FC2 Blog Ranking

2017-11

Latest Entries

ラオス情報!

ラオス。

5泊する予定が3泊だけして帰国してしまったけれども、ここでこれからラオスに旅行される方に役立つ(かもしれない)情報をいろいろのせたいと思います。といっても自分はラオスという国のほんの一部しか見ていないので、あまりあてにならないと思いますが…


※情報およびレートは2011年3月当時のもの



100キープ≒¥1


・移動情報
○日本―ラオス…直行便はなし。メインルートはタイ国際航空のバンコク経由かベトナム航空のハノイ経由。どちらもビエンチャン、ルアンパバンに便がある。バンコク経由の方が若干安いけど、ハノイ経由の方が時間がかからない(ほぼ直線コースなので。)中国南方航空が一番安いが、本数が少なすぎる。またラオス航空がインドシナ主要都市から飛ばしているので、東南アジアを周遊される方はそっちの方が便利かも。

○ビエンチャン―ルアンパバン…ラオス航空を利用。日本にも代理店があり、ネットから予約できるので便利。片道7000~8000円ぐらい。

・都市別情報
☆ビエンチャン(ヴィエンチャン) Vientiane
・安宿…チャンターゲストハウス:メインストリートのセーターティラート通りにある。部屋によって値段が違うが、100000~150000キープぐらい。ホットシャワー付きとついてない部屋がある。エアコンを使わないともう少し安くなる。ネットが使えないので不便かも。隣に日本人の方がやっているレストランが併設されていて、うどんや丼などが食べられる。

・市内交通…便利なのはトゥクトゥク。街のどこにでも停まっていて、外国人を見つけると呼びかけてくる。レンタサイクルやレンタルバイク屋もあちこちにあり、バイクはオートマで1日60000キープ、マニュアルだともう少し安い。免許なしでOK。

・食事…中心街にはwifi可能カフェが多い。夜には屋台も出没。


☆ルアンパバン(ルアンプラバン) Luang Prabang
・安宿…Phashoke Guesthouse ファーソーク・ゲストハウス:半島の付け根らへんの安宿街にある。地球の歩き方にのってないと思う。フリーwifi・ホットシャワー付きシングル$12、清潔でいい宿だった。

・食事…ナーン・ベー:ワット・ビスンナラート近くにある。麺類が充実していてなかなかよかった。日本語メニューもあり。



ではではHAVE A NICE TRIP!
スポンサーサイト

ルアンパバンとかハノイ空港とか


なんか今シリアがかなりメンドイことになってるようですね。北アフリカの民衆革命がスエズ運河とゴラン高原を一気に飛び越えてシリアまで飛び火したとかで。

シリアは世界一周旅行で絶対に訪れたい国の一つ。あまり日本にはなじみがないが、世界最古の街ダマスカス、大遺跡パルミラなど、魅力が多い国。うーん、この騒動が夏まで続いたらどうしようか。。。 シリアをスルーしてコーカサス諸国とかに時間を割こうかな…


3/16 ラオス/ルアンパバン →(ラオス航空)→ ベトナム/ハノイ空港 →(ベトナム航空)→ 日本/関空


ラオス最終日。まずはプーシーの丘というルアンパバンの町を見渡せる丘に向かう。「馬鹿と煙は高い所に登りたがる」っていうことわざか何かがあるが、takumiも高いところだいすき。街歩きだけでは見えてこないものが見えてくるのじゃ。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
画像中央は、あのメコン川。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
やっぱ田舎。前にこの街を「ラオスの京都」って説明したけど、街の規模が違いすぎる…


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
ルアンパバンのメインストリート。


首都ビエンチャンも寺が多い街だっが、ここはそれ以上に多い。ということでこれにてルアンパバンの寺めぐり開始。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
ワット・セーン。「サッカリン通りに面した寺院のなかでも比較的大規模な寺院。(中略)1714年、キサラート王の治世に建立されたもの。1930年と1957年には、ブッダ生誕2500年を記念して改修が施されている。」by地球の歩き方 ラオス 2010~2011年版


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
日本の寺では本堂の前におわすのは狛犬と決まっているけど、ラオスでは寺によって違うので見ていて楽しい。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
ワット・シェントーン。「半島部の突端に立つ、世界遺産ルアンパバーンを象徴する寺院。建立は1560年、セーターティラート王によるもの。その姿は、ラオスのすべての寺院の中で、最高の美しさを誇る。」by地球の歩き方 ラオス 2010~2011年版  地球の歩き方、べた褒め。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記


takumiの日本&海外ぶらぶら日記

takumiの日本&海外ぶらぶら日記
この直後に左の犬と右の犬が交○をおっぱじめたことはナイショ。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
只今建築中。この街では外国人観光客急増のためゲストハウスの新設が絶えないらしいので、これもそのたぐいの建物かもしれない。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
メコン川の支流にかけられた、竹でできた橋。なぜか通行料が50円ほどかかる。まあ渡ったところで何もなかったけど。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
出ましたメコン川。ビエンチャンでは河原がやたら広かったけど、ルアンパバンはそれよりも上流なので河原がほとんどなくなる。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
ワット・ビスンナラート。「一般には、本堂のワット・ビスンナラートとそれの正対する仏塔、タート・パトゥムを1つにまとめてワット・ビスンナラート(ワット・ビスン)、別名ワット・マークモー(すいか寺)と呼んでいる。ワット・ビスンは1512年、ビスンナート王の治世における建立で、当時は山から切り出された約4000本の木材を使い12本の柱の支えられた高さ30mにも及ぶ豪華な木造建築であった。」by地球の歩き方(ry コピペばっかでスミマセン。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
これがそのタート・パトゥムというものですね。確かにすいかを横に切ったように見える。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記

takumiの日本&海外ぶらぶら日記
こちら、現在のmixiのトップ画像になってますw



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
大体どこの寺も頭がいっぱいある竜がいらっしゃる。このようにお米を食べさせてもらってるやつも。





takumiの日本&海外ぶらぶら日記
お坊さんランチタイム中。許可を得たうえで撮影しました。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
続いてtakumiもランチタイム。「カオ・ソーイ」12000キープ≒120円。

カオ・ソーイはラオス北部の名物麺料理で、肉味噌がのっている。つまり坦々麺みたいな感じ。そしてもちろん葉っぱの盛り合わせも一緒にドサッ。

この店で客のにいちゃんとちょっとおしゃべり。ラオスの若い人は大体英語しゃべれるから話しやすい。


寺めぐり再開。
takumiの日本&海外ぶらぶら日記
ワット・マノーロム。ルアンパバンの中心からかなり離れたとこに来てしまった。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
この寺には、仏教の世界を描いた壁画が保存されている。うーん、色づかいが見事ですな。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
さらに歩いて小学校。ラオスの人はこちらからカメラを向けても、反応が薄いような気がする。やっぱり国民性が穏やかということか…。至る所で「カメラ持ってる?」と聞かれたウズベキスタンと比べたらなおさら。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
さらにさらに市場に来てしまった。この野菜、衛生的に大丈夫なんだろか…。ビエンチャンの市場と比べるとやっぱり品ぞろえとか賑やかさとか劣っているなあ。

これにてルアンパバン散策終了。あとは空港に向かうだけ。

空港までのトゥクトゥク は泊まっていたゲストハウスが手配してくれた。「街中のトゥクトゥクは空港まで40000とか50000キープかかるけど、ここで手配したら20000キープで済むよ」byゲストハウスの女主人。最後までいろいろありがとうございます。


雨かなんかでビエンチャン発の飛行機が1時間ぐらい遅れてしまったが、とりあえずさらばラオス。また時間があるときにでも行きたいです。
takumiの日本&海外ぶらぶら日記

そしてハノイ空港。行きも帰りも滑走路でLOTポーランド航空の機体を見かけたのだが、ベトナムからポーランドへの直行便って需要あるんかいな?(元)共産圏つながりとか?

時間があったらハノイの街に出て行きたかったが、飛行機が遅れたのと雨が降っているので行く気が失せた。ということで空港レストランでネットサーフィンする。壊れていたインターネットはちゃんと復旧してた。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
ベトナム航空オフィスでお食事券がもらえたので夕食はタダ。こちらベトナム名物麺料理フォー。味は悪くないけど、、、大衆食堂で食った方がうまい気がするなあ。。。


ところが、ところが、である。yahooとかmixiはつながるのに、facebookだけはどうしてもつながらない。ググってみるとベトナム政府がfacebookのアクセスを制限しているとか出てきた。まじかよおい。これ中国と同じじゃねーか。


で、レストランを出て土産ショップをのぞいたりとかしていると、今度は天井からいきなりネズミが落ちてきた。一応一国の首都の国際空港である。うーん、facebookといいネズミの件といい、ベトナムという国に対してあまりいい印象を持たないまま発つことになってしまった。


そういえば空港にやたらフランス人がいたなあ。旧宗主国だからなあ。


そんなわけでハノイ0:30発のベトナム航空夜行便にてベトナムを離れ、寝たのか寝てないのかよくわからないまま関西空港についた。


これにてtakumi3回目の海外旅行はドッタバッタな感じで終了した。また行かなきゃ、東南アジア。











さらに田舎へ

3/14 ラオス/ビエンチャン →(ラオス航空)→ ルアンパバン ルアンパバン泊


あまり気持ちが落ち着かないままラオス3日目。ビエンチャン13:20発のラオス航空でルアンパバンに行かねばならぬので、毎日通ったカフェに行って朝食兼ネット。


で、昼前に適当にトゥクトゥクをひろって空港に行く。言い値は6ドル。空港→市内はタクシーで7ドルだったからまあいいか。ラオス人の言う金額はなんか信用できる気がする。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
takumiトゥクトゥク初乗車!


ビエンチャン・ワッタイ国際空港。。。国際線ターミナルはまだましだけど国内線ターミナルは地方都市の駅のコンコースと広さがあまり変わらない。そんな田舎の国のしけた空港のしけたレストランでこんなもの発見。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
熊本県民の皆さん、お喜びください!


What an international city, KUMAMOTO!!


自分が食べたのはこれですが。
takumiの日本&海外ぶらぶら日記
薬味としてワサビのほかにトウガラシの輪切りがついてた。これがラオス風ざるそば?


そのビエンチャン・ワッタイ空港から例の小型機に乗ってルアンパバンに向かいます。どうもこのラオス航空、こんなやつしか保有してないらしい。これが成田とか関空に来るの見てみたいなあ。
takumiの日本&海外ぶらぶら日記


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
途中で経由した、ウドムサイという山中の町の空港。空港というか完全にJRの田舎の駅状態。


ルアンパバンは16世紀まで王国の首都だった、世界遺産の町。寺が多く、日本で言う京都みたいな場所か。ここにきて海外の新聞などで「今一番訪れたい場所」と紹介されるようになり、外国人観光客の増加にホテルの数が追いついていないとか。。。

そんな町に宿の予約を一切せずに来てしまったtakumi。


飛行機で一緒だったバンコク在住の日本人女性とタクシーで市内に向かうことになり、二人分のタクシー代を払っていただいた。ほんとありがとうございます。バンコクでは日本の民放が映るので、ずっと震災の情報を見ていたとおっしゃっていた。


町一番の繁華街っぽいとこでおろしてもらって宿探し。。。

ビエンチャンでは宿で無線LANやwifiが使えず、ネットするためにわざわざカフェに行く羽目になったので、今回はネット利用ができる宿を目標にする。


安宿街を歩きまくっていると、 free wifi と書かれている宿があった。12ドルで紅茶やコーヒーも無料で出してくれる。宿の女主人もいい人そう。というわけでここに即決。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
ビエンチャンのキティちゃんにしろ、このドラえもんにしろ、、、なんかうれしいけど。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
雨の中をお坊さんが歩いていく。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
ここルアンパバンでは、夜になると土産物屋を扱ったナイトマーケットが開催される。広い通りに500メートルくらいずらーっと並んだテントはなかなか見もの。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
売り歩きに来た子供。数珠みたいなのを2つ購入した。心の中で「ヘーイ、このアホそうな日本人からふんだくってやったぜ」とか思っているかもしれない。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
テントの中には布とか置物とか。。。大体どの店も品ぞろえは似ている。


ナイトマーケットを離れて夕飯を食いに行く。どうもこの町には夜開いている大衆食堂的なものは数少ないらしく、夕飯を取ろうと思ったら外国人向けカフェかラオス高級料理店でとなる。まあラオス最後の夜やしちょっと奮発するべってことで結構高級そうな店に行ってみた。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
赤米、豚肉のラープ(ミンチに香草を混ぜたもの)、パパイヤのサラダ。これが正統派ラオス料理という感じ。高級店といっても全部で44000キープ≒440円ぐらい。

ちなみに赤米は高級店であるという証らしい。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
屋台のクレープ屋さん。おばちゃんがバナナとかパインとかを包んで焼いてくれる。100円ぐらい。


それにしても本当にパソコン持ってきてよかった。ネット接続可の宿に泊まっていればなおさらそのありがたみが分かる。世界一周旅行でも大いに役立つんだろな、このパソコン。

ビエンチャンぶらぶら

長らく更新が滞ってしまい申し訳ありません。17日朝に帰国して、何とか気持ちも落ち着いてきました。そゆことで、東南アジアが誇る神秘の国かつど田舎の国ラオス紀行のブログを再開します。


3/14 ラオス/ビエンチャン ビエンチャン泊


本日のメインはレンタルバイクを使って原付ツーリングビエンチャン編をすることだったんですが、その前にちょちょっと朝の散歩。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
ゲストハウスのベランダから。国旗+すぐ真ん前が寺っていうロケーションがラオス的ムードをさらに盛り上げる。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
東南アジア名物、三輪タクシートゥクトゥク。道を歩いていると頻繁に運転手からお誘いの声がかかる。というか逆に言うと街中でトゥクトゥクの運転手ぐらいからしか声をかけられない。インドとかだと道を歩いているだけでいろんな人が付きまとってくるらしいが、そういう国とは対照的なんですな。あーインドに一回行きたい。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
メコン川、対岸が見えないくらいでかい川だと思っていたがそんなんじゃなかった。河原がやたら広いし。対岸はタイでございます。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
なかなかエキセントリックな仏さま。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
ここにきてやっと朝めし。その名もフー。米を使った麺料理で、これがベトナムに行くとフォーになる。ラオス人の朝はこれがないと始まらないとか。

フー本体と一緒に葉っぱの盛り合わせ的なもんがどさっと置かれる。これをちぎってフーに入れるもよし、そのままかぶりついて葉っぱのナチュラルな味を楽しむもよし、さらにテーブルにあるチリソースとか塩とか醤油とかその他もろもろの調味料をフーに注ぐのもよし。ってのがちゃんとした食べ方らしい。

ここの食堂のテレビで震災のニュースがやっていて、見ていたら客のおっさんから声をかけられた。日本大丈夫?本当に残念だと(英語で)。この先、多くのラオス人からこのような言葉をかけていただいた。本当に感謝、感謝です。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
ふらふら歩いてたら市場に来てしまった。朝っぱらから外国の市場をのぞいてみるってほんと楽しい。というかこの、左にある謎の煮込み料理?スープ?一体なんなんじゃろ。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
ラオスは、ほほ笑みの国。ほら、マネキンだって。あ、ほほ笑んでないか


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
とある交差点。このカオス感がたまらない♡


「ちょちょっとした」朝の散歩がなんと3時間ぐらいに及んでしまいましたが、やっと本日のメイン。レンタルバイク屋さんでバイクを借りてきました。パスポートを預けるだけで、125ccオートマを貸してもらった(日本で言う原付二種ってやつ)。こんなバイク乗ったことねーよ。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
シートにキティちゃんww


右側通行でしかも一方通行だらけっていう環境に少し苦労しながらも、すぐに慣れる。周りの車もそんなに飛ばさないし。

というわけでビエンチャン随一の観光地、パトゥーサイ(凱旋門)とタート・ルアンに行ってみる。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
まあ凱旋門っていってもパリのあれと比べると…だけど。外国人だけでなく地方から観光に来たラオス人も絶対訪れるということです。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
凱旋門の上から。この規模で首都っていうのもなあ…


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
ビエンチャンでは道を歩けば寺に当たる。というかラオス全体に言えるかも。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
カイリキー的な感じの。ごめんなさい、仏様に失礼ですね。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
お堂でお坊さんがお経読んでいた。お堂の中には熱心にお経を聞いている人だけでなく、暑さでぐったりしている人、寝転んでいる人、犬、なかなかカオスな状況。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
黄金の塔、タート・ルアン。中に仏陀の骨が収められているとかで、国内外から信仰をあつめている。ミャンマーでいうパゴダみたいなもんか。

あーミャンマーも一回行きたいなあ。




そういえばこの街とにかく動物が多い。その話は聞いてたけど、予想をはるかに超える動物の数。てことでここでいきなりアニマルパラダイス特集!

takumiの日本&海外ぶらぶら日記
とある通りにて。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
寺の中で。2匹の犬がもう1匹を食い殺そうとしてます。ほかにもこんな場面を何回か見て、ラオスの犬は怒らせたら怖いと思いました。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記

takumiの日本&海外ぶらぶら日記
ほんとに犬が多い…



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
寺の中で牛飼ってます。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
仏像の後ろから猫が出てきた。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
お堂の中でお経を聞いている犬

このあと昼メシ兼ネットをしにカフェに行きました。

ネットで震災の情報を見ていると、以前にもまして状況が悪化し、問題が増えていることが分かりました。津波、原発、停電…。そして、このまま常に日本のことを気にして旅を続けるのなら、早めに帰国したほうがいいのではないかと思えてきました。確かにラオスはいいところだ。でも心から旅行を楽しめないなら、果たして旅を続ける意味があるのがどうかと…。


自分のe-ticketを見ると、「フライト変更無料で可」と書いてあった。これが決め手になり、その足でベトナム航空のオフィスに行き、日本にできるだけ早く帰国したい旨を伝えた。すると16日にルアンパバンを出る便が空いているということで、これで2日早く帰国できることになった。本当はビエンチャンから飛びたかったが、フライト変更できるのは日程だけで区間は変更できなかったから仕方なかった。


午後はビエンチャン郊外に足をのばすつもりだったけど、その気もなくなって結局ゲストハウスで寝ていた…


つづく。




猛烈な国際化、ラオス。

3/13 日本/関空 →(ベトナム航空)→ ベトナム/ハノイ  →(ラオス航空)→ ラオス/ビエンチャン ビエンチャン泊


自宅を6:30に出て関空へ。関空からベトナム航空945便でまずベトナムの首都ハノイへ向かう。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
泉州の朝日に燦然と輝くベトナム航空945便。

実はアシアナ以外の国際便乗るの初めてなんですね。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
瀬戸内海。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
長崎県らへん。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
機内食。和食選んだけど蟹とかイクラとかついてきてなかなかゴージャース。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
そろそろハノイ着きますYO!


ハノイ、やっぱり蒸し暑かった。日本でいうと6月ぐらい。トランジットで時間あったからカフェでネットしようとしたら、"Internet is broken."って言われてしまった・・・ しっかりしてくれ、ベトナム。

しゃあないから土産店のぞいたりとか台湾の団体旅行客の写真をとってあげたりとかしながら時間をつぶす。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
土産屋で売っていた、コブラ+サソリin地酒。コブラがサソリの尻尾をくわえているのがなかなかシュールでございます。

あとその台湾の団体さんとしゃべったときに、"From China?"と聞いたら"No!!Taiwan!!"と思いっきり否定されてしまった・・・やっぱ間違えられるの嫌なのかなあ。


で、ハノイからラオス航空に乗り継いでラオスの首都、ビエンチャンに向かうのだが、、、

ラオス航空は「小型機しかない」とか、「その機体がびっくりするほど小さい」とかいろんなうわさを聞いてひそかに楽しみにしとったんやけど、見事その期待にこたえてくれました。あと、ベトナム-ラオス間の便なのにベトナム人もラオス人もほとんど乗ってなかったw



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
機内の様子。いつも帰省で使っている近鉄特急の車内とあまり変わりません。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
ビエンチャンに到着。機体からおりててくてく歩いてイミグレーションに向かいます。


ビエンチャンのほうがハノイより暑かった。かなーりむしむしする。

空港を出て、タクシー捜してうろついてたら、タクシーはチケットカウンターで買うように言われた。空港から市内までの料金もきまってるし、これならぼられる心配ないね。よく聞く「空港を出た瞬間タクシー運転手が群がってきた」という話はラオスではまったく無縁です。結局三菱のデリカ7人乗りを一人で占領して市内へ向かった。ちなみに7ドルです。


あと途上国ほど車はよく飛ばすってのも聞いたことあるけど、これもラオスでは別。車もバイクもゆっくり流れてました。日本と同じかそれより遅いぐらい。それにしてもやっぱりバイク多いなあ・・


ラオスの車事情について。見た限り、今まで日本車が大多数を占めてきたけど、ここにきて韓国代表のヒュンダイも参戦してきたって感じです。なぜかホンダのストリームをよく見た。


さてラオスの首都ビエンチャンの一番の繁華街でタクシーを降りたが、とにかく思うのは白人が多いということ。道を歩いている人に限れば、間違いなくラオス人より白人が多い!!今ネットカフェでこれをかいとるけど、ここでも回りは欧米人ばかりです。完全アウェー状態。

これほんとに異常です。しかも彼ら道端の屋台でしゃべくりまくりながらメシ食っているからさらに目立つ。ラオスは東南アジアで一番田舎って聞いてたのに、なんというグローバリゼーション。


じゃあラオス人は家で引きこもってるのか。いや、いたいた。メコン川のほとりで多数のラオス人が涼んでおりました。


takumiの日本&海外ぶらぶら日記
いきなり話しかけてくれた、ビエンチャンのJK2人とDK。英語うまかった。日本語も「コンニチハ」「アリガトウ」「バカ」という単語だけ知ってた。勉強熱心でいいことです。



takumiの日本&海外ぶらぶら日記
ラオスの屋台メシ。ご飯、ソーセージ、春巻、地ビールのビアラーオ。これで25000キープ≒250円。ソーセージとか春巻は炭火で焼いて出してくれます。ラオス初ゴハンにしては上等でした。


«  | ホーム |  »

プロフィール

takumi

Author:takumi
関西の某外大を卒業して日本社会の荒波へ、しかしまだまだ旅中毒末期患者。モラトリアム期間をなんとかして延長したい。。。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
旅行準備・スケジュール (36)
移動安宿ビザ等国別情報目次 (1)
日本/原付ツーリング (10)
日本/鉄道の旅 (8)
日本/その他 (28)
韓国 (13)
中国 (34)
香港 (3)
マカオ (2)
台湾 (6)
フィリピン (2)
ベトナム (3)
カンボジア (3)
ラオス (6)
タイ (2)
マレーシア (7)
シンガポール (2)
インドネシア (2)
バングラデシュ (7)
インド (4)
ブータン (8)
ネパール (4)
パキスタン (10)
キルギス (22)
カザフスタン (11)
ウズベキスタン (21)
トルクメニスタン (6)
タジキスタン (19)
アフガニスタン (5)
イラン (27)
アルメニア (7)
グルジア (7)
イラク領クルディスタン (11)
アラブ首長国連邦 (5)
ヨルダン (5)
イスラエル (8)
パレスチナ (2)
トルコ (25)
フランス (10)
スペイン (13)
ポルトガル (4)
イタリア (15)
バチカン (1)
サンマリノ (3)
ギリシャ (11)
スイス (2)
ベルギー (6)
ドイツ (3)
チェコ (2)
ハンガリー (5)
スロベニア (7)
クロアチア (6)
ボスニア・ヘルツェゴビナ (4)
セルビア (9)
モンテネグロ (6)
コソボ (7)
マケドニア (6)
アルバニア (9)
ブルガリア (8)
ルーマニア (14)
ウクライナ (2)
チュニジア (5)
アルジェリア (8)
モロッコ (18)
西サハラ (1)
エチオピア (26)
ジブチ (6)
ソマリランド (8)
モーリタニア (11)
セネガル (4)
マリ (12)
カナダ (2)
米国 (2)
メキシコ (2)
キューバ (2)
米領プエルトリコ (1)
ペルー (9)
ボリビア (10)
アルゼンチン (18)
チリ (9)
オーストラリア (2)
ニュージーランド (2)
パプアニューギニア (3)
ソロモン諸島 (4)
バヌアツ (6)
総集編 (18)
訪問国とルート (7)
観光に役立つリンク集、用語集 (3)
世界のサッカー (20)
スタンプ、ビザ (7)
世界の鉄道 (17)
世界のお金 (9)
パクチー栽培日記 (1)
ロシア (2)

 

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

 

FC2カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR