FC2 Blog Ranking

2017-02

Latest Entries

ハンガリー情報!

※レートおよび情報は2011年10月当時のもの


1フォリント≒¥0.35


・移動情報
○ベオグラード(セルビア)―ブダペスト…列車は一日3本あり、夜行列車は21:21発、所要約9時間。往復で買うと2等2626ディナール(学割なし)。帰りの夜行は23時半発、6:49着。往復切符を持っていれば手続きせずにそのまま乗れます。ソフィア行きなので寝過ごさないよう。ブダペストはどちらも東駅着/発。


・都市別情報
☆ブダペスト Budapest
安宿…アンダンテホステル Andante Hostel:有名日本人宿。オンシーズン(?~10月)€13、オフシーズン(11月~?)€15。人気が高いので予約がベター。公式サイトあり、wifi・キッチン・パソコンつき。シティマップがもらえる。日本人スタッフ在駐。ガイドブックやマンガ、小説、、DVD、情報ノートが揃う。居心地は最高です。旧市街の中にあって雰囲気はいいけど場所が分かりにくい。最寄り駅はメトロ1号線のオクトゴン、東駅からは徒歩20分ほど。

047_20111115064730.jpg

市内交通…メトロ(地下鉄)は3路線。旧市街や鉄道駅を結んでいて便利だが、ブダ側に行くのは不便。同じ路線で3駅先まで有効なチケットが260フォリント、乗換え可で90分有効チケットが320フォリント。駅には検札官が多く、旅行者は集中的に狙われやすいので必ずチケットを買って改札しておきましょう。罰金は6000フォリント。トラムも走っているけど観光客はそんなに使わない。

買い物…中央市場があります。1階は食品市場、2階は土産物屋と食堂。特筆すべきはフォアグラ。ハンガリー名物のフォアグラが格安でゲットできます。これを買ってアンダンテでシェアする人も多いようです。

食事…ランチ時は定食をやっている店が多く、お値打ちです。ハンガリー語で「メニュー」が定食のこと。アンダンテのすぐ近くにはハンガリー料理屋があり、宿泊者は10%割引。グヤーシュ(ハンガリー風ビーフシチュー)はぜひ食べましょう。旧市街には「ありがとう」という日本料理屋もあり、日本人の方がやっているので味は確実。ランチ時には1900フォリントの定食(どんぶり+そば)がある。

温泉情報…ブダペストはヨーロッパ一の温泉都市。セーチェニ温泉は温泉チェスで有名、キャビン(個室脱衣所)で3600フォリント。ゲッレールト温泉は橋近くにあり、キャビン2900フォリント。ともにロッカー利用なら少し安くなります。システムは日本と全く違うので注意。水着必要。ゲイ温泉として有名なのはキラーイ、特に男性専用日の火曜はそれはそれは壮絶な光景が見られるそうです。

学生証情報…市内の中心部デアーク広場北にある旅行代理店VISTAに行けば、パスポートと日本の学生証と証明写真だけで2480フォリントで作ってくれる。所要時間たったの3分。

その他…大学で、ハンガリー人学生による日本語会話教室&飲み会をやっていることがあります。基本的に火曜と金曜、夕方6時半から日本語学科の教室で。詳しくはアンダンテでお問い合わせを。日本人メンバーはブダペストで留学している学生さんがほとんどですが、通りすがりの旅行者も気軽に入れる雰囲気です。興味のある人はぜひ。行って後悔はしないYO!





ではではHAVE A NICE TRIP!
スポンサーサイト

ブダペスト最終日は超日本的一日。

10/28 ハンガリー/ブダペスト →(ハンガリー国鉄急行) 車中泊



ブダペスト最終日。アンダンテはチェックアウト時に鍵を返却して荷物を移動させるだけで、チェックアウト後でも共用スペースやキッチンを使えるとのこと。ありがたや!

またも大学生4人組で、今度は日本料理屋へ。


017 (3)
日本料理屋「ありがとう」

海外の日本料理屋といえば、壁に仰々しく「武士道」とか「侍」とか書いてあったりするくせにシェフが中国人だったりフィリピーノだったりしますが、ここではちゃんと日本の方がやっています。スタッフのハンガリー人も日本語がしゃべれていい感じ。
店内も、自然ーな感じの日本風。というかこの場所だけハンガリーじゃない。

そしてBGMがJ-POP。 サザンとかELTとか。


018 (2)
ピリ辛丼のランチセット 緑茶とあわせて2500フォリント(≒¥880)
おかみさんが大阪の方なので、そばも関西風。

このほかにもカツ丼とか肉味噌丼なんかがあります。日本料理屋にしたら安いほうだけど・・・ これでも十分高いっす。


白菜の漬物を食べたときはほんとに泣きそうになったw
「Japanese food」じゃなくて和食そのものだったから。


この店では日本食材の販売もしています。出前一丁とか日清焼きそばとかw 懐かしすぎるww


024 (2)




025 (2)


そのあとまたまた温泉へ。ブダ側の「ゲッレールト温泉」。

入浴料3050フォリント(≒¥1070、キャビン使用)。ブダペストに来てからオカネが飛びまくってるYO!


基本的なシステムはどの温泉も同じ。なのだが、キャビンがなかなか開かなくてモタモタ。すると・・・


「こここうしたら開くから」

あ、日本の方ですか、どうもあr、と言いかけて見ると、立っていたのはふんどしをつけたハンガリー人のおにーさん。

「なんでそんなに日本語うまいんですか?」「東京で働いてたから」


とにかく日本語が自然な彼。「トーキョー」じゃなくて本当に「東京」って言ってたし。
もっと詳しいこと聞きたかったけど、さすがにふんどし姿のままずっと引き留めるのはかわいそうなのでやめといたww

このふんどしは無料で支給。おそらくこんなものをつける機会はここだけだと思うのでつけてみた。
この写真載せていいかな・・・?やっぱまずいよねww

この温泉もなかなか歴史があるもののようで、セーチェニより風情があるような気がします。日本の温泉に似ているかも。ほとんどの客がふんどしをつけている以外はw
男女に分かれているけどホモオヤジはいなかった。


032 (2)



036 (2)



037 (2)


さて最後にこの街でやり残したことが一つ。それはアンダンテの情報にあった、大学で行われる「日本語会話教室の訪問」。

去年ウズベクで大学の日本語の授業を参観し、アルメニアでも日本文化センターを訪問したtakumiとしては、ぜひとも行っておきたい。実は延泊を決めた理由はこのこともあったり。毎週火曜と金曜の夜しかやってないようなので。
しかし管理人の方いわく、この情報は1年前のやつだそうで、今やっているかどうかはわからないそうな。しかも今ハンガリーの大学はテスト期間中、いまやっている可能性は低いかも。。。とのこと。
それでも集合時間と場所を聞き出し、大学へ行ってみた。


集合場所は大学の入り口だということだったが、どうも集まる気配がない。日本語学科の教室を聞き出し、そこへいってみると・・・

ちゃんとやってた。だいたい20人ほど、日本人とハンガリー人が半々ぐらい。


日本人が結構多いのでびっくり。ほとんどが留学生の方で(それもハンガリー語だけでなく、音楽や獣医学を勉強している方もいたり)、ほかに旅行者、日本人学校の校長さん?、出張でブダペストに来たけど会社に命令されてなんかわからないけどやってきたぜ、という方など、なかなかカオスな顔ぶれ。
日本でハンガリー語学科がある大学は阪大しかないので、ほとんどの方がそこから留学してきたとのこと。神戸出身で同い年、しかもめちゃくちゃ近所の方を発見してジモトークで盛り上がったりw 学○都市に居○伝できたよーとか、名○駅前にサイ○リヤがオープン!とかw
うちの大学にもできないかなあ、ハンガリー学科。まあ需要が・・・


日本語を勉強している外国人に必ず聞くこと、それは「どうして日本語を勉強しようと思ったのですか?」

やっぱりアニメから入ったという人が多かった。あとは単純に面白いからとか。まあ3つも文字がある言語、世界にそうあるわけじゃないしなあ。
一番うけた理由は、「日本人の彼女がほしかったからデス」。


042 (2)
会話教室終了後に行ったバーで。

いきなりポンッと来てしまったけど、みなさんそんなことお構いなしに歓迎してくれ、いろいろ話しかけてくれた。日本語を学んでいるハンガリー人たちと、ハンガリーに興味を持っている日本人たちが語り合う。究極の国際交流だと思うなあ。どんどんこういう場所に首を突っ込んでいかないと。


ベオグラード行きの夜行列車に乗る前に、荷物を取りに一旦アンダンテに戻る。すると・・・

047_20111115064730.jpg


わ!飲み会やってるじゃないすか!うらやま!

管理人さん、ゲストの皆さん、揃って見送ってくださった。あざっす!

ああ、日本語教室も良かったけどこの飲み会も参加したかったなあ・・・ 体が二つあったらいいのに。


この宿にしろ、日本語教室にしろ、もっともっと長くいたかった。というよりブダペストの街自体、4日間じゃまだまだ足りない。ここまで離れたくないと思った街、来たの初めてだと思う。
今回アンダンテでお会いした方の言葉を借りれば、この宿は、そしてこの街は一旦入ると出たくなくなるセーチェニに温泉のよう。今度来るときにはアンダンテの管理人さんが交代しているかもしれないし、日本語教室のメンバーも変わっているかもしれないけど、絶対また帰ってきます!ウッス!



ベオグラード―ブダペスト夜行、行きはコンパーメント独占できたのに今回はほぼ満員だった。。。

ブダペスト満喫の一日。

10/26, 27 ハンガリー/ブダペスト ブダペスト泊


ブダペスト小旅行2日目。やっと晴れたぜベイベー。


晴れとるうちにいろいろ名所をまわっておこーぜ、ということでアンダンテの大学生組3人で市内観光。
初対面でもすぐ仲良くなれる雰囲気がこの宿にはあるような気がする。


最初の目的地は、、、マクドナルド。

といってもどのマックでもいいわけじゃありません。やってきたのは・・・


003 (2)
おおおー!



006 (2)
うわあ、ちゃんとマックのマーク!


こちらのマック、世界一豪華なマクドナルドとして有名。アンダンテから徒歩で約10分。


この建物の一部を借りているわけじゃなく、ちゃんと

007_20111114070204.jpg

全部使ってる。


普通のマックセットが約1300フォリント(≒¥450)。念のため他のマックを覗いてみると同じ値段だったw
そして世界一豪華なくせにトイレは有料。ケチ・・・


004_20111114070205.jpg
これはマックの隣の郵便局だったっけ?こんな建物が普通の街角に存在しているのがスゴイ。



013_20111114070203.jpg
英雄広場。歴代の英雄たちが見守っております。名前は一人も分かりません



次の目的地は・・・

022_20111114071616.jpg


これがなんと温泉。

日本にしろ、グルジアにしろ、温泉の建物はどの国も特徴的。

こちらはセーチェニという温泉。ここで有名なのが、

020_20111114070203.jpg

こちらの風呂チェス。間近で撮ろうとしたら妨害されたので、脱衣所からがんばって撮ったw
なんで間近で撮ったらダメなのかなあ。。。たぶん負けそうになって腹立ってたんでしょう。そう思いたい。


入浴料は3600ft(≒¥1300)。これはキャビン(個室の脱衣所)料金なので、日本でおなじみのロッカー方式だと少し安くなります。
これと引き換えにICチップかなんか入りの腕輪をもらう。その腕輪で、改札を通過しキャビンなりロッカーなりを開ける。ちょーハイテクなんです。

水着着用なのがややアレレですが、グルジア以来の温泉、湯船、しっかり楽しめました。グルジアでは、もう一歩で

グルジアッーーーー!!

なことになりかけたけど、ここではセーフ。
ただ、ある温泉のある曜日ではそれこそアッーー!!アッーー!!アッーー!!の連続らしい。


ちなみに混浴ですが、女性客の8割がおばさまがたです。あまり期待しないように。
 


025_20111114071615.jpg
スケートリンク作成中?





032_20111114071615.jpg



さてブダペストは、ドナウ川東側のブダ地区と西側のペスト地区によって成り立っているというのは有名な話。

昨日ブダ側をちょろっと散策してみたけど、本日の夕方から本格的に散策。


046 (3)



053_20111114071611.jpg
王宮



062_20111114071610.jpg
マ・・・ なんとか教会



066_20111114073605.jpg



071_20111114073605.jpg

うーん、晴れてるってスバラシイ!


晴れているので、本日のメインイベント夜景もこの通り。


079_20111114073604.jpg



080_20111114073604.jpg



085_20111114073603.jpg


なんか思っていたより明かりが寂しい気もするけど・・・ まだ7時ごろだったからかな?


ディナーはまた昨日の店で・・・

090 (2)
グヤーシュ(ハンガリー名物野菜牛肉スープ)



091_20111114074119.jpg
タタールステーキ(生肉のタタキ)
あ、奥で誰かがフォアグラのリゾット頼んでますね。

まあ今のご時勢、日本でもユッケ食べられなくなってきてるしね。ここで生肉食べとかないと。

このステーキが約1600フォリント(≒¥560)と、節約派にとってなかなか痛い。。。
でもグラスワインがたったの160フォリント。つまりたった50円ぐらい。おかげで日本じゃ考えられないワイン漬けの日々。


さらに翌日は、ランチ&セルビアで世話になった方々へのお土産購入のため、またも大学生組と再び中央市場へ。

ここでやってたのが・・・


011_20111114081906.jpg



010_20111114081906.jpg

インドフェアww

百貨店風にいうと大インド物産展w


こちら観光客側としてはあくまでハンガリーらしさを求めているわけで、ここでいきなりインドをぶつけられても困ります。



お食事は2階で。

006 (3)

安い上に、ショーケースにあるものを選んで注文できるのでイイ!

このビールは着席料みたいなもの?らしい。誰が好き好んで真昼間からビール飲むかよ。周りのハンガリー人は飲んでたけど。


007 (2)


土産物屋も2階にある。値引き交渉できました。ハンガリーリーグのチームユニフォームもあった。takumiはオカネなかったので買えなかったけど、マイナーチーム好きの方はぜひぜひ。紫+白の縦じまなんていう珍しいのもあった。ハンガリーリーグ、レベルは分からないけどおもしろそうだなあ。。。



宿に戻って以降、ずっと深夜特急を読みふけるww

おそらくここで読まないと日本に帰るまで読む機会がないので。ああ、アンダンテ居心地いいなあ。。。

General Information of Hungary

Hungary    takumi19番目の訪問国(世界一周中16番目)


地図
hungary.png


国旗
hu100.gif



正式名称 ハンガリー共和国 Republic of Hungary


首都 ブダペスト(人口170万 ≒札幌市と神戸市の間)


5大都市 ブダペスト、デブレツェン、ミシュコルツ、セゲド、ペーチ


面積 9万km2 (≒日本の1/4)


人口 1000万人 (≒神奈川県より少し多い)


民族 ハンガリー人がほとんど


宗教 ローマ・カトリック、プロテスタント(少数)


言語 ハンガリー語


通貨 フォリント(ft) 1ft≒¥0.35 


時差 日本と-8時間(サマータイムあり)


ビザ 不要


第一印象 今まで旅してきた東欧諸国の中では別格。街並み、インフラ、英語の通用度・・ でも物価はそんなに高くない。


すぐ前まで行くつもりじゃなかった国。いろいろあってベオグラードから往復小旅行をすることに。
もともとハンガリー人はアジア系だった、ってのは有名な話。そのおかげでハンガリー語はまわりの言語から完全に独立していて覚えにくいっす。。。
東欧諸国の中では早いうちに資本主義に移行。調べて分かったけど、東ドイツの亡命者を西側に逃す協力をしていたんだってね。これがベルリンの壁崩壊の原因のひとつとか。
現在はチェコ、ポーランドに並ぶ東欧の中の観光大国。首都ブダペストの街並みは世界遺産、温泉もある。そういえばブダペストには日本人宿や日本料理店が多い。日本人にあってる街なんかなあ・・・

ついにやって来た本格派ヨーロッパ。

10/26 ハンガリー/(ハンガリー国鉄急行)→ ブダペスト ブダペスト泊



車掌氏に「ブダペスト!」と叫ばれてさあ一日スタート。

ぬあ、夜行列車とかバスでここまで寝てたの初めてだなあ・・・ と思ってホームに降りようとすると。


列車がいきなり動き出す。しかも逆走。


おい、これ・・・


車庫行き!?


あたふたしていると急停車。どうも運転手が気づいてくれたらしい。

というわけでブダペスト一日目はハチャメチャのスタート。このハチャメチャを払拭すべく・・・


撮り鉄ww


018_20111113072544.jpg



030_20111113072544.jpg



051 (2)


なんか今までの国と格が違う・・・ 駅も列車も。
行き先もザグレブとかワルシャワとかブカレストとか、聞いているだけでテンションあがるう。

とか思っていると。


043_20111113072543.jpg


おおっ?

046 (2)



なんだこれ?レール・・・ジェット?

この鼻血が出るほどかっこいい列車、国際列車のミュンヘン行き。この車両はオーストリア国鉄のものらしい。

センス良すぎだろ、オーストリア国鉄!



ルンルン気分でハンバーガー屋へ。

メニュー、

HUMBERGER 380フォリント(≒¥130)

SOLT BURGER 250フォリント(≒¥87)

ソルトバーガー・・・ 塩バーガー? バーガーなのはバーガーだし、安いし、とこっち頼みますよね。

すると出てきたのはこれ。


050 (2)
・・・

ブダペストの初食事がフライドポテトだけか。。。


このあと駅を出て宿に向かう途中、手に鳥のウンコが落ちたりと、なかなかいいことなし。ジャケットに落ちなかっただけましか。。。


しかしtakumi、鳥のウンコにも負けずにがんばってブダペスト散策。その結果、この街はどの面をとっても素晴らしー場所であることが分かりました。



まず街並み。


069_20111113072842.jpg



063 (2)



088_20111113072841.jpg



090_20111113072841.jpg



105_20111113073257.jpg
国会議事堂


116_20111113073256.jpg


徹底したまでのザ・ヨーロッパ風街並み。ほんとにここ共産主義国だったのか?

東側から来たので余計感動。今まで行ってきた東欧の大都市は、ほとんど無機質な建物か中途半端に新しい建物しかなかったので。曇っているのがほんとに残念。



135.jpg
ドナウ川にかかるくさり橋



152.jpg
中央市場。ここで自炊の材料買ったあとで、使う予定だった米や調味料をすべてベオグラードに忘れたことに気づいた。アホ。



メシ。


060 (2)
これと、




061 (2)
これで、

990フォリント(≒¥350)!
定食が安い!うまい!



そしてメトロ。


実はブダペストの地下鉄は1896年に開業し、、ロンドンに次いで2番目に古いとのこと。しかも当時のロンドン地下鉄は蒸気で走っていたので、電車に限ると世界初。これは日本に初めて地下鉄ができる30年前のこと。
いや、ブダペストも十分すごいけど、蒸気機関車を地下に走らせるロンドンもなあ。。。


その世界で2番目に古い地下鉄は、現在メトロ1号線として

155.jpg


こんな車両で活躍中。たったの3両、ホームはすばらしく短い&浅いw
開業100周年を記念して当時の車両を復元したものだそうです。by歩き方

トルコのアンカラのメトロに似ているような。。。


一方2号線と3号線の車両は・・・


154.jpg



毎度おなじみ、旧ソ連共通車両。


あ、ハンガリーは旧ソ連じゃなかった。でも元共産主義国どうしということで。


アテネでは全く検札がなかったけど、ここはしょっちゅう。というか旅行者を狙い撃ちしている感じ。いやらしいなあもう。
メトロの1回券は2種類あり、3駅先まで有効で乗り換え不可のやつが260フォリント(≒¥90)、乗り換え可で一定時間有効のやつが320フォリント(≒¥120)。罰金が6000フォリント(≒¥2100)。


唯一のメトロ乗換駅、デアーク駅には、世界で2番目に古い地下鉄をたたえ、地下鉄博物館なるものがあります。

125_20111113073256.jpg



はっきり言ってしょぼいけど、地下鉄ファンの方はぜひ。料金も260フォリント(≒¥90)と安め。


そしてブダペストでのミッション、国際学生証取得も無事達成。市内の中心部デアーク広場北にある旅行代理店に行けば、パスポートと日本の学生証と証明写真だけで2480フォリント(≒¥870)で作ってくれました。所要時間たったの3分。
パスポート以外の身分証明書をすべてコソボで盗まれたtakumiが、どうやってブダペストで学生証を取得できたのか。それはここには書けませんw でもいろんな人の協力がなければ絶対取れなかった。

みなさんは日本の学生証を用意して正々堂々取ってください。というかその前に日本で取ってくださいw


最後は宿。どうしても泊まりたい宿があった。

有名日本人宿、アンダンテ。たぶん東欧を旅する長期旅行者で知らない人はいないと思う。


イスタンブールでのアレレ経験があるからそこまで期待してなかったけど、


評判どおりめっちゃ居心地いい。

何がいいのかよくわからないけど・・・ 雰囲気?
就活終わりの大学生の方が多く、年齢層が近いので話が合ったのもあると思う。

料金は高めだけど(オンシーズン€15、オフシーズン€13)、元は十分に取れました。この日はコモンスペースで管理人さんがガキ使のDVD見てたww




自分のドアホさにより自炊する気が完全になくなったので、宿の皆さんとレストランでディナー。

さてブダペスト名物といえばフォアグラ。この宿の近くの店ではなんとフォアグラのリゾットがたったの880フォリント。なんと世界三大珍味が300円ぐらいで食えるんですぜ!

出てきたのはこれ。


159.jpg

どう見てもチャーハンw

味?味なんか気にしたらいかん!食うことに意義があるんです!



ここアンダンテ、漫画や歩き方がそろいにそろってますが、その中にひっそりと深夜特急全巻があるのを発見。この旅に持ってこなかったのをずっと後悔していた本、これを読破するために延泊(2泊→3泊)決定w

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:takumi
関西の某外大を卒業して日本社会の荒波へ、しかしまだまだ旅中毒末期患者。モラトリアム期間をなんとかして延長したい。。。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
旅行準備・スケジュール (34)
移動安宿ビザ等国別情報目次 (1)
日本/原付ツーリング (10)
日本/鉄道の旅 (8)
日本/その他 (26)
韓国 (13)
中国 (34)
香港 (3)
マカオ (2)
台湾 (2)
フィリピン (2)
ベトナム (3)
カンボジア (3)
ラオス (6)
タイ (2)
マレーシア (7)
シンガポール (2)
インドネシア (2)
バングラデシュ (7)
インド (4)
ブータン (8)
ネパール (4)
パキスタン (10)
キルギス (22)
カザフスタン (11)
ウズベキスタン (21)
トルクメニスタン (6)
タジキスタン (19)
アフガニスタン (5)
イラン (27)
アルメニア (7)
グルジア (7)
イラク領クルディスタン (11)
アラブ首長国連邦 (5)
ヨルダン (5)
イスラエル (8)
パレスチナ (2)
トルコ (24)
フランス (10)
スペイン (13)
ポルトガル (4)
イタリア (15)
バチカン (1)
サンマリノ (3)
ギリシャ (11)
スイス (2)
ベルギー (6)
ドイツ (2)
ハンガリー (5)
スロベニア (7)
クロアチア (6)
ボスニア・ヘルツェゴビナ (4)
セルビア (9)
モンテネグロ (6)
コソボ (7)
マケドニア (6)
アルバニア (9)
ブルガリア (8)
ルーマニア (14)
ウクライナ (2)
チュニジア (5)
アルジェリア (8)
モロッコ (18)
西サハラ (1)
エチオピア (26)
ジブチ (6)
ソマリランド (8)
モーリタニア (11)
セネガル (4)
マリ (12)
カナダ (2)
米領プエルトリコ (1)
ペルー (9)
ボリビア (10)
アルゼンチン (18)
チリ (9)
オーストラリア (2)
ニュージーランド (2)
総集編 (18)
訪問国とルート (7)
観光に役立つリンク集、用語集 (3)
世界のサッカー (20)
スタンプ、ビザ (7)
世界の鉄道 (17)
世界のお金 (9)
パクチー栽培日記 (1)
キューバ (2)

 

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

 

FC2カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR