FC2 Blog Ranking

2017-11

Latest Entries

サッカー×18きっぷ鉄道旅、初春信州紀行。

3/28 東京都/船堀 →(都営地下鉄新宿線)→ 岩本町/秋葉原 →(JR京浜東北線・高崎線・信越本線)→ 群馬県/横川 →(JRバス)→ 長野県/軽井沢 →(JR小海線・中央本線・篠ノ井線)→ 松本 →(JR篠ノ井線・中央本線)→ 山梨県/塩山 甲州市泊

3/29 塩山 →(JR中央本線)→ 東京都/高尾 →(京王線・都営新宿線)→ 船堀


ごぶさたになっておりました、青春18きっぷde鉄道旅です。

今回のメインはJリーグ松本山雅観戦。このクラブの特異性についてはあえてここでは触れないけど、他サポながらJ2時代からずーーーっと気になってたクラブでありました。

晴れてJ1昇格おめでとう記念てことでさっそくホーム観戦計画を立てるも、中央高速バスて意外と高くつくのね。もちろん特急あずさはそれ以上。つーことで必然的に18きっぷの出番であります。
中央線単純往復もつまんねーから、ついでに碓氷峠やら小海線やら乗ってみるべ、ということで始発から終電まで乗りつくす日帰り鉄道旅プランのできあがり。
18きっぷは新橋の金券ショップで調達、残り1日分で3500円でした。


都営新宿線、京浜東北、高崎線と乗り継いで群馬県。なんだかんだで10年以上御無沙汰だったグンマー訪問。


004_201504261243081ea.jpg



007_2015042612431144b.jpg
ヘンな形の妙義山


で、信越本線で横川。つーかこの区間信も越も通ってないのにまだこの名前使ってるのどうなのよ。。
ご存知の方はもはや説明不要だけど、ここから軽井沢までは代行バス乗車。物心付いたころにはもう長野新幹線が通っていたし、もちろん横軽に乗ったことはないけど、やっぱ昔からのバリバリの鉄っちゃんにはここに来たら感じるものがあるんでしょう。


009_201504261243171e1.jpg



011_20150426124314416.jpg

代行バスに乗ると、ほとんど観光バス化しててクリビツ。中山道から続くこの峠の歴史の説明をテープでずっと流してくれていた。たしかに地元のお客さん皆無で18きっぱー率ほぼ100%(といっても乗客十数人だけだったけど)だったし。まー群馬県と長野県で人の行き来は確かにそれほどでもなさそうだし、軽井沢とかそのへんの方は新幹線か車で一気に東京まで出ちゃうんでしょう。このバス、観光客(というか18きっぱー)に依存しまくってるようで大丈夫なのか?・・・と余計な心配w


そんなわけで、やっぱり10年以上御無沙汰してた軽井沢。

014_20150426124315255.jpg

中途半端なシーズンかつ朝っぱらなので駅も駅前もガラーンとしてるので長いはしません。まあ正直こんなリゾート地は18きっぱーにふさわしい土地じゃないしね!
でも新幹線駅の電光掲示板で金沢行きって文字を見たときの猛烈な違和感。。


017_20150426125841e5b.jpg
しなの鉄道



019_20150426125843855.jpg
浅間山



020 (2)
浅間山その2


小諸で小海線に乗り換え。昔清里らへんをほんのちょっと乗ったことあるけど、こちらも思いっきり観光路線化。もともと鉄っちゃんの間では有名な路線だったけど、今はなんかJRが本気でプッシュしてる感があります。


021 (2)
いっちょ前にハイブリッド車両。世界初だそうな


023_20150426125848d40.jpg


といっても今はシーズンオフだしよゆーよゆー、と思ってるとそれなりに観光客がいるようで、野辺山からは大盛況。


025_2015042613062964c.jpg




027 (2)




030 (2)




032_20150426130633494.jpg




034_20150426130635d01.jpg


八ヶ岳だけじゃなく、小淵沢直前では富士山まで見えた。やっぱりすばらすぃー小海線。


039 (2)


小淵沢で乗り継ぎ、やっとやっと目的地の松本に到着でございます。

043_2015042613081379b.jpg


045_20150426130816b8c.jpg
今まで食べた親子丼の中で一番うまかった気がする


さて、では山雅の本拠地アルウィンへ参りませう。
松本駅からの無料シャトルバスを利用。17時キックオフなのに11時から出てるらしい。。
バス乗り場に着いたのは14時半ごろだったけど、すでに満員で一本見送る。噂どおり動員すごそうな予感。


048 (2)


スタジアムまで30分。山の景色がすばらしすぎる!まさに松本にふさわしいスタジアム。
規模自体は思ったより小さいけど、地方クラブならこれぐらいでちょうどいいのかも。でかくしすぎると見づらくなってしまうだろうし。でもこれからも山雅人気が続くとキャパ足りなくなるかもなあ。

051_20150426130818c67.jpg



052_2015043000365894f.jpg



056_2015043000370532c.jpg




054_20150430003702790.jpg


今回のゲームはナビスコカップのFC東京戦。松本はもちろん、FC東京も初観戦。山雅サポだけでなくF東サポもわんさか来ており、ほぼ満員状態。あとで知ったけどこのゲームの観客数は約1万3000人だそうで、現在(2015年4月)でもナビスコカップの試合で観客動員トップなのだそうな。でもほんとはリーグ戦のときに来たかったけど。。


それにしても山雅サポ、噂どおりかなりの熱狂度。チャントはかっこいいし選手別チャントもかなり凝っている。山雅劇場ってワードをときどき聞くけどこの目で実感。これで試合に勝ったらそりゃリピーター増えるよなあ。

この試合でも隣にいたカップルが初観戦だったようで、どんどん山雅劇場にのめりこんでいくのがびしびし分かった。ああこのカップルも熱狂山雅サポの一員になっていくんだろーな。Jリーグの理念、地域密着という言葉がここまで似合うクラブもなかなかないだろうし、こんなクラブが活躍することは間違いなく日本サッカー界でプラスになることだと思う。特に最近国際大会での敗退とか、代表監督後退とかあまりよろしくないニュースが続いているこのご時勢では。


063_201504300043283d5.jpg




064_20150430004333202.jpg




068_201504300043372b5.jpg




070_20150430004335fbb.jpg


試合は1-1の引き分け。前田はもちろん知ってたけど、GKの榎本もFC東京に移籍してたのね。この日初めて知ったわw


結局「なんでこんな地方都市の地方クラブに熱狂サポがいっぱいいるのか?」っていう疑問は解消できなかったけど、スタジアムの雰囲気に大満足。さあ東京に帰るべ!


・・・が、ここからtakumiの旅の恒例行事、失態トラブルの連続。帰りは約1時間弱かけてJR村井駅まで歩き、普通電車の終電に乗る計画だったけど、出発5分で真っ暗な工業団地内で迷子!

しゃーないので普通電車で帰ることをあきらめ、松本駅までバスで戻って特急あずさの終電で帰ろうとするも、バス乗り場までの行列が長すぎてたどり着かない!

しゃーないので特急あずさをあきらめ、高速道路のバス停まで歩いて中央高速バスで帰ろうとするも、ふつーに考えてここ始発じゃないし空席なかったら乗れないよね?と思って電話で確認したら今晩の東京行きのバスは予約いっぱいで乗れましぇんとの返事!あ、そういえばF東サポわんさかいたもんな!


・・・とやらかし3連発で完全どん詰まり状態。最後のほうはヤケクソで、持ってきた地図にマジックで「東  京」と書いてエマージェンシー的ヒッチハイクを試みるももちろん不発。
18きっぷは一日分しか持ってないので、金銭的にここで一泊はどうしても避けねば。


で、結局スタジアムから1時間以上歩いたところでJR南松本駅を発見。もうこうなったら行けるとこまで行くべ、てことで流れのままに身を任せていると山梨県の塩山までたどり着く。本日はここで終了。
駅から歩いて20分のガストで3時まで時間を潰し、あとは駅構内でひたすら耐えまくり、始発で出発。高尾で京王線に乗り換え、約28時間ぶりにようやく自宅へ帰還。


おれ社会人にもなって何やってんのさ、、、と猛烈な自己嫌悪には襲われますが、とりあえずなんとかなるもんですね。でも結局無駄な交通費1500円もかかってしまった。これ青春18きっぷ使った意味あったの??
てなわけで、久々の18きっぷ旅は非常にお粗末なかたちで終了。


※4月25日に松本山雅がJ1昇格後アルウィンで初勝利!サポの皆さんおめでとうございまする!



shinshu.jpg
スポンサーサイト

灼熱の大和路、寺めぐり旅。

何年かぶりの国内旅行記事です。といっても目的地は自宅から2時間ほどの奈良。クソ暑かったとある初夏の日に、2年前南米で会った方二人と行ってきました。夏暑くて冬寒いといえば京都が有名だけど、そういえば奈良も京都と似た地形なんだね。なんで昔の偉い人はこんな場所ばかりに都置いたんでしょ。


まずは法隆寺から。takumiの親は海外にほとんど行かない代わりにやたら寺に興味があったようで、takumiも幼少時からいろんな寺に連れまわされ、もとい、付いて行ったのでした。そんなわけで京都の街中の寺は中学時にしてほぼコンプリート。ここ法隆寺も2回目の訪問になります。


DSC09141.jpg
法隆寺駅。神戸方面からは阪神西九条からJRに乗り継ぐのが一番安いッス



法隆寺は言うまでもなく日本の、というか世界最古の木造建築物。世界遺産も日本で初めて登録された。にもかかわらず、奈良市内から離れているためかしばしば観光ルートから外されてしまうような。。。 駅から中途半端に遠く(徒歩20分)、バスも本数少ないから奈良市内への直通シャトルバスでもつくったらもっと観光客が来そうな気がするけど。
この日も日曜だったけど観光客はそんなにいなかった。その代わりに修学旅行生の多いこと多いこと。


DSC09145.jpg



DSC09152.jpg



DSC09158.jpg


法隆寺といえばこの落ち着いた色が似合っているけど、建てられた時はもっと鮮やかな赤色だったらしい。その復元模型がどっかに飾られてたけど、だいぶ印象が変わる。いきなり大陸系の寺に変わってしまった感じ。


DSC09169.jpg



DSC09170.jpg


それにしても、せっかくいろんな寺に行ってきたのにいまだに仏教知識が欠乏気味。観音?如来?なんすかそれ状態。今回もせっかく入り口でお坊さんが説明してくださったのに、クソ暑いのもあって完全に受け流しておりました。次回はちゃんと勉強してから来ます。たぶん。



DSC09164.jpg
元祖ゆるキャラせんとくん。ひこにゃんやくまモンとかの新興勢力にも負けずまだまだがんばっております


法隆寺から歩いてすぐのところに藤ノ木古墳なるものがあるらしいので、相変わらず灼熱の中もうひと踏ん張りして行ってみることに。


DSC09173.jpg


・・・ま、ほとんどの古墳なんてこんなもんです。古墳といえば大仙陵古墳とか高松塚古墳とか立派なやつをイメージしがちだけど、日本の古墳の9割ぐらいはこんな感じ、丘と区別がつかないようなもののはず。そういえばtakumiが通ってた三重県M市にある高校の近くにも古墳があったけど、やっぱり完全に公園の中のただの丘と化していた。
それにしてもこのベンチに座っているじーさん、この太陽殺人光線ガンガンのなかで座って何してるんだろか。ジモティーにしか感じられないいにしえの豪族パワーでもあんのかな?




次の目的地は薬師寺、ここは初訪問であります。法隆寺と違って駅から徒歩5分のすばらしアクセス、でもまだまだ奈良市中心部から中途半端に遠い。法隆寺からはバスで乗り換えなしで行けるけど、郡山でJRから近鉄に乗り換えたほうがコスパは断然よかったかな。しかもバスの値段が高く、一回乗るだけなのに一日乗車券の方が安かったというおまけ付きw



DSC09177.jpg
薬師寺入口にはこの鳥居。神仏習合ってやつですね



DSC09176.jpg


そういえば日本では仏像とかお地蔵さんによくお祈りするけど、あれも立派な神仏習合だよなあ。そもそも薬師寺自体天武天皇が皇后の病気回復を願って建てられた寺だし。一緒に来ていた方が仏教や中国に詳しい方だったからいろいろ聞いてみると、中国でも仏教と道教と融合したものが信仰されているらしい。韓国では儒教と融合してるんだろうなあ。東アジアのなんでもごちゃまぜ宗教観、恐るべし。でもこんな形態が結局一番平和に感じたりする。



DSC09181.jpg



DSC09182.jpg
相変わらずここも修学旅行生のわんさか



DSC09183.jpg
薬師寺といえばこの塔。修理しているのかうしろでゴチャゴチャしてるのが惜しい。。



DSC09184.jpg


法隆寺とは対照的にここは見事に色鮮やか。3月に行ったソウルの王宮を思い出したりする。



DSC09191.jpg
おまけ


というわけで、結局暑さと修学旅行生の多さしか印象に残らなかった寺めぐり旅は終了!せっかく関西に住んでいるんだし、これからもこんな場所にどんどん行ってみなくては。

四国3県をめぐる旅

世界一周旅行開始まで3カ月を切ったということで、タイトル変えてみました。NHKの某番組に似ている気がするのはたぶん気のせい。


この四国旅行は去年の春休みに部活の合間を縫って行ってきた。そういえば高知県っていったことなかったな、ついでに愛媛とか香川も回っとくか的な軽いノリでございます。徳島県はちょっとかすめただけ。徳島って鉄道で行ける観光地ってあんまないもんね…。祖谷のかずら橋とか鳴門の渦潮とか剣山とか。。。


2010年
3/8 兵庫県/垂水 →(JR山陽線)→ 岡山県/岡山 →(JR瀬戸大橋線)→ 香川県/多度津 →(JR特急南風)→ 高知県/御免 →(JR土讃線)→ 高知/高知駅前 →(土佐電鉄)→ 蓮池通 高知泊

3/9 堀詰 →(高知県交通バス)→ 桂浜 →(高知県交通バス)→ 桟橋通5 →(土佐電鉄)→ 高知駅前/高知 →(JR土讃線)→ 窪川 →(JR予土線・予讃線)→ 愛媛県/松山/松山駅前→(伊予鉄道)→ 道後温泉 →(伊予鉄道)→ 松山駅前 松山泊

3/10 大手町 →(伊予鉄道)→ 松山市 →(伊予鉄道)→ 松山駅前/松山 →(JR特急しおかぜ)→ 伊予北条 →(JR予讃線)→ 香川県/高松/高松港 →(宇高フェリー)→ 岡山県/宇野港/宇野 →(JR宇野線・山陽線)→ 倉敷 … 倉敷市 →(水島臨海鉄道)→ 水島 … 三菱自工前 →(水島臨海鉄道)→ 倉敷市 … 倉敷 →(JR山陽線)→ 兵庫県/垂水  



午前部活からの午後出発。普通列車だけでは半日で高知までたどり着けないので、途中で特急を利用。四国に入ったぐらいから雨が降ってきた。さすが旅行のときだけ雨男。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
徳島県・阿波池田の町。写真中央には吉野川。


高知には7時ごろ着いた。路面電車で本日のお宿まで移動。やっぱ路面電車がある町ってイメージいいっすね。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
時期が時期ってことで、町のあちこちに福山雅治。


で、さっそくカツオ食べに行った。最初「明神丸」へ、満席だったので姉妹店の居酒屋「漁師酒場明神」へ。タタキももちろんだけど、カツオの内臓の塩辛、酒盗ってのがめちゃくちゃうまい!ご飯何杯でも行けた。昔高知を治めてた殿さんが酒のつまみとしてこれを食べたときに、うますぎて酒を盗みたくなるほどだった、てのが由来とか。というか居酒屋に来たのに酒を一滴も飲まずに料理ばっか食べてたから、店の人に変に思われたかも。。。

お通しのカツオウインナー+タタキ+酒盗+白メシで1660円。奮発した~。


高知の町の中心にあるのがこの「はりまや橋」。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
江戸時代の商人の播磨屋さんが作ったんだって。それはいいとして、ここは札幌の時計台とともに三大ガッカリ名所の一つらしいです。残りの一つは諸説あるけど、個人的には姫路城を推したい。姫路城ファンのみなさんすいません。でもどうしてもあれが世界遺産に見えなかったんですw


高知に話を戻して。コンビニをのぞいてたらこんなもの発見。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
「スーパーごっくん 馬路村」。おそらく高知県限定ドリンク。


何だこれ?カツオのエキスでも入ってるのか?いや、普通のゆずジュースでした。


馬路村は高知県東部にある村。スギだったかヒノキだったかの美林で有名なのは知ってたが、こんなのもあったとは。コンビニってどこも同じ商品が並んでいる感じがするけど、こんなのがあったりするのね。


2日目。バスに乗って桂浜まで往復!


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
路面電車「ごめん」行き。鉄っちゃんの間では超有名なネタ。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
やっぱ定番のコレ。竜馬さんとのツーショットを撮ろうと思ったけど、予想外にデカイ。。。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
後ろにあるクレーンがねえ、風情ぶち壊しというか…



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
高知駅。けっこうおnew。列車が来るときに流れる曲はまさかの「アンパンマンマーチ」。


高知から普通列車で一気に西へ。四万十町の窪川という駅で下車。


とりあえず町役場に行ったら勧められたうなぎ屋でうな重を食べ(店のおばちゃんの訛りがネタ級にすごかった)、町を散策。って言っても小さい町なのですぐに一周できる。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
スーパーで発見、「ウツボのたたき」。唐揚げなら地元で食べたことあるが、その数段上を行ってますな。

にしても旅行先でスーパーに行ったら掘り出しもんがあって楽しい。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
「日本最後の清流」、四万十川。でもこのどこが清流やねん。夏の晴れた日とかに行ったらまた違うんだろな~



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
四万十川名物、沈下橋。川に沈むこと前提で作られているから欄干がない。


JR予土線で四万十川沿いをたどり、いつの間にか愛媛県に突入!宇和島で予讃線に乗り換え。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
ミカン畑の向こうに宇和海、いかにも愛媛って感じ。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
大洲市~伊予市周辺は、海と夕焼けがきれいな路線として人気。でも曇っていた。。。


愛媛の県都松山に到着。ここも路面電車が走っていてしかも使いやすい。そいつに乗って道後温泉へ。日本三大古泉の一つで、3000年もの歴史があるとか。正岡子規とか夏目漱石も行ったらしい。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
入浴の前に腹ごしらえ。道後温泉おいでん家の、伊予名物「鯛めし」1100円。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
あの「千と千尋」のモデルになった(らしい)、道後温泉本館。


ゆっくり温泉に入って、宿に入って就寝。


3日目は路面電車の撮影からスタート。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
実は日本でここだけしかない、路面電車×普通の電車の平面交差。どちらも伊予鉄道っていう鉄道会社。


で、撮影に時間をかけ過ぎて予定の電車に乗り遅れるっていう大失態。しゃあないのでそのあとに出る特急で追いかける。こうして特急の追加料金千何百円が飛んでった。

ひと駅で普通電車に追いついて乗り換え。再び香川県を目指す。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
四国の名峰、石鎚山には雪が積もっていた。



そんなわけで高松に到着。いきなりさぬきうどんを2軒はしごする。

最初は電車で岡山に戻るつもりだったけど、行きと同じになってまうのでフェリーを使ってみる。1時間強で岡山県・宇野港へ。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
やっと雲が薄くなってきた。


宇野からはJRで岡山→姫路→神戸っていうルートで一発で帰れるけど、何を思ったか逆方向の倉敷へ移動。さらに倉敷から水島臨海鉄道というローカル私鉄に乗ってみる。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
キハ200形。JRで引退したのを買い取った。こいつに乗るのが主な目的だったり。



コンビナート地帯を延々と行くだけで別に車窓から面白そうな景色は見えなかった。まあ当然か。終点まで行ったあとすぐに倉敷に戻る。


今度は寄り道せずに倉敷から速攻で帰宅っと。

東北吹雪まみれ紀行 後編


~前回のあらすじ~

去年のセンター試験休みを利用して真冬の東北へと出陣したtakumi!しかし予想以上の大雪とそれに伴うダイヤの乱れがその身に降りかかる…

はたして予定通り旅を続けることができるのか!?



3日目は秋田からスタート。まだ薄暗い中を日本海沿いに北上。


秋田美人、秋田美人って言われてるから、どんだけ美人多いんじゃろって思って電車の中で注意してみてたけど、残念ながらそこまで。。。なことが判明。あとで考えると青森県の方がレベル高かったよな気がした。というかこんなことここに書いていいんだろか。


東能代から五能線に乗り換え。この路線は高い人気を誇る絶景シーサイドビュー的な路線ということです。「リゾートしらかみ」なる観光列車も運転されてるけど、好みじゃないのでフツーの鈍行列車に乗る。この「しらかみ」ってのは世界遺産の白神山地のこと。


確かに思いっきり海のそばを通る。荒波がバッシャンバッシャンきて迫力満点!しかも雪の景色との相乗効果でもうすばらしいいい!


takumiの日本&海外ぶらぶら日記


takumiの日本&海外ぶらぶら日記


takumiの日本&海外ぶらぶら日記

ぜひ秋田青森にお越しの際はこの路線にお乗りください。全線乗りとおすのに1日がかりだけどその価値大ありです。しかも「リゾートしらかみ」には津軽三味線の生演奏とかもあるそうで。まあこの「ザ・観光列車」感が好みが分かれるかなあ。。。


昼ごろに鰺ヶ沢という津軽の港町で下車。ここの公衆浴場(温泉)に行ってみる。

温泉のシャンプーで頭洗ってたら、40歳ぐらいのおっさんが近づいてきていきなり


「わ☆※??@$%!!」


と言ってきた。


何だこの人外国人か?と一瞬思ったあと、0.8秒ぐらいたってから気づいた。あ、そうか。これが噂の津軽弁ってやつか。。。

なんかこのシャンプーは温泉のじゃなくおっさんの所有物らしい、でおれが勝手につかってるから怒ってるんだろな、と雰囲気で判断し(なんで日本人同士なのに雰囲気で何言いたいか判断してるんだ。。。)、すみませんって言っておいた。


やっぱ津軽弁は外国語っていう一部の説は本当だったんやな、と身をもってわかりました。なかなか一旅行客が津軽弁で怒られるっていう経験はできないでしょうw



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
言葉の対立が起きた現場。(ただの温泉)



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
あまりに寒すぎて川まで凍るよ。


この後総合土産売り場的なとこで海鮮丼を食べた時に店員さんとしゃべったが、やっぱり訛り過ぎ。。。

(takumi「この海鮮丼ってのはなに入ってますか?」

店員さん「お刺身がたくさん載っているのでえ↑、いろいろ入ってますう↑」)



小さい港町にしてはなかなかショッキングな経験ができた鰺ヶ沢を後にする。途中岩木山が見える予定だったが、雪が列車の窓にこびりつきすぎて全く視界が利かず。


そして青森県の県庁所在地にして最大の都市、青森へ。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
函館から帰ってきた特急スーパー白鳥。JR北海道の車両を見たの初めて。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
逆に函館に向かう特急白鳥。

あ、そういえば最近新幹線がこの近くまで延びたんですね。。。北海道まであとちょっと。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
これ、間違いなく日本一有名な青森県の高校であろう。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
青森駅構内にガッキー登場!


吹雪がすごいことになってきたが駅の外に出てみる。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
きょええ。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
当旅行中ベストショット。


とりあえず港に出てみようとするも、雪に阻まれ続けて歩くこともままならぬ。駅前散策しただけなのにもうちょっとで遭難しかけた。


駅に戻ると、やっぱりというか当然というか予定の普通列車が遅延。やっと動いたと思ったら終点八戸ではなく途中の浅虫温泉で運転打ち切り。もう慣れてきたぞ。


この電車内でも男子高校生が友達と「青森さ戻るだ」とか会話してた。山形とか秋田の高校生は標準語っぽい言葉話してたのに。津軽弁ユーザーの年齢層恐るべし。


何とか後続の列車に乗り換え青森第2の都市八戸へ。ここでJRは途切れ、南下するルートは新幹線か、第三セクター青い森鉄道かになる。当然どっちも青春18きっぷは使えない。ここはコストパフォーマンスを考えて、新幹線で今日の宿泊地盛岡に行くことに。


盛岡は独自の麺文化が発展した町で、わんこそば、じゃじゃ麺、冷麺というご当地麺料理が存在。ここは駅前でじゃじゃ麺を選択。まあまあだった。まあまあ以外の言葉が出ないっていうこのボキャブラリー不足よ。せっかく旅行先でいろんなもん食べてるのに。

本日の宿も東横イン。



4日目。この日も朝早いが宿周辺をぶらつく。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
岩手県最大の河川、北上川。露出ミスって若干暗め。


JR東北本線でひたすら南下。するにつれて雪がどんどんなくなっていく。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
あの松島。横からちょっと見ただけ。



そして狙った通りお昼ごろ仙台に到着!


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
乗る必要性があまりなかったけどせっかくなので市営地下鉄に乗ってみる。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
仙台市が誇る分別キャラ?、ワケルくん。まあ我らが神戸市にもワケトンがおりますし、いつか分別キャラ祭りでもしてほしいですな。


当然というかベタというかミーハーというか、やっぱり牛タンを食べてみる。結構伝統店だと思われる「太助」で食事。この日の牛タンはホンジュラス産ということだった。でもうまかったからいいじゃないですか。


で、やっぱりベタというか定番というか、青葉城で伊達正宗の銅像を見てくる。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
仙台市内、雪少なくなってきた。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
こんな景色のいいとこにたっているとは思わなかった!


結局仙台市内の滞在時間は3時間。観光だけに絞ると2時間弱。ちょっとバタバタしすぎたかなあ。。。


さらにJRで南下。福島県に突入!


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
車窓から見る福島盆地。


福島県も初訪問の県でいろいろ行きたいとこがあったが、時間がないためスルー。とにかく南下、南下。。。

栃木、茨城、埼玉、そして東京。

新宿から小田急線で生田へ。この半年前もお世話になったM氏のお宅へ。


最終日はそのお宅からいったん東京駅へ、そして恒例のトレインウォッチング。さらに品川駅でも。

品川を昼2時ごろに出て、とにかく東海道線を西へ、西へ。静岡県の長さを痛感。。。

名古屋駅できしめんを食べてさらに西へ。なんやかんやで垂水に着いたのが翌日1時頃でした~。


てなわけで(この時点で)一人旅最長旅行となる3泊5日の旅が終了。冬の東北は「異世界」でした、完全に。

まだまだ東北に行ってみたいところがたくさんあります。三陸とか会津とか山形とか。できたら来年ぐらいに、もう一度旅行に行きたい。考えようによっては旅行は震災復興への応援にもなるだろうし。



東北吹雪まみれ紀行 前編

久々に鉄道旅行です。去年1月のセンター試験休みを利用して、何と東北に行って参りました。


どうもタイミングが激マズだったらしく、吹雪とそれによる列車の運転見合わせなんかでtakumi史上最高のドタバタ旅行となってしまいました。それはそれでおもろかったけど。


そもそも何でこんな時期に東北に行くねん?いや、だって東北行った事無かったし夏とかに行ってもあんまおもろなさそうだし。


2010年
1/13 兵庫県/垂水 →(JR神戸線)→ 大阪府/大阪 →(JR急行きたぐに)

1/14 (JR急行きたぐに)→ 新潟県/新潟糸魚川 →(JR北陸線)→ 直江津 →(北越急行)→ 越後湯沢 →(JR上越新幹線Maxとき)→ 新潟 →(JR特急いなほ)→ 山形県/酒田 →(JR羽越線)→ 秋田県/秋田

1/15 秋田 →(JR奥羽線)→ 東能代 →(JR五能線)→ 青森県/鰺ヶ沢 →(JR五能線・奥羽線)→ 青森 →(JR東北線)→ 八戸 →(JR東北新幹線はやて)→ 岩手県/盛岡

1/16 盛岡 →(JR東北線)→ 宮城県/仙台 →(JR仙石線)→ あおば通/仙台 →(市営地下鉄) 勾当台公園 →(市営バス)→ 青葉城 →(市営バス)→ 仙台 →(JR東北線)→ 栃木県/黒磯 →(JR宇都宮線・埼京線)→ 東京都/新宿 →(小田急線)→ 神奈川県/生田

1/17 生田 →(小田急線・メトロ)→ 東京都/二重橋前/東京 →(JR東海道線)→ 品川 →(JR東海道線)→ 滋賀県/米原 →(JR京都線・神戸線)→ 兵庫県/垂水

    

この旅行は夜行急行で出発。その名はきたぐに!こいつを使って一晩で一気に新潟を目指す作戦。あと夜行列車も初めてだしそれも期待。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
夜行急行という存在もこの車両自体も、かなり貴重。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
B寝台は3段ベッドになっております。


しかし急行のため、この区間は18きっぷを使えず別料金に。。。

乗車券+急行券+寝台券で15000円以上かかってしもた。18きっぷ5日分より高い。。。

まあまあそんなわけで次の日の朝車窓一面に広がっとるであろう雪景色を期待して眠りに…



で、翌日。どっかの駅で電車が止まっている・・・・?

窓を開けると。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
何じゃこれ。

見た事ねえぜこんな雪。


その後の車内放送でここは糸魚川(新潟県の西の端)、しかも雪で電車が立ち往生していることが判明。こりゃまずい。


本日の予定は朝8時ごろに新潟着、そのまま北上して秋田泊、てな感じだったがまず立ち往生している時点で午前中に新潟に着くのは無理と判断。

この急行より先に普通列車が発車するらしいのでそれに飛び乗る。そして上越市の直江津駅へ。


直江津についてもその先の電車が動いてなかった。このままでは今日中に秋田に着けなくなってまう!


そこで思いついたのが、海沿いルートをあきらめて、一旦内陸の越後湯沢に行き、新幹線で新潟を目指すルート。越後湯沢までの電車は何とかセーフだが新幹線が動いている保証はない。でも何も動かないよりマシじゃろ。


越後湯沢までに近づくにつれてどんどん積雪が増していった。でも思ったほど寒くなかったのが救いじゃ。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
越後湯沢駅


新潟までの新幹線も動いてたのでそれに飛び乗る。当然18きっぷは使えない。痛すぎる出費だけど仕方ないっつーの。

新潟に近づくにつれて晴れてきた。基本的に新潟県内は西に行くほど雪がすごくなるそうな。


新潟に着いたのは予定していた4時間後。新潟からは「特急いなほ」に乗り換え。秋田に行く前に山形県の酒田に寄ってみる。


この新潟/山形県境らへんの海岸が迫力満点だった!


takumiの日本&海外ぶらぶら日記


takumiの日本&海外ぶらぶら日記

しかし山形県に入ると今度は大吹雪。。。

徐行運転+酒田で運転打ち切り(本来は秋田まで)のおまけつき。

打ち切りは関係なかったが徐行運転は痛かった。おかげで酒田に着いたの40分遅れ。もうグチャグチャ。


というわけで酒田!初山形!初東北!ここは江戸時代は海運貿易の中継地点であり、昔のコメ倉庫なんかが残されている。あと「おしん」の舞台とか。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
大雪のニュースとかでよくこんなの見るよね。

あとバイクがチェーンはいてておもしろかった。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
倉庫に雪が降ってろまんちっくな感じに



takumiの日本&海外ぶらぶら日記


酒田から普通列車に乗って秋田へ。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
秋田駅。今回宿泊した東横インは秋田駅に併設してて便利でございました。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
秋田城。久保田城だったっけ?どっちでもいいや。


ついたの夜8時だったが駅前をふらふらする。夕メシは稲庭うどん。何か想像したのと違ったが(麺は細めだし、具はやたらたくさんあるし、味付けはセルフサービス)それはそれでよかった。それにしてもあんなクソ寒い中よく市内散策できたなあ。


前編はここまで。次回から青森県に入りやす。津軽弁ネタも満載!!



«  | ホーム |  »

プロフィール

takumi

Author:takumi
関西の某外大を卒業して日本社会の荒波へ、しかしまだまだ旅中毒末期患者。モラトリアム期間をなんとかして延長したい。。。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
旅行準備・スケジュール (36)
移動安宿ビザ等国別情報目次 (1)
日本/原付ツーリング (10)
日本/鉄道の旅 (8)
日本/その他 (28)
韓国 (13)
中国 (34)
香港 (3)
マカオ (2)
台湾 (6)
フィリピン (2)
ベトナム (3)
カンボジア (3)
ラオス (6)
タイ (2)
マレーシア (7)
シンガポール (2)
インドネシア (2)
バングラデシュ (7)
インド (4)
ブータン (8)
ネパール (4)
パキスタン (10)
キルギス (22)
カザフスタン (11)
ウズベキスタン (21)
トルクメニスタン (6)
タジキスタン (19)
アフガニスタン (5)
イラン (27)
アルメニア (7)
グルジア (7)
イラク領クルディスタン (11)
アラブ首長国連邦 (5)
ヨルダン (5)
イスラエル (8)
パレスチナ (2)
トルコ (25)
フランス (10)
スペイン (13)
ポルトガル (4)
イタリア (15)
バチカン (1)
サンマリノ (3)
ギリシャ (11)
スイス (2)
ベルギー (6)
ドイツ (3)
チェコ (2)
ハンガリー (5)
スロベニア (7)
クロアチア (6)
ボスニア・ヘルツェゴビナ (4)
セルビア (9)
モンテネグロ (6)
コソボ (7)
マケドニア (6)
アルバニア (9)
ブルガリア (8)
ルーマニア (14)
ウクライナ (2)
チュニジア (5)
アルジェリア (8)
モロッコ (18)
西サハラ (1)
エチオピア (26)
ジブチ (6)
ソマリランド (8)
モーリタニア (11)
セネガル (4)
マリ (12)
カナダ (2)
米国 (2)
メキシコ (2)
キューバ (2)
米領プエルトリコ (1)
ペルー (9)
ボリビア (10)
アルゼンチン (18)
チリ (9)
オーストラリア (2)
ニュージーランド (2)
パプアニューギニア (3)
ソロモン諸島 (4)
バヌアツ (6)
総集編 (18)
訪問国とルート (7)
観光に役立つリンク集、用語集 (3)
世界のサッカー (20)
スタンプ、ビザ (7)
世界の鉄道 (17)
世界のお金 (9)
パクチー栽培日記 (1)
ロシア (2)

 

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

 

FC2カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR