FC2 Blog Ranking

2017-06

Latest Entries

トルクメビザ申請、そしてイスファハーンへ。

8/6 イラン/テヘラン →(Mihannoor ミハンヌール社バス)→ イスファハーン イスファハーン泊



本日やるべきことは二つ。トルクメニスタンビザ申請と、イスファハーンへの移動。


まずはトルクメニスタンビザについて。
中央アジアを旅する者にとって、最難関なのがこの国。日本ではビザが取れず、観光ビザを取得しようとすると現地の旅行会社によるツアーに限られてしまう。
もちろん目ん玉が飛び出る高額ツアー。そこでほとんどの人が5日間有効のトランジットビザを取ることになる。
しかしこのトランジットビザもまた曲者で、ウズベキスタンで取ろうとすると2週間待ち(だといい方)。タジキスタンでは1週間待ちだが、そもそもタジキスタンと言う国自体が旅行者ウェルカム的制度が整っている国ではないので、あまり長居したくない。
そして一番条件がいいのがイランでの取得。所要1週間、テヘラン申請テヘラン受け取りでも、テヘラン申請マシュハド(トルクメニスタン国境に近い宗教都市)受け取りでもOK。
しかもイランは世界遺産など見所いぱーい。

ということでtakumiもここテヘランのトルクメニスタン大使館でビザ申請することにしたのでした。


大使館前には10人以上がワッと群がり、しかもなかなか自分の順番が来ないというまことに中央アジア的非能率系手続きだったが、無事パスポートの写真ページと通過先の国(この場合はウズベキスタン)ビザのコピーを領事に手渡す。これで1週間後申請書とパスポートを渡ば、無事ビザ取得(らしい)。
そういや領事はモンゴル力士系の顔をしていた。トルクメン人ってそういう系統の民族なのかしらん。



※1週間後に無事トルクメビザ取得できました!その時の記事、ビザ情報はコチラ



大使館へ行く途中、そして帰る途中に、メトロの駅で地図を見ていたら、じーちゃんに「Do you need help?」と声をかけられた。やっぱりイラン人の優しさは今年も健在のようだ。ヨカッタヨカッタ。

あとこんな出来事もあった。例の非能率系大使館のせいでイスファハーン行きバスに間に合うかどうかギリギリになり、メトロの駅の階段をすっ飛ばして登っていた。すると横のエスカレーターから若い男が「インシャッラー!!(神の思うままに)」
これがイラン式Good Luckなんでしょう。


DSC04793.jpg



DSC04812.jpg


イスファハーン行きバスは85000リアル。最近インフレ気味とか言われてたけど依然激安。しかも公式レートと闇レートの間ですばらしく差があるので、旅行者にとっちゃありがたい。



DSC04803.jpg
いまだ建設中のホメイニ廟



DSC04814.jpg
アイスをおごってくれた英語ペラペラのオッサン

このオッサン、30年シカゴに住んでたそうです。革命後多くのイラン人がアメリカに移住したとのこと。
「若いころはよくアリゾナとかでキャンプしたものだ。アメリカは美しい」

経済制裁で自国を苦しめている国を美しいと言えるのはすごいと思う。


・・・アイス?今絶賛断食真っ最中だぞ?

よく見ると周りの人も何かしら食べたり飲んだりしている。というか車内でおやつとジュース配られてるし。想像するほどイランの断食は厳しくないらしい。。。
ちなみに去年のラマダンはトルコとイラクにいた。まさか2年連続でラマダンをイスラム圏で過ごすことになるとは。。。


DSC04810.jpg



去年と同じく、イスファハーン唯一の安宿アミールカビールホテルにチェックイン。なんか去年よりオーナーの愛想がよくなった気がする。WIFIもついてるし。



DSC04815.jpg
商店のオッサン。やたら日本びいき。イスファハーンのサッカークラブ、セパハンの大ファン。

セパハンは現在イランリーグ3連覇中の強豪。イスファハーンで絶大な人気を誇ります。このチーム、アジア王者をかけて浦和レッズと対戦したこともあり、店に入るたびにこのオッサンに

「ジャポーングッド、ウラワレーッズ」

とか言われ続けることになります。なんだかんだでイスファハーン滞在中に5回ぐらい寄ってしまった。


同じ宿の日本人の方とさっそくイマーム広場に行こうとすると、



DSC04826.jpg
チャイパーティーに招かれちゃったりするんです。


歩いているだけで「ジャポン?カモーン」とお声がかかる。彼らのホスピタリティにはほんとキョーシュク。
英語ができる息子?がいろいろ日本のことを質問し、その答えをペルシャ語に翻訳し、みんな感心し、また次の質問。ずっとその繰り返し。でもみんなほんとに楽しそう。



DSC04827.jpg



DSC04830.jpg



DSC04831.jpg
夜のイマーム広場
広場の中でも、多くの家族がピクニックを楽しんでました。ラマダンってことも影響してるのかな?とにかくイランの家族の絆の強さが感じられます。
イラン人と話していて必ず聞かれることは、「宗教」のことと「家族」のこと。それだけみんな家族のこと大切にしてるんだね。


DSC04833.jpg



いろいろあったけどやっぱイラン来てよかった。。。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://furafuramachiaruki.blog.fc2.com/tb.php/437-8ac5fe7d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

takumi

Author:takumi
関西の某外大を卒業して日本社会の荒波へ、しかしまだまだ旅中毒末期患者。モラトリアム期間をなんとかして延長したい。。。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
旅行準備・スケジュール (36)
移動安宿ビザ等国別情報目次 (1)
日本/原付ツーリング (10)
日本/鉄道の旅 (8)
日本/その他 (26)
韓国 (13)
中国 (34)
香港 (3)
マカオ (2)
台湾 (6)
フィリピン (2)
ベトナム (3)
カンボジア (3)
ラオス (6)
タイ (2)
マレーシア (7)
シンガポール (2)
インドネシア (2)
バングラデシュ (7)
インド (4)
ブータン (8)
ネパール (4)
パキスタン (10)
キルギス (22)
カザフスタン (11)
ウズベキスタン (21)
トルクメニスタン (6)
タジキスタン (19)
アフガニスタン (5)
イラン (27)
アルメニア (7)
グルジア (7)
イラク領クルディスタン (11)
アラブ首長国連邦 (5)
ヨルダン (5)
イスラエル (8)
パレスチナ (2)
トルコ (24)
フランス (10)
スペイン (13)
ポルトガル (4)
イタリア (15)
バチカン (1)
サンマリノ (3)
ギリシャ (11)
スイス (2)
ベルギー (6)
ドイツ (3)
ハンガリー (5)
スロベニア (7)
クロアチア (6)
ボスニア・ヘルツェゴビナ (4)
セルビア (9)
モンテネグロ (6)
コソボ (7)
マケドニア (6)
アルバニア (9)
ブルガリア (8)
ルーマニア (14)
ウクライナ (2)
チュニジア (5)
アルジェリア (8)
モロッコ (18)
西サハラ (1)
エチオピア (26)
ジブチ (6)
ソマリランド (8)
モーリタニア (11)
セネガル (4)
マリ (12)
カナダ (2)
米領プエルトリコ (1)
ペルー (9)
ボリビア (10)
アルゼンチン (18)
チリ (9)
オーストラリア (2)
ニュージーランド (2)
総集編 (18)
訪問国とルート (7)
観光に役立つリンク集、用語集 (3)
世界のサッカー (20)
スタンプ、ビザ (7)
世界の鉄道 (17)
世界のお金 (9)
パクチー栽培日記 (1)
キューバ (2)
米国 (2)
メキシコ (2)
チェコ (2)
パプアニューギニア (1)

 

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

 

FC2カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR