FC2 Blog Ranking

2017-06

Latest Entries

大移動!スロベニアからサンマリノ。

11/12 スロベニア/コペル →(ミニバス)→ イタリア/トリエステ →(イタリア国鉄普通)→ ベネチア →(イタリア国鉄普通)→ ボローニャ →(イタリア国鉄普通)→ リミニ →(Bonelli ボネッリ社バス)→ サンマリノ/サンマリノ →(徒歩)→ ボルゴ・マッジョーレ ボルゴ・マッジョーレ泊



はい、アドリア海の上のほうをぐるっと回り込んでの大移動。目的地はイタリアの中の超ミニ国家、サンマリノ。

この国、調べれば調べるほど面白そうな国。しかもシェンゲン圏内にもかかわらず、お金を払えば入国スタンプがもらえるらしい!(インフォメーションでw)
こりゃあ行くしかないでしょう。この国に比べたらベネチアとかなんて屁の河童なんです。自分にとっては。


まずはバスで国境越え、イタリアのトリエステへ。初のEU国同士の越境、もちろんチェックもスタンプもナッシング。
トリエステは冷戦時代に鉄のカーテンが存在した町として有名。なかなか興味深そうな町だったけど先を急ぐので乗換えのみ。ここから8時間、怒涛の鉄道移動。



002_20111202051142.jpg
トリエステ駅



西に進むたびにどんどん車両のデザインセンスが良くなっていくのが丸分かりなのですが、やっぱイタリー、かっこよすぎだぜえ。


009_20111202051141.jpg
これはユーロシティーのミラノ行き。

こんなのに乗ってたら財布がスッカラカンになること確実なので、こいつの約1/4の料金で乗れる普通列車(リージョナーレ)でてくてく進んでいきます。


トリエステからリミニまで€25.8のチケットで行けます。普通列車のチケットは駅にある改札機で自分で改札しないといけません。
途中でチケットをなくして追加料金€17.3。ただでさえ物価が高いイタリア、もったいなすぎるぜ。ばかばかばか


021_20111202051141.jpg



026_20111202051140.jpg
セリエAのウディネーゼが本拠にしている町ウディネ


030_20111202051140.jpg



032_20111202051139.jpg
オール2階建て


あのベネチアも、駅ナカのマックで軽食を取るだけでスルー。


035_20111202051907.jpg



037_20111202051906.jpg


大学とボロネーゼとナカータの町ボローニャも、駅前をちょろっと見ただけですぐ乗り換え。

042_20111202051906.jpg



044_20111202051905.jpg


ボローニャ駅は5路線が交わる交通の要所。この駅一日中いても飽きないだろうと思いつつも、さっさと通り過ぎます。


052_20111202051905.jpg
長友がいた町チェゼーナ。ここもスルー


そして周りが暗くなったころ、やっとサンマリノの玄関口リミニに到着。

イタリア入ってずっと思ってたんだけど、この国想像以上に多人種多民族国家。ベネチア駅のインフォメーションにはバングラデシュのパスポート持った浅黒い人々が行列作ってたし、このリミニはぱっと見た感じ白人と黒人の割合がほぼ変わらない。駅前のバーガーキングで働いてたのは中国系。


さてサンマリノ、首都は岩山の上にあり、世界遺産にも登録されて観光の中心になっています。今夜の宿はその麓、ボルゴ・マッジョーレという町にある。ホステルブッカーズのサイトで最寄のバス停を調べ、サンマリノ行きバスの運転手にそのバス停を伝えてそこで下ろしてもらうように頼んでおいた。


サンマリノへの道はカーブが多いけど片道2車線の快適な道路。道路わきには高級そうなホテルやブランドっぽい店がぎっしり。この国バックパッカーが来るとこじゃないのかな・・・

しかしボルゴ・マッジョーレ市内に入っても運転手は何も言ってくれない。そして終点の首都サンマリノ着、ここで運転手が一言、「フィニッシュ」。


怒りを通り越して呆れてしまったので何も言わずに外に出る。で、岩山を下りて宿を探す。


これまで何回か話は聞いていた。イタリア人は想像している以上に冷たいと。先進国の冷たさなのだと。だからあまり期待はしていなかった。それにしてもこれはひどい。


途中何人かに道を聞きつつ(英語はしゃべれなかったけどちゃんと教えてくれた)、1時間ほど歩いて目的の宿「ホステル・サンマリノ」に到着。1階部分がケバブ屋でどうもそっちがメインっぽかったので一度通り過ぎてしまった。
オーナーっぽいオヤジにさっきのバスの話を下手な英語で一生懸命説明すると「へえへえそうですか」てな感じでうなずく。で、

「イタリアーノ?」

どうも英語がわからんらしい。なんだよさっきのうなずきはよお。おれが一生懸命で英語で説明したのに理解してなかったのかよお。
1階のケバブ屋から英語を解する女の人が出てきてやっと手続きが進めれましたとさ。


一泊€15。国内の安宿はたぶんここだけだと思われます。この宿は岩山の中腹にあり、それなりに標高が高いのでこんな景色が楽しめたりします。


060_20111202051904.jpg


レアでオモローな国サンマリノについて詳しいことは明日!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://furafuramachiaruki.blog.fc2.com/tb.php/244-5d5e0ede

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

takumi

Author:takumi
関西の某外大を卒業して日本社会の荒波へ、しかしまだまだ旅中毒末期患者。モラトリアム期間をなんとかして延長したい。。。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
旅行準備・スケジュール (36)
移動安宿ビザ等国別情報目次 (1)
日本/原付ツーリング (10)
日本/鉄道の旅 (8)
日本/その他 (27)
韓国 (13)
中国 (34)
香港 (3)
マカオ (2)
台湾 (6)
フィリピン (2)
ベトナム (3)
カンボジア (3)
ラオス (6)
タイ (2)
マレーシア (7)
シンガポール (2)
インドネシア (2)
バングラデシュ (7)
インド (4)
ブータン (8)
ネパール (4)
パキスタン (10)
キルギス (22)
カザフスタン (11)
ウズベキスタン (21)
トルクメニスタン (6)
タジキスタン (19)
アフガニスタン (5)
イラン (27)
アルメニア (7)
グルジア (7)
イラク領クルディスタン (11)
アラブ首長国連邦 (5)
ヨルダン (5)
イスラエル (8)
パレスチナ (2)
トルコ (24)
フランス (10)
スペイン (13)
ポルトガル (4)
イタリア (15)
バチカン (1)
サンマリノ (3)
ギリシャ (11)
スイス (2)
ベルギー (6)
ドイツ (3)
ハンガリー (5)
スロベニア (7)
クロアチア (6)
ボスニア・ヘルツェゴビナ (4)
セルビア (9)
モンテネグロ (6)
コソボ (7)
マケドニア (6)
アルバニア (9)
ブルガリア (8)
ルーマニア (14)
ウクライナ (2)
チュニジア (5)
アルジェリア (8)
モロッコ (18)
西サハラ (1)
エチオピア (26)
ジブチ (6)
ソマリランド (8)
モーリタニア (11)
セネガル (4)
マリ (12)
カナダ (2)
米領プエルトリコ (1)
ペルー (9)
ボリビア (10)
アルゼンチン (18)
チリ (9)
オーストラリア (2)
ニュージーランド (2)
総集編 (18)
訪問国とルート (7)
観光に役立つリンク集、用語集 (3)
世界のサッカー (20)
スタンプ、ビザ (7)
世界の鉄道 (17)
世界のお金 (9)
パクチー栽培日記 (1)
キューバ (2)
米国 (2)
メキシコ (2)
チェコ (2)
パプアニューギニア (1)

 

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

 

FC2カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR