FC2ブログ

2020-09

Latest Entries

           

日本のウズベク料理レストラン特集!

まさかの一時帰国から5ヶ月。ウズベキスタンが懐かしすぎて日本にあるウズベク料理レストランに行きまくった結果、日本にあるお店全て(たぶん)を制覇してしまうことになりました。
てことで、ここでお店を一気にご紹介。食べたことない人は想像もつかないけど、猛烈な中毒性を持つウズベク料理。まだまだ海外に行けなさそうなこのご時勢、せめてご飯だけでもウズ気分を味わってみましょ!

※詳しい住所や営業時間はお店のホームページやSNSなどでご確認ください。


●Vatanim ヴァタニム(新井薬師前・中野)
たぶん雰囲気が一番ウズい、というか中央アジアっぽいのがこちらのお店。中央アジアぽい、としたのはキルギス料理店も兼ねているから。店長さんはキルギスのオシュ生まれのウズベク人とのこと。一応2回行った街だから分かるけど、あの地域はキルギスにありながらウズベク人が多いエリアなのよね。
内装はウズベク刺繍スザニ、キルギス刺繍サイマ、伝統模様アトラスの座布団、ユルタのミニチュア、、とウズベクとキルギスの華麗なる融合。おそらく在日中央アジア人に一番有名なお店で、ウズベク語で祖国という店名の通り彼らにとっての憩いの場所のよう。日本人客が見当たらないことも。。

20200612_172415.jpg

20200612_175126.jpg

20200612_175541.jpg



個人的なおすすめはラグマン。もともとキルギスのラグマンはウイグルラグマンとウズベクラグマンのいいとこ取りな味だったと記憶しているけど、こちらのラグマンもちょうどいいお味でした。あとナンは店長さん宅のタンドールからの手作りで(下記お店Silkroad Bakery SHER参照)、他のお店とは一味違う。キルギス蜂蜜ティーなどの変り種も。

EdhJW6zUMAArMTH.jpg
ラグマン

20200612_180717.jpg
プロフとアチクチュチュク(ウズベクサラダ)

20200612_181359.jpg
シャシリク

20200612_175801.jpg
ナン

不定期でウズベクダンスショーもあったり、こないだはモロッコの有名シェフがやってきてモロッコ料理コラボも開催されたりとイベントも豊富!ぜひチェックしてみましょ。

20200624_175634.jpg
左がタジン。タジンとウズベク皿の異色コラボw


●Silkroad Bakery SHER シルクロードベーカリーシェル(春日部)
上記ヴァタニムを運営しているお店、というか店長さんのお宅。もともと店長さんのご家族はナン職人の家系だったそうで、ここで本格タンドール(窯、3代目とのこと)でナンやサモサなどを焼き上げて販売されている。中央アジア各国大使館御用達とのことで、ネイティブスタン系の方々からもお墨つき。
営業日が日曜だけの上、最近メディアに取り上げられることが多いそうで、自分がお伺いしたときもサモサはソールドアウトでした。お昼頃行くのがベストとのこと。

EdW1ypsUEAEOjjr.jpg

20200719_131331.jpg
キルギス蜂蜜も買える!


●Alohiddin アロヒディン(八丁堀と日本橋)
八丁堀と日本橋の2店があり、いずれもアクセスがいいので仕事帰りに普通に行けるウズベク料理店。ここのウリはトルコ・ロシア料理も食べられること、そしてなんといってもアルコールが豊富なこと!ウズベク料理をガッツリ食べながらお酒が飲めるのはたぶん日本でここだけでは。ビールは日本・トルコ・ロシア産、ワインはトルコ・ジョージア産などがある。そして個人的おすすめドリンクはトルコの地酒ラクでございます。
料理もお酒にぴったりなお味で、特にシャシリクなんて最高でした。プロフとラグマンは要予約なのでご注意。私はいつも単品でどさどさ頼んでしまいますが、迷ったらウズベクコースがおすすめです。
前に八丁堀店も行ったことがあるのですが写真がどっか行っちゃったので、以下の写真はすべて日本橋店。

20190815_222541.jpg
内装もシャレオツ。やはりスザニが

20200618_174039.jpg
シャシリクとトルコビールSHEREFE。このビール初めて見たけど、ラベルがビザンツ帝国の紋章っぽいね

20200618_174938.jpg
お上品な見た目のラグマン

20200618_180459.jpg
プロフは具があまり混ざらないサマルカンド風。ニンニク丸ごとが嬉しい


●ウズベクワインショップキャラバン(西荻窪)
このお店に行くために初めて西荻窪で降りたのだけど、駅前によき雰囲気の飲み屋街があったとは存じなかった。そしてその中にあるのがこちらのお店。貴重な貴重なウズベクワインのほか、ジョージアやルーマニアなど最近注目されているワイン、そしてウルグアイやブルガリアなどワインファンもお目にかかったことのなさそうなワインまで!ワインショップながら店内で飲食スペースがありワイワイ飲める。しかも上記のお店SHERのナンやサモサがサイドメニューとして食べられるすばらしい仕様。


20200624_222302.jpg
ゴールデン街をもっとローカルにしたっぽい印象の西荻窪飲み屋街

20200624_223111.jpg
このワインラインナップからのナンとサモサはすごい。。

オーナー夫妻の方が現地に行かれた際ワインに惚れたことで輸入を始めたそう。駐在者も知りえないウズベクワイン事情についてたっぷりお伺いすることができました。そりゃ少なくとも自分は、ウズベクワインの基準はクソ甘いかまあまあ飲めるかの2つだけだったし。。
このご時勢なのでウズベクワインの在庫は流動的とのことなので、事前に確認を。

20200624_205148.jpg
右がウズベクワインですがこの1本限りとのことだったので、結局ポルトガルワインをいただきました


●Marhaba Tokyo マルハバ東京<旧名ハラールサクラ>(鶯谷)
以前ウイグル料理レストランだったものの、ハイアットでシェフ経験もあるウズベク人料理人を今年迎え入れ、急遽東京のウズベクレストラン界に参入した異色のレストラン。ちょうど一昨日行ってきたhotなレポートです。
前のお店がムスリムツアー客向けのハラールレストランも兼ねていたそうで、内装は基本的にスタンっぽいけど日本のファミレスっぽくもあるどっちつかずな感じ。窓に「炭火」の文字が無数に書かれている(同席したウズベク人いわく「これ早く直したほうがいいよって言ってるんだけどねw」)。そしてBGMは絶妙にウズく、まだまだ垢抜けきらないある意味一番現地っぽいお店かも(褒め言葉です)。

20200912_124445.jpg
このシェフのポージングが完全にウズベク人だな。。

20200912_124529.jpg

けれどやっぱり味は確か。その中でもサモサとキーマシャシリク(ひき肉の串焼き)が完全に本場のお味でした。ラグマンもウイグル風ですばらしいお味。きくらげとニンニクたっぷり入ってるのが最高。

20200912_130316.jpg
サモサ

20200912_131238.jpg
シャシリク、プロフ(タシケント風)、アチクチュチュク

20200912_141125_20200915000128296.jpg
ラグマン

とはいえメニューに唐突に阿波黒牛焼肉とかが出てくるし、やっぱりチグハグ感が否めない。そもそも今の店名Marhaba Tokyoで検索してもほとんどヒットせず、別のパキスタン料理店なんかが出てくる始末。たぶん在日ウズベク人たちが今指導鞭撻を行っているところだと思うので今後に期待しましょう。


●Tabassum タバスム(名古屋)
東海地方唯一、というかおそらく首都圏以外ではここだけのウズベク料理店。名駅からも徒歩圏内なのでアクセスバッチリ。ここに行くまで知らなかったけど名古屋モスクが近くにあり、金曜は礼拝終わりのムスリムの皆様で賑わうようだ。
名古屋に気軽に行けない方はとりあえず抱腹絶倒のツイッターをフォローされることをおすすめします。

20200607_174450.jpg

安定のプロフ、マントゥ、ラグマンetcがいただける。プロフはサマルカンド風で油少なめ、ウズベク料理ビギナーの方も余裕で食べられる優しいお味。

20200607_131751.jpg
アチクチュチュクとこれまた優しいお味のマスタヴァ

20200607_132101.jpg
マントゥ

20200607_132519.jpg
見た目も美しすぎるプロフ

在日ウズベク人は日本ナイズされた大人しめの方が多いけど、ここのスタッフの方はフレンドリーさ爆発のもろウズベクスピリットをお持ちで話していて楽しい。自分が行ったときのスタッフの方はブハラ出身で、京大生だか京大卒とおっしゃっていた。シェフはサマルカンド人とのこと。
そして店内に一通りウズベク衣装もあるのでコスプレ大会もできるYO。

20200914_225232.jpg

もともとツイッターで繋がって初めてこのお店の存在を知り、初めてお伺いしたときは何がどうなったのか急遽この衣装を着て簡単なトークイベントをやることになってしまった。恐縮極まりないです。


●番外編:ザクロ(日暮里)
店長のキャラがとにかく濃すぎることで有名な中東料理店。イラン・トルコ料理がメインだけどウズベク料理も食べられる。
ここは昔バイトしてた知人が会をプレゼンツしてくれたのでメニューは全てお任せだったけど、とにかく評判どおり量は多いわ、キャラは濃いわ。

20200628_162412.jpg
そもそも店の看板からしてキャラが濃いw

20200628_160032.jpg
隣のお客さんとも仲良くなれそうな地べたに座る方式

20200628_133555.jpg
キョフテ(これはトルコ料理だね)とナンとマントゥ

20200628_132251.jpg
でかいサモサとショルバ

20200628_155733.jpg
いつの間にかビールの量がえげつないことに。。レバノンビール(一番左)は初めて見やした

経営やばいから雑貨買って!ってSNSでバズってたからか、かなり盛況で雑貨もたくさん買われていたようでした。だって価格設定おかしいし。ポーチが100円とか。

20200628_154744.jpg



それではYOQIMLI ISHTAHA(召し上がれ)!!
関連記事
スポンサーサイト





Category:日本/海外料理探訪
2020.09.14

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://furafuramachiaruki.blog.fc2.com/tb.php/1029-f88f1389

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

«日本のウイグル料理レストラン特集! | タシケント―サマルカンド間移動情報!»

プロフィール

takumi

Author:takumi
関西の某外大を卒業して日本社会の荒波へ。一応5年間なんとか社会人としてやっておりましたが、2019年12月よりウズベキスタン・サマルカンドにてJICA青年海外協力隊観光隊員(2019年2次隊)として活動中。旅と生活の記録を適当につづっております。
2020年3月から2021年11月まで、サマルカンド市内観光案内所にて活動中!街歩きミニツアーやポストカード販売等もやっておりますので観光の合間にぜひお立ち寄りくださいませ。詳しくはFacebookページまたはInstagramをご参照ください。
※新型コロナ感染拡大の影響で、2020年春より一時帰国中。

 

最新記事

Twitter

月別アーカイブ

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 

 

カテゴリ

 

最新コメント

最新トラックバック

ユーザータグ

東海地方 関西地方 さくっと写真集 ウズベキスタン ロシア ジョージア グルジア グルメ 中国 列車 国別旅行情報 2019-21青年海外協力隊ウズベキスタン フライト サッカー 韓国 2019極東旅 野球 旅行準備 旅行スケジュール 米国 パラオ 2019ミクロネシア旅 ミクロネシア マーシャル諸島 九州地方 グアム 国別基本情報 世界遺産 ブラジル 祭り パラグアイ ウルグアイ アルゼンチン ミャンマー 北朝鮮 2019東アジア旅 モンゴル 国境越え エジプト キプロス 北キプロス 2018東南アジア旅 ブルネイ 東ティモール マレーシア インドネシア エストニア フィンランド 2018韓国旅 訪問国 2017ベネルクス旅 2018台湾旅 2017メラネシア旅 ダイジェスト 2018インド洋旅 2016ブータン旅 2017台湾旅 ハイチ ドミニカ共和国 トリニダード・トバゴ トリニダード・トバゴ グレナダ 台湾 モルディブ スリランカ パレスチナ イスラエル ルクセンブルク ベルギー オランダ フランス トルコ イラク領クルディスタン イラク バヌアツ パプアニューギニア ソロモン諸島 ドイツ チェコ メキシコ キューバ ニュージーランド シンガポール 日本代表 サウジアラビア インド スイス アラブ首長国連邦 ネパール ブータン アルジェリア 2016年北アフリカ旅 チュニジア 2016北アフリカ旅 タイ 香港 モロッコ Jリーグ アフガニスタン 旅コレクション 甲信越地方 2014-15ベンガル旅 takumi的世界遺産 オーストラリア カンボジア バングラデシュ フィリピン ベトナム ブルガリア エチオピア アルメニア イラン ラオス 北海道地方 2014東アフリカ旅 ケニア ソマリランド ソマリア ジブチ マカオ 2013中央アジア旅 タジキスタン キルギス カザフスタン カウチサーフィン 中国地方 イタリア トルクメニスタン クロアチア 2013韓国旅 2013中東旅 ヨルダン スロベニア ボリビア チリ ペルー ラトビア セルビア モンテネグロ ボスニア・ヘルツェゴビナ モーリタニア セネガル マリ アルバニア ギリシャ スペイン ポルトガル ハンガリー 2012中央アジア旅 パキスタン 2011-12世界一周旅 ワークキャンプ リンク集 カナダ 米領プエルトリコ パナマ 西サハラ バチカン サンマリノ コソボ 北マケドニア マケドニア ルーマニア ウクライナ 2010ウズベキスタン旅 2010韓国旅 北陸地方 四国地方 東北地方 関東地方 2011ラオス旅 

 

スポンサードリンク

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク