそれ以前にこの国に5つ星レストランなんて存在するのかw



さらに車は進み、アファール人の住むアファール州を進んでいく。クリスチャンや農民の多いエチオピアでは珍しくアファールはムスリム遊牧民。エチオピア以外にもジブチやエリトリアに住んでいるので、これから行く予定のジブチでまたアファールの皆様とお会いすることになるでしょう。
このツアーのメイン舞台になるダナキル砂漠は彼らの本拠地になっている。




059_20140415084454a81.jpg
アファール人独特の芋虫式住居(勝手に命名)



033 (3)
こちらは芋虫よりさらに粗末な木で組んだだけのやつ




037_2014041422310322d.jpg
これも芋虫式か!?と思ったらエリトリア難民キャンプ。よく見るとUNHCRの文字



そのアファール人の集落、ベルハレでポリスのパーミットを取るために1時間ほど休憩。
ちょい寒めだったメケレから4時間しか走っていないのにもうクソ暑い。メケレの標高は2000mだけど、どんどん下っていってダナキル砂漠では海面下マイナスだそうな。「世界一過酷な土地」とか言われているダナキル、夏になると50度以上にもなるとのこと。ゆえに夏にツアーをやったら全員熱中症確実なのでツアーはやっていない。よくこんな土地に住んでるよなアファールの皆様。



040 (3)



042_20140414230715f3d.jpg




055_20140415084446e34.jpg



045 (3)




100m歩いたら10人くらい声をかけられるめんどくさいほどフレンドリー国家エチオピアだけど、ここは車を降りた瞬間から排他的オーラが漂っている。マーケットは面白そうだし人も布を巻いた民族衣装を着ていたりとなかなかいい写真が撮れそうだけど、撮ってたらノーフォトされる感じだ。。 つーかラクダ撮ってるだけでも文句言われたぞ。





けどやっぱガキンチョは群がってくる。



041_20140415084021716.jpg



ここまで来ると群がりすぎだよな。。


052 (2)



この子供らが群がっているのはtakumi、ではなくtakumiの服。エチオピアンアルファベットTシャツを着ていたので、教科書代わりに文字を指差して復習しようとしているのね。しかもこいつらひらがなで言うと「あ」から「ん」まで全部指差して復習しようとしているのでtakumiの貴重な自由時間がこいつらのせいで奪われてしまうのであったw



ベルハレを過ぎてもやっぱりガタガタ道。でもときどき隣に立派な舗装道路の建設中。この土地はリンなんかがよく取れるらしく、カナダの会社が資源開発すべくこの地に進出しているとのこと。近い将来空港もできるとか。
そうなったらダナキル観光するのにこのウン百ドルも払ってガタガタ道を走る必要もなくなるわけで、一気にお手軽系観光客も増えるはず。ていうことはシェラトンダナキルとか火山直行ロープウェイとかができてダナキル弁当とかダナキルの地熱でできた温泉卵なんかが売り出されてくるのかなあ。


とはいっても現在のダナキルの産業といえば、ほぼ岩塩採掘のみらしい。ときどき塩を運んでいるラクダのキャラバンが見えてくるけど、1週間かけて塩をメケレまで運んで収入を得ているとのこと。
そういえばラクダを見るのはこれが初めてじゃないけど、ここまで堂々たるキャラバンを見たのって初めてだよなあ。こっちの人はロバなんかと同じ使い方をしてるんだね。


071_201404150844590d7.jpg
こちらはロバのキャラバン


そしてメケレを出発して7時間弱、本日の滞在地ハメディラ村に到着。ショボかったベルハレよりもさらにショッボーイ村。人口100人ぐらいか??



090_2014041508450897c.jpg
この村でもラクダキャラバン見物




寝床も想像を絶するショボさ。


105 (2)
藁?で編んだ脆弱ベッド+マット+寝袋

3泊4日で450ドルもしたんだから東南アジアらへんだったら高級リゾートだよな、、とかみんな思ってるに違いないけど誰もそんなこと言わない。だって僻地の象徴アフリカのさらに僻地だもんしょーがねーじゃん。



そんな僻地でもつめたいコーラが手に入ったので、都市部の倍の値段なのにみんなガバガバ飲む。さらにコーヒーを飲みに例の芋虫式住居のアヤシイ喫茶店兼チャット販売店みたいなところで休憩していると、最初3ブル(約15円)といわれたコーヒーに5ブル払えといわれ結構もめた。僻地のくせにぼってきやがる。。




102_201404150855040f1.jpg
勝手にこっち来て勝手に服めくってフルチンになる子供。将来がコワイ



107_20140415085509811.jpg


またまた自称5つ星レストランシェフのうまいメシをいただいて、やることないのですぐ就寝。明日は早くもこのツアーのハイライトでっせ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://furafuramachiaruki.blog.fc2.com/tb.php/666-d1051439

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

takumi

Author:takumi
関西の某外大を卒業して日本社会の荒波へ、しかしまだまだ旅中毒末期患者。モラトリアム期間をなんとかして延長したい。。。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
旅行準備・スケジュール (34)
移動安宿ビザ等国別情報目次 (1)
日本/原付ツーリング (10)
日本/鉄道の旅 (8)
日本/その他 (26)
韓国 (13)
中国 (34)
香港 (3)
マカオ (2)
台湾 (6)
フィリピン (2)
ベトナム (3)
カンボジア (3)
ラオス (6)
タイ (2)
マレーシア (7)
シンガポール (2)
インドネシア (2)
バングラデシュ (7)
インド (4)
ブータン (8)
ネパール (4)
パキスタン (10)
キルギス (22)
カザフスタン (11)
ウズベキスタン (21)
トルクメニスタン (6)
タジキスタン (19)
アフガニスタン (5)
イラン (27)
アルメニア (7)
グルジア (7)
イラク領クルディスタン (11)
アラブ首長国連邦 (5)
ヨルダン (5)
イスラエル (8)
パレスチナ (2)
トルコ (24)
フランス (10)
スペイン (13)
ポルトガル (4)
イタリア (15)
バチカン (1)
サンマリノ (3)
ギリシャ (11)
スイス (2)
ベルギー (6)
ドイツ (2)
ハンガリー (5)
スロベニア (7)
クロアチア (6)
ボスニア・ヘルツェゴビナ (4)
セルビア (9)
モンテネグロ (6)
コソボ (7)
マケドニア (6)
アルバニア (9)
ブルガリア (8)
ルーマニア (14)
ウクライナ (2)
チュニジア (5)
アルジェリア (8)
モロッコ (18)
西サハラ (1)
エチオピア (26)
ジブチ (6)
ソマリランド (8)
モーリタニア (11)
セネガル (4)
マリ (12)
カナダ (2)
米領プエルトリコ (1)
ペルー (9)
ボリビア (10)
アルゼンチン (18)
チリ (9)
オーストラリア (2)
ニュージーランド (2)
総集編 (18)
訪問国とルート (7)
観光に役立つリンク集、用語集 (3)
世界のサッカー (20)
スタンプ、ビザ (7)
世界の鉄道 (17)
世界のお金 (9)
パクチー栽培日記 (1)
キューバ (2)
米国 (1)
メキシコ (1)

 

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

 

FC2カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR