FC2 Blog Ranking

2017-10

Latest Entries

入国拒否疑惑とゲイ疑惑、いきなりドタバタのアフガン滞在。

9/16 タジキスタン/ホーローグ →(徒歩)→ アフガニスタン/バルパンジャ バルパンジャ泊


アフガンバザールに行った時と同じく、マルシュルートカを乗り継いでアフガン国境へ。この国境は正式にはティム・デモガーン(Tem-Demogan)国境というらしい。イミグレに行く前にはでかい扉が前にあった。いかにもスタン系のラスボスの入口らしい頑丈な扉が。


001_20131130192656827.jpg


takumiの少し後に、現地人のハゲたおっさんとその奥さんらしい女性が到着。スーツを着ていて英語ペラペラなところを見ると、結構な地位についてそうな人だ。ほどなく扉が空いて、イミグレへ。

イミグレの役人も英語ペラペラで、「え、君もしかして全部の国行くつもりじゃないのw」とか言ってくる。


さてここからパンジ川にかかる100mほどの吊り橋を渡るとついにアフガニスタンの地。吊り橋はちょうど真ん中でタジクカラーとアフガンカラーに塗り分けられていた。その国境はピリピリした空気が張りつめ、いかにもこれからアフガニスタンな雰囲気、、、


ではなく、いたってユルユル。犬がデデンと寝そべり、鶏がトコトコ歩いている、平和極まりない雰囲気だった。あー、ここってほんとにアフガン国境でいいんだよねw



吊り橋をわたって、ついに夢にまで見たアフガニスタンの地へ。さすがにここまで来ると緊張感たっぷり、、、


ではやはりなかった。ボロボロの柵の下をくぐって橋を渡り終えると、小屋から出てきたのは弦楽器を弾いているオッサン兵士。何なんだこの国境、楽器を弾きながら兵士がお出ましした国境なんて初めてだぞw



そんなわけでルンルン気分でイミグレへ。ところがここでスタン系のラスボスの怖さを思い知らされることになった。


イミグレにいたのは英語が話せないヨボヨボおじいちゃん兵士たった一人。ったくなんでこんなオッサンとかおじいちゃんにばかり国境の警備任せるのよ。タリバン攻めてきたらオシマイじゃねーかよ。
そのおじいちゃん兵士、いきなりこちらを見て指と指をこしょこしょしてきた。

「ウッ、、、いきなりの賄賂要求。。。」


言葉が通じないので、ここは笑ってやり過ごす。



さっき会ったスーツの中年男女が入ってきて、そのまま手続き完了。ところがtakumiのパスポートはその辺に放置されたままで、いつまでたっても手続きが始まらない。スーツ女性が「このおじいちゃんダメよねえ、英語話せないもんね」と話しかけてきてそのまま迎えの車に乗って行ってしまった。


それと入れ替わりに、英語が話せる普段着のアフガン人男が二人入ってきた。そして「あんた一人か?招待してる団体はあるの?なかったらスタンプ押してくれないよ」


ひょーーースタン系制覇を眼前にまさかの入国拒否ですかああああ!!!



最悪引き返してここから3時間のイシュコシム国境で再チャレンジという選択肢もあったけど、イシュコシム国境がオープンしている保障はなかったし行くのがメンドクサイ。なんとかしてここを突破しなければ。


「でも友達の外国人旅行者ここ通って行ったんだけど」「そりゃ複数だったからよ、一人じゃ危ない」「じゃあ向こうで知り合いをつくったらいいんでしょ」「いや、というかそもそも言葉通じないでしょ」「パスポート見てや。今まで50カ国以上行ってきたしその中には全く言葉が通じない国もあった。言葉なしでもコミュニケーションできるのよ」


一人じゃ危ないという向こうの言い分も一理あったけど、おじいちゃん兵士の最初のアクションから確信していた。これはカネ渡したらいけそうなやつだなー。でもせっかくだからできるだけ粘ってみよう。


言い合いが終わると、男ふたりとおじいちゃん兵士が何かゴニョゴニョし、そのあと男の一人がパスポートを持ってコピー機へ向かった。おお、ついに折れたか。

そしておじいちゃん兵士がアフガンビザを確認し、パスポートにアラビア文字がクネクネしている怪しいスタンプを押して、その上から入国日らしいペルシャ数字を書き込んだ。この瞬間、2年がかりの目標だったスタン系制覇がやっとのことで達成!ウズベキスタン、トルクメニスタン、キルギス(キルギスタン)、パキスタン、カザフスタン、タジキスタン、そしてアフガニスタン。愛すべきスタン系の旅もついに最終章に突入した。



しかし、半分内戦状態にある国の国境がこんなにグダグダでほんといいんだろうか。。。


002_201311301927016c1.jpg




004_201311301927051d3.jpg
カブールナンバー


国境から少し歩くと小さな村に出る。見た感じ、川の向こうのタジキスタン側と変わったところはない。ここはアフガニスタンのバダフシャン州、タジキスタン側もゴルノ・バダフシャン州(ロシア語で山岳バダフシャン州の意味)で、名前からわかるように文化圏が同じ。しかもアフガン側、タジク側どちらもシュグナン地区で、言語も同じ。タジク側シュグナン地区の中心は先ほどまでいたホローグで、これからアフガン側シュグナン地区の中心のバルパンジャ村に向かっていく。

ここバダフシャーン州はタリバンに支配されなかった唯一の州であり、北部同盟のマスード司令官もここで活躍したとのこと。結果、この州のタジキスタン国境近くはアフガニスタンで最も安全に旅行できる地域といわれている。しかし州都ファイザーバードへの道すらタリバン生息地にぶつかるらしく、うかつにウロウロできないようだ。takumiもチキン旅行者なのでアフガン内部へ潜入するつもりはまったくなかった。もし何かあったら家族もろとも各方面から袋叩きだもんね。そういえばキルギスの南旅館で団欒していたとき、ほかのゲストの方々に「一応アフガン行き止めとけって言っておくからね。もしアフガンで何かあったら南旅館の名前がtakumiホテルになるよ。コーダホテルみたいに」って言われたっけw

そうはいっても万一パスポートを紛失したらそのままカブールに逝ってらっしゃいなので気をつけなければ。イラクのクルディスタン自治区でも同じような心配してたなあ。ここからカブール行くのとクルディスタンからバグダッド行くのとどっちが危ないんだろう。


ありがたいことに今のところ危険な臭いはまったくなく、平和そうな田園風景が広がっているだけ。


008_20131130195938114.jpg




019_20131130195941ce7.jpg


やがて下校中らしい女子小学生の集団と先生っぽい男の人に出くわす。さすがガチガチイスラム国、みんな被り物をかぶっている。これイランぐらいしか見たことない光景だなー。でも女の子がフツーに教育を受けてるってことは少なくともタリバンの影響はないってことかなあ。
とりあえずお決まりの挨拶「サラーマレイクム」と言ってみる。タジキスタンでは返答率100%で、さらに「うち来てお茶でも飲んで行かんしゃい」と言われる率が30%ぐらいだった。


・・・しかし小学生はこちらをジーっと見たまま総シカト状態。先生すら何も言ってくれなかった。アレ?


いやガチガチイスラム国だし女の人が保守的なだけかもしれん、と思ってすれ違ったおっさんたちに挨拶しても華麗にスルー。さらにそのあと出くわした男子小学生軍団に声をかけてもガン見してくるだけで反応はまったくなし。

えーなんなのよこれ。アフガン人は親切で無償の愛あふれるって評判なのに完全に期待はずれじゃないすか。新宿か渋谷の駅前で上半身裸になってたらこんな気分になるのかなあ。この「アイツ頭おかしいんじゃね?」と冷たい目で見られてる感じ。

期待しまくっていたアフガニスタンの第一印象は最悪以外の何物でもなかった。


014_2013113019593964c.jpg



それでも何とかアフガン人にお近づきになりたいので、小学生の先生に「バザールってどこ?」と聞いてみる。すると「どっから来たの?」「旅行者?」とか、やっとまともな会話ができるようになってきた。



国境から一時間ほど歩くとバルパンジャ村のバザールが見えてきた。先ほどここはタジク側と言語も文化圏も同じで風景があまり変わらないって書いたけど、バザールを見て思った。いやいや川挟んだだけなのに全然雰囲気違うやんけ。

バザールはボロボロの掘っ立て小屋でできていた。戦争映画にでも出てきそうな、今までどの国でも見たことがないような景色。そして歩いているアフガン人はほとんどテレビで見るような伝統アフガン服を着ている。なんかすごいところに来てしまったぞおおおお。。。



030 (6)




025_20131130195943b49.jpg
家具屋?アフガンのIKEA


気が付いたらさっき総シカトしてきたガキンチョたちが後ろからぞろぞろついてきていた。声をかけるとやっぱりシカト。写真を撮ろうとすると嫌そうな顔をして逃げていく。で、歩き始めたらまた付いてくる。いやいや外国人慣れしてなさすぎでしょうよ。実際今まででここに来た外国人旅行者は数えるぐらいだと思うけど。


027 (2)
短髪の子が多い。アフガンカット?


もう昼ごろだったので、人に聞きまくって食堂に連れて行ってもらう。道を聞いても誰もスルーせず、ちゃんと店までつれてってくれた。お、やっぱいい人いるじゃんか。


食堂はかなり質素。やっぱりタジキスタンのとつくりが違う。


035 (10)
肉つきピラフとシチューとナンとお茶で50アフガニ(約80円)。物価やすっ。
アフガン通貨はおとといのアフガンバザールで手に入れていたので問題なし


けれどなぜかちゃっかりテレビがおいてあった。ニュースキャスターはやっぱり黒い被り物をかぶっている。
店の主人やお客に「これってカブールのテレビ?」と聞くと「そうそう」。ここでやっとアフガニスタンに入ったことをはっきり実感できた。


036_20131201222644068.jpg
やっと現地人とちゃんとコンタクト取れるようになってきましたぜい


外に出たらまだ無愛想なガキンチョ軍団が待ってくれていたw


さてメシの次は宿。ホローグの宿で会った南ア出身のトラベルライターに宿情報を聞いていたが、「バザールに安宿があるけどドアを開けた瞬間テリブルすぎて泊まる気が失せてね、結局現地人に頼んでホームステイさせてもらったよ」と言っていた。トラベルライターで旅行経験豊富なはずなのに泊まる気失せるってどんな宿なんだろ。

そこらへんの人に聞いてみると、教えてくれたのはバザールと離れた宿だった。その人もちゃんと宿の前まで送ってくれる。ただいまアフガン人のポイント急上昇中。


教えてくれた宿はホローグでも活動していたアーガーハーン財団が経営する宿でかなり清潔。でも一泊45ドルということで予算オーバー。しかしここで国境で会ったタジク人中年男女と再会し、なぜか再びランチをいただくことに。。。


043_2013120122264647a.jpg
アフガン産らしい謎のコーラ。ミネラルウォーターも国産だった


もっと安い宿を聞いてみると、すぐ近くに25ドルの宿があった。個室だけどあるのは壊れそうなベッドだけで、トイレはボットンだしシャワーもなさそう、コスパは完全に終わってるけどいける宿だった。これでテリブルなバザールの宿に泊まる必要はなくなった。



もう一度あの前時代チックなバザールに向かっていると、農作業中のおっさんたちからお呼びがかかる。お、これワハンのデジャビュだ。


051 (2)



053 (7)
やっぱりお茶とお菓子のオモテナシキタ━(゚∀゚)━!


言葉がちんぷんかんぷんであたふたするところだったけど、おっさんの一人がなんとか英語を話せたので最低限の意思疎通もできた。この人たちの母語はホローグと同じシュグナン語と、アフガニスタンの公用語のダリー語。takumiはダリー語に近いペルシャ語なら数字程度だったらわかるけどもちろん会話お手上げ状態。あと「ウルドゥー語話せるか?」って聞かれたけど話せるわけねえよそんなもん。


いやいやでもでも、ついにアフガン人のホスピタリティが本領発揮してきましたYO!



068_2013120122485627d.jpg
パキスタンのデコトラ要素がちょっと入ってるトラック



さて、バザール散策しましょ。




062_20131201224851a5c.jpg




059_20131201224850fd0.jpg
このオッサンからスカーフ購入。150アフガニ(約250円)なり




077_20131201230258632.jpg
そしてこのじーさんがターバンにして巻いてくれたw


やはり21世紀とは思えないようなものすごい雰囲気。タイムスリップとかアナザーワールドといった言葉が頭に浮かんでくる。すぐそこにタジキスタンの国境があるのに、別世界だよほんと。



というか今度は大人まで集団になって後ろをゾロゾロ付いてくるんですけど時間の無駄なんでいい加減やめてもらえませんかねw 暇人多すぎww


071_20131201230250685.jpg
商品というより難民キャンプにある救援物資の山と言ったほうが正しそうw



074 (3)


そして国境に近いのに、ほぼすべての商品が国産であることに気づく。毎日毎日タリバン生息地帯を通って運ばれてくるのね。想像も付かないけど。。。

しかしやはりタジキスタンよりも貧困さを感じた。タジキスタンも旧ソ連最貧国と言われてきたけど、やはりこの国は格が違う。だって国が成立してから戦争につぐ戦争だったもんなあ。つい最近までコレラが流行して国境閉鎖していたんだし。
この地域はタジク国境近くだしまったく戦争状態にないからましなほうかもしれない。タリバン支配地域とか戦闘地域はどうなってるんだか。外国人が入ったら一撃必殺だろうから確かめようがないけど。


082_20131201230302251.jpg
ほかの村への乗り合いタクシーもあるみたい。車は9割ハイエースかカローラ




084_20131201231559f50.jpg
日本車万歳!・・・あれ?


ハイテンションでバザールを歩き回っていると、英語ぺらぺらの男の人が話しかけてきた。ガイドをしてくれると言う。無償の愛あふれるアフガン人のことだからどっかの国みたいにお金請求なんてないだろうし、こっちは遠慮のカタマリなんてとっくに消えてきるのでお言葉に甘えてしまう。カブールで化学教師をしていたが実家に戻ってきたとのことだった。


やたら高頻度で「マイフレーーンド、アイライクユー」と言ってきたが、そのときは何やこの人ちょっと気持ち悪いなあと思っただけだった。


081_20131201230300c79.jpg
左の人が問題の化学教師


最後に家に案内してくれることになった。とっくの昔に遠慮のカタマリは消えてきるのでそのままついていく。家ではお決まりのようにお茶とお菓子を出してくれた。

そしてこの家に泊まっていけ、と言ってくる。そうは言ってもこちらは宿に帰らないといけない、荷物もそこにおいてある。そう言うと、すんなり引き下がるどころか"No problem for us! Please!"と訴えてくる。あれれ・・・


086_20131201231602e4c.jpg
問題の現場


そのまま5分ぐらい押し問答が続く。最後のほうには泣きそうになっていた。


予想外の展開にポカーンとしていると、いきなり話が変わった。「君の大学のクラスにはバイはいるの?」「僕はバイだ」


「あっ・・・(察し)」



もちろん退去しましたよええ。丁重なお礼を言って。彼は最後まで付いてきて、結局宿の前でお別れとなった。


いやー去年イランで耳たぶをかまれた以来ですよ。あ、フンザでやたら週何回シゴくか聞いてくるおっさんに会ったけどその人も怪しかったか?まあとにかくそんな経験をするのはイスラム圏ばかり。イランで同性愛が発覚すれば死刑ものだし、アフガンでもそうかもしれない。「死を覚悟しても愛する」という言い方をすればカッコイイけど、当事者にとったらたまったもんじゃねえよ。。。


そんなわけで、アフガニスタンでタリバンではなくゲイに襲われそうになったというオチでした。ちゃんちゃん。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

遂に、憧れの地に突入ですね!!

 takumiさんこんにちは、ラパヌイです。
 遂に、takumiさんにとって長年の憧れだった、アフガニスタンに突入しましたね!! takumiさんにとって、この国に行くことに決めてから、何回もtryしながらもその都度困難が立ちはだかった様ですので、大変感慨深かったことでしょう。 実際に訪れるのは国境近くのバルバンジャ村だけにしたようですが、その判断は絶対正解のはずですよ。何しろ、あの国情ですから、国内を普通に旅することなどとても無理ですし…。まあ、ここだけでもタジキスタンとはだいぶ違う雰囲気を味わうことが出来たと思います。それだけでもいい経験ですね。 
  それにしても、アフガニスタンに早く平和が訪れればいいですね。

Re: 遂に、憧れの地に突入ですね!!

> ラパヌイさん

返信が遅れてしまって申し訳ありません。やっぱりなかなか入国が難しかっただけに、いざ入国してみると達成感がありましたね。食堂のテレビニュースを見るまで実感がわかなかったのですが(笑)
去年まではカブールとかバーミヤンへ旅行している人もいるようでしたが、今年に入ってからさらに治安が悪くなってきたようなので無理だと判断しました。近い将来米軍が撤退する計画もありますし、これからどうなっていくか分からないですね。もちろん早く平和になってほしいですが。

衝撃事実拡散

最近異常気象が目立ちますど、台風も地震も大雨も、米国がHAARP(高周波活性オーロラ調査プログラム)で作り出したもんです。「HAARP、地震」 「HAARP、台風」等で検索してもらえば出ます

この世の痛み、病気、自殺、殺人、墜落事故、交通事故、火災等、この世のほぼ全ての災いを【人工知能】を使って秘密裏に作り出してる組織がNSAで、総括してるのが【米国防総省】です。この犯罪は、米国がやってる犯罪です

この犯罪の主犯各は、米国の諜報機関(スパイ)のNSAです。CIA(スパイ)が創価を日本統治に利用してるってのもあって、NSAが創価の悪事に便乗して、創価になりすまし、創価を利用してやってる犯罪です

人工知能を活用したレジ不要のコンビニ、米アマゾンの「Amazon Go」このコンビニは、人の動作、音声、商品棚の重さ等を【人工知能】が細かくチェックして、お客が商品を持って出ると、ケータイで自動精算されるので、レジが必用無いわけです

このシステムからわかる事は、人工知能は、多くの人の行動を1度に管理出来るし、多くの人の一挙手一投足を、見逃さずに監視出来るって事です

この人工知能の技術を米国が悪用して、遠隔から地球上の全ての人を、24時間体制で監視盗聴して、悪さをした人や創価に逆らった人を病気にしたり、事故らせたりして災いを与えます

こんなに大規模な犯罪なのに、あまり世間に浸透してないのは、人工知能が遠隔から各個人の生活スタイルを24時間体制で見て、生活に沿った病気や痛みを与えて来たからです。重い物を持ったら腕に痛みを与えたり、ツラい事があったら鬱にしたり等。相手に覚られず、任務を遂行するスパイ組織が主犯各なんで、私生活に便乗して、違和感を持たせずにやります

【重要】青森県三沢基地には、 NSAの電波傍受(盗聴)施設がありますし、世界中に通信傍受施設を配備してるので、地球上のどの地点にいても、ケータイやPC等の通信機を介して盗聴します

この犯罪は、GPS (全地球測位システム)を使ってやるので、地球上のどの地点にいようと、どんな建物の中に入ろうと、継続的に、監視追跡出来ますし、どこに居てもピンポイントで、痛みやカユミや病気を作れます

そもそもGPSは、米国防総省が軍事目的で開発したもので、管理運用も国防総省がしてます。NSAは【国防総省】の管轄で、CIAが大統領の直轄です。台風や地震を作り出すHAARPも、米国防総省主導によるプロジェクトです。つまり、この地球規模犯罪を総括してる組織は、米国防総省って事です

ノイズキャンペーン(騒音の嫌がらせ)に至っては、救急車のサイレンで嫌がらせする為に、人工知能が重篤な患者を作り出しますし、パトカーが付きまといをする集団ストーカーは、警察に通報させないように、人工知能が警官を操って、いかにも警察が嫌がらせしてるように、工作します。警官は、自分が操られてる事に気付いてません。これらは全国でやってますから、警察関係者は知らぬ間に、多くの人に恨みをかってるって事です。警察の内部事情は全て筒抜けで、パトロールに行く時間も全て人工知能が把握してますから、それに便乗する形で警官を操り、定規で測ったかのような、神懸かった抜群のタイミングで集ストします

行く所行く所で周りの人が咳払いしたり、くしゃみをしたりする集団ストーカーは、人工知能が被害者の周りの人に波動を当てて、咳払いやくしゃみをさせてるだけです。いかにも集団でストーカーしてると思わせて、心理的負担をかけてるだけです

咳をした時の周波数と同じ周波の波動を当てると、人為的に咳を出させる事が出来ます。例えば、TBSラジオ90.5MHz、ニッポン放送93.0MHzに周波数を合わせると、これらのラジオを聴けます。これと同じように、食欲が湧かない時の周波数、眠れない時の周波数って具合に、それぞれの周波数と同じ周波を当てると、ラジオが切り替わるように、その状態に切り替わって、意識操作や精神疾患を作り出せます

生態の周波数コードを読み取って、脳波パルス信号に、同じ周波数を送ると、波動が共鳴して、その状態に切り替わります。例えば、人が右に曲がる時の周波数コードを読み取って、その周波数と同じ周波を送ると、いとも簡単に右に行かせる事が出来ます。これを利用すれば、警官を操って、パトカーに集ストさせる事も、たわいないです。好き嫌いの感情、食欲等を操る事なんか、造作もないです

例えば、蛍光灯に虫が集まるのは、ある決まった周波数の紫外線に、吸い寄せられてるからです。逆にいうと虫ですら、周波数で操作が可能って事です。昆虫類は、それぞれが違った周波数の光に誘引される性質があるんで、どんな虫でも周波数を変えると、自在に操作が可能って事です

創価が仏敵によくヤる、家の中に害虫を呼び込んだり、カラスを屋根の上に集めて暴れさせたり鳴かせたり、犬を吠えさせる嫌がらせも、人工知能が軍事技術を用いてヤってます

ちなみに、27~38Hzで不眠に、48~55Hzで喘息に、88Hzで片頭痛が引き起こされます。それぞれの病気が、それぞれ決まった周波数を持ってます。これらの周波数と同じ周波を当てれば、どんな病気でも作り出せるって事です

CHAGE&ASKAのASKA氏が釈放されてすぐに、新潟県糸魚川市で大規模火災発生

ASKA氏が、集団ストーカーの事を記した700番て本を、2月17日に発売してますけど、この本が発売される1日前の2月16日に、通販会社のASK UL (アスクル)の倉庫が、1週間近くに渡って燃え続ける火災発生。創価の本尊を燃やすと、その家が火事になるんですけど、これらは全て人工知能が工作してやったもんです

特に創価の活動家には、頻繁に災難が降りかかるんですけど、信者は皆、魔(仏罰、現証、非科学的な原始的発想)にヤられてると思ってます。災難が続くと、信者は仏にすがって、学会活動や選挙活動に精を出すようになるので、定期的に科学技術で災いを与えます。モチベーションを上げさせる為の、起爆剤みたいなもんです

これらも人工知能がやってます。人エ知能を悪用した奴に厳しい罰則を与えるような法整備や、多国間での取り決めをしないと、米国が人工知能を使って、これからもやりたい放題やります

犯罪組織を特定して、拡散していく事でこの犯罪は減って行きますから、盲滅法にバラまいて、世間に浸透させてます

https://shinkamigo.wordpress.com

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://furafuramachiaruki.blog.fc2.com/tb.php/627-e0f406c5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

takumi

Author:takumi
関西の某外大を卒業して日本社会の荒波へ、しかしまだまだ旅中毒末期患者。モラトリアム期間をなんとかして延長したい。。。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
旅行準備・スケジュール (36)
移動安宿ビザ等国別情報目次 (1)
日本/原付ツーリング (10)
日本/鉄道の旅 (8)
日本/その他 (27)
韓国 (13)
中国 (34)
香港 (3)
マカオ (2)
台湾 (6)
フィリピン (2)
ベトナム (3)
カンボジア (3)
ラオス (6)
タイ (2)
マレーシア (7)
シンガポール (2)
インドネシア (2)
バングラデシュ (7)
インド (4)
ブータン (8)
ネパール (4)
パキスタン (10)
キルギス (22)
カザフスタン (11)
ウズベキスタン (21)
トルクメニスタン (6)
タジキスタン (19)
アフガニスタン (5)
イラン (27)
アルメニア (7)
グルジア (7)
イラク領クルディスタン (11)
アラブ首長国連邦 (5)
ヨルダン (5)
イスラエル (8)
パレスチナ (2)
トルコ (24)
フランス (10)
スペイン (13)
ポルトガル (4)
イタリア (15)
バチカン (1)
サンマリノ (3)
ギリシャ (11)
スイス (2)
ベルギー (6)
ドイツ (3)
チェコ (2)
ハンガリー (5)
スロベニア (7)
クロアチア (6)
ボスニア・ヘルツェゴビナ (4)
セルビア (9)
モンテネグロ (6)
コソボ (7)
マケドニア (6)
アルバニア (9)
ブルガリア (8)
ルーマニア (14)
ウクライナ (2)
チュニジア (5)
アルジェリア (8)
モロッコ (18)
西サハラ (1)
エチオピア (26)
ジブチ (6)
ソマリランド (8)
モーリタニア (11)
セネガル (4)
マリ (12)
カナダ (2)
米国 (2)
メキシコ (2)
キューバ (2)
米領プエルトリコ (1)
ペルー (9)
ボリビア (10)
アルゼンチン (18)
チリ (9)
オーストラリア (2)
ニュージーランド (2)
パプアニューギニア (3)
ソロモン諸島 (4)
バヌアツ (5)
総集編 (18)
訪問国とルート (7)
観光に役立つリンク集、用語集 (3)
世界のサッカー (20)
スタンプ、ビザ (7)
世界の鉄道 (17)
世界のお金 (9)
パクチー栽培日記 (1)

 

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

 

FC2カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR