FC2 Blog Ranking

2017-11

Latest Entries

世界の鉄道特集!フランスの都市鉄道編。

フランスの長距離鉄道に続いて、今回は都市鉄道特集!


まずはナントトラム(路面電車)から。


013_20150614230520bd3.jpg
なんか殺風景な街に見えるけど旧市街も残ってていい街でしたYO!日本人観光客はあまりいなさそうだけど


フランスは世界の中でもトラムがよく走っている国。一時期消滅しかけたけど、メリットが見直されてどんどん復活、今では19都市圏で運行されているそうな。フランスはパリ以外は大都会がない国だし(だってパリの次に大きい都市はどこ?って聞かれたらえっ、、、てなるでしょw)、トラムに適した国なのかも。

その中でもナントトラムは、国内では路線網が最長なのだそうな。



019_201506142305247de.jpg



018_20150614230523032.jpg
ビミョーに都電荒川線の車両に似てる??



続いてはパリの地下鉄の写真をひたすら貼っていくゾーン。

037_20150614231233422.jpg




030_20150614231233622.jpg




029_20150614231231c2a.jpg




028_20150614230526d45.jpg




001_20150614230517f21.jpg


車両は路線によって違うみたいだけど、カラーは全部青緑色。東京で言えば南北線カラー。
日本人からしたら、路線のイメージカラーがあったら分かりやすさが全然違うのに。。と思うのかも。パリだけに限ったことじゃないけど。

あとこの地下鉄、おしゃんてぃなおパリなイメージとは正反対のもので、ホーム上にホームレスのオッサンが寝てるし自動改札を黒人のにーちゃんが軽々飛び越えてくしなかなかカオスでしたよん。
パリ地下鉄にはメトロが14路線、RERなる高速地下鉄が5路線存在しているとのこと。


2回にわたったフランスの鉄道特集、これにて終了。
スポンサーサイト

世界の鉄道特集!フランスの長距離鉄道編。

ブログネタがないなりになんとか更新してきたけど、もうネタ尽きかけなので、ごぶさたしてました鉄道特集を再開。


今回はおフランス編。量が多いのでまずは長距離列車から。

皆さんご存知のようにフランスは鉄道大国。長距離バスが極端に少ないので(ガチで探してみたらいろいろあるかも?)、節約派の方々にとってはお高い鉄道を使わざるを得ず、つらいかも。といってもユース料金や時間帯割引なんかもあるのでうまく使いませう。


さて、フランス最大の鉄道会社はフランス国鉄、通称SNCF。すごくのろい国鉄フランスの略とか何とか。
今ウィキ先生で調べて知ったけど、SNCFの路線網は電化率約50%、複線化率が20%しかないようだ。先進国の鉄道大国にしてはさびしい数字。
そういえば都市間列車はほぼ客車列車だったような気がしたが、この電化率の低さのせいなのか。


フランスの列車といえばやっぱりTGV。専用線があるのはパリと地方を結ぶ一部の路線だけで、あとは在来線に乗り入れ。日本でいう秋田新幹線とか山形新幹線方式。


070 (2)
ここもそう。単線の在来線にパリ直通のTGvが乗り入れ。ラボールエスクブラック駅近くにて


039_20150525013311d49.jpg
ナント駅にて


あと高速列車のタリス(ベルギー、オランダ、ドイツ直通)、ユーロスター(イギリス直通)も有名。


都市間列車はインターシティ(フランス語でアンテルシテ)。主にコライユ型と呼ばれる客車が使われるのだが、さすがおフランス、ときどきものすごいセンスの外装の客車が登場してくる。


029 (3)
トゥールーズ―ナント間で乗った客車、ド派手な外装



032_20120211152248.jpg
日本の特急より安っぽそうなシート。ふつーに快適だった気がするけど



026_20150524232531f24.jpg



027_20150524232530909.jpg
やっぱりいちいちシャレオツな車体



025_20120209194448.jpg
トゥールーズ発、スペイン国境近くのバイヨンヌ行き列車。この機関車ゲンコツって呼ばれてるとか


ローカル線の列車はTER(テーウーエル)と呼ばれる。各地域支社で運営されているとのことで、車両も地域によって微妙に違っていたりする。


028 (3)
トゥールーズ発フィジャック行き


029 (2)



021_201505242325240c3.jpg
こちらもトゥールーズ発の列車



024_201505242325253d7.jpg



043 (2)
ナントから郊外に向かう列車


041_2015052501331513e.jpg



048_20150525013314795.jpg
「ペイ・ド・ラ・ロワール」(ナントを中心とするこの周辺の地域)の文字





030_20150524232533c54.jpg
謎の機関車


ここから駅特集!駅アナウンスは必ず「マダム、ムッシュ~」から始まるので、いやでもフランスにいるってのが実感できますぜ。

020_201505250133066d5.jpg
堂々としたトゥールーズ駅。バスターミナルが至近距離にあるので便利ッス



037_20150525013310e7d.jpg
日本の地方都市のターミナル駅っぽいナント駅



031 (2)
規模は小さいけど歴史を感じるフィジャック駅



050_20150525014754c69.jpg
めるへんちっくなサン・ナゼール駅。大西洋の港町です


次回は地下鉄とトラムを特集!

世界の鉄道特集!韓国の長距離列車編

前回の記事で書いたように、韓国では都市鉄道と長距離列車は同じKORAILの運営であったとしても料金などの扱いはまったく別。
長距離列車をおおざっぱに分類すると、、

・KTX:ご存知韓国版新幹線

・セマウル号:日本の特急。朴正煕が進めた農村開発運動「セマウル(新しい村)運動」に由来

・ヌリロ号:2009年登場した新種別。日本の急行。「世界の道」の意味

・ムグンファ号:日本の急行か普通列車。韓国では一番メジャーな列車。国花ムクゲの意味

KTX開業以来韓国鉄道界は変貌のときを迎えているようで、最近も上にあげたもの以外の列車も続々誕生しているようですが、、 とりあえず車両の写真からうp。


134_20141103005911a9c.jpg
かの有名なKTX。ソウル釜山間の所要時間を4時間20分から2時間40分へ短縮し、移動革命を起こす。見た目はフランスのTGV。


DSC07861.jpg
ところが、脱TGV!ってことで国内で開発されたのがこのKTX-山川。確かに見た目が全然違う。。

写真は撮ってるけど、乗車はまだなのよねKTX。なんか仁川空港に乗り入れ始めたらしいし、次の韓国訪問で乗りたいもんです。


DSC07873.jpg
これからムグンファ号を置き換えていく予定の、新型列車ヌリロ号。日立製。かっちょよすぎる。



DSC07876.jpg
2012年登場、ソウルの清凉里駅から江原道の春川を結ぶITX-青春号。
写真じゃ分からないけど韓国初の2階建て車両。車両はかっこいいけどネーミングセンスが。。



141_20141103005908faa.jpg
ソウル駅に登場したこいつは謎。韓国版ブルートレイン?韓国鉄道界に造詣が深い方教えてくださいませ。



146_2014110301004650b.jpg
ソウル発釜山行きムグンファ号。KTX登場でこの路線では一気に脇役扱いに。



145_201411030100480a7.jpg




DSC07918.jpg
こちらは清凉里駅発、江原道江陵行きムグンファ号。一応夜行列車だけど到着が4時台というすばらしく微妙な時間。



DSC07921.jpg
客室は一見普通だけど。。



DSC07923.jpg
これがムグンファ号名物のゲーセンコーナー!あとカラオケコーナーもあるぜよ


ここからは駅の写真集。韓国の駅は日本のよりも開放感がある印象で、ヨーロッパに近い感じ。駅舎そのものは重厚感がまったくないけど。。


DSC07672.jpg
ソウル駅。新駅舎は約10年前に完成



DSC07673.jpg
コチラが旧駅舎。東京駅の設計者の弟子による建築とのこと



DSC07671_20130313232431.jpg
やたら兵士が目立つソウル駅構内



128_20141103005914ee9.jpg
大阪駅も最近こんな感じになったんだよなあ確か



DSC07855.jpg
ソウル第2のターミナル、龍山。光州や木浦など地方都市行きKTX発着駅。上野駅ポジション?w



DSC07867.jpg


DSC07866.jpg
韓国の駅にはテレビがドンと置いてあってアジョシ(オッサン)、アジュンマ(オバチャン)のたまり場と化している



DSC07910.jpg
ソウル第3の清凉里駅。安東や江陵など東部方面の発着地




ここからはソウル以外の地方の写真をうp!


151_2014110301004046c.jpg
ソウル郊外、水原市の水原駅。
水原は華城に水原カルビに水原三星ブルーウィングスと、歴史&世界遺産好き、グルメ好き、サッカー好きの方々のニーズに完璧に対応するすばらしー都市です



DSC07935.jpg
江原道の主要都市江陵にある江陵駅



DSC07933.jpg
日本海沿いにこんな観光列車もあるらしい。日本だと山陰あたり走ってそうw


最後の紹介したいのがこの駅。

089_20141103005920d3c.jpg
!?


096_20141103005917a59.jpg

この駅は韓国最北端の駅、都羅山駅。一応北朝鮮側とレールはつながっているし、そもそもこの路線が京城=ソウルと北朝鮮の新義州を結ぶ京義線というのだけど、当然北まで行けるわけない。一時期定期貨物列車が走っていたらしいけど。
この駅までソウルから観光列車が出ているほか、板門店ツアーでも立ち寄れます。てか将軍様が代わってゴタゴタしてるこのご時勢でツアーやってんの?金正日将軍がお亡くなりになる前に行ってて良かったあ。

で、この都羅山駅からソウル駅までの距離が56km。日本にたとえると湘南とか栃木県境あたりの駅から先は敵国みたいな状況になるわけで、そう考えるとソウルってあらためてすごい位置にあるなーと驚いてしまうわけです。


この鉄道企画もなかなかの長編になりそう。次はフランスの特集をやります、たぶん。

世界の鉄道特集!韓国の都市鉄道編。

世界のお金特集をずっとお届けしていましたが、数少ない読者の方も飽きてくるだろうし何より書いてる本人が飽き飽き状態。てことで、一年半前にひっそりと中断してた鉄道特集を再開、平行して更新していきまする。

再開後初の記事は韓国の鉄道特集、今回はソウルの都市鉄道編。


ご存知の方も多いと思いますが、韓国最大の鉄道事業者がKORAIL(韓国鉄道公社)。2005年に鉄道庁から運営を引き継がれました。国鉄→JRの流れを思い浮かべそうだけど、こちらはあくまで公社化なので、民営化されたJRとはまた違ったケース。
本社はなぜか中部の地方都市の大田。サッカー3部リーグに当たる実業団チーム中心のNリーグにも、大田コレイルというクラブがあったりします。


都市間鉄道については次回に述べるとして、今回はソウルを含めた首都圏の都市鉄道について。
地下鉄を含めたソウル周辺の都市鉄道をひっくるめて首都圏電鉄と呼んでいるが、これは鉄道会社名ではなく、いくつかの鉄道会社が路線を持っている。先ほどあげたKORAILのほか、ソウル地下鉄の運営会社も。ソウルメトロ、ソウル特別市都市鉄道公社、ソウル市メトロ9号線に分かれているし、仁川空港連絡鉄道もまた別の運営会社。

日本と大きく違うのは、首都圏電鉄内なら会社が異なっても運賃は通しで計算されること。東京でいえば、例えば津田沼からJR総武線・メトロ東西線直通で九段下で降りて都営新宿線乗り換え、そのまま京王線に乗り入れて調布らへんまで行っても通しの運賃で計算、って感じか。え、説明がマイナーすぎて分かりにくい?
その代わり同じKORAIL内でも、首都圏電鉄内の駅からソウル駅で乗り継いで釜山行きなどの長距離列車に乗れば運賃は切って計算される。日本のように、さっきの例でいえば、川口から京浜東北線に乗って東京駅で東海道線に乗り換え、熱海まで行ったとしたら東京駅で改めて切符を買わなければならない、みたいな感じ。やっぱり分かりにくい?w

そんなわけで、韓国ではソウル周辺の通勤電車とその他長距離列車はまるっきり違うものとして考えるのがよろしいです。まあ運営会社がどうのこうの考えるのは一部の鉄っちゃんだけだと思うけど。。


なんかごちゃごちゃ書いてますが、ではどんどん写真を投下していきませう。


DSC07884.jpg
首都圏電鉄1号線、KORAILの車両。鷺梁津にて


178_201410261353557ed.jpg
同じく1号線のKORAIL車両。衿井にて



181_2014102613535833c.jpg
同じ1号線KORAIL車両、こちらはトングリと呼ばれる形式



182_2014102613540258c.jpg
こちらも1号線の車両、ただしソウルメトロの車両

首都圏電鉄1号線は、ソウルメトロの路線とKORAILの路線から成り立っている。ただ直通運転しているので事実上同じ路線で、路線図でも同じ路線として描かれている。ソウル駅から仁川や水原を結ぶ重要路線。


061_20141026134950cfd.jpg
2号線旧型車両。イメージカラーがグリーンの2号線は環状地下鉄!江辺にて



060_201410270159102de.jpg
同駅にて。2号線は車両のバリエーションが豊富なようで、、



064_20141027015515192.jpg



066_20141027015518ddb.jpg
他にもいろいろ撮れました。漢江の上で無理やり撮影w





057_20141026134947c1b.jpg
地下鉄3号線の車両、玉水にて。あと竹田駅なんてのもあります。京都府民(特に南部民)は親近感わくかも。



177_20141026135352fd6.jpg
地下鉄4号線の車両。衿井にて



055_20141026134942909.jpg
KORAIL運行の中央線の車両。東京で中央線といえば超重要路線だけど、こちらもソウルのターミナル駅である龍山と清涼里を結んでおり利用客多そう



275_20141026135459a81.jpg
仁川空港鉄道、略称はNEXならぬA'REX。ノンストップ列車で空港からソウル駅まで43分。金浦空港も通るYO



DSC07668_20141026135509426.jpg
やたらキラキラな仁川空港駅。いつの間にかKTXも空港まで乗り入れるようになったみたい。すげえ。



276.jpg
仁川地下鉄。



273_20141026135405815.jpg
仁川地下鉄、別タイプの車両。



277.jpg
桂陽駅。仁川空港から鉄道で仁川中心部へ行くにはここで地下鉄に乗り換え


さて、自称地下鉄フェチtakumiによるソウル首都圏地下鉄の印象ですが、

ハード面(路線網)もソフト面(サービス)も充実しており使いやすい。ソウル駅などの主要駅では日本語放送つき!ホームドアも東京より設置率が高そうだった。

033_20141026134940fc4.jpg
駅構内に巨大タブレット?もあったり


ただ紙の切符を廃止したせいで一回しか乗らなくても容赦なくICカードを買わされることになり、これはちとめんどくさいかも。戸惑っているじーさんばーさんもいるようだった。ほんとやることが極端なんだよなこの国。。


056_20141026134945f83.jpg
ICカード、仁川空港デザイン。これは一回用だけど、チャージ自体は難しくないのでチャージ可能なカードを買うのをオススメします

世界の鉄道特集!イタリアの長距離列車編

前にも書いたけどイタリアではキ○ガイなぐらい鉄道関係のスナップをパシャパシャ撮っていた。車両かっこよすぎだし駅も豪華過ぎだし。そんなわけで今回は鉄道特集史上最もボリューミーな内容でお届け!


フランスほど極端ではないにしてもイタリアもなかなかの鉄道偏重国。長距離移動なら高速バスが安いけど、あまり見つからない。ローマからミラノの間さえも一日たった2本しか見つからなかった。そういえば深夜特急でもイタリアのバスに対する偏見はひどいとかなんとか書いてあったっけ。



ここの写真はすべてイタリア最大の鉄道会社、トレニタリア(Tranitalia)のもの。

006_20130303122444.jpg
ロゴマーク


国鉄かと思ったら、国鉄から業務を引き継いだ民営会社になっているとのこと。主な種別は高速線などを走るエウロスター・イタリア(ES)、国際列車のユーロシティ(EC)、特急にあたるインターシティ(IC)、急行のエスプレッソ(E)、普通電車のレジョナーレ(R)。ローマからナポリ、フィレンツェ、ミラノ、ベネチアなど多くの主要都市へ高速列車で行けるとのこと。しかもこの高速列車、トレニタリア以外の民間企業も最近参入、Italoなる列車を走らせているとのこと。日本だったらどっかの私鉄が新幹線を走らせているようなもんか。うーんやっぱヨーロッパは全然違う。。。

もちろんこんなバカ高い列車はバックパッカーにとってほとんど縁がないわけで、だいたいレジョナーレを使っててくてく進んでいくわけです。これならそこまでお金が飛ばないで済む。改札ない代わりに切符に日付を刻印しなければいけないのがめんどくさいけど。。。


時刻などはトレニタリア公式ページで検索できる。全列車の時刻や料金が載っているし、優等列車の予約もできるので便利ですYO!


047_20111204180412.jpg
ローマの中心駅テルミニ。そういや名古屋の地下街にテルミナってのがあったなあ。駅前には黒人と南アジア人の物売りがうようよいて雰囲気ぶち壊しw

ここからテルミニ駅で撮った写真をうp!


111_20130303130829.jpg



046_20130303130758.jpg



045_20130303130757.jpg


036_20130303130755.jpg



041 (3)
カラー的にドイツ国鉄っぽい


107_20130303130800.jpg



025_20111204180414.jpg



029_20111204180414.jpg



033_20130303125253.jpg
地下鉄ほどひどくないにしても、やっぱ日本じゃ考えられないなあこの落書き。。。



035_20111204180413.jpg



044_20111204180413.jpg



105_20111207185330.jpg





002_20111207054733.jpg
ローマからナポリへ向かう列車の車内にて。電車と車と飛行機のCO2排出量はこんなに違うらしいよ。




041 (2)
ボローニャ駅。5路線が集まる駅なのでひっきりなしに列車が到着。というわけでここでもたっぷり撮り鉄w



032_20111202051139.jpg
オール2階建て



035_20111202051907.jpg



037_20111202051906.jpg



050 (2)




002_20111202051142.jpg
トリエステ駅。冷戦時代は鉄のカーテンの最前線、今はスロベニアとの国境と隣接



012_20130303122447.jpg
さすが先進国イタリア、駅ナカビジネスもしっかりしております



009_20111202051141.jpg
エウロスターシティーのミラノ行き。東欧から来ると車両のデザイン・種類とか駅の規模とかのギャップがすごすぎる。。。



008_20130303122446.jpg



013_20130303122448.jpg




019_20130303132701.jpg
普通列車レジョナーレの車内。一番低いクラスの種別だけど十分快適!切符を刻印していないと容赦なく罰金食らうのでお気を付けを




021_20111202051141.jpg
トリエステからベネチアまでの車窓。うーんやっぱクロアチアとかモンテネグロからアドリア海見る方がきれいに見えるんだよなあ、だいたいイタリアってアドリア海のイメージないんだよなあ




026_20111202051140.jpg
セリエAのウディネーゼが本拠にしている町ウディネ





028_20130303132702.jpg
ベネチア・メストレ駅。ベネチアのターミナルはサンタルチア駅だけど、この駅はミラノ方面、ウディネ方面、トリエステ方面の路線が分岐する交通の要塞。関西の方はサンタルチア駅=阪急梅田、メストレ駅=十三とイメージしていただければよろしいかと

ベネチアにはほっとんど興味ナッシングだったので、駅ナカマックで昼飯食ってさっさとサンマリノ方面に向かったのでしたww



030_20111202051140.jpg




052_20111202051905.jpg
長友がいた町チェゼーナ




009_20130303125250.jpg
サンマリノの玄関口リミニ。やたら黒人さんと華人さん率が高かった覚えが



010_20130303125250.jpg
この列車トラムっぽいぞ





017_20130303125251.jpg
アンコナ駅。アンコナはアドリア海沿いの主要都市、クロアチアなどへフェリーが出ております



019_20111204174829.jpg
ローマ行きエウロスター。昔よくこの車両が鉄道関係の本に出てたから、自分の中でイタリアの特急列車といえばこの車両だった



021_20111204180415.jpg
車内




さてこの国では長距離列車にしろ地下鉄にしろ高い確率で物乞いや大道芸人が乗っていて、あの手この手でお金を催促してきてイタリア電車の風物詩(?)になっているのですが、

035_20111210074435.jpg
なんと2ヶ国語表記のメモを渡してきた。物乞いさんもバイリンガルじゃないと生きていけないシビアな世界!




038_20111210074435.jpg
フィレンツェ駅。フィレンツェもほとんど興味なっしんぐ&時間がなかっただったのでさっさとすっ飛ばしました



040_20111210074434.jpg
フィレンツェ駅構内、窓口がものすごい行列。。。

とにかくイタリアの駅窓口は長蛇の列になっていることが多かった。この理由を個人的に考察したところ、

「券売機はあるけど頻繁に故障する」
      ×
「イタリア人はあまり券売機使わない、使っても操作方法がよく分からんので一人当たり3分ぐらい時間かかる」
      ×
「ゆえにみんな窓口に殺到」
      ×
「でも駅員がやる気ないのかあまり窓口空いてない」

という結果が出た。うーん突っ込みどころ満載。

このときレジョナーレだけでローマからミラノへ向かっていたけど、フィレンツェではお金を入れるとフリーズするポンコツ券売機のせいでまず電車に乗り遅れ、さらにボローニャの券売機でも「切符をプリントする準備ができてない」とかなんとかで電車に乗れず、結局その日じゅうに着けないことが分かったため高いお金払って泣く泣くインターシティに乗ったのでした。こんな悲劇を経験しないためにも、切符を持ってなければできるだけ早めに駅に着きませう。




177.jpg
そんなドタバタ劇を乗り越えて到着したミラノ中央駅




050_20111211224751.jpg
うーん重厚すぎる駅構内



180_20111212061929.jpg
フランス国境に近いのでTGVが乗り入れ



182_20130303130828.jpg



読んでくださった皆さんお疲れさんっした。鉄道特集はこれを最後にちょっと中断に入ります。

«  | ホーム |  »

プロフィール

takumi

Author:takumi
関西の某外大を卒業して日本社会の荒波へ、しかしまだまだ旅中毒末期患者。モラトリアム期間をなんとかして延長したい。。。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
旅行準備・スケジュール (36)
移動安宿ビザ等国別情報目次 (1)
日本/原付ツーリング (10)
日本/鉄道の旅 (8)
日本/その他 (28)
韓国 (13)
中国 (34)
香港 (3)
マカオ (2)
台湾 (6)
フィリピン (2)
ベトナム (3)
カンボジア (3)
ラオス (6)
タイ (2)
マレーシア (7)
シンガポール (2)
インドネシア (2)
バングラデシュ (7)
インド (4)
ブータン (8)
ネパール (4)
パキスタン (10)
キルギス (22)
カザフスタン (11)
ウズベキスタン (21)
トルクメニスタン (6)
タジキスタン (19)
アフガニスタン (5)
イラン (27)
アルメニア (7)
グルジア (7)
イラク領クルディスタン (11)
アラブ首長国連邦 (5)
ヨルダン (5)
イスラエル (8)
パレスチナ (2)
トルコ (25)
フランス (10)
スペイン (13)
ポルトガル (4)
イタリア (15)
バチカン (1)
サンマリノ (3)
ギリシャ (11)
スイス (2)
ベルギー (6)
ドイツ (3)
チェコ (2)
ハンガリー (5)
スロベニア (7)
クロアチア (6)
ボスニア・ヘルツェゴビナ (4)
セルビア (9)
モンテネグロ (6)
コソボ (7)
マケドニア (6)
アルバニア (9)
ブルガリア (8)
ルーマニア (14)
ウクライナ (2)
チュニジア (5)
アルジェリア (8)
モロッコ (18)
西サハラ (1)
エチオピア (26)
ジブチ (6)
ソマリランド (8)
モーリタニア (11)
セネガル (4)
マリ (12)
カナダ (2)
米国 (2)
メキシコ (2)
キューバ (2)
米領プエルトリコ (1)
ペルー (9)
ボリビア (10)
アルゼンチン (18)
チリ (9)
オーストラリア (2)
ニュージーランド (2)
パプアニューギニア (3)
ソロモン諸島 (4)
バヌアツ (6)
総集編 (18)
訪問国とルート (7)
観光に役立つリンク集、用語集 (3)
世界のサッカー (20)
スタンプ、ビザ (7)
世界の鉄道 (17)
世界のお金 (9)
パクチー栽培日記 (1)
ロシア (2)

 

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

 

FC2カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR