FC2 Blog Ranking

2017-04

Latest Entries

こんなに美しかったとは、ダルヴァザのガスクレーター。

8/20 トルクメニスタン/アシガバート →(乗り合いタクシー)→ ダルヴァザ ダルヴァザ泊


トルクメニスタン3日目。

実はtakumiにはトルコ在住のトルクメン人の友達がいた。で、今日トルコから帰国するのでぜひ会いませう的な話をしていた。
トルクメン人といろいろ話すことで、この不思議系国家の核心に迫れたら(表現が大げさかw)なーんて期待しますわな。


だが昨日から公衆電話を探してみても全く見当たらない。イランは道端に腐るほどあったのに。
ホテルの電話を借りようとしても、相変わらず無愛想極まりないチャンネーが一言、「ノー」。ある程度予想できてたけど。
じゃあどこで電話できるのさ、と聞いてもノーと言うばかり。話になりまへんがな。

Kさんにもトルクメン人の友達がいるようで、国際通話対応の携帯電話でかけてみようとするも、電波が全くないという。ウズベキスタンから入った直後に電波が途絶えたとのこと。うーんこの国がヘンタイ国家ってことは分かってたけどここまでヘンだとは。。。


ちなみにネットも大幅制限されていて、市内にネット屋は数件しかなく、しかも1時間$3ぐらいかかるという。もう鎖国を目指してるのかもしれない。


そんなわけでトルクメ人の友人と会うのはあきらめ、今日アシガバートを出発することに。こんなクソホテルに3泊もしたくないしね。


まずは昨日行っていなかったニヤゾフの遺産へ。
アシガバート郊外にそれはあった。



DSC05413.jpg
「魂のモスク」。バシュ様一族が眠るモスク

彼の故郷キプチャク村にある。写真ではあまり分からないけど、やっぱりデカイ。。。!
どこかから湧いてきたガイドさんによると、ミナレットの高さが55mあるそうな。中央アジア最大じゃないのかね。

こんなデカイモスクに祀られてさぞかしバシュ様も幸せでしょうね、とか思っていると、



DSC05422.jpg
バシュ様一族の墓はこっちだって。小さいけど立派なことには変わりないか。



さて前回の記事で登場した、バシュ様が書かれた聖なる本ルーフナーマ。この日本語版があるらしい!?と言う情報を聞いて、残りの時間で探し回ることに。
さすが御慈悲深いバシュ様、日本国民にもご自分の偉大さを知ってもらおうとして日本語版を出版されたんですね。これはtakumiが購入してバシュ様のすばらしさを日本人にお伝えするしかないでしょう。たぶん売ってるのはトルクメ国内だけ、アマゾンでも手に入らないだろうし。


例の無愛想極まりないホテルのチャンネーに、市内最大の本屋への行き先を教えてもらった。


DSC05428.jpg
これがその本屋・・・ ってなんなんすかこれ(松木安太郎風)

うーんこれ世界一豪華な本屋に間違いねえ、と思って入ってみると、どうも様子がおかしい。
係員のロシア語をがんばって訳してみるに、ここは本屋じゃなく図書館らしい。うーんやっぱり本屋にしては外観が豪華すぎると思ったのよね。いや図書館でも無駄に豪華なことは変わらない。



DSC05426.jpg
これは図書館の隣にある建物、トルクメンバシュ国立博物館。これもまたずいぶんアレな建物



DSC05431.jpg
夜にライトアップされてえらいことになる高級ホテル群ベルゼンギ地区。昼はこんな感じ



図書館の人に教えてもらってバザールに行ってみる。市内に大きいバザールは2箇所あり、そこにルーフナーマ日本語版があるかもしれない、とのこと。
大丈夫、まだ時間はたっぷりありますよ(松木安太郎風)



DSC05436.jpg
こちらはルースキーバザール(ロシアバザールの意味)。
どうも生活感に欠けるなあという印象のこの街だけど、さすがにバザールは生活感であふれております



DSC05438.jpg
食料品中心のテケバザール


しかし本屋は見つかるものの、日本語版ルーフナーマはないという。

その他ロンプラに載っている本やすべてを当たってみたが、どこも閉まっているか「ない」との答え。
やっぱり需要的な問題か、それともバシュ様がお亡くなりになって国民のルーフナーマ熱が冷めてしまったのか・・・

(※追記:このあとウズベキスタンで会い、逆ルートでトルクメに入る旅行者の方にもルーフナーマ日本語版のサーチをお願いしたところ、やはりなかったとの答え。しかも日本語版はもう存在していないという回答をもらった。。。)



DSC05440.jpg
おいおいこのオッサン真昼間からビールとウォッカのちゃんぽんかよ、とか思ってたらこの数時間後に自分もシェアタクシーの中でビール飲まされるハメに。。。



DSC05443.jpg
トルコ風モスク。やっぱこの国はトルコとつながりが深い



アシガバートでの重要ミッションを達成できず、しかも最後に乗ったタクシーの運ちゃんが降りるときに$5要求してきて(基本的にタクシー料金は一律5マナト≒140円)すったもんだになり、なーんかテンションが上がらないけどアシガバートをあとにする。次に来るときにはもっとえげつない都市になってるか、それとも大統領が正気に戻ってまともな街になってるか。。。

北部のクフネ・ウルゲンチ方面行き乗り合いタクシーで、砂漠の中の小さい村ダルヴァザで途中下車する。村といっても小さい鉄道駅とチャイハナ(軽食堂)が何軒かあるのみ。



この乗り合いタクシーの乗客、オッサンばっかなんだけど、いきなりビール回し飲み大会が始まる。
さらにこのオッサンの一人が携帯に入っているエロビデオを自慢げに見せ付けてくる。このオッサン尻フェチらしく、そういう系のビデオばっかだったw

ったくこんなのだけロシア文化取り入れやがってよお。。。 イスラム精神はどこいったのよお!



DSC05450.jpg
トルクメニスタンは国土の多くが砂漠



DSC05451.jpg
着いたチャイハナでもいきなりウォッカ酒盛り大会w


この小さい村には、アシガバートの独裁者ワールドと並ぶ、トルクメニスタンの観光スポットがある。それがガスクレーター。この中央アジア旅で絶対見ておきたい場所だった。
チャイハナに荷物を置き、クレーターのぼんやりした光を頼りに真っ暗な砂漠の中を1時間ほど歩く。

砂漠といっても草とか低い木が生えていて、結構きつい丘もある。サンダルで歩いたらなんかトゲトゲがやたら足に刺さるわけで、靴と懐中電灯を持ってこなかったことを死ぬほど後悔した。
でも星空は今まで見た中で一番きれいだったかもしれない。天の川まではっきり見えた。

そしてついに到着。


DSC05457.jpg



DSC05461.jpg



50年前だったかに事故で大きい穴が開きガスが漏れ、これ以上のガス漏れを防ぐために火が放たれた。それが今に至るまで燃え続けているという。
このガスクレーターの別名は地獄の門。実際この場所に立ってみると、その表現がぴったりであることが分かる。


DSC05475.jpg



DSC05483.jpg



写真で何回も見たけど、この迫力は想像のはるか上を行っていた。旅先で何かに感動して涙が出たのはウユニ以来2回目だ。。。

それほど信じられない光景だった。何時間いても飽きなかった。


チャイハナで仮眠用の毛布を貸してもらえるらしく、そこに戻ろうかなとも思ったけど、この場所で別の日本人の方と偶然遭遇、そのままここで夜を明かすことに。
この旅行者Tさんも破天荒な旅履歴をお持ちだった。ドイツで治験をしながらいろいろ旅されているようで、小国チュニジアやカーボベルデに1ヶ月も滞在したり、どうしても見たい花があってスペインのカナリア諸島に出かけてみたりしたとか。
やっぱりこの地域は、旅が好きで好きでたまらない人がわんさか集まる地域のようです。


炎があってもあまり空気を暖めてくれないようで、寒くてなかなか寝られず。。。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ガスクレーターにも行かれたのですか!

また、コメントします。(さっき、アシガバードのところにコメントさせて頂いたばかりですが)この、ガスクレーターも行ってみたくてしょうがない所です。かなり素晴らしい所のようですね。ですが、報道によると、何ですか現大統領がここをなるべく早く閉鎖するように指示したとか、私も、なるべく早く訪れなくては…。では。

Re: ガスクレーターにも行かれたのですか!

> ラパヌイさん

またまたコメントありがとうございます(笑)
そうですね、こんなに感動する場所とは思いませんでした。いやートルクメニスタンの貴重な観光資源としてぜひ残しておいてほしいですけどね。。。
やはりできるだけ早く行かれたほうがいいでしょうね。気軽に行ける国ではないのがつらいところですが・・・

紹介のお願い

初めまして。「旅ブログまとめ」というブログの管理をしていますかわべと申します。日記、拝見させていただきました。
ダルヴァザ、凄いですね。まさに地獄の門。自分も行ってみたいのですが、なかなか…。
つきましては、takumiさんのこのダルヴァザについての日記をリンク付きで紹介させてもらえませんでしょうか。是非ともよろしくお願いいたします!

Re: 紹介のお願い

> 旅ブログまとめさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
こちらこそぜひよろしくお願いします!ガスクレーターはそのすごさの割にはまだまだ知られていないので、できるだけ多くの人に知ってもらいたいと思っていたところです。まずトルクメニスタンという国自体が相当ネタになる国ですしw
これからもよろしくお願いいたします。

お許し有難うございます。
早速紹介させていただきました!ダルヴァザの凄さ、伝わりますかね~?
他にもtakumiさんが経験されたことでおススメがあったらぜひ教えてくださいね!こちらからもオファーさせていただきます(^^)
訂正、削除の依頼等ありましたら受け付けますので何なりと仰って下さい。

Re: タイトルなし

> 旅ブログまとめさん

返信がだいぶ遅れて申し訳ありません。
ブログ拝見いたしました!紹介してくださってありがとうございます。これからもガスクレーターを超えるような場所にどんどん行けたらと思っていますので、引き続きよろしくです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://furafuramachiaruki.blog.fc2.com/tb.php/451-06ceee57

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

takumi

Author:takumi
関西の某外大を卒業して日本社会の荒波へ、しかしまだまだ旅中毒末期患者。モラトリアム期間をなんとかして延長したい。。。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
旅行準備・スケジュール (34)
移動安宿ビザ等国別情報目次 (1)
日本/原付ツーリング (10)
日本/鉄道の旅 (8)
日本/その他 (26)
韓国 (13)
中国 (34)
香港 (3)
マカオ (2)
台湾 (6)
フィリピン (2)
ベトナム (3)
カンボジア (3)
ラオス (6)
タイ (2)
マレーシア (7)
シンガポール (2)
インドネシア (2)
バングラデシュ (7)
インド (4)
ブータン (8)
ネパール (4)
パキスタン (10)
キルギス (22)
カザフスタン (11)
ウズベキスタン (21)
トルクメニスタン (6)
タジキスタン (19)
アフガニスタン (5)
イラン (27)
アルメニア (7)
グルジア (7)
イラク領クルディスタン (11)
アラブ首長国連邦 (5)
ヨルダン (5)
イスラエル (8)
パレスチナ (2)
トルコ (24)
フランス (10)
スペイン (13)
ポルトガル (4)
イタリア (15)
バチカン (1)
サンマリノ (3)
ギリシャ (11)
スイス (2)
ベルギー (6)
ドイツ (2)
ハンガリー (5)
スロベニア (7)
クロアチア (6)
ボスニア・ヘルツェゴビナ (4)
セルビア (9)
モンテネグロ (6)
コソボ (7)
マケドニア (6)
アルバニア (9)
ブルガリア (8)
ルーマニア (14)
ウクライナ (2)
チュニジア (5)
アルジェリア (8)
モロッコ (18)
西サハラ (1)
エチオピア (26)
ジブチ (6)
ソマリランド (8)
モーリタニア (11)
セネガル (4)
マリ (12)
カナダ (2)
米領プエルトリコ (1)
ペルー (9)
ボリビア (10)
アルゼンチン (18)
チリ (9)
オーストラリア (2)
ニュージーランド (2)
総集編 (18)
訪問国とルート (7)
観光に役立つリンク集、用語集 (3)
世界のサッカー (20)
スタンプ、ビザ (7)
世界の鉄道 (17)
世界のお金 (9)
パクチー栽培日記 (1)
キューバ (2)
米国 (1)
メキシコ (1)

 

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

 

FC2カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR