FC2 Blog Ranking

2017-08

Latest Entries

屈辱の誕生日。

9/26 パキスタン/ススト →(Natco ナトコ社バス)→ 中国/タシュクルガン →(乗り合いタクシー)→ カシュガル カシュガル泊


この日のことは一生忘れない。



takumi22回目の誕生日。去年のこの日はマケドニアのオフリドで迎え、そして今年はパキスタン中国国境越え。2年連続の海外での誕生日。まあいいや、どうせ日本にいても祝ってくれる人ほとんどいないし。



DSC07220.jpg
パキスタンの定番の朝食、オムレツとチャパティとミルクティー


9時出発といわれていたので9時前にイミグレへ。で、バスの出発はその2時間後。西アフリカかよ!


この空白の2時間何があったかというと、


まず謎の1時間待ち。イミグレの建物が一切開かない。


やっと開いたと思ったら、今度はやたらキビシーイ荷物検査。


国境の荷物検査には大きく分けて3つある。
①ライト級。ノーチェック、あるいはX線に通して終了。
②ミドル級。バックパックの中を開けろと言われるので「衣類しか入っておりましぇん」と言いながら開けたら一瞥して終了。あるいはバックパックの中をモゾモゾ触られて終了。サブバッグも見るだけ。
③ヘビー級。荷物全部ぶちまけられる。パソコンやカメラのデータをチェックされる。せっかく夕べきれいにパッキングしたのにいぃぃ、とモーレツな殺意が湧くけど逆らえないので指示に従うだけ。

で、今回は文句なしの③。出国するだけだからべつにいーじゃんか、と思うけど、ひょっとしたら中国側が指示を出しているのかも。


荷物をぶちまけられるだけだった我々旅行者はまだいいほうで、商人や運び屋にはもっと厳しそう。売り物の石鹸のいくつかを丸出しにされ、キリのようなもので穴を開けられ、ニオイを嗅がれ。
彼らは何も言わず黙って見ているだけだった。


麻薬探知犬に全員の荷物をクンクンされて荷物検査終了。そして全員列に並びなおされ、やっと出国スタンプが押される。

うーん荷物検査とイミグレを同時にやったらいいのに。こいつら頭悪すぎる。



DSC07221.jpg
今回の国境越えは大型バス。マイクロバスだったら小回りが利くけど、こいつ大丈夫なのか…??


うーん今日中に何とかカシュガル着きたいけど行けるのか?



パキスタンオヤジ率9割のバスの中は平穏そのもの、いつの間にか居眠り。気づくと標高4700m、フンジュラブ峠の手前だった。


DSC07224.jpg
パキ入りしたときに比べると雪が少ないね



ゲートをくぐって中国入り。出国スタンプは押されないけど、ここで荷物検査があるという情報は知っていた。キルギス国境もそうだったけど、なんで一緒にやらないんかね。


地図とかガイドブックを一旦お預かりして30分ぐらいずーっとチェックしているあの中国のこと、どうせここの荷物検査も③ヘビー級なんでしょ、とパキスタンオヤジの列に並ぶ。


するとここのボスと思われるイカツイ坊主役人がtakumiを見て手招きしてきた。
お、なんで?優先して通してくれるのかな?付いていくといきなりノートを突きつけられた。そこに書かれていた文字を見て心臓が止まりそうになった。



「釣魚島は中国のものですか?
 ①はい/YES
 ②いいえ/NO」


その坊主は中国語しか話せなかったけど、言っている意味は分かった。

どっちだ?指を差せ。


おれはI don't knowとだけ答えた。中国人に尖閣諸島の問題を振られたらいつもこう答えようと決めていた。今まで聞かれたことなかったけど。


何回かそのやり取りがあったあと、おれは別室に連れて行かれた。外からは見えない隔離された別室。


おれは英語で「何でそんなこと聞くの?」と尋ねた。すると足に二回蹴りを入れられ、そして殴るふり。
もうあかん、監禁される。


そのとき、江戸時代の踏み絵のことを思い出した。前に置かれたマリアの絵を踏めなかったら隠れキリシタン認定、牢獄行き。キリシタンが生きるためには信仰心を表に出さず、マリアの絵を踏まなければならない。
ここで自分の気持ちと同じ行動を続けていたら、生きて帰れるか分からない。自分の気持ちに反してもいいから、情けなくてもいいから。。。

おれは震える指で「Yes」を差すのが精一杯だった。


ところがこれでは終わらなかった。その坊主はノートの別のページを開くと、無数の「釣魚島是中国的!」という文章が目に入った。意味は言われなくても分かる。そしてこの文章をノートに100回書けという。


おれは泣きもしなかったし憎んでもいなかった。ただただショックだった。今まで中国人とうまく接してきたのに。「反日」とは遠い場所のことだと思っていたのに。その「反日」がいきなり牙をむいて自分に襲ってくるとは。


おれが文章を書いているのを、近くにいた若い役人が無表情で見ていた。憎しみの表情もでも哀れみの表情もせず、無表情で。


そして「釣魚島は中国のものです」という文章と自分の名前を書いてやっと開放された。ノートを見る限り自分の前にももう一人、このような目に遭った旅行者がいるようだった。


あとは放心状態で荷物検査を終え(検査はいたって普通だった)、バスに乗り込んだ。パキスタンオヤジたちが自分に同情してくれたのが救いだった。



そりゃあ尖閣問題でゴタゴタしている今の時期に中国に入る自分にも不備があったんでしょうよ。あちこちで日本車や日本のスーパーが焼き討ちに遭ったり、日本人が暴行を受けたりというニュースは入っていたし。

でもどうしてあの坊主は全く関係ない一旅行者をこんな目に遭わせたのか?暴力で自分の言い分を認めさせるのが彼らのやり方なのか?こうすることで「尖閣諸島は中国のもの」と思う日本人が増えると思っているのか?



今まで会った中国人たちが頭に浮かんできた。

キルギス国境で宿や両替を片言の日本語を交えて案内してくれた城田優似の若い役人。

自分のことを国籍云々以前にただの一旅行者として優しく接してくれたカシュガルのユースホステルのオーナー。

そのユースでメロンを振舞ってくれた団体客。


政府がアレだし、さっきのような救いようのないバカもいるけど、今まで接してきた中国人は親切で優しく人ばかりだった。彼らにとっては、日本人と接する上で尖閣の領有問題なんて全く別次元の問題だった。そのような良識ある中国人がほとんどだろうと思う。


だから、この記事を読んでくださっている数少ない読者の皆さんに伝えたい。どうかこの記事を読んで中国人のことを嫌いにならないでほしい。「あー中国人ってやっぱり反日なのね」と思わないでほしい。こんなキ○ガイは一握りなのだから。

外交レベルの話と国際交流の話がゴチャゴチャになるから大規模反日デモが起きて日本車なり日本スーパーなりが焼き討ちされ、問題の解決がますます遠のく。


帰国後、日本で地下鉄駅で中国語を話しているだけで「国に帰れ」と言われたとか、日韓交流パーティーのすぐ近くで反在日団体がデモをやっていたと言う話を聞いた。中国の反日デモは報道されるのにこういったことが報道されないのはどう考えてもおかしいと思うけど。
こいつらのやっていることは、あの最低のクソ坊主役人と同レベルだ。なんで外交レベルの話に一般人が巻き込まれなきゃいけないのか。



そうだまだ入国イミグレがあるんだった。またこんな事態になったらどうしよ。。。



3時間後、イミグレに到着。またまた別室に通されたが、嫌がらせではなく微熱があるかららしい。あんなことされたら熱も出ますって。


入国スタンプが押されるときも今の髪が長すぎるとかで画像確認にやたら時間がかかる。もともとフンザで再開する予定だった2piecesさんたちが髪切ってくれるって言ってたから伸ばしたままにしてたけど、結局会えなかったんだよなあ。中国で人民カットにしたら安そうだけどあの角刈りはなあ。。。



結局何事もなくイミグレの外へ。あの嫌がらせは組織ぐるみでやっていたのではなく、一人のバカの暴走ってことか。まあよかった。



夜9時ぐらいだったけど情報どおり乗り合いタクシーが見つかったので迷わず乗る。とにかくカシュガルに行きたい。あの忌まわしい場所からできるだけ離れたい。。。



夕メシをはさんでカシュガルに着いたのは真夜中3時。そのまま人目のつかないところで過ごして朝一にユースに飛び込むつもりだったけど、パキスタン人の同乗者が宿に泊まるというので流れでついていった。中国式安宿、ダブル60元。一晩も過ごさないから全然問題ない。パキスタン人はゲイが多いとの評判だけど、同室のパキスタンオヤジもそっち系の心配はないようだ。


一番長い、一生忘れられない誕生日が終わった。疲労、そして安堵でいっぱい。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

それは災難でしたね!

 takumiさん、こんにちは!ラパヌイです。そうでしたか、それは災難でしたね。いかにドMのtakumiさんでも、やはり耐えがたかったでしょう。それもよりによって、あなたの誕生日に!まあ、気を取り直して、引き続きドMの修行の旅を続けてくださいね。(笑)  では。

Re: それは災難でしたね!

> ラパヌイさん

今回の事件はいくらドMでもこたえましたね(笑)
もうこれ以上ひどい事件はないと思ってますが、どうなるかわからないですね。僕の旅はとにかくトラブル続きなもんですから。。。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://furafuramachiaruki.blog.fc2.com/tb.php/494-fab6129a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

takumi

Author:takumi
関西の某外大を卒業して日本社会の荒波へ、しかしまだまだ旅中毒末期患者。モラトリアム期間をなんとかして延長したい。。。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
旅行準備・スケジュール (36)
移動安宿ビザ等国別情報目次 (1)
日本/原付ツーリング (10)
日本/鉄道の旅 (8)
日本/その他 (27)
韓国 (13)
中国 (34)
香港 (3)
マカオ (2)
台湾 (6)
フィリピン (2)
ベトナム (3)
カンボジア (3)
ラオス (6)
タイ (2)
マレーシア (7)
シンガポール (2)
インドネシア (2)
バングラデシュ (7)
インド (4)
ブータン (8)
ネパール (4)
パキスタン (10)
キルギス (22)
カザフスタン (11)
ウズベキスタン (21)
トルクメニスタン (6)
タジキスタン (19)
アフガニスタン (5)
イラン (27)
アルメニア (7)
グルジア (7)
イラク領クルディスタン (11)
アラブ首長国連邦 (5)
ヨルダン (5)
イスラエル (8)
パレスチナ (2)
トルコ (24)
フランス (10)
スペイン (13)
ポルトガル (4)
イタリア (15)
バチカン (1)
サンマリノ (3)
ギリシャ (11)
スイス (2)
ベルギー (6)
ドイツ (3)
ハンガリー (5)
スロベニア (7)
クロアチア (6)
ボスニア・ヘルツェゴビナ (4)
セルビア (9)
モンテネグロ (6)
コソボ (7)
マケドニア (6)
アルバニア (9)
ブルガリア (8)
ルーマニア (14)
ウクライナ (2)
チュニジア (5)
アルジェリア (8)
モロッコ (18)
西サハラ (1)
エチオピア (26)
ジブチ (6)
ソマリランド (8)
モーリタニア (11)
セネガル (4)
マリ (12)
カナダ (2)
米領プエルトリコ (1)
ペルー (9)
ボリビア (10)
アルゼンチン (18)
チリ (9)
オーストラリア (2)
ニュージーランド (2)
総集編 (18)
訪問国とルート (7)
観光に役立つリンク集、用語集 (3)
世界のサッカー (20)
スタンプ、ビザ (7)
世界の鉄道 (17)
世界のお金 (9)
パクチー栽培日記 (1)
キューバ (2)
米国 (2)
メキシコ (2)
チェコ (2)
パプアニューギニア (2)
ソロモン諸島 (3)

 

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

 

FC2カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR