FC2 Blog Ranking

2017-11

Latest Entries

ホーローグのバザールめぐり。

9/13, 14 タジキスタン/ホーローグ ホーローグ泊


引き続き宿でアフガン情報を集めていると、今度は南アフリカ人のおっさんバックパッカーに会う。前にアフガン情報をくれたのもNZおっさん旅行者だったけど、スタン系って日本人だけじゃなくて外国人も旅行者年齢層高めなのね。


この南アおっさんは、昨日ホーローグ近くのアフガンの村から帰ってきたとのこと。行きたてほやほやの情報をたっぷりもらえた。その村はタジキスタン国境ながら全く雰囲気が違い、タイムスリップしたみたいでアメイズィング!ただしまともな宿はなく見所はバザールぐらいしかないため一泊ありゃ十分だよ、とのこと。
このおっさんの話を聞いてみるに、ほんとにその村がアメイズィングそうだったので、そこへ行ってみることに決定。ただ土日国境がしまっているという噂があるので、今日アフガンへ突撃すると月曜まで帰ってこれない恐れがある。明日国境でアフガンバザールなるのもがあるようなので、そのついでに国境を渡ることにする。

ちなみにこの南アおっさん、香港在住のトラベルライターだそうで、日本渡航20回を超えるなかなかの日本ラバー。「Noboribetsu行ったことある?え、ないの!?あそこ行くべきだよほんと」とか言ってくる。南アフリカ人に登別を勧められる日が来るとは思わなかったww



ま、そんなわけでこの日は一日中ホーローグ散策。最初来た時は一泊しかしなかったから、このときにゆっくりするのもいいじゃない。


031 (2)
橋のたもとに。。。



032 (6)
雰囲気良さげなレストラン。でもやっぱりメニューは3種類ぐらいしかない。。。


とはいってもこの街はゴルノ・バダフシャン州の州都である以外別段コメントすることもなく、中心部にはバザール以外特に見所はない。郊外に高山植物園があるらしいけど、結局メンドクサイのでスルーしてしまった。


とりあえずそのバザールへ。ほかのスタン系とはまた違った雰囲気で、一言で言えばゴチャゴチャ。外から見ると小さめだけど、パミール地域最大都市のバザールということで意外と広い。



028 (7)




034 (2)




036 (3)
スタン系のバザールに絨毯屋は欠かせない




037 (5)




041 (3)
パミール帽子、40ソモニ(約800円)とお高め。これでスタン系帽子コレクションが6つにw



042 (8)
アツアツウマウマのサモサ。でも営業時間がかなり短い。



043 (5)




044 (2)


バザールはいろんな人間が集まってくるから、自然と現地人の性格なんかがわかって面白いけど、ここホーローグではいい人と悪い人が極端。悪い奴はお決まりのチャイナニーハオ攻撃してくる。今までのスタン系で、悪意を持って中国人呼ばわりされたことなかったけどなあ。なんでタジクだけ。。。
そういえばこの国で見るものはやたら中国製が多い。マルシュルートカ(ミニバス)ですら中国車だった。ちなみにこの都市は今まで行ったことのある都市の中でダントツにマルシュルートカが多く、ひどいときには5台ぐらいずらずら連なって走っている。しかし中国製マルシュは他国製より一回り小さいので乗り心地はよろしくない。バックパックなんか持ってたら最悪だわな。



宿に戻ると、アルマティで会った韓国人旅行者と再会。やっぱりこの人もおっさんだけど、英語ペラペラでしかもなかなかの日本びいき。「いやー韓国でこんなこと言うと非国民とか言われるんだけどね、でもやっぱいろんな点で絶対日本の方が上だよね」
でもただひとつ許せないことがある、と言って原発のことはしっかり批判してたけど。。。


その韓国人と、宿の近くのロシアレストランへ。今まで口にしてきたものがことごとく散々かつワンパターンだったので、ここは天国。しかもお高そうに見えてそれほど高くない。ステーキサラダビールで28ソモニ(約560円)。


046 (4)



047 (5)
いきなりダンスタイム。やっぱパミール人はダンス狂なのね



翌日の土曜日は、前もって情報を聞いていた週に一度のアフガンバザールへ。タジキスタンのアフガンバザールといえばワハン回廊のイシュコシムのバザールが「それなりに」有名だけど(念のため言っておきますがこんなところまで来る旅行者はめったいにいないためこれでもドマイナーですw)、ここホーローグでもアフガンバザールがあるのだ。そのついでにアフガン入りしてしまおうぜという計画、でも土日は国境クローズという噂なのでこの計画はヤケクソ。


国境に行ってみると、おおっ結構盛り上がってるじゃないすか。


003 (6)
入口



008 (7)




009 (7)


イシュコシムのバザールは、川の中州の国境緩衝地帯で開かれるためパスポートを預けなければならないと聞いていたけど、ここのバザールは完全にタジキスタン側。そのためか意外と小規模で、10分あればすべての店を冷やかしに行けるぐらい。でもやっぱり生で見るアフガン人は衝撃。アフガン戦争のニュースなんかで見るようなあのアフガン服を皆さん着こなしており、集団でアフガン人がたまっているのなんかを見ればそこだけ世界が変わって見える。ああ、おれ今からこんな人たちがうようよいる世界に行くのか。。。



010 (5)


アフガン人もタジク人に負けず劣らずは旅行者に対して親切でフレンドリーと聞いていたけど、ここにいるアフガン人は大人しめなのか外国人慣れしているのか、あまり声をかけてこない。それでもずっとバザールをぐるぐるしていると、ウンコ座りして世間話しているアフガン人の輪に入れさせてもらった。


013 (4)


しかし言葉が完全にチンプンカンプン。ロシア語圏ではおのれのヘッポコロシア語で何とかなったけど、アフガニスタンの公用語はペルシャ系のダリー語とパシュトゥー語でロシア語圏外。英語も全く通じなかった。よく考えれば、こんなに言葉通じましぇんお手上げ状態になったのは本当に久しぶりのことだった。しかたないのでイランに行った時に覚えたカタコトのペルシャ語をちょっと話してみたら結構ウケたw

顔つきもやっぱイラン人っぽい?タジク人もイラン系のはずだけどどこか違う。そしてモンゴル系で東洋人顔のハザラ人も何人か発見。



004 (4)




014 (3)


観光客もちらほら見かけた。いきなり話しかけてきたのはユニフォームコレクターのポーランド人。「えーパフタコール(※ウズベキスタンのクラブ)のユニ着てるじゃない!おれも欲しかったけど買えなかったのよー」とか言ってくる。まさかウズベク人以外でこのユニに反応してくれる人がいるとは思わなかったw



このバザールの隅にアフガン国境に行けるらしい入口があったので、一万円ぐらい両替したあとそこに行ってみる。兵士の前に何十人も現地人(ほとんどアフガン人商人)が群がる中央アジアの典型的な非能率国境だったけど、ひるまずに飛び込んでみる。

しかし兵士に「ポスレザーフトラ!(明後日)」と一蹴。。。 どうやら国境は土日クローズという噂は本当だったらしい。アフガン人商人はちゃんと越境しているから外国人だけ禁止なのかな?まあいい、またポスレザーフトラに行ったらいいんだし。



宿に戻ると、今度はビシュケクで会った日本人の方にばったり再会。なんか一昨日から再会多すぎじゃね?と思うけど、中央アジア旅行者はみんなだいたい同じルートを通ってだいたい同じ宿に泊まるのでまあ普通といえば普通のことだった。


で、今度は別のロシアレストランへ。やっぱりここも天国。


019 (2)
ボルシチ。ロシアレストランはちゃんとバリエーションありまっせ!


で、やっぱり突然ダンシングタイムが始まるw



さて、なんだかんだで最終的には7泊もしてしまったホーローグ。自称高速型バックパッカーのtakumiにしてはこれは異常だ。
泊まった宿がパミールロッジ。この街では一番有名な宿で、実際いつもバックパッカーで溢れていて評判もなかなかだけどどうも過大評価に思えてしまう宿だった。というか正直言えばダメ宿。


なんと言ってもネットに関してのケチさが度を越えている。一泊8ドルか9ドル(建物によって値段が変わる)にさらに一時間4ソモニ(約80円)のwifi料金が加わるのだけど、スタッフにwifiパスワードを聞くと宿泊客のパソコンを持って行って別の部屋で入力してから返してくるので宿泊者同士の教え合いができない(ようにしているだけで、本当はどこからか出回ってくるけどw)。そしてパスワードのコロコロ変わる。

これだけならまあ許せるけど、メンドクサイのはスタッフがいちいち宿泊者がパソコンをいじっているかどうか監視していること。特に主人の嫁とその手下っぽい男がうっとうしい。おれが写真整理しているだけって言ったのに、この嫁いきなり横に座ってパソコン覗き込んできたからね。あのとき切れてこの宿出てやったらよかった。結局宿出るときにネット料金を割増請求されることになったし。しかもwifiは部屋では通じず中庭に出てやることになるので、宿泊者はずっとこのクソ嫁とクソ男の監視の目にさらされることになる。

と思えば肝心なところでネット管理はずさんで、パスワードが変わったので聞きに行くと「パスワードは主人しか知らないのでわたしに聞いても知らんがな」「主人はいまバザールに行っていて聞けない」とか抜かしてくる。


この地域はネットに関しては本当に不便なところなので、この宿で情報収集しようとするゲストも多いはず。それなのになんなのよこの状況。殿様商売といってもひどすぎるっつーの。


他にも鍵がない部屋があったりとか、そもそも中心から遠いとか(バザールからマルシュルートカで10分、さらに坂道登って徒歩10分)、客室が多いのにシャワーがひとつしかないとか、周りに食堂少ないのにキッチンも夕食サービスもなく朝食はボッタクリ価格とかいろいろ文句つけたいことがあるんですが、これ以上愚痴ると見苦しくなってただでさえ少ない読者さんがさらに減ってしまうのでこれぐらいにしときます。


025 (6)
中庭にかわゆい猫の親子が出没。数少ないメリットだと思うよ


ま、ホーローグに来るバックパッカーの9割はここに泊まると思うし(だから殿様商売がはびこるんだよね。。。)、情報収集とかツアーメイト探しにはいい宿だと思いますよ。この時期はゲストの約半分がチャリダーとかライダーで、スペインからチャリ漕いできたびっくりボンバーなおっさんもいた(これまで生水を大量に飲んできたらしく体調不良でずっと具合悪そうだった。。。)。嫁はんと違って宿の主人はなかなかいい人だし、なんか嫌なこともあってもちゃんと話し相手がいると思うしね、うん。


それでも、このパミールロッジの独壇場を崩すような良宿がホーローグに現れることを切に願うのであります。この街にまた来ることは一生ないかもしれないけど。


※今夏泊まった知り合いより、めちゃくちゃサービスが良くなったとの報告あり。wifiフリー、キッチンも使用OKになっているとのこと。この記事を放置してたらパミールロッジからクレームが来かねないので訂正しておきまする。(2016年8月追記)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

登別は、いいとこですよ!!

 takumiさん、こんにちは、またも、ラパヌイです。
 そうですか、南アフリカの人に、登別を勧められたのですか。それも、タジキスタンの地で!! それはまた、貴重な体験ですね。
 でも、確かに、登別は、いいとこですよ。私は、だいぶ前に行ったことがあるんですけど、とてもいい泉質の温泉地だったのを覚えています。まあ、ツアーの団体さんも多かったですけどね。
 というか、takumiさんは、北海道を訪れたことはありますか。まだでしたら、是非今度、行ってみるといいですよ。内地と違って、広々しているし、景色はいいし、食べ物(特に魚介類)はおいしいし、とてもいいところで、お勧めです。
 海外もいいですけど、日本国内にもいいところはいっぱいありますので、今度、国内もあちこち訪れてみてくださいね。
 海外旅行も大好きで、国内旅行も大好きな(笑)ラパヌイからのお願いです!!  では。

Re: 登別は、いいとこですよ!!

> ラパヌイさん

実は47都道府県の中で唯一滞在も経由もしていないのが北海道なんですよね。行くには時間とお金と気合が必要なところですし(笑) でも最近はLCCがバンバン飛んでいるので行きやすくなりましたね。登別も含めて、タイミングが会えば行ってみたいと思っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://furafuramachiaruki.blog.fc2.com/tb.php/625-9bbf1d10

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ムルガブからホログへ

この辺境でこの朝食は嬉しい 09:00 バザールに行って両替をしようとする。その途中に旅行者がちらほら到着していたので話しかける。  フランス人カップル:「ワハーン回廊を行くなら一度ホログまで行って、そこから半時計回りの方が時間も費用もベターじゃないかな。でもランガルから先は本当に車が少ないよ。」  日本人:「パミールはどこも同じかなと思います。あと、正直言うと景色は南...

«  | ホーム |  »

プロフィール

takumi

Author:takumi
関西の某外大を卒業して日本社会の荒波へ、しかしまだまだ旅中毒末期患者。モラトリアム期間をなんとかして延長したい。。。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
旅行準備・スケジュール (36)
移動安宿ビザ等国別情報目次 (1)
日本/原付ツーリング (10)
日本/鉄道の旅 (8)
日本/その他 (28)
韓国 (13)
中国 (34)
香港 (3)
マカオ (2)
台湾 (6)
フィリピン (2)
ベトナム (3)
カンボジア (3)
ラオス (6)
タイ (2)
マレーシア (7)
シンガポール (2)
インドネシア (2)
バングラデシュ (7)
インド (4)
ブータン (8)
ネパール (4)
パキスタン (10)
キルギス (22)
カザフスタン (11)
ウズベキスタン (21)
トルクメニスタン (6)
タジキスタン (19)
アフガニスタン (5)
イラン (27)
アルメニア (7)
グルジア (7)
イラク領クルディスタン (11)
アラブ首長国連邦 (5)
ヨルダン (5)
イスラエル (8)
パレスチナ (2)
トルコ (25)
フランス (10)
スペイン (13)
ポルトガル (4)
イタリア (15)
バチカン (1)
サンマリノ (3)
ギリシャ (11)
スイス (2)
ベルギー (6)
ドイツ (3)
チェコ (2)
ハンガリー (5)
スロベニア (7)
クロアチア (6)
ボスニア・ヘルツェゴビナ (4)
セルビア (9)
モンテネグロ (6)
コソボ (7)
マケドニア (6)
アルバニア (9)
ブルガリア (8)
ルーマニア (14)
ウクライナ (2)
チュニジア (5)
アルジェリア (8)
モロッコ (18)
西サハラ (1)
エチオピア (26)
ジブチ (6)
ソマリランド (8)
モーリタニア (11)
セネガル (4)
マリ (12)
カナダ (2)
米国 (2)
メキシコ (2)
キューバ (2)
米領プエルトリコ (1)
ペルー (9)
ボリビア (10)
アルゼンチン (18)
チリ (9)
オーストラリア (2)
ニュージーランド (2)
パプアニューギニア (3)
ソロモン諸島 (4)
バヌアツ (6)
総集編 (18)
訪問国とルート (7)
観光に役立つリンク集、用語集 (3)
世界のサッカー (20)
スタンプ、ビザ (7)
世界の鉄道 (17)
世界のお金 (9)
パクチー栽培日記 (1)
ロシア (2)

 

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

 

FC2カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR