FC2 Blog Ranking

2017-07

Latest Entries

ソマリランド情報!

※レートおよび情報は2014年3月当時のもの


1ドル=約7000シリング


・ビザ情報
最近空路・陸路各国境でアライバルビザおkになったという情報を聞いていたが、念のためエチオピアの首都アディスアベバのソマリランド大使館(英語でリエゾンオフィスとあったのでソマリランド領事館のほうが正しいか)で取得。所要20分、40ドル。10ドル札で払おうとしたらなぜか職員のオバチャンに怒られたので20ドル札×2の用意を。エチオピアブル払い不可。写真必要。13時を過ぎても開いていた。ただアライバルビザは30ドルとの情報なので、そちらのほうが良さそう。
アディス中心部のピアッサやマスカル広場からは、ボレ空港行きミニバスに乗って、左手に見えるNovis SupermarketやKZ Hotel前下車。反対側から延びる道に入ると、トルコ航空オフィスなんかを過ぎて大使館の看板が見える。あとは看板にしたがって歩く。空港から歩いて30分かからないので、空路入りしたその足でも行けそう。詳しい地図はエチオピア情報をご覧ください。

127_201406011631069d0.jpg
アディス中心部の反対側から。この左手の道を入る

126_20140601163103084.jpg
なぜか豆腐屋w

125_20140601163059755.jpg
さらに歩くとこの看板。あとは看板に従いませう


・物価情報
エチオピアと同じか少し高いぐらい。ノンアルコールビール5000シリング、食事は大衆食堂で2ドルぐらい。水2リットル1ドル、コーラやスプライト小0.5ドル。コーラやスプライトは他の国と変わった形をしているのでマニア必見w


・移動情報
少し前まで国境―ハルゲイサ以外の移動は護衛兵士を雇う必要があったそうだけど、最近その必要がなくなったとのこと。といっても情報が流動的だったけどめんどくさいので護衛なしで行ったら、まったく問題なし。ほとんどの検問は完全スルーで、ベルベラ手前の検問で出頭させられたけど事情を話せばすぐ解放された。国内一番の観光地ラス・ゲールへは今でも護衛兵士がいるようだ。
○ジブチシティ(ジブチ)―ハルゲイサ…市内南部の26通り(Ave 26)沿いから四駆乗合タクシーが17時ごろ出発、翌10時ごろ到着。トランク改造座席が5000フランで、助手席は9000フラン、後部座席は6000フランが相場らしいが激悪路&夜行なので死に物狂いで助手席をキープしませう。朝に一度行くと席を予約できるらしい。警察の検問を避けながら走るため道なき道を通り、車がブッ壊れて3日かかったという情報もあるため水と非常食の準備はしっかりと。

○ハルゲイサ―ベルベラ…大通り沿い、ジャマモスク(金曜モスク)西の広場から乗合タクシーが出ている。午前中は結構便があるみたい。ランチ休憩込みで所要3時間半、8ドル。5人乗りのところを10人以上乗せてくるので覚悟を。

○ベルベラ―シェイフ…街の中心からトラックで(そのへんの現地人に聞いたら教えてくれるはず)。行きランチ休憩混み所要3時間半5ドル、帰り所要2時間半3ドルだった。ハルゲイサから/までの直行便もあるかも。

○ハルゲイサ―ハラール(エチオピア)…中心部から徒歩30分、市内北部の路上に停まっているトグワジャレ(ワジャーレ、ワチャレ)国境行き乗合タクシーに乗る。所要1時間半、10ドル。徒歩で国境を越え、エチオピア側トグワジャレからバスでジジガへ(所要1時間半、30ブル)。さらにバスに乗り換えてハラールへ(所要2時間半、40ブル+荷物代20ブル)。


・注意すること
治安はほとんど問題ないが、世界屈指のガチイスラム国なので、
・完全禁酒
・風景写真でもどこかから「ノーフォト」と言われることがあるほど写真嫌いが多い
・女性はおそらくスカーフ必須
・モスクに近い宿だと早朝うるさいかも
・男の生活に欠かせないあの動画のアクセスが遮断されることあり(!!)
といった注意が必要。
あとはプラグが主流の二つ穴ではなく三つ穴になっていることがあったり(ハルゲイサで変換プラグ購入可)、トイレにゴミ箱がなくトイレットペーパーもどこにも売っていなかったりと地味にめんどくさい。あ、日本大使館なんて当然ないからパスポートは死守しませう。
また、エチオピアからソマリランドに入国してエチオピアに再入国する方はエチオピアビザに注意。以前はハルゲイサでエチオピアビザが取得できたが最近不可になったようなので、ソマリランド入国前にエチオピアのダブルビザを取得しておくべき。


・都市別情報
☆ハルゲイサ Hargeisa
安宿…Siraaj Hotel シラージホテル:ジャマモスク(金曜モスク)少し東にある5階建てぐらいのホテルで、入り口にあるサモサ屋台が目印。シングル6ドル、wifiあり(ときどき調子悪い)。トイレ・水シャワー共同、エレベーターなしだけど他は特に問題なし。1階はレストランだが高め。洗濯サービスは中ぐらいのビニール袋いっぱいで4ドルくらい。ハルゲイサは安宿クオリティが異様に高く、他にもいろいろ選択肢があると思われる。

両替…ソマリランドではソマリランドシリングなる独自の通貨が流通。ただ同時に米ドルも流通しており、ぼろい食堂でも小さい商店でもどこでも米ドルで払えるし端数のお釣りはちゃんとソマリランドシリングで返ってくる。というわけで大量に両替する必要は特にないと思われる。両替商は、ハルゲイサで一番多い職業じゃねえの?と思うくらいそこらじゅうにいる。

食事…やっぱりここにきて食べたいのがラクダ肉。どこの食堂でもだいたい置いているようだけど、一応イリップゲル(=ラクダ肉)というソマリ語を覚えておきませう。ちなみにイリップアリでヤギ肉。レバーはベールといい、朝によく食べられる。キャメルという発音はあまり通じず、カマルといったほうが通じる模様。

買い物…おそらくソマリランド唯一の土産屋"Asli Mills"が大通り沿いのマーケット近くにある。服やらスパイスやらキーホルダーやら大統領の写真やらなんでもそろう。ちなみに国旗を買ったら5ドルしたけど高くねえか?

地図
hargeisa.jpg
赤丸…ベルベラ行き乗合タクシー乗り場
青丸…トグワジャレ(エチオピア国境)行き乗合タクシー乗り場。うろ覚えだけど方向は合ってるはず。近くにスーパーあり
緑丸…シラージホテル
黄丸…マーケット。この付近の大通り沿いに土産屋Asli Mills
黒丸…戦闘機のモニュメント。この北の通りがミニ電気街で、変換プラグ購入可
紫丸…ラクダマーケット
桃丸…Fish and Stake House(ピザがうまいらしいレストラン。注文19時からってことで食べられなかったけどw)


☆ベルベラ Berbera
安宿…Caynushamsi Hotel アイヌシャムシホテル:乗合タクシーで知り合った現地人に連れてってもらった宿。トイレ・水シャワー・ファンつきダブル8ドル、wifiあり。蚊が多いのが残念。

地図
berbera.jpg
赤丸…アイヌシャムシホテル
緑丸…マーケット
黒丸…魚のモニュメント
黄丸…Al Xayaat Restaurant & Fish House(オーシャンビューの魚料理屋)


☆シェイフ(シェフ、シェーフ) Sheikh/Sheekh
安宿…Dawaare Hotel ダワーレホテル:街道沿い(ベルベラ方面から見て左手)にある寮みたいな雰囲気のホテル。ダブルの1ベッドが3ドル、トイレ・水シャワー共同。ネットなし。あくまで「1ベッド」の値段なので混んでくると相部屋になることも。

089_20140601173921ed4.jpg



ではではHAVE A NICE TRIP!!
スポンサーサイト

今さらながらチャットについての考察inソマリランド。

3/11 ソマリランド/シェイフ →(乗合トラック)→ ベルベラ →(乗合タクシー)→ ハルゲイサ ハルゲイサ泊


シェイフ、なーんにもないから飽ーきた。高速移動型パッカーらしく一気にハルゲイサに戻ります。
行きと同様トラックに便乗させていただいてベルベラへ、そして乗合タクシーに乗り換え。


今回のトラックはソマリランダーおばさま方と一緒に後部座席に座っての移動だけど、運ちゃんが無口ながらなかなかいいオッサン。ミネラルウォーターやら果物やらわんさかくれる。特にチャットは大量大盤振る舞い。あまり嬉しくないw


ベルベラでも大量のチャット屋台に遭遇し、この国におけるチャットの偉大さに改めて気づかされます。


009 (6)

このアフリカ旅行記でちょくちょく登場してきた噛むとラリれる葉っぱチャット、またの名をカート。「アフリカの角」エチオピアとジブチとソマリランド(ソマリア)、特に後者2カ国でチャットを噛んでない人間を見ない日はありません。そういえばこの地域の人はやたら歯がボロボロになってるのを見かけるけど、こいつのせいかもしれん。

飲酒(=飲みニケーション)の代わりにチャットを噛むことでコミュニケーション、否、噛みニケーションしてんじゃね?てのがtakumiの推論ですが、一日中葉っぱを持ってムシャムシャやっている人間たちを見ていると本当にそうとしか思えない。


このチャットなるものをウィキペディア先生などでいろいろ調べてみると、先進国だけでなくイスラム国のほとんどでも非合法になっているらしい。あれ、あんなに堂々と噛んでていいの?ちなみに日本では規制対象になってないらしいけど、あんなクソ苦いもの流行るわけないだろうなw

チャットはイエメンから紅海をわたってアフリカ大陸に伝来し(イエメンではカートと呼ばれてやっぱり大人気)、今ではエチオピア東部が大生産地。エチオピアからジブチまでヒッチしたトラックの運ちゃんも、エチオピアのハラールらへんでよく採れるって言ってたっけ。
このチャット、エチオピアにおいていまやコーヒーより儲かる作物とされ、コーヒー畑がどんどんチャット畑になっているそうな。

そしてその一大消費地であるソマリアでは海賊の身代金がチャットで支払われることもあり、チャットを摂取することで海賊行為や先頭の士気を上げることもあるとのこと。


うーん、ただのラリれる葉っぱと思ってたけど意外と奥が深いぜ!こんな話を噛みニケーションしながら聞きたかった!



で、気になる効果のほうは、、、

以下インタビュー結果

「体が強くなれるYO」(エチオピア・アディスアベバ、Sさん(仮名)、40代、トラック運転手)

「このままじゃ苦いかもしれないけどな、ピーナッツとコーラと一緒にとればイケるのよ」(エチオピア・アディスアベバ、Tさん(仮名)、30代、職業不定)

「大量に噛んでると頭がシャキッとする。ガイジンは苦手かもしれないけどね」(ソマリランド・ベルベラ、Nさん(仮名)、30代、ホテルマン)


・・・けれどやっぱり自分同様現地で会った外国人には不評のようで、、

「オレ嫌い」(オーストリア・ウィーン、Aさん(仮名)、30代、航空会社勤務)

「味はまあ、、ねえ。。」(ベルギー、Mさん・Rさん(仮名)、20代、職業不定)


ま、一週間ぐらい朝から晩まで噛みつづけたら効果が出るのかもしんない。暇な人やってレポートしてきて。



ランチ休憩はベルベラに向かうときに寄った場所と同じところで、魚の唐揚げを注文。かつおみたいな味がした。

010 (6)

現地人は唐揚げだろうがパスタだろうがとにかく何でも手で食らうので、食堂の入り口には必ず手洗い場が置いてあります。だいたい外国人にはフォークつけてくれるけど、このときはなぜかついていなかった。



011 (4)
車の間で売ってるのはイチジクっぽい果物


タクシーの隣のやつがガチムスリムの中のガチムスリムで、ずっとこっちに向かってなんかブツブツ言ってきたけどシカトしてました。特に何事もなくハルゲイサに到着。
こっち見て脊髄反射的に「チャイナアア!」と叫ばれるのは相変わらず。今日もハルゲイサは平和です。


016 (2)



<本日の日本車写真集>


012 (2)



013 (3)



014 (4)

さらにソマリランドの田舎へ。高原の町シェイフ。

3/10 ソマリランド/ベルベラ →(乗合トラック)→ シェイフ シェイフ泊


ソマリランド、さらに奥地へ攻めていきます。次の目的地はシェイフ。

シェイフまではトラックに便乗させてもらって行くとのこと。乗り場がどこか分からなかったのでそこらへんのタクシーを捕まえると、一瞬で到着。で、ちゃっかり2ドルも徴収される。いかん、今まで会う人会う人がことごとく親切だったから油断してもた。。

うーん、いい人度95%以上と思われるこんな国にも金にがめついやつはちゃんといるのね。やっぱタクシー運ちゃんってどの国でも同じような性格してんなあ。。。


トラックは1時間ほど待って乗客を集め、最後におなじみのチャットを大量に買い込んで出発。


041 (3)


一旦ベルベラで海に近づいた道路は、また内陸に向かう。地図で見るとハルゲイサ、ベルベラ、ブラオのソマリランド三大都市がベルベラをてっぺんに正三角形っぽい形をつくっており、シェイフはベルベラとブラオの間に当たる。さらにブラオから東へ行くとエリガボを経由してプントランド、そして修羅の国ソマリア方面。

しかしその正三角形のうちハルゲイサとブラオを結ぶ道がなかなかの悪路のようで、それゆえハルゲイサからブラオ、そしてさらに東へ向かう車もほぼ全部この道を通っていくらしい。そんなわけで、道の状態はなかなかGOOD。というかハルゲイサを出たときに思ってたけど、エチオピアとかジブチよりよっぽどいい道してるぞ。これも亡命ソマリ人の資金援助のおかげなのか。。


044 (2)
ソマリ人伝統芋虫式住居


046 (4)
パスタはソマリ語でバスト。ジモティーは手でモッサモッサ食います。この国でうまいパスタに会ったことない。。


メシのために立ち寄ったドライブイン的なとこで、ちっちゃい女の子がこっちを見たとたん大泣きしだした。やっぱおれはこの国でアイドルじゃなくて妖怪のほうだったかw


047 (6)
乗ってきたトラック。この国のことだから荷台かなー思ってたけど助手席に乗せてくれた!ヨカッタ!


さてここからの道は急カーブの連続で、高度を一気に上げていくため絶景だそうな。
確かになかなかアフリカンな景色。岩山、砂、まばらな植物。。


050 (4)



057 (6)


そして坂を上ったところでシェイフの町が登場。なるほど、山の麓にある町かと思ってたけどそうじゃなくて高原にあるのね。これは一気に涼しくなりそう!ソマリランドの軽井沢だね!

というわけでベルベラからランチ休憩を含んで3時間半、シェイフに到着です。SheikhかSheekhとつづられるけど、発音を聞くと「シェイフ」より「シェフ」のほうが近い気がする。まあいっかどっちでも。こんな場所日本人滅多に来ねーし。


058 (5)
元東武運輸のデコトラ。パキスタンのデコ具合を100%とするとこれは5%ぐらいだね



064 (3)


建物も他の都市と違って、石造りでしっかりしたものばかり。どこかヨーロッパっぽい雰囲気に感じる。うん、ここも軽井沢っぽい。
そういえばロンプラに、この町はイギリス植民地時代に植民地なんとか府の避暑地として開発されたとか何とかって書いてあった気がする。もしそうならこの雰囲気は納得。


さらに山のほうに歩いていくと、途中から男二人が湧いてきて勝手にストーカーし始めた。あ、ガイドでしたら結構ですんで、と丁重にお断りするとファイブファイブと騒ぎ始め、シカトして歩き始めると石を投げられた。うーん、今日はメンドクサイ人に会う運が強い日のようだ。メシのときも勝手に席に案内して勝手に金を要求するやつがいたしなあ。

それにしてもファイブって5ドルか5000ソマリランドシリングか500円なのか良く分からんけど、ストーカーするだけで金もらうって、、、 ハルゲイサとかベルベラでは一切こんなことなかったんだけど、ソマリランドって地方のほうが人が悪いのかもしれん。


まあでも山の景色は満足。砂漠オンリーなイメージのソマリランドだけどちゃんと緑もあるのね。こんな緑豊かな場所があるって知れただけでもここまで来た価値はあるでしょう!


068 (2)



074 (3)



079_2014052823232610c.jpg
 


085 (4)
この子達はただの純朴なサッカー少年たちっす



087 (2)
ガソスタ


そういえばこの国においていまだにゴミ箱つきのトイレを見たことがないんだけど、、 ソマリランダーは100%手でケツ拭く方式なのか?トイレットペーパーを探しまくっても一切見なかったからお手拭きっぽいやつでケツ拭いてトイレの穴にポイするしかないし。ほんといろいろ地味なとこでユニークな国だww

またまた紅海へ!港町ベルベラ散策&ソマリランドのガチイスラム度。

3/9 ソマリランド/ベルベラ ベルベラ泊


さて、ベルベラです。

ソマリランド第二の都市かつ最大の港町。ですが、ハルゲイサみたいな浮ついた感じはなくのほほーんとした雰囲気。同じ港町のジブチもまたゴチャゴチャした感じだったけど、ベルベラはときどきトゥクトゥクがブババババと音を巻き散らかすぐらいでそれ以外は静か目の街。

まあ会う人会う人にチャイナ!と叫ばれるのは相変わらずだけどw


003 (2)
「貧しい漁民の生活を支援してますYO」的日の丸つき看板



001 (4)
の前で高校生に包囲された。みんなもっと高校生っぽい顔しなさいw



005 (2)
昨日と同じメシ屋に行くと、オーナーが「ここあんたの家だから」とか言ってくれて5皿ぐらいドーンと出してくれた。肉がウマイ!
横に座った子供が聞いてもないのに勝手にチャンピオンズリーグの話してきた。


この都市もやっぱり目立った見所はなく(5kmぐらい行くとビーチがあるらしいけど)、街もしょーもない道路にしょーもない建物が立ち並んで特にドキがムネムネする感じではない。やっぱり暑いし。
とりあえずここまで来たんだから紅海を拝んでおきますか。



009 (5)



010 (5)



016 (3)

はい、これでベルベラに来た目的達成。



街中で目立つのはやっぱりモスク。オスマン時代からのモスクもあるようだけど、みんな同じに見えてしまってさっぱり分からん。

ソマリランドに入国(入域?)して初日でそっこー気づいたんだけど、この国のガチイスラム度は世界でトップクラスだと思う。

007 (4)


1926732_613516285392264_1920908737_n.jpg


女性が体全体をスカーフで覆っているのは当然、目だけ出しているガチムスもいらっしゃる。ハルゲイサではアザーンがなると周りの人がモスクへ「走って」礼拝に向かう。金曜日はモスクに入りきれなかったのか、そこらじゅうで路上集団礼拝しているのも見た。ジブチでは一応酒が売っているみたいだけど(アホみたいに高いらしいがw)、ソマリランドは全面禁酒とのこと。隠れてコソコソ飲んでいる不謹慎ムスリムも見なかった。物乞いをほとんど見ないのも、喜捨が行き渡っているイスラム社会のおかげか。うーん、この国のガチイスラム度はイランよりキツいんじゃねーか?
で、ここベルベラではついに勧誘に遭ってしまった。「えっ仏教徒なの?イスラムどうよ?まあ一回モスクに来てみなはれ」ってw そんな軽いノリでムスリムになっていいんかいww

ここまではアル中でもない限り特段ダメージは受けなさそうだけど、ひとつだけ大打撃になるものがあった。「男にとってなくてはならないあの動画」がアクセス禁止になってたのだ!そりゃひでーわ!!
具体的には、f●2動画やxvi●eosにアクセスしようとするといきなりネット回線が切れる。3日に1日ぐらいは急にアクセスできるようになるのがアフリカらしく詰めが甘いところだけど、これは男にとっては結構死活問題(っておれだけ??)。ソマリランドの宿はシングルでもかなり安く、集中して自家発電できそうなだけに余計悔しい。というわけでソマリランド入国の前にしっかりそれ系の動画をダウンロードしておくことを強くオススメいたします。



020 (3)



021 (3)



027 (4)




037 (4)
紅海の夕焼け。ロマンチック的雰囲気は微塵もないけど。。


ソマリランド、やっぱりしんどい国内移動。

3/8 ソマリランド/ハルゲイサ →(乗合タクシー)→ ベルベラ ベルベラ泊


先輩方のソマリランド旅行記を拝見すると、ハルゲイサだけ訪問して戻っている方が多いようですが、
とりあえずいろいろ突っ込まないことには気がすまない性格なので地方にも行ってみます。


見所に乏しいソマリランドで最大の見所がラスゲールなる岩絵のような場所らしいのだけど、車をチャーターしてさらに護衛兵士をつける必要があるようでメンドクサイのであきらめる。結局紅海沿いの港町ベルベラに向かうことにする。


現地人に教えてもらってベルベラ行き乗合タクシー乗り場へ。海外旅しているとどうも特定の日本車の車種にばっか出くわす国を発見することがあるけど(ボリビア=イプサムばっか、キルギス=ステップワゴンとオデッセイばっか)、ここソマリランドはなぜかノアがやたら多い。もちろん乗合タクシーでもフル活用されているようだった。こっちの車はマークⅡだったけどね。
そういえばタクシー乗り場でガタイのいい二人が何やらガチゲンカしていた。砂漠の国らしく、路上の砂をお互い相手にぶっ掛けるなかなか白熱した戦い。砂かけババアならぬ砂かけオヤジだねww


助手席が空いていておっラッキー!と思ったのもつかの間、ちゃっかりもう一人乗り込んでくる。一席ゆったり占領して余裕を持ってベルベラ突撃するどころか、乗客とマニュアルギアに挟まれて半ケツ状態移動を強いられてしまう。あああ、今日も苦痛移動ですか。。


095_20140523000908312.jpg
写真取れるから後部座席よりマシかなあ


ところがtakumiを半ケツ状態に追いやってきたこのにーちゃんがなかなかいい人だった。家族がベルベラにホテルを持っているようで、連れてってくれるとのこと。ベルベラのホテルはまったく決めていなかったのでもちろんこのお誘いに乗っかる。よし、半ケツ状態でも我慢しよう!


099_201405240017459e4.jpg
バックパックは屋根の上でほったらかしなのでもちろん砂だらけ



100_201405240017373f6.jpg
ソマリ版リゾットのバリース。これは昼に食うものらしいよ


助手席のにーちゃんはメシのときもいろいろ世話を焼いてくれる。英語ぺらぺらだし。そういえば元イギリス領だからかかなり英語が通じる。通じなくてもどっかから必ず話せる人が湧いてくるんだけどw
現地語はもちろんソマリ語。文字はラテンアルファベットを使っているのだけど、正書法がなかなかおもしろい。アラビア語の影響なのか無声軟口蓋摩擦音(ロシア語のх、アラビア語のخ)、無声咽頭摩擦音(アラビア語のح)、有声咽頭摩擦音(アラビア語のع アイン)といった独特の発音があるのだけど、ソマリ語正書法ではそれぞれkh, x, cとあらわされる。これアラビア語やってた人にとってはなかなかおもしろいかも。
まあソマリ語でこんにちはとありがとうぐらい覚えときたいよねー、と思って聞いてみたのだけど地球人とは思えないむちゃくちゃな発音をしてきて何回聞いても聞き取れなかった。

ソマリ人居住地域(ジブチ、ソマリア、エチオピア東部の「アフリカの角」)ではもちろんどこでもこのソマリ語が通じるのだけど、ソマリ人は民族よりも氏族意識のほうが強く、これがあの内戦の原因にもなったらしい。例えばモガディシュの中心氏族はハウィエ族で、ソマリランドはイサック氏族が多い。ジブチに多いソマリ人はイッサ族だけど、名前が似ているイサック氏族とは関係がないとのこと。


105_20140524001729a3f.jpg



108_201405240017214c1.jpg
シュールww


ベルベラには昼食休憩を含んで3時間半で到着。お疲れおれのケツ!

そのまま助手席のおにーさんの案内してもらってホテルへ。シャワートイレ&エアコンつき広々ダブルが8ドル、しかもwifiつき。やっぱソマリランドの安宿クオリティはすばらしーぜ!


ただ海沿いになったので一気に暑くなる。これはハルゲイサで会ったベルベラ人もみんな言っていた。
ジブチほどじゃないけどなかなかの不快感なので、夕方になってから町へのそのそ出てみる。


114_201405240017164f4.jpg



116_201405240102042fe.jpg
ノーモアモガディシュ



121_20140524010152802.jpg
激しく独立アピールする商店


120_201405240101584ea.jpg
の前でミルクティーおごってくれた男二人。facebook教えてだって。


宿に戻ると白人旅行者がいた。ウィーン出身だそうで、オーストリア航空の職員として東京駐在経験があり、亀有に住んでたそうな。しっぶー。
旅行者と出会うのがまるまる2週間ぶりなのでいろいろしゃべりまくる。なんでも今回の訪問国はソマリランドだけの1週間旅行だそうで、昔はエリトリアにも行ってたらしい。やっぱこの辺の旅行者っていろいろズレまくってる人ばっかだよなw
「アジア人は容赦なくチャイナ認定されるけど白人はどーなるの?」ってずっと思ってたので疑問をぶつけてみると、じろじろ見られるばかりで特に何も話しかけられないとのこと。いいなあうらやましいなあ。
ただ話しかけてくる人はいてもオーストリアとオーストラリアの区別がついてないことがしょっちゅうだそうな。これはオーストリア旅行者あるあるなのかもねw

さらに昼の助手席のにーちゃんも加わってきたのでガイジン二人して質問攻めにする。
「やっぱソマリランドってどこでも安全なの?ここより東って行ってもダイジョーブなの?」
とか、
「プントランド(ソマリランドとソマリアの間にあるもうひとつの自称独立国、ただしソマリアと再統合する気があるらしい)ってガイジン行けるの?」
とか、
「ソマリアってぶっちゃけどんだけ危ないのよ?」
などなど。。

彼曰く、ソマリランド全土で治安の問題はない。プントランドもまあ安全。
ソマリアはアルシャバブの支配下にある町があり、そこにガイジンが入れば即オシマイ。もちろん現地人的にもヤバく、最近でもモガディシュで襲撃があった。とのこと。


でもやっぱいつかは行きたいよねーモガディシュ。まあガイジンがフツーにいける日が来るのを気長に待ちましょか。

«  | ホーム |  »

プロフィール

takumi

Author:takumi
関西の某外大を卒業して日本社会の荒波へ、しかしまだまだ旅中毒末期患者。モラトリアム期間をなんとかして延長したい。。。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
旅行準備・スケジュール (36)
移動安宿ビザ等国別情報目次 (1)
日本/原付ツーリング (10)
日本/鉄道の旅 (8)
日本/その他 (27)
韓国 (13)
中国 (34)
香港 (3)
マカオ (2)
台湾 (6)
フィリピン (2)
ベトナム (3)
カンボジア (3)
ラオス (6)
タイ (2)
マレーシア (7)
シンガポール (2)
インドネシア (2)
バングラデシュ (7)
インド (4)
ブータン (8)
ネパール (4)
パキスタン (10)
キルギス (22)
カザフスタン (11)
ウズベキスタン (21)
トルクメニスタン (6)
タジキスタン (19)
アフガニスタン (5)
イラン (27)
アルメニア (7)
グルジア (7)
イラク領クルディスタン (11)
アラブ首長国連邦 (5)
ヨルダン (5)
イスラエル (8)
パレスチナ (2)
トルコ (24)
フランス (10)
スペイン (13)
ポルトガル (4)
イタリア (15)
バチカン (1)
サンマリノ (3)
ギリシャ (11)
スイス (2)
ベルギー (6)
ドイツ (3)
ハンガリー (5)
スロベニア (7)
クロアチア (6)
ボスニア・ヘルツェゴビナ (4)
セルビア (9)
モンテネグロ (6)
コソボ (7)
マケドニア (6)
アルバニア (9)
ブルガリア (8)
ルーマニア (14)
ウクライナ (2)
チュニジア (5)
アルジェリア (8)
モロッコ (18)
西サハラ (1)
エチオピア (26)
ジブチ (6)
ソマリランド (8)
モーリタニア (11)
セネガル (4)
マリ (12)
カナダ (2)
米領プエルトリコ (1)
ペルー (9)
ボリビア (10)
アルゼンチン (18)
チリ (9)
オーストラリア (2)
ニュージーランド (2)
総集編 (18)
訪問国とルート (7)
観光に役立つリンク集、用語集 (3)
世界のサッカー (20)
スタンプ、ビザ (7)
世界の鉄道 (17)
世界のお金 (9)
パクチー栽培日記 (1)
キューバ (2)
米国 (2)
メキシコ (2)
チェコ (2)
パプアニューギニア (2)
ソロモン諸島 (1)

 

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

 

FC2カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR