FC2 Blog Ranking

2017-06

Latest Entries

首都アスタナへ、まずはバザール散策。

8/15 カザフスタン/(カザフスタン公営バス)→ アスタナ アスタナ泊


ロンプラではアルマティ・アスタナ間のバスの所要時間は24時間となっていたけど、なんと結局19時間半で到着。なんなのこの差は?

いずれにしろ、なかなかの長距離移動であることには違いない。この旅の都市間移動は長距離移動ばっかだなあ。。。


大阪―上海 52時間(フェリー)

上海―西安 22時間(バス)

西安―ウルムチ 33時間(鉄道)

ウルムチ―イーニン 13時間(バス)

イーニン―アルマティ 20時間(バス)

アルマティ―アスタナ 19時間半(バス) ←New!!


アスタナは97年にアルマティから遷都した新首都。この遷都には「終身大統領」ナザルバエフの意向が大きかったようですが(あとの記事で詳しく述べます)、歴史的建造物とか遺跡は全くない。しかしトルクメニスタンの首都アシガバードと同じく、キモチワルイ奇想天外な現代建築群があったり大統領マンセー的施設があるということで、それを見にやってきたわけです。
ちなみにアスタナはカザフ語で首都の意味とのこと。もうちょっと名前ひねれんかったんかいね。



032 (2)
バスターミナルに隣接する鉄道駅。ガラス張りの駅舎に謎の造花、早速期待が高まりますな


駅舎だけでなく、構内も無機質&サービスに欠ける系旧ソ連おなじみ鉄道駅の常識を覆すもの。券売機やインターネット機がそこらじゅうにあり、シャレオツなカフェもいくつかある。そして快速wifiつき!おかげで時間有り余ってたので3時間ネットさせていただきましたw


033_20130829020605b50.jpg




035 (3)
そんな駅に古臭い東欧な列車が来る不自然さもステキ



036_201308302351396eb.jpg
サンクトペテルブルクとかオムスクとか、ロシア行き国際列車が多い



この駅で帰りのアルマティ行き列車を予約しようとしたけど、券売機の使い方がよく分からない。しかしそれは現地人にとっても同じようで、券売機は使い方を理解していない利用者に一人当たり5分ぐらい占領され、窓口は長い行列。なんとかがんばって券売機で切符を買おうとするとなんとか買えたものの、お釣が出てこない。
オバチャン駅員に助けを求めると、

「あーらこの機械でお釣をもらうのは構内の携帯電話会社を通じなきゃいけないの。え、携帯電話持ってない?しゃあないわねえ、わたしがしてあげるよん」(takumi的てきとーロシア語訳)

とのことで、あとの手続きはすべてやってくださった。見た目は他のソ連諸国同様話しかけるのをためらうほど無愛想なのに、なんだかんだで全部助けてくれる。要はツンデレw


ということでまたtakumiのカザフスタン好感度ポイントがうpしました。



038 (3)
こんな意味不明な銅像は旧ソ連の伝統を引き継いでるよね


さて奇想天外建造物群の訪問は翌日に取っておくとして、まずは市内北部のアルチュームバザールへ。この歴史もクソもない新首都にもちゃんとバザールがありました。さすが中央アジア。



043 (2)




045 (2)
МОЯ СЕМЬЯ=「私の家族」の意味、なんちゅうネーミングw



049_20130831000516454.jpg
カーペット屋はイランやウズベクほどにぎわってない模様



055 (2)



058_2013083100052008b.jpg
この街でよく見るこのタワーはアスタナを象徴する建造物バイテレク。あとで登場します




057_201308310005091c4.jpg
ここにも日本の新幹線w こちらはJR東日本の車両ですね



047 (2)
ベシュバルマック。遊牧民の料理のようでキルギスにもある。
ガイドブックには「羊肉が載った麺」ってあるけど、餃子の皮を平べったくしたような感じ



053 (2)
アイス売りのおねいさんと。カザフ人はアイス大好き、アイス愛好家人口はイランに匹敵(当社調べ)

それにしてもカザフスタンは美人多い!しかもロシア系、カザフ系、日本人に激似な人、そのハーフなどさまざまな種類がいていろんなニーズに対応してます



バザールと名乗っているものの、他の都市のようなゴチャゴチャした感じではなく、建物も5階まであるのでデパートに近い感じ。1階は野菜や肉、香辛料などがそれぞれのブースで売られているけど、それ以外は各店舗がしっかりスペースを取っている。そんなわけでどうも違和感が漂う。


極めつけは最上階にあったコレ。


059_20130831001044a07.jpg
なんとネイルアートショップ。しかも大繁盛!


うーんやはりこの国、想像を超える金持ち国らしい。。。


さらにバザールの向い側にはでかいシッピングモールがあり、、、


063_201308310010448db.jpg

お高そうな家具がどかんと置かれております。さらにヤ○ダ電機やケー○デンキと変わらないような立派な家電量販店も。そしてここにも快速wifi。
日本だったら商店街と郊外型ショッピングセンターが隣り合っている状況のようなわけで、あっという間に商店街が衰退していきそうですが、こちらはうまいこと客の差別化が図れているらしく、バザールもショッピングモールも両方お客でいっぱい。



さて、アスタナにはいい安宿がなさそうなので久々にカウチサーフィンをすることに。ホストの方と会うために、北部の旧市街(といっても旧ソ連系無機質な建物が立ち並ぶだけ)から南部の新市街へ移動する。すると、見えてきましたお楽しみの現代建築群が。



068_201308310039388d4.jpg
先ほどでてきたこの街の象徴、バイテレク


この他にも前面ガラス張りのビルやらでかいスクリーンの群れやらがどんどん現れる。


しかしこれはまだ序章、やはりこの街の奇想天外っぷりは予想を裏切らなかった。。。!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://furafuramachiaruki.blog.fc2.com/tb.php/595-cb54fad4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

takumi

Author:takumi
関西の某外大を卒業して日本社会の荒波へ、しかしまだまだ旅中毒末期患者。モラトリアム期間をなんとかして延長したい。。。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
旅行準備・スケジュール (36)
移動安宿ビザ等国別情報目次 (1)
日本/原付ツーリング (10)
日本/鉄道の旅 (8)
日本/その他 (27)
韓国 (13)
中国 (34)
香港 (3)
マカオ (2)
台湾 (6)
フィリピン (2)
ベトナム (3)
カンボジア (3)
ラオス (6)
タイ (2)
マレーシア (7)
シンガポール (2)
インドネシア (2)
バングラデシュ (7)
インド (4)
ブータン (8)
ネパール (4)
パキスタン (10)
キルギス (22)
カザフスタン (11)
ウズベキスタン (21)
トルクメニスタン (6)
タジキスタン (19)
アフガニスタン (5)
イラン (27)
アルメニア (7)
グルジア (7)
イラク領クルディスタン (11)
アラブ首長国連邦 (5)
ヨルダン (5)
イスラエル (8)
パレスチナ (2)
トルコ (24)
フランス (10)
スペイン (13)
ポルトガル (4)
イタリア (15)
バチカン (1)
サンマリノ (3)
ギリシャ (11)
スイス (2)
ベルギー (6)
ドイツ (3)
ハンガリー (5)
スロベニア (7)
クロアチア (6)
ボスニア・ヘルツェゴビナ (4)
セルビア (9)
モンテネグロ (6)
コソボ (7)
マケドニア (6)
アルバニア (9)
ブルガリア (8)
ルーマニア (14)
ウクライナ (2)
チュニジア (5)
アルジェリア (8)
モロッコ (18)
西サハラ (1)
エチオピア (26)
ジブチ (6)
ソマリランド (8)
モーリタニア (11)
セネガル (4)
マリ (12)
カナダ (2)
米領プエルトリコ (1)
ペルー (9)
ボリビア (10)
アルゼンチン (18)
チリ (9)
オーストラリア (2)
ニュージーランド (2)
総集編 (18)
訪問国とルート (7)
観光に役立つリンク集、用語集 (3)
世界のサッカー (20)
スタンプ、ビザ (7)
世界の鉄道 (17)
世界のお金 (9)
パクチー栽培日記 (1)
キューバ (2)
米国 (2)
メキシコ (2)
チェコ (2)
パプアニューギニア (1)

 

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

 

FC2カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR