FC2 Blog Ranking

2012-06

Latest Entries

2012年夏の旅 いろいろ準備その3 復路航空券

さて復路航空券。ルートを考慮した結果、outは中国・新疆ウイグル自治区のウルムチに決定。
パキスタンが最終目的地だからパキスタンoutが一番良かったけど、国内情勢がどうなるか分からないし値段も高めだったからね。


とりあえずウルムチから関空までスカイスキャナーでポチポチやってると、最安で4万円弱。。。

うーん、これはキツイ。



中国から日本へのLCCといえば春秋航空。上海から最安4,5000円で飛ばしているヤツだ。
日本側の空港がどれもビミョーなのが残念だけど(茨城、高松、佐賀)。なんでこんなとこばっか選んだんだ。

ま、上海まで出れば安く帰れそうなので、とりあえずウルムチから上海までの移動手段をチェックしてみる。


が、飛行機はやはり3万円以上する。
じゃあ列車で帰ればいいじゃん、と思うが、ウルムチから上海までの列車は1日一本、所要40時間以上。9月は夏休みと中秋節にあたり、民族的大移動が起こってチケットすべて売り切れの可能性高し。もし乗れたとしても、丸2日間も中国人にもみくちゃにされたらどうなるか想像もしたくない。



ウイグルからの脱出策を調べて調べて調べまくっていると、香港までの航空券が比較的安いことが判明。中国東方航空、南京経由で約2万円ほど。

香港からはこいつが使える。




200px-Peach_Aviation_Logo_svg.png


初の日系LCCとして今年就航、今注目度ナンバーワンのエアライン、ピーチアビエーション!


さすがLCC、香港から関空まで1万円強で飛べるとのこと。

ちなみに香港便は今年7月から就航とのこと。就航したてピチピチピーチ!
もちろんホームページからの予約のみですが、このホームページが実に分かりやすい。LCC初めての人も使いやすいでしょう。



というわけでこれが予約詳細。(6月10日予約)

9/30 ウルムチ20:30→南京+1:55、南京+8:00→香港+10:20(中国東方航空)
運賃(税など込)20690円
※Expediaで予約

昆明経由などもほぼ同じ値段でした。


10/2 香港0:50→関空5:30(ピーチ・アビエーション)
運賃(税など込)HK$1048
受託手荷物(20kg以下)HK$160
支払手数料 5HK$21
計 HK$1229
(※HK$1≒¥10)

出発&到着時間帯がビミョーすぎるのですが、これは仕方ないでしょう。


これで帰りに香港のウン100万ドルの夜景を見るという新しい楽しみもできた!



次回は中央アジア旅一番の難関、ビザ取得編。


スポンサーサイト

2012年夏の旅 いろいろ準備その2 往路航空券

~前回までのあらすじ~

今年の夏は「スタン系制覇」を目指して中央アジア方面を攻めることにしたtakumi。めんどくさーいビザなども考慮し、できあがったのはイランin、中国outのルート。さあ航空券を買いませう!

~ココマデ~



まず買わなければならぬのは日本からイランの片道航空券。

去年は成田空港から悪名高いアエロフロート航空でテヘラン入り、これが約7万2000円。昼出て深夜に着く便だった。

今回はできればLCCなんかも使いつつ、時間、質<安さ!で行きたい。


で、使うことになったのがこのエアライン。


300px-AirAsia_Logo_svg.png


エアアジア!!!!

おそらく日本でもっとも有名なLCCの一つでしょう。今年ついにエアアジア・ジャパンが就航、片道5円!なんてゆーぶったまげたキャンペーンを行ったエアラインですな。

このエアアジア、なんと地味にイランのテヘランにも就航しておるのです。KL→テヘラン、テヘラン→KLともに火木土日発。

しかもエアアジア、去年より関空にも就航してます(関空発月水金土)。これはもー使うしかないですな。



予約詳細はこんな感じ。(5/4予約)

8/3 関空9:40→クアラルンプール15:25
運賃(税など込)25000円
受託手荷物(15kg以下) 2000円
機内食 500円
支払手数料 150円
計 27650円

8/5 クアラルンプール17:05→21:40
運賃(税など込)726リンギット
受託手荷物(15kg以下)30リンギット
機内食 50リンギット
計 806リンギット
(※1リンギット≒¥25)


エアアジアでは最初に出てくる価格が税やサーチャージ込みの価格です。なかなか良心的ですねー。ジェットスターなんか購入進めていくといきなり価格が倍になったりするからねー。

もちろん機内食や預け荷物は別料金。座席指定も別料金(しなかったけど)。でもまあこんなもんでしょう、

とか思って今改めて同じ日の同じ便を検索してみると、


関空→KLが1万切ってる。。。



あああああああああああ大損。。。


LCCは空席が多いと値段を下げることがある、って知ってたけどまさか今の時期から下げるとは思わなかった。しかも8月上旬のオンシーズンに・・・

教訓。LCCのチケットを購入したら、その後運賃をチェックしない方がメンタル的にいいですww


チケットを購入する過程で、特に不便に感じたことはありませんでした。実にスムーズに購入することができた。



次々に日本に就航しているLCC。そういえば韓国系のイースター航空が関空からシェムリアップまで直行便を飛ばすなんていうニュースもあった。これあまり話題になってないけどゲキアツニュースだと思う。

バックパッカーのつよーい味方、これからもどんどん就航してほしいなあ。。。

2012年夏の旅 いろいろ準備その1 ルート決め

マリ情報で「ドゴンの村情報またアップしまーす☆」って書いてたけど、現在の国内情勢を考えると今のマリ訪問は自殺行為だと思われるのでw、またのちのちうpしまーす。


で、今回は今夏の旅の話。



世界一周していたときから、次に訪れるべき地域はどこかもう決まってました。




中央アジア。

「スタン系」の国ばっかりの、日本ではあまり知られてないけどなーんかキケンな響きがする、あの地域ですな。


takumi、おととしにウズベキスタンのみ訪問済み。バックパッカーデビューだったこの旅でスーパー異文化に感動してしまい、のちのちどうしようもない旅バカになってしまったのっす。

世界一周の旅でも訪問できたら、と思ってたけど時間不足で行けず。そんなわけで、今年中央アジアを再訪するべ!ってなったのはまあある意味当然ですねー。


今回許された時間は多くて2カ月。一応学生なのでw


さあどの国に行きませう。どうせ行くんならスタン系全部制覇したいなあ。アフガンやパキスタン(厳密には中央アジアじゃないけど)も含めて。
調べたところ、アフガンはタジク国境限られた地域のみ治安の心配なく旅できるらしい。評判もいいし。危険なかほりがビンビンするパキスタンも、中国国境のフンザ地方は「桃源郷」と呼ばれ、昔からバックパッカーに人気の土地。なにがどう「桃源郷」なのかはまたおいおい。


あ、このへん日本になじみのない国名がポンポン出てくるので、分かりにくい方はお手元に世界地図をご用意ください。


自分の旅バカ人生原点の国ウズベキスタンももちろんマストな国。「世界の屋根」パミール高原を擁するタジキスタンは、この旅で一番期待する国かも。それにしても「世界の屋根」って表現がろまんちっく。

キルギスは中央アジアで唯一「スタン」が付いてない国。昔は付いてたけど。でももちろん訪問と。中国のウイグルも行くことになるでしょうな。カザフスタンもルートから外れてるけど行けるなら行きたい。

さてスタン系一番の難関、トルクメニスタン。「この国をマトモに旅するには現地ガイドが必要」ってのは、ごおおおおく一部のバックパッカーが知っている事実。で、95%ぐらいのバックパッカーはたった5日間有効のトランジットビザで旅する。

これだけじゃ難関国でもなんでもありましぇん。問題はそのトランジットビザの取得。そもそもこの地域は水戸黄門の印籠並みに最強の日本のパスポートすら信用せず、ビザが必要な国がほとんど。といっても多くが日本に大使館を持ち、そこでビザを取得できる。
ところがあ!トルクメニスタンのみ日本に大使館がない。つーことで周辺諸国にて取ることになるが、国によっては2週間以上待っても取れる保障がないとのことなのだ。。。



ま、そこらへんの事情と限られた期間を踏まえてルートっぽいのを組んでみましょうか。


中央アジア旅行者が最初に決めること、それは日本から中国にわたり東からじわじわ進軍して行くのか、それとも一気にイランらへんにバビューンと飛んで西から攻めるのか。
やっぱシルクロードを中国からずんどこたどっていく方がいいよなあー、って考える方が多いと思います。ろまんちっく的な問題で。そこで立ちはだかるのが↑のトルクメニスタンビザのカベ。
このルートではトルクメニスタンビザはウズベキスタンで取る場合が多い。しかし2週間以上待ってもビザが取れる保障がないのが、まさに在ウズベキスタンのトルクメニスタン大使館。ここもまたごおおおおく一部のバックパッカーには「中央アジア最強のクソ大使館」として知られているのだ。タジキスタンで取る場合は比較的楽だがそれでも1週間待ち。限られた期間、そこでそんな時間をつぶすわけにはいかぬ。

一方イランもビザ取得に1週間待ち。しかし首都テヘランで申請して、トルクメニスタン国境に近い街マシュハドで取得するという反則的飛び技もできるので、時間つぶしに苦労しない。
さらに最近はいった情報によると、そのマシュハドのとあるホステルではビザ取得代行サービスをやっており、申請用紙などを前もって送っておくとそっこーでビザを取ってもらえるというではあーりませんか!わんだふぉう!!
おそらく読者の皆さんの中でこのことにわんだふぉうなんて感情を抱く方はほぼ皆無だと思われますが、とにかくわんだふぉうなんです。


というわけで中央アジアはイランから攻めた方が効率いいようだ。そのままトルクメニスタンへ、さらにウズベキスタンでタジキスタンビザを取り、タジキスタンでアフガニスタンビザを取る。アフガンへ往復した後ビザなしで行けるキルギスへ。時間があればカザフスタン経由、無ければ直接中国のウイグルへ行き、最後にパキスタンへ往復して中国から帰国う!うっしゃ完璧!


地図がなければ何言っとんねんコイツという話なので、ルートマップを載せときますか。


m_c_asia3.jpg



うーんこれがあっても分かりにくいですな。ご安心ください、旅の本編では分かりやすくつづっていく所存ですので。

上にもある通り中央アジア最大の問題がビザ。中央アジア旅経験者が集まって飲み会をしたとき、全体のトークの6割がビザトークになることでしょうw

周辺諸国で取った方が安く、取得期間が短い場合が多いですが、こちら旅行期間が限られているので日本で取れるやつはパッパッと取っておきます。イランから入国するためイランビザは必須、あとはウズベキスタンと、おそらく日本でしか取れないであろうパキスタンビザ。ひょっとしたらタジキスタンとカザフスタンビザも取っておくかも。


うーん興味ない人にとっては全くどーでもいい話になりましたな。


次回は航空券購入編。



追記:どうやら「トルクメニスタン ビザ」という検索ワードからこのページにたどり着いた方が多くいらっしゃるようなので、実際にテヘランでトルクメビザを取得したときの旅行記を貼りつけておきます。トルクメビザ情報を探している方はご覧ください!

モーリタニア情報!

なぜかモーリタニア情報だけ抜け落ちていたのでうpします。しかしアフリカ情勢が不安定な今、わざわざモーリタニアに行く人いるんでしょーかw


※レートおよび情報は2011年12月当時のもの


1ウギア≒¥0.3


・ビザ情報
モロッコの首都ラバトにあるモーリタニア大使館で取得。大使館へは駅から市バス26番(3.6ディルハム)で15分ほど。駅を出て右折、2つ目の通りを左折すると右手に乗り場があります。タクシーだと20ディルハム前後。9時に受付開始、申請用紙はフランス語とアラビア語しかないので、分からなければ周りの人にヘルプを。申請人数が多いため早めに行くのをオススメします。パスポート、パスポートコピー、写真2枚、340ディルハム持参。翌日15時に受領。自分は希望日から15日有効でした。


・物価情報
コーラやファンタ小150~200ウギア。安食堂でクスクスなど300ウギア~。フランスパンは安い(100ウギアほど)わりに美味い。


・移動情報
○ダフラ(西サハラ)―ヌアディブ…タクシーで所要7時間(休憩や国境での待ち時間含む)。350ディルハム。CTM社バスが到着するとタクシーの客引きが寄って来るので、移動手段に困ることはないと思う。ヌアディブの宿が決まっていれば連れて行ってもらえる。

○ヌアディブ―ヌアクショット…郊外のガレージからバスや乗り合いタクシーが出ているが、今回は28 Novembre Express 28ノヴァンブルエクスプレス社のミニバスを利用。朝10時にオフィス発、所要約6時間。5000ウギア。車はエアコン付きで清潔。ヌアクショット郊外のオフィスに着き、中心部まではタクシー利用。

○ヌアクショット―ネマ…ネマ・ガレージ(中心部からタクシーで15分ほど)から乗り合いタクシーが出ている。8000ウギア。今回は13時に出て夜3時間ほど休憩、翌15時にネマに着いたが、朝行った方がいい車が見つかりそう。ネマでは問答無用で警察署に保護される。

○ネマ―ワラッタ…毎日15時ごろトラックが出る。所要3時間、2000ウギア。荷物満載のトラックの荷台につかまって行くことになる。ワラッタではてきとーな宿に連れて行ってもらえる。帰りのトラックは朝8時ごろ発。

○ネマ―ナラ(マリ)…一日1本、16時ごろに車が出る。警察署まで迎えに来てくれる。7000ウギア(CFAフラン払い可)、所要約6時間。悪路なので雨季は厳しいかも。国境ではパスポートチェックはなし。ネマの警察署で出国スタンプを押してもらおうとしたら「国境で」とのこと、そのままスタンプなしで出国。入国スタンプはナラの警察署で。ナラではてきとーな宿に連れて行ってもらえる。

モーリタニアではテロ対策のため、移動するとき無数の検問に引っかかります。今回はパスポートを見せるだけで済みましたが、一応パスポートのコピーをいっぱい持っておいた方がいいでしょう。賄賂請求は一回もなし。


・都市別情報
☆ヌアディブ Nouadhibou
安宿…Canping Abba キャンピングアバ:ヌアディブの定番宿。シングルトイレ付3200ウギア。テント持参なら半額ぐらい。水シャワー。キッチンがあるがキタナイ。清潔さに欠ける宿だがwifiが使えるのはありがたい(宿のwifiではなくそこらへんの野良wifi。調子悪いことも)。スタッフは英語しゃべれないけどヌアクショット行きミニバスオフィスまで送ってくれたりと親切。

食事…サハラ越え日本人パッカーに人気の中華レストラン、香港楼。お値段は高めだが味は本格的。アバを出て右折、すぐ左折してつきあたりを左折、徒歩10分ほど。夜は街灯がないので注意。

ATM情報…ATMが絶望的に少ないモーリタニア。新生銀行カードが使える貴重なATMがこの街にあります。アバを出て左折、5分ほど歩くと赤と黒の看板の銀行がある。ここのATM(plusマークあり)で引き出せる。

カメラ修理情報…こんな国でカメラ壊れてもた!どうするべ!な方へ。中心部のテレホンマルシェはミニ電気街になっており、カメラを修理できる店が見つかるはず。


☆ヌアクショット Nouakchott
安宿…Auberge Menata オーベルジュメナタ:中心部にある快適宿。グランマルシェ西のジェネラルドゴール通りを北上、Abou Baker通りを過ぎて右にネット屋が見える交差点を左折。左手にある。屋上のテント2000ウギア(蚊帳付きで快適)。キッチン・wifi使用可。ホットシャワー。敷地内に売店あり。スタッフは英語しゃべれないけど、西アフリカにしてはコストパフォーマンスは上等。

市内交通…タクシーが安い。道端に立って合図すれば、次々に車が止まってくれる。市内移動は300~500ウギア。観光名所の漁港がある砂浜へは500ウギア~、所要20分。

両替情報…南下組の方はここで両替をしていくことをオススメします。市内中心部の銀行でモーリタニアウギアからCFAフランへの両替ができる。

地図
nouakchott_20140115014634aeb.jpg
赤丸…オーベルジュメナタ
緑丸…グランマルシェ(中央市場)
青丸…マリ大使館
黒丸…大型スーパー
黄丸…ネット屋

ヌアクショットで取得するマリビザ情報はマリ情報をご覧ください。


☆ネマ Nema
この町に着くと「セキュリティのため」問答無用で警察署に保護され、町に出るときも警察官(もちろん英語ダメ)が付きっきりになる。宿泊も警察署の中。特に賄賂請求はなかったが、二人で食堂に行ってメシ代を立て替えたもののその分をいつまでたっても返してもらえないという事態が発生。注意しませう。ちなみにワラッタやマリ行きの車はすべて警察署に迎えに来てくれる。


☆ワラッタ(ウアラタ) Oualata
安宿…Auberge Bechir Gamny オーベルジュベシルガムニ:ボロボロ水シャワー、wifiなし、食事有料(朝2000ウギア、昼夕3000ウギア)なのに一部屋5000ウギアもするボッタクリ宿。といってもオフシーズンはここしか空いていないためしかたなくここに宿泊。客室にワラッタ伝統の美しい内装が描かれており見ごたえあり。

砂漠の中の陸の孤島村ワラッタ。物価は都市部の3倍ぐらいすることも。可能ならネマでパンなどを買い込んでおきましょう。



ではではHAVE A NICE TRIP!!

«  | ホーム |  »

プロフィール

takumi

Author:takumi
関西の某外大を卒業して日本社会の荒波へ、しかしまだまだ旅中毒末期患者。モラトリアム期間をなんとかして延長したい。。。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
旅行準備・スケジュール (34)
移動安宿ビザ等国別情報目次 (1)
日本/原付ツーリング (10)
日本/鉄道の旅 (8)
日本/その他 (26)
韓国 (13)
中国 (34)
香港 (3)
マカオ (2)
台湾 (6)
フィリピン (2)
ベトナム (3)
カンボジア (3)
ラオス (6)
タイ (2)
マレーシア (7)
シンガポール (2)
インドネシア (2)
バングラデシュ (7)
インド (4)
ブータン (8)
ネパール (4)
パキスタン (10)
キルギス (22)
カザフスタン (11)
ウズベキスタン (21)
トルクメニスタン (6)
タジキスタン (19)
アフガニスタン (5)
イラン (27)
アルメニア (7)
グルジア (7)
イラク領クルディスタン (11)
アラブ首長国連邦 (5)
ヨルダン (5)
イスラエル (8)
パレスチナ (2)
トルコ (24)
フランス (10)
スペイン (13)
ポルトガル (4)
イタリア (15)
バチカン (1)
サンマリノ (3)
ギリシャ (11)
スイス (2)
ベルギー (6)
ドイツ (2)
ハンガリー (5)
スロベニア (7)
クロアチア (6)
ボスニア・ヘルツェゴビナ (4)
セルビア (9)
モンテネグロ (6)
コソボ (7)
マケドニア (6)
アルバニア (9)
ブルガリア (8)
ルーマニア (14)
ウクライナ (2)
チュニジア (5)
アルジェリア (8)
モロッコ (18)
西サハラ (1)
エチオピア (26)
ジブチ (6)
ソマリランド (8)
モーリタニア (11)
セネガル (4)
マリ (12)
カナダ (2)
米領プエルトリコ (1)
ペルー (9)
ボリビア (10)
アルゼンチン (18)
チリ (9)
オーストラリア (2)
ニュージーランド (2)
総集編 (18)
訪問国とルート (7)
観光に役立つリンク集、用語集 (3)
世界のサッカー (20)
スタンプ、ビザ (7)
世界の鉄道 (17)
世界のお金 (9)
パクチー栽培日記 (1)
キューバ (2)
米国 (1)
メキシコ (1)

 

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

 

FC2カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR