FC2 Blog Ranking

2017-10

Latest Entries

世界の鉄道特集!モンテネグロ・セルビア・ボスニア編

まずは2006年まで同じ国だったモンテネグロとセルビアの鉄道から。


モンテネグロ唯一の鉄道会社は国鉄のモンテネグロ鉄道、同じくセルビアはセルビア鉄道。この2カ国間はバール~ベオグラードのバール鉄道で結ばれている。
このほかセルビア鉄道は国際路線も多く持っており、ベオグラードからハンガリーやクロアチア、ボスニア、ブルガリア、ルーマニア、マケドニアなど直通列車が走っている。さすがバルカン半島の交通の要衝ですねー。それゆえにこの地域は昔から激しい衝突の歴史にさらされてきたのだけど。。。



そんな両国の鉄道スナップ。


014 (3)
学校の校舎ではありません。モンテネグロの首都ポドゴリツァ駅

ポドゴリツァは今まで訪れた首都の中では断トツつまらなーい街、駅舎もそのことを反映しております。
駅員の人は感じ良かったけどね。


011_20111104220920.jpg




013 (3)




026 (2)



025_20130130001334.jpg
Crne GoreはCrna Gora(ツルナゴーラ)の変化形、モンテネグロ語でモンテネグロの意味。どちらも黒い山という意味
Zeljeznicki(ジェリェズニチュキ)はたぶん鉄道とかそんな意味。そういえばサラエボにジェリェズニチャルっていう強豪サッカークラブがあるけど鉄道に関係あるのかな?




028 (2)
こいつに乗ってセルビアの首都ベオグラードへ。



今回乗車した路線がバール鉄道。ポドゴリツァからベオグラードまで一日2本、約10時間、€22。バスのほうが本数が多く、時間も速くて正確(セルビア人の友人によると鉄道は3時間遅れが普通らしいw)。

じゃあなぜ鉄道をチョイスしたかというと、トーマスクック時刻表に景勝路線として載っていたから。



アルバニアの景勝路線はいろんな意味でダメダメだったけど、ここのは乗って良かった。



034_20111105090100.jpg





039 (2)




040_20111105090059.jpg




047 (2)

はるか下に渓谷を見下ろす山の中腹に線路。よくこんなところに敷いたなあ。
そしてまわり一面、モンテネグロ(=黒い山の意)の国名の由来と思われる岩肌むき出しの山。


あ、モンテネグロ方面からは進行方向左側がいい感じの眺めッス!セルビアに入った途端、ザ・ヨーロッパの典型的な田舎の農村風景が広がるので車窓を楽しみたい方はそれまでに!



049 (2)
食堂車。食事はサンドイッチのみw





051_20130130002933.jpg
ベオグラード駅に停まっていた客車。ソフィアやらブダペストやらザグレブやら東欧諸国へ向かう国際列車がどんどん発着する



067_20130130001337.jpg
ベオグラード旧型トラム(路面電車)。フランスかどっかの支援で地下鉄建設の計画もあるとか。確かにトラムだけでは厳しいほどの大都市に見えたし、早く地下鉄作ってくださいな




065_20111113072043.jpg
市民の寄付でできた新型トラム。

旧ユーゴスラビアの中心だったセルビアも、90年代から戦争やら経済制裁やらモンテネグロとコソボが独立するやら、なかなか元気がない状態。このトラムも寄付に頼らなければいけないほど財政が厳しいらしい。ベオグラードのシンボルになる予定の大教会も、資金不足で建設が止まって寄付に頼っている状態だったっけ。
同じ旧ユーゴ諸国のスロベニアはとっくにEUに加盟してどんどん経済成長を続け、クロアチアのEU加盟も決まった。セルビアもなんとか上昇気流に乗ってほしいけど、いかんせん過去の傷が深すぎるのか。。。




過去の傷が深いといえばこの国も。第二次大戦以降最大といわれる内戦を経験したボスニア・ヘルツェゴビナ。
第一次大戦の始まりの舞台になり、冬季五輪の開催地になり、悲惨な戦争の中心地になり、そして独立、、、と数奇な運命をたどってきた首都サラエボの街は、とっくににぎわいを取り戻したように見えた。



まずそんなサラエボのトラムたちから!



043_20130130005156.jpg



042_20130130005155.jpg



011 (2)



009 (3)



004_20130130002936.jpg



648.jpg

うーんやっぱあれですね、ザ・東欧のトラムって感じですねー。

共産主義的建造物と西欧風街並みとトルコ風街並みがほどよくマッチした街の雰囲気もひっくるめて、東欧トラムファンにはたまらない場所でしょう。そんなファンいるのか?w


サラエボの街はそれほど大きくなく、トラムと徒歩で街のほとんどの場所へ行ける。あの有名なスナイパー通りも今はトラムがガタゴト走ってます。





073_20130130005158.jpg
サラエボ鉄道駅。これはザ・共産主義的建造物ですな。つまんね。。。



002 (2)



001_20111123015007.jpg
この客車と機関車でクロアチアのザグレブへ。発車時刻より3分遅れて駅に到着したけど、実際の発車時刻はその20分後ww


この国はボスニア・ヘルツェゴビナ連邦とスルプスカ共和国(セルビア人共和国)の2つの構成体からなる国家。国鉄も連邦鉄道と共和国鉄道の2つに分けられているようです。そのせいか、スルプスカ共和国に入ってすぐの町デボイでなぜか代行バスに乗り換えさせられ、クロアチア国境を越えてやっと鉄道に再乗車できた。

サラエボからスルプスカ共和国首都のバニャ・ルカを経由してザグレブに向かう列車と、ベオグラード行きの列車がありますが、ベオグラード行きの列車もクロアチア領を経由するよう。そのためバスと比べてかなり時間がかかるようです。
南はヘルツェゴビナ地方の中心都市モスタルを通ってクロアチアのプロチェまで。



003 (4)
窓が汚い。。。


ボスニア人の人柄の良さは旅行者によく知られているけど、この列車でも英語が一切話せないボスニアンオヤジが地酒をくれるなど、なかなかいい経験をさせてもらいやした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://furafuramachiaruki.blog.fc2.com/tb.php/521-8fbb7d02

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

takumi

Author:takumi
関西の某外大を卒業して日本社会の荒波へ、しかしまだまだ旅中毒末期患者。モラトリアム期間をなんとかして延長したい。。。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
旅行準備・スケジュール (36)
移動安宿ビザ等国別情報目次 (1)
日本/原付ツーリング (10)
日本/鉄道の旅 (8)
日本/その他 (27)
韓国 (13)
中国 (34)
香港 (3)
マカオ (2)
台湾 (6)
フィリピン (2)
ベトナム (3)
カンボジア (3)
ラオス (6)
タイ (2)
マレーシア (7)
シンガポール (2)
インドネシア (2)
バングラデシュ (7)
インド (4)
ブータン (8)
ネパール (4)
パキスタン (10)
キルギス (22)
カザフスタン (11)
ウズベキスタン (21)
トルクメニスタン (6)
タジキスタン (19)
アフガニスタン (5)
イラン (27)
アルメニア (7)
グルジア (7)
イラク領クルディスタン (11)
アラブ首長国連邦 (5)
ヨルダン (5)
イスラエル (8)
パレスチナ (2)
トルコ (24)
フランス (10)
スペイン (13)
ポルトガル (4)
イタリア (15)
バチカン (1)
サンマリノ (3)
ギリシャ (11)
スイス (2)
ベルギー (6)
ドイツ (3)
チェコ (2)
ハンガリー (5)
スロベニア (7)
クロアチア (6)
ボスニア・ヘルツェゴビナ (4)
セルビア (9)
モンテネグロ (6)
コソボ (7)
マケドニア (6)
アルバニア (9)
ブルガリア (8)
ルーマニア (14)
ウクライナ (2)
チュニジア (5)
アルジェリア (8)
モロッコ (18)
西サハラ (1)
エチオピア (26)
ジブチ (6)
ソマリランド (8)
モーリタニア (11)
セネガル (4)
マリ (12)
カナダ (2)
米国 (2)
メキシコ (2)
キューバ (2)
米領プエルトリコ (1)
ペルー (9)
ボリビア (10)
アルゼンチン (18)
チリ (9)
オーストラリア (2)
ニュージーランド (2)
パプアニューギニア (3)
ソロモン諸島 (4)
バヌアツ (5)
総集編 (18)
訪問国とルート (7)
観光に役立つリンク集、用語集 (3)
世界のサッカー (20)
スタンプ、ビザ (7)
世界の鉄道 (17)
世界のお金 (9)
パクチー栽培日記 (1)

 

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

 

FC2カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR