FC2 Blog Ranking

2017-09

Latest Entries

スロベニア情報!

※情報は2011年12月当時のもの


・物価情報
ミネラルウォーター小€0.3、ジュース小€1ぐらい。プレスカヴィツァ(バルカン名物ハンバーグ)やケバブが€3ほど。


・移動情報
○ザグレブ(クロアチア)―リュブリャナ…列車が一日5本ほど。12:30発14:49着の列車を利用しました。101.8クーナ。

○リュブリャナ―ブレッド…鉄道とバス両方あるが、鉄道駅は湖から遠いのでバスを利用。バスターミナルは鉄道駅前にある。毎正時出発(土日は減便)、所要1時間強、往復で€12.3。往復で買うほうが安いが、行きと帰りは同じ会社のバスに乗らないといけない。

124_20111207064218.jpg
ブレッドバスターミナル時刻表。

○リュブリャナ―ポストイナ…南方面行き列車で途中下車。1時間に1~2本、所要1時間、€5.48。クロアチアのリエカからは一日1本、所要1時間45分。ポストイナ駅にはコインロッカーあり。駅から鍾乳洞まで徒歩30分。鍾乳洞はガイドツアーのみ。11月は10:00、12:00、15:00スタート。

084_20111207064219.jpg


085_20111207063722.jpg

086_20111207063722.jpg

087_20111207063722.jpg


088_20111207064219.jpg

089_20111207064218.jpg
リュブリャナ駅時刻表。国際線も。

○ポストイナ―プレジャマ(洞窟城)…オンシーズンには無料バスが運行。バスが運行していない時期はヒッチハイクかレンタサイクルで行くしかない。レンタサイクルは駅から中心街や鍾乳洞までの道沿いにあるホテルで貸し出していて、半日€9、一日€15。洞窟城の入場料は鍾乳洞とセットで買うと安い(学生€22.3)。

○ポストイナ―コペル…リュブリャナから来た列車に乗る。一日5本、所要1時間半、各停で6.6。コペル駅から旧市街まで徒歩15分ほど。

005_20111207064217.jpg
ポストイナ駅時刻表。

○コペル―ピラン…コペルバスターミナルは鉄道駅となり。バスが30分に1本運行。所要50分、€3.1。リュブリャナからの直通バスもあるようです。

○コペル―トリエステ(イタリア)…バスターミナルから、6:00、6:42(平日)、7:00(平日)、7:30、10:00、12:00(平日)、14:00、17:30発。日曜は全便運休。所要30分。€3。トリエステ駅前に着くので、そのまま列車でイタリア各都市に移動できます。


・都市別情報
☆コペル Koper
安宿…Hostel Historia ホステルヒストリア:町唯一の安宿。€15、wifi使用可。スタッフは夜になるといなくなる。旧市街にあり、場所がややこしいのでホステルサイトでも見てください。

食事…港のほうに行けば、そこそこ良いレストランがあります。イカのグリルが€8だった。

地図
koper.jpg
赤丸…ホステルヒストリア
青丸…コぺル駅、バスターミナル
緑丸…シーフードレストラン多い



ではではHAVE A NICE TRIP!
スポンサーサイト

「スロベニアのドブロヴニク」ピラン。

11/11 スロベニア/コペル →(Veoria ヴェオリア社バス)→ ピラン →(Veoria ヴェオリア社バス)→ コペル コペル泊



結論から申しますと、期待通りのすばらしい町でしたぜピラン。

コペルからだとバスで40分、€3.1。アドリア海沿いの道を通っていきます。


003_20111201065229.jpg
あ、これはコペルの。もっとコペりたかったなあ・・・



027_20111201065229.jpg



042_20111201065856.jpg
世界一海に近いサッカー場?w




051_20111201065228.jpg



060_20111201065227.jpg



063_20111201065227.jpg



066_20111201065226.jpg


青い青いアドリア海、高い尖塔の教会、トンネル、狭い路地裏、その上にひためく洗濯物。まさに求めていた町でした。


067_20111201065856.jpg



078_20111201065855.jpg
スカンピ(エビ)のリゾット、€9なり。。。

アドリア海沿岸の港町はほとんどリゾート地。600円ぐらいで海鮮丼が腹いっぱい食えるような漁師町ってないんすか。


083_20111201065855.jpg



102_20111201065854.jpg



103_20111201065854.jpg


ドブロヴニク、コトル、コペル、そしてピラン。アドリア海沿いの町はどうしてこんなに美しいのか・・・


114.jpg



122.jpg



131_20111201070442.jpg


トラピックス軍団はもちろん、目立った観光客がほとんどいないのも良かった。



136.jpg



143.jpg
岸壁にスロベニアンタコ男参上


147.jpg


本日は11月11日、言わずと知れたポッキーの日なのですが、サッカー国際Aマッチデーでもあります。
日本はタジキスタンにアウェーで快勝して最終予選進出を決めたのですが、ヨーロッパでも大事な試合があります。それはEURO予選のプレーオフ第1戦。

やっぱりどこかの試合を生中継で見たかったので、前日サッカーの試合を流しているか確かめたコペルのレストランに行ってみる。
すると思ったとおり、クロアチアvsトルコ戦inイスタンブールがやっていた!どうもクロアチアのテレビ局を流している様子。この町、クロアチアのすぐ近くだしね。
試合前には、「クロアチアはドイツW杯でヒディンク率いるオージーに負けた。今度こそヒディンクにリベンジを」的な特集をやってた。

じゃあみなさんクロアチアを応援してるんっすか。店員「ノー。アイサポートたあきい」
客もみんなトルコを応援しているらしい。スロベニアとクロアチアってそんなに仲悪かったっけ?

店員に「君はどっち?」と聞かれたので、ちょっと考えてから「Me too. このスタジアムに行ったことがあるからね」と答えておく。
ちなみにスロベニアはプレーオフすら進めず。


しかし開始すぐにクロアチアが先制。叫びまくる実況、静まり返るスタジアムとレストランw


見た感じ、本当にクロアチアが格上のようでした。国内リーグは低レベルなのになんで代表は強いのか分からないけど。
トルコは大観衆を味方につけながらも、攻撃はちぐはぐ。9月にtakumiの目の前でカザフスタン相手に後半ロスタイムに勝ち越しというヒヤヒヤ試合を演じ、予選最終節もホームでアゼルバイジャンに1-0と辛勝してプレーオフ進出。これは偶然じゃなく、ほんとの実力みたい。

結局その後クロアチアが2点を追加し、アウェーでまさかの大勝。とたんに不機嫌になるレストランの店員w

「なんでそんなにトルコ応援してたんすか」ってものすっごく聞きたかったけど、空気を読んでやめましたw

鍾乳洞、そして再びアドリア海へ。

11/10 スロベニア/リュブリャナ →(スロベニア鉄道普通)→ ポストイナ →(レンタサイクル)→ プレジャマ →(レンタサイクル)→  ポストイナ→(スロベニア鉄道普通)→ ピウカ →(代行バス)→ ディヴァチャ →(スロベニア鉄道普通)→ コペル コペル泊



本日はリュブリャナを発つ日。

最初はリュブリャナからバスでベネチアに行く予定でした。
が、何気なく歩き方を見ていたときのこと。


「地球の歩き方 中欧編」のスロベニアの章はとてもページ数が少ないです。これとは別に「スロベニア/クロアチア編」ってのがあるからでしょうかね。
ページ数が少ないので、町は3つしか取り上げられてません。首都リュブリャナ、湖のあるブレッド、そしてピラン。
このピランという町、アドリア海沿いにある小さな港町のようで、写真を見る感じ「スロベニアのドブロヴニク」的な雰囲気のよう。

アドリア海はtakumiが世界で一番好きな海。このままイタリアに行くのはもったいない、もっかいアドリア海に出てみましょうぜ!
ってことで、毎度のことながら急遽予定変更。

しかしこのピランという町に行くには、コペルというまあそれなりに大きい町を通るらしい。コペルについてもっと調べると、まあそれなりに安いホステルがあり、しかもこの町からイタリアの都市トリエステにバスが出ているらしい。

じゃあこのコペルっていう町を拠点にしてピランには日帰りで行けばいーじゃん!ということで、今日はリュブリャナからコペることに。


その前に、リュブリャナとコペルの間にあるポストイナという町で下車。この町は鍾乳洞で有名。というかこの国、鍾乳洞の数が6000ほどある鍾乳洞大国らしい。そういえば四国の高知県にも、龍河洞っていう鍾乳洞がありましてね・・・。行ったことないけど。


007_20111130222319.jpg
東欧の駅前にはよくSLが保存してある


鍾乳洞へは駅から歩いて20分ほど。小さい駅だけどちゃんとコインロッカーがあった。さすがスロベニア。


この国にはシュコツィヤン鍾乳洞という世界遺産に登録された場所がありますが、この鍾乳洞はそこよりも整備され、観光しやすい場所とのこと。ふつーの国なら鍾乳洞に遊歩道を作ってハイオシマイ、なんですが、

さすが観光大国まっしぐらのスロベニア、観光客はガイドツアーでないとは入れないようにしてある。めちゃくちゃ広いし、勝手にそこらじゅうに入りまくって迷子になったら困るしね。
takumiが行ったときはちょうど10時のガイドツアーが始まるとこでした。このツアー、今のようなオフシーズンは一日3回しか実施しないそうなので気をつけて。

もちろん日本語ツアーなんてありませんが、窓口で日本語のパンフレットをくれました。さすが観光大国まっしぐらのスロベニア、やることが違います。Google翻訳的ガチガチ直訳な部分があったけど許す。


まず入り口からトロッコでワアーッと走り、奥のほうを1時間ほど見てまたワアーッと戻ってきます。鍾乳洞内は一部を除いて写真撮影禁止だったので、写真はこれぐらいで。


011_20111130222319.jpg



015_20111130222318.jpg



016_20111130222318.jpg

英語ガイドの方が鍾乳石を指して「あれはスパゲッティ」「あれは結婚前のカップル、こっちは結婚後の」とかいろいろ説明してくれるけど、悲しいかなtakumiにはすべてチ○コにしか見えなかった。


そして3日連続でトラピックス軍団と鉢合わせ。せっかくなのでついていって日本語ガイドの説明でも聞こうかなあと思ったけど、最近のツアーってイヤホンでガイドさんの説明を聞くんですね。おかげで説明がほとんど聞き取られへんかったし。くそう。

でもでも日本語ガイドより英語ガイドの説明のほうが数段うまいんですね。ユーモアを交えて。さすが観光大国まっしぐらのスロベニア、観光客を楽しませようとする意気が十分感じられた。


ポストイナのもう一つの見所は、洞窟城というこれまた鍾乳洞関係のところ。厳密には郊外のプレジャマ村という場所にあり、インフォメーションによるとこの鍾乳洞から9kmもあるとのこと。そして現在はオフシーズンなのでバスが出ていないらしい。。。


「ヒッチハイクで行ったら?」とインフォのおばちゃま。そういやルーマニアでもインフォにヒッチ勧められたっけ・・・

この国ではヒッチハイクは一般的らしいので別にそれでも良かったのですが、レンタサイクルを借りれるという情報を得たのでチャリンコで行くことに。レンタサイクルは市内のホテルが副業としてやっていて、半日€9でした。高くね?


いつもいつも列車やバスで移動していると、車窓で「ココ、イイ!」という場所を見つけてもただ通過するのみ。だから自転車だと好きなときに止まれてなかなか便利。

まあチャリンコで世界旅行しようとは思わないけど。だったら原チャの方がいいや。


024_20111130222317.jpg



028_20111130222317.jpg


途中に出会った女の子も何も聞いてないのに道を教えてくれるし・・・ きついけどテンションあがりまっす!


035_20111130231911.jpg



062_20111130231909.jpg



040_20111130231910.jpg



050_20111130231910.jpg


入場料はポストイナ鍾乳洞と洞窟城とセットで学生€22.3。セットで買ったほうが安いです。

今度はハンガリー軍団と遭遇。その中の一人のおじーちゃんにチャリンコ姿と城をセットで撮ってくれるよう頼んだ。


060_20111130231909.jpg

・・・いやいや、ちゃんと城写してくれい。


悔しいので帰り道におうまさんと一緒に撮ってみた。

077_20111130231908.jpg

撮ってくれる人なんていないのでもちろんセルフタイマー。テイク10ぐらいかかったけどw



085_20111130232622.jpg



やっぱり地元の人も鍾乳洞が有名ってことを知ってるみたいで、

087_20111130232622.jpg

トイレに鍾乳石の落書きがあったりするんですねー。え、違う?



さてさて一気にアドリア海へと目指します。
途中代行バスで振替輸送するってことを乗客が教えてくれたりとか、その代行バスに乗るために駅を出るときに、出る人出る人がみんな後ろの人のためにドアを押さえてたりとか、他の人の荷物持ってあげたりとか、スロベニア人のモラルの高さがよく分かった移動でした。


そしてコペル。コペルニクスの生まれた町です。はい嘘です。
この町の人口は5万もないですが、国内の都市ベスト11に入っているので普通の市ではなく特別市という扱いになってます(政令指定都市みたいなの?)。これほんとです。

そんなに期待してなかったけど旧市街や港があっていい町です。やっぱ期待薄めで行ってみて予想外に良かったりすると感動するよね。


094_20111130232621.jpg



099_20111130232621.jpg


この町にホステルは一軒、その名はホステルヒストリア。一泊€15ですが、ピランまで行くと€17が最安なのでしゃあない。べらべら話しかけてばかりでほとんど自分の世界に入るのを許してくれないNY出身の六十なんぼのばーちゃんと同室でした。

期待通りの星3つです!ブレッド湖。

11/9 スロベニア/リュブリャナ →(Veoria ヴェオリア社バス)→ ブレッド →(Alpetour アルぺツアー社バス)→ リュブリャナ リュブリャナ泊



スロベニアの最大の見所といえばアルプスのほとりにあるブレッド湖。リュブリャナからバスで1時間強、日帰りも簡単にできます。
もりフーフさんはここに3泊もされたそうですが、オカネもないしだいたい一人ぼっちで行って楽しめるかどうか自信なかったので、わしは日帰りで行くことにしました。


ブレッド湖はスロベニア北部にある、山に囲まれた湖。四国の北の方にもいっぱい湖、というかため池があるけど、全然山に囲まれていない。


昨日につづいてリュブリャナは曇り。心配してたけど北に行くにつれて晴れてきた。



歩き方先生によるとバスターミナルの近くにいきなり城があるそうなので登ってみる。



いきなり湖がどおーん!!

006_20111130003244.jpg



008_20111130003244.jpg



009_20111130003243.jpg



012_20111130003243.jpg
ハロウィーンのやつ?もう過ぎてますぜ?



017_20111130003242.jpg




019_20111130003242.jpg


湖はもちろん、紅葉した林に囲まれた小さい村々もきれいですこと。


そしてこの城で2日連続でトラピックス軍団に鉢合わせ。
スロベニア、隣国クロアチアとともに日本のツアー業界の間でブームになってるみたいですね。で、おふらんすやおいたりーに飽きたご年配の方々が

「まあ、このスロベニアとかクロアチアとかいうちっちゃい国なんかおもしろそうでございますわよ。今度の休みで行ってみようかしら」


みたいなノリで押し寄せるわけですね。

まあいいや。


城をおりて湖周辺を散策。



教会もきれいだし・・・

031_20111130004837.jpg



034_20111130004836.jpg



水鳥は人なつっこいし・・・

043_20111130004831.jpg
近づいていくと逃げるどころか靴に噛み付いてきますw



ダンディーなシェフがいるし・・・

051_20111130004830.jpg



小さい町なのに中華料理屋があるし・・・

054_20111130004830.jpg



055_20111130004829.jpg
この国、多くの中国人の進出を許しているのか中華料理屋がやたら多いです!んでうまいっす!



クロアチアと同じく観光大国まっしぐらのスロベニア、ちゃんと湖を一周する遊歩道が整備されてます。ゆっくり歩いて3時間かからないくらいかな。

056_20111130005430.jpg



063_20111130005430.jpg



087_20111130005429.jpg
ブレッド湖でぶれたど湖

ぶれてても美しいんです!




089_20111130005428.jpg




105_20111130005428.jpg



あまりにも気持ちいいので途中ベンチでシエスタしてしまったw


108_20111130005940.jpg
オーストリア国境方面。実はアルプス山脈はスロベニアにもまたがっていて、この国ではユリアンアルプスと呼ばれています

そしてこの町はその登山基地になっているようで、でかい荷物を背負ったトレッキング客もちらほら。



116_20111130005940.jpg
こちらはイタリア国境方面。

この左のほうのとんがった山は国内最高峰のトリグラフ山だと思うけどなあ~。この山の標高は2864m、一方四国最高峰の石鎚山は1982m。

(たぶん)ここに写っているトリグラフ山、国旗やサッカースロベニア代表ユニに入っている。スロベニア人の心のふるさとといった感じでしょうか。アルメニア人にとってのアララト山みたいに。で、石鎚山は四国人の心のふるさとって言えるかなあ・・・ がんばって東予人の心のふるさとぐらいか。

アララト山はアルメニアにあるどころか完全にトルコ領だけど、トリグラフ山は完全にスロベニア領。堂々と自国の山って言えますね。



そろそろペンとノートを買いたかったのでショッピングセンターっぽいでかい建物に入ってみると、

なんとそこはアイスホッケー場。少年アイスホッケークラブの練習が終わったところらしく、少年少女がわらわら外に出てくるところでした。
さすが雪国、アイスホッケー人気は高そう。



帰りのバス、時間を間違えて乗ってはいけないバスに乗ってしまったみたいだけど

(往復でチケットを買ったので帰りのバスは行きと同じ会社のバスに乗らなければならない)

運ちゃんにチケットを見せてもほんのちょっとアレレ的な顔をしただけで何も言われなかったので、そのままリュブリャナに帰ってきてしまったw

General Information of Slovenia

Slovenia スロベニア    takumi21番目の訪問国(世界一周中18番目)


国旗
fslovenia.gif


正式名称 スロベニア共和国 Republic of Slovenia


首都 リュブリャナ(人口27万人)


5大都市 リュブリャナ、マリボル、ツェリェ、クラーニ、ヴェレニエ


面積 2万km2 (四国とほぼ同じ)


人口 203万人 (福島県とほぼ同じ)


民族 スロベニア人がほとんど


宗教 ローマ・カトリック


言語 スロベニア語


通貨 ユーロ(€) €1≒¥107 


時差 日本と-8時間(サマータイムあり)


ビザ 不要


第一印象 旧ユーゴで共産主義国なんだけどほとんどその臭いがない。西欧っぽい感じ。


面積は四国ほどの小さい国。このブログのスロベニア紀行でやたら四国を意識しているのはそのためですw
イタリアに接し、旧東側の国の中では最も西にあった国ということで、冷戦時から西欧と東欧の窓口みたいな役割を果たしていた。その影響で少し軍事衝突があっただけでユーゴスラビアから一抜けして独立。クロアチアやボスニアが流血の末独立を勝ち取ったのはそのあとのこと。EUにもとっくの昔に加盟、ユーロも導入しています。
四国は北は瀬戸内海、南は太平洋に囲まれた島ですが、この国は南側にアドリア海に面した海岸線が少しあるだけで、北にはアルプス山脈が立ちはだかっています。
四国は高速道路割引制度のおかげで観光客が大幅増加したようですが(今は知らんけどね)、この国も隣国クロアチア絶賛フィーバー中の影響を受けて観光客が多くなってきました。もともと豊富な観光資源を最大限活用しているようです。元祖観光大国のイタリアにも近いし、まだまだ旅行者は増えそう。

«  | ホーム |  »

プロフィール

takumi

Author:takumi
関西の某外大を卒業して日本社会の荒波へ、しかしまだまだ旅中毒末期患者。モラトリアム期間をなんとかして延長したい。。。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
旅行準備・スケジュール (36)
移動安宿ビザ等国別情報目次 (1)
日本/原付ツーリング (10)
日本/鉄道の旅 (8)
日本/その他 (27)
韓国 (13)
中国 (34)
香港 (3)
マカオ (2)
台湾 (6)
フィリピン (2)
ベトナム (3)
カンボジア (3)
ラオス (6)
タイ (2)
マレーシア (7)
シンガポール (2)
インドネシア (2)
バングラデシュ (7)
インド (4)
ブータン (8)
ネパール (4)
パキスタン (10)
キルギス (22)
カザフスタン (11)
ウズベキスタン (21)
トルクメニスタン (6)
タジキスタン (19)
アフガニスタン (5)
イラン (27)
アルメニア (7)
グルジア (7)
イラク領クルディスタン (11)
アラブ首長国連邦 (5)
ヨルダン (5)
イスラエル (8)
パレスチナ (2)
トルコ (24)
フランス (10)
スペイン (13)
ポルトガル (4)
イタリア (15)
バチカン (1)
サンマリノ (3)
ギリシャ (11)
スイス (2)
ベルギー (6)
ドイツ (3)
チェコ (2)
ハンガリー (5)
スロベニア (7)
クロアチア (6)
ボスニア・ヘルツェゴビナ (4)
セルビア (9)
モンテネグロ (6)
コソボ (7)
マケドニア (6)
アルバニア (9)
ブルガリア (8)
ルーマニア (14)
ウクライナ (2)
チュニジア (5)
アルジェリア (8)
モロッコ (18)
西サハラ (1)
エチオピア (26)
ジブチ (6)
ソマリランド (8)
モーリタニア (11)
セネガル (4)
マリ (12)
カナダ (2)
米国 (2)
メキシコ (2)
キューバ (2)
米領プエルトリコ (1)
ペルー (9)
ボリビア (10)
アルゼンチン (18)
チリ (9)
オーストラリア (2)
ニュージーランド (2)
パプアニューギニア (2)
ソロモン諸島 (3)
バヌアツ (4)
総集編 (18)
訪問国とルート (7)
観光に役立つリンク集、用語集 (3)
世界のサッカー (20)
スタンプ、ビザ (7)
世界の鉄道 (17)
世界のお金 (9)
パクチー栽培日記 (1)

 

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

 

FC2カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR