FC2 Blog Ranking

2017-11

Latest Entries

東京のお店紹介!クルド料理@十条。

今年はやたら海外渡航の機会が多いのですが、それに比例して(?)密かに民族料理屋もそれなりに行っておりました。
相変わらず更新がサボり気味のためなかなか紹介できておりませんが、ここだけは特集しておきたい。
クルド家庭料理メソポタミア

知人のお誘いで十条に降り立ったのは8月中旬のこと。初めて来たけど結構ディープでインターナショナルな場所柄なのね。

20170812_231811.jpg

メソポタミアのすぐ近くのパレスチナ料理屋


もともとトルコのクルド人エリアも今話題のイラク・クルディスタン自治区にも行ったことがあり、現地人の無償の愛に感謝感激でお気に入りになったエリア。期待しまくりんぐでお店にお邪魔したのだが、ここでまたしても感謝感激感動することになったのだ。


20170812_231241.jpg
懐かしの(そして最近テレビでよく見たw)クルディスタン国旗


20170812_202119.jpg
やっぱりケバブ系が中心


入ってみると隣のテーブルにクルドのお偉いさんっぽい十数名が先客としてテーブルに着いていた。よくよく話を聞くと、クルディスタン自治政府関係者ご一行が広島・長崎の式典出席のついでにここに来ているらしいのだ。なんちゅう偶然!
(現クルディスタン自治区内にはあのサダム・フセインに毒ガスで多くの住民が殺されたハラブジャという街があり、広島・長崎と同一視しているとのこと)

料理もそれなりに美味しいのだが、そんなのそっちのけでお偉いさんにご挨拶しに行く。教育大臣様やら、旅行時滞在したスレイマニヤやドゥカンの市長様やらがいらっしゃり大興奮。向こうも向こうで「なんでこの日本人うちの街に来たことあんだよ・・・」と半分困惑気味に歓迎してくれた。


20170812_213621.jpg
たしか真ん中がドゥカン市長、その右がスレイマニヤ市長

そのほか日本クルド友好協会の方々(日本人、クルド人両方)もいらっしゃり、日本とクルドの結びつきがこんなにあったのに驚く。川口や蕨にクルド人が多く住み「ワラビスタン」と呼ばれていることや、在東京トルコ大使館での在外選挙投票時にトルコ人とクルド人が乱闘してたのは知ってたけどこれはすごい。


20170812_204451_001.jpg
真ん中はなんとか大臣の甥で歯科医とのこと

我々も10名ほどのグループで来たので向こうも向こうで興味を持ったらしく、特にこの歯科医さんに「あんたらなんちゅうグループだ?」(いや、変わった料理好きで勝手に集まっただけです)、「日本に我々の独立を支援する組織を立ち上げてくれ」となんだかあらぬ方向に話が広がってしまう。

で、彼のおかげなのか何なのか、その数日後に見事現地の新聞に我々が載ったのだった。


20914483_10212088139291825_4283244293535233993_n.jpg

こんな有名人になったら東京在住トルコ人とかイラク人に見つかってフルボッコにされるやんけ!


とほんのちょっと心配になったのですが、いいお店だったので約1ヶ月後またまた訪問。しかも肉骨茶専門店、モロッコ料理のあとの三次会として。
あのときの印象が強かったのか、店員さん(トルコ側出身)は顔を覚えてくれていた。「ハサンケイフがさあ・・・」とか「マルディンがねえ・・・」とか日常会話ではなかなかできないトルコ・クルドエリアトークが楽しいw

夜も遅かったので、あまり作れる料理は多くないとのことでまかない風の裏メニューをいただく。

20170902_231824.jpg
裏メニューのケバブwithトマトソース


20170902_224511.jpg
トルコ名物蒸留酒ラクを注いでくれるイケメン店員


20170902_215458.jpg
デザート


「明日犠牲祭でこの辺のクルド人が集まってくるけど来る?」と店員さん。えーっ、これで行ったらこの1ヶ月で3回行くことになるんだけど。。


ちゃっかり行ってしまったw



20170903_204546.jpg
入ったら宴の真っ最中。歌あり踊りありシーシャありの大騒ぎ


我々には宴会の残り物が回されてきたのだけどそれでも美味いので無問題。というかトルコ旅の途中クルド人の街ディヤルバクルで食って以来6年ぶり2度目のチーキョフテが食えてまた感謝感激でした。


20170903_204041.jpg
見たまんま、「生の挽肉」を意味するチーキョフテ


20170903_211545.jpg
このケバブも残り物、でも旨かった


これ以来約1ヶ月以上ご無沙汰ですが、次行ったらまた何か起こりそうな気がする。今年最もアツかった民族料理屋でございました。
スポンサーサイト

謎のエアライン・ニューギニア航空搭乗レポート。

6/7 日本/成田 →(ニューギニア航空) 機中泊

夜の成田第2ターミナル。エミレーツやらカタールやらおなじみのエアラインに混じって、週に2日だけ異色のヤツが現れる。


IMG_8230.jpg


はい、今回お世話になるニューギニア航空です。
個人的には三大なぜ日本直行便があるのか謎なエアライン。あとはウズベキスタン航空とかエチオピア航空とかでしょうか。異論大歓迎!

今回のメインディスティネーション、バヌアツへの一般的なアクセスはニューカレドニア経由のエアカラン(こちらもそういえばよく日本、それも成田と関空の両方に飛んでるな、、)なのだが、ニューギニア航空のバヌアツ行きが増便されて乗り継ぎが良くなり、それにリア充感満ちあふれてるであろうニューカレ行きの飛行機に野郎一人で乗って、しかもそんなニューカレに乗り継ぎの関係上わざわざ泊まんないといけないってどんな罰ゲームじゃい、、てことで問答無用でニューギニア航空をチョイスしたのだった。こっちならついでにソロモン諸島にも寄れるし、野郎一人でも孤独感を感じずに済みそうだしね!


そのニューギニア航空、まず客層からして謎だったのだが一応メラネシアンっぽい方々もいるようだ。
謎は謎だけどまあ需要があるんだから飛ばしてるんでしょ、と早速機内に入ると、、やはりというかなんというか絶望的にお客が少ない。。
ざっと数えて20人ほど?

チェックインのとき、出発まであと1時間半もあるのにパスポート見せる前からカウンターのおねいさん(JALの方だった)に「takumi様ですねー」と呼ばれたので予想はしていたのだけど。。
一応去年から水曜発のみの週1運航から土曜発を加えた週2運航になったとは聞いてたけど、余計なお世話ながら本気で心配になってくるレベル。


そんなアレレなニューギニア航空ですが、


IMG_8231.jpg



IMG_8232.jpg



IMG_8233.jpg


パプア産ゴキブリ?が一匹カサカサしてきた以外はなんだかんだでマトモでございました。
3席占領して横になってたら知らぬ間にCAさんがブランケットかけてくれてたし、モニターは日本語対応で映画もちゃんとそろってるし。といってもメシ以外ずっと寝ていたので意味なかったのだけど。なんだか意外だがこのフライト、約6時間と東南アジア並みの所要時間でさっさと寝ないと寝不足必至なのだ。よくよく考えると、この写真の機内誌の地図通り日本からまーーーっすぐ南に行くとパプアにぶち当たるのだから距離が短いのは当然といえば当然なのだが、なんでだろうね?得体の知れない国に対する心理的な距離?

IMG_8235.jpg
機内食もイケル!シーフードとチキンからチョイス


時期が時期ならオーストラリア行きのリゾート客でにぎわってたかもだけど、今回の機内で目に付いた日本人はラバウルにダイビングに行くというオバサン4人組ぐらい(席が近かったけどコミュ障ゆえ話しかけることができず、会話を盗み聞きして知った)

そんなコミュ障だけど翌朝早々トランジットの空いた時間でタクシーをチャーターしてささっと観光というハードル高めのミッションが待っている!がんばれオレ!負けるなオレ!!

インド映画『pk』ついに日本上陸!

映画館なんて一昨年コルカタで行ったことを除くと高校生以来行ったことなかったのですが、つい先日やっと行く機会がありました。
まさにそのコルカタで見たインド映画『pk』を見るためです。1年半以上も経ってやっとやっと日本に上陸してくれました。


20161105_195231.jpg


ありとあらゆるジャンルがごちゃまぜのザ・インド映画に衝撃うけまくりんぐ、全takumiが泣いたこの映画。魔境のイメージしかなかったコルカタが実は(直前にさらに魔境のバングラデシュにいたこともあって)意外とフツーの街で拍子抜けしたけど、この映画だけはとにかく強烈な印象だった。
今年春に再訪したときももちろんエアインディア機内で鑑賞、しかもバラナシでDVD(英語版)まで買ってしまった。そんな思い入れの強い映画なのだから見逃すわけにはいきません。

当時の旅行記はコチラ


20161105_195247.jpg


20161105_194933.jpg
シネマカリテ(新宿)にて


自分のようなインド映画初めましての方も、ボリウッドを愛するリピーターの方も十分楽しめるはず。絶対損はしません、ぜひお近くの映画館へ!
見る前にさらっとインドの宗教観を予習しておいた方がさらに楽しめるはず。ネタバレになるのでこれ以上言えませんが。。


『pk』公式サイト→http://pk-movie.jp/

旅の始まりは東成田から。

2/11 日本/東京 →(京成線)→ 成田 →(ターキッシュエアラインズ) 機中泊


チュニジア・アルジェリア旅行記、お待たせして大変申し訳ありません。帰国はとっくにしておりましたが。。
しかもなぜか明日からインドに行くことになってしまいどんどん更新が遅れそうな予感!ほんと申し訳!


さて自宅から成田空港への通常ルートは、都営新宿線某駅から本八幡へ、そして京成本線。
しかし今回はスケジュールがぴったりだったので、ビミョーに安く行けるとちまたで噂の東成田ルートを使うことに。


ちまたで噂の東成田駅の寂れ具合はというと、、


rps20160305_023652_780.jpg




rps20160305_023758_264.jpg


うーんなかなか期待を裏切りまへんな。
下車したのは自分を含めて7,8人ぐらいだったけど、うち3人ぐらいは同じく駅構内を撮りまくってた気がする。。


rps20160305_023954_373.jpg



rps20160305_024038.jpg


rps20160305_024123.jpg
こんなとこに新規就航の広告出して誰見るんだよ・・・


第2ターミナルへはちゃんと案内もあって徒歩で行けるけど、

rps20160305_023844_860.jpg


今回はターキッシュエアラインズ利用なので第1ターミナル。シャトルバスで向かうことになる。
駅を出るときにゲートがあり、物々しい感じで警備員が2人立っていた。これ何しに来たのって怒られるんじゃねの?とおそるおそる通り抜けようとすると、、、

「こんばんは!!」

と陽気すぎる声で挨拶されて終了。


rps20160305_024204_414.jpg
20時半頃の東成田駅シャトルバス乗り場。やはり道を通るのはトラックや警察関係ばかり。。


前のバスは行ったばかりのようで寒さに震えながらバスを待ち、15分後に来たバスで第1ターミナルに向かいましたとさ。


さて、初ターキッシュエアラインズです。


IMG_1860.jpg
懐かしのエフェス


日本語の別版機内誌があるし、CAはなぜかハゲたおっさんばっかだったけど皆日本語話せてやたらフレンドリーだし機内食はうまいし最高であります。ここ最近近距離路線やLCCばっか乗ってたのでtakumiのエアライン評価は全く参考にならないけど。



IMG_1855.jpg



IMG_1856.jpg



IMG_1854.jpg
就航都市数ガ世界でナンバーワンのターキッシュ。
スタン系は制覇してるわアルジェリアだけで5都市に行ってるわ衝撃の路線網でした


IMG_1862.jpg
北キプロスアピールしすぎww

2015年冬伊勢神宮訪問さくっと写真集!

明けましておめでとうございます(遅っ)。
 
相変わらず更新頻度低めな当ブログですが、本年もよろしくお願い申し上げます。

さて年末のことですが(遅っ)、
三重県民として生まれてからこの20数年間行ったことなかった伊勢神宮に初めて行っておりました(遅っ)。

いちいち説明していたらどれだけページがあっても足りないだろうから、とりあえず写真を一気に投入。


20151229_075713.jpg
まずは外宮から



20151229_080714.jpg



20151229_082022.jpg



20151229_090651.jpg
時間があったので歩いて内宮へ。外宮とのちょうど中間にある倭姫宮にて、大正時代に創建の新しい神社



20151229_095646.jpg
近鉄五十鈴川駅近くの月読宮



20151229_095226.jpg



20151229_101410.jpg
みちひらきの神様、猿田彦神社。三重ナンバーの車はここのお守りつけてる率高いです。。



20151229_102919.jpg
外宮からふらふら歩いて2時間、やっと内宮


20151229_105102.jpg



20151229_111149.jpg



20151229_111547.jpg
この向こう岸に大型カメラがいくつも設置されてた。たぶんゆく年くる年用?



20151229_102706.jpg




20151229_113524.jpg




20151229_112517.jpg



20151229_152106.jpg
最後は伊勢市駅近くの月夜見宮に参拝して神宮めぐり終了


参拝前に一通りの知識を頭にささっと入れて向かったけど、この時点で知らなかったことだらけ。ほんとに三重県民やってていいのかしらおれ。まあ三重の中でも紀州民だし。。
で、行ってみてもやっぱり分からないことだらけ。これからはちゃんと日本のこともお勉強しまする。

«  | ホーム |  »

プロフィール

takumi

Author:takumi
関西の某外大を卒業して日本社会の荒波へ、しかしまだまだ旅中毒末期患者。モラトリアム期間をなんとかして延長したい。。。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
旅行準備・スケジュール (36)
移動安宿ビザ等国別情報目次 (1)
日本/原付ツーリング (10)
日本/鉄道の旅 (8)
日本/その他 (28)
韓国 (13)
中国 (34)
香港 (3)
マカオ (2)
台湾 (6)
フィリピン (2)
ベトナム (3)
カンボジア (3)
ラオス (6)
タイ (2)
マレーシア (7)
シンガポール (2)
インドネシア (2)
バングラデシュ (7)
インド (4)
ブータン (8)
ネパール (4)
パキスタン (10)
キルギス (22)
カザフスタン (11)
ウズベキスタン (21)
トルクメニスタン (6)
タジキスタン (19)
アフガニスタン (5)
イラン (27)
アルメニア (7)
グルジア (7)
イラク領クルディスタン (11)
アラブ首長国連邦 (5)
ヨルダン (5)
イスラエル (8)
パレスチナ (2)
トルコ (25)
フランス (10)
スペイン (13)
ポルトガル (4)
イタリア (15)
バチカン (1)
サンマリノ (3)
ギリシャ (11)
スイス (2)
ベルギー (6)
ドイツ (3)
チェコ (2)
ハンガリー (5)
スロベニア (7)
クロアチア (6)
ボスニア・ヘルツェゴビナ (4)
セルビア (9)
モンテネグロ (6)
コソボ (7)
マケドニア (6)
アルバニア (9)
ブルガリア (8)
ルーマニア (14)
ウクライナ (2)
チュニジア (5)
アルジェリア (8)
モロッコ (18)
西サハラ (1)
エチオピア (26)
ジブチ (6)
ソマリランド (8)
モーリタニア (11)
セネガル (4)
マリ (12)
カナダ (2)
米国 (2)
メキシコ (2)
キューバ (2)
米領プエルトリコ (1)
ペルー (9)
ボリビア (10)
アルゼンチン (18)
チリ (9)
オーストラリア (2)
ニュージーランド (2)
パプアニューギニア (3)
ソロモン諸島 (4)
バヌアツ (6)
総集編 (18)
訪問国とルート (7)
観光に役立つリンク集、用語集 (3)
世界のサッカー (20)
スタンプ、ビザ (7)
世界の鉄道 (17)
世界のお金 (9)
パクチー栽培日記 (1)
ロシア (2)

 

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

 

FC2カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR