FC2 Blog Ranking

2017-11

Latest Entries

モンテネグロ情報!

※レートおよび情報は2011年10月当時のもの



€1≒¥103



・移動情報
○ティラナ(アルバニア)―モンテネグロ(ウルツィニなど)…旅行記のページをご覧ください。

○ブドヴァ―コトル…バスで所要1時間、だいたい一時間に一本、荷物代込みで€3.5。出発直前にならないとチケットを売ってくれない。

○コトル―ドブロヴニク(クロアチア)…8:30、14:45発。月・水・土には7:10発もあります。所要2時間半、€14。帰りのバスは10:30、15:00。月・水・土には20:30発もあり。よってコトルからドブロヴニクに日帰りで行く場合、月・水・土を選んだほうが賢明です。ちなみに帰りのバスはユーロ払いだと€3ほど高くなりました。

○コトル―ポドゴリツァ…30分ごとにバスが出ている。所要2時間弱、€9(荷物代込み)。

○ポドゴリツァ―ベオグラード(セルビア)…バスのほうが時間がかからないけど、景勝路線ということなので鉄道(バール鉄道)を選択。昼便と夜行便があり、昼便は10時発、所要約9時間半、€22。食堂車つき(食事メニューはサンドイッチ€2.5のみ)。進行方向左手の席を取るのがいいです。
この路線に限らずセルビア国内の列車はしょっちゅう遅れるらしい。セルビア人の友人いわく3時間遅れは普通だそうです。余裕を持ったスケジュールを。

コトル・ポドゴリツァ・ブドヴァ・バール・ドブロヴニク発のバス時刻表です。
127_20111202071523.jpg


001_20111202071522.jpg


002_20111202071522.jpg


003 (2)


128_20111202071523.jpg
・・・が、ポドゴリツァ発の列車の時刻表は間違っていたので、これもあまり信用しないほうがいいかも。。。


・都市別情報
☆コトル Kotor
安宿…Montenegro Hostel Kotor モンテネグロホステルコトル:プライベートルームを除けば、たぶんこの町唯一の安宿。€13、キッチン・wifi(たまに調子悪い)・パソコンあり。コモンスペースは広くて快適だが、スタッフの機嫌が悪いことがあった。旧市街内ですが、場所は分かりにくいので事前によく調べて。

食事・買い物…旧市街は小さいけど、ピッツェリアやベーカリー、高級レストランが揃う。ホステル近くにスーパーもあり。旧市街入り口の門の外には小さい市場があり、肉や野菜が買える。


☆ポドゴリツァ Podgorica
安宿…Montenegro hostel Podogorica モンテネグロホステルポドゴリツァ:€13、wifi・キッチンあり。建物の2階にある。レセプションは時々いなくなり、けっこうテキトー。ここの場所も分かりにくいが、駅やバスターミナルから徒歩5分で行ける。近くにスーパーあり。

DSC07526.jpg

モンテネグロホステルはこのほかにブドヴァにもあり、それぞれのホステルを通じて予約すると割引がある。

ポドゴリツァは第二次大戦で古い街並みがほぼ破壊されたそうで、今まで訪れた首都の中で一番つまらないところでした。何人かの知り合いも酷評していました。乗り換え以外ではわざわざ寄るところではないと思います。



ではではHAVE A NICE TRIP!
スポンサーサイト

ヨーロッパ屈指の景勝路線でセルビア入り。

10/20 モンテネグロ/ポドゴリツァ →(モンテネグロ/セルビア鉄道普通)→ セルビア/ベオグラード ベオグラード泊


この日モンテネグロを出国、セルビア入り。トルコのワークキャンプで会ったセルビア人の友人たちと合流する予定でございます。


両首都とはバスと鉄道で結ばれていますが、旧ユーゴ諸国では基本的にバスのほうが使いやすい。この区間もその例に漏れず。

しかし、モンテネグロとセルビアを結ぶ「バール鉄道」、日本じゃほっとんど知名度はないけど、ヨーロッパを代表する景勝路線とのこと。歩き方にも、「この路線は移動手段だけではなく、それ自体を観光の目的として乗ってみたい」的なことが書いてある。

これは鉄道ファンとして乗ってみるしかないでしょう!


セルビア人の友人A君が

「おい、セルビアの鉄道は3時間遅れるぞ」

といっていたので一瞬ためらったけどw



列車は10時ちょうど発なのでそれまでに・・・


やっぱり撮り鉄ww

026 (2)

お、なんだこの路面電車みたいな機関車?こいつ客車引っ張れるのか?


なんて思ってたら。。。


028 (2)

あ、こいつに乗るのね。。。


セルビアの首都ベオグラードまで€22(バスだともう少し高いはず)、9時間半弱の列車の旅の始まり始まり。



034_20111105090100.jpg

いきなり高い鉄橋!



039 (2)




040_20111105090059.jpg




047 (2)



うーん、これは凄い。こんなとこによく線路敷いたなあ。



さて、国境。

ここで懸念していたこと。それは、コソボの国境スタンプが押された状態でセルビアに入国することが可能なのか、ということ。

セルビアからコソボに抜ける場合は100%オッケー(コソボはセルビアを国として認めているため)。一方、コソボからセルビアへは直接入国できないらしい。じゃあこの場合のように、コソボを出国し、他国を経由してセルビアに入ろうとした場合はどうなるかと言うと、情報が錯綜してるんだよなこれが。

一応外務省は、このルートを勧めていない。


とりあえずモンテネグロは難なく出国。そしてセルビア側の係員にパスポートを渡すと、軽く舌打ちしてパスポートを通路に持っていく。。。


お、これ。。。


入国拒否!?


と思ったのはたったの20秒間、一瞬で入国スタンプが押されて戻ってきたw



セルビアに入ると車窓は落ち着き、フッツーの東欧の田舎の風景に。


結局予定から1時間遅れでベオグラード着。まず美人の友人Sさんが駅まで迎えに来てくれ、その後カフェでA君と合流。
彼曰く、「1時間遅れ?おお、普通だね」とのこと。

というわけでやって来たベオグラード、10年以上前にコソボでいろいろあったせいでNATO軍から爆撃食らったけど、まったくそんな風に見えない。というか、今まで旅した東欧の都市の中で一番発展している気がする。あちこちにマクドナルド、でかくて斬新なデザインの官公庁の建物、新型トラム・・・


よお!NATOに負けんな!がんばれべオグラード!

と勝手にYELLを送っていると、友人たちから一言。「カダフィ殺されたの知ってる?」


ああ、ついにやったか反政府軍。これはリビアの新しい夜明けか、それとも・・・

なんとかこの旅行中にリビア行きを目指そうとしている自分にとっては、まあいいニュース。

「カダフィ、セルビアにも来たことあるけど、ラクダと一緒にテンと張って寝たんだって、ハハハ」なんて話を聞く。アメリカにいい感情を持ってない、ということでカダフィに親近感を持っているのかも。


この日はA君の部屋に泊まることに。彼の実家はベオグラードから遠いので、マンションに一人暮らし。そのマンションが、

リビングとキッチンがセパレート、でかいソファ付き・・・


で、月€200!?

おいおい、月5万のおれの部屋、この部屋の半分の広さだぞい。



気が利く男A君、インフォメーションで観光資料をいろいろ持ってきてくれたようでした。
それらを見ていると、セルビアの地図に必ずコソボが含まれているのに気づく。そりゃそうなるわな。簡単に独立なんて認めさせたくないし。
セルビアがコソボを独立させたくない理由は、先月のコソボ旅行ではっきり分かったばかり。


明日から友人たちと一緒に行動!

栄えあるつまらない首都ランクNo.1。

10/19 モンテネグロ/コトル →(Autoboka アウトボカ社バス)→ ポドゴリツァ ポドゴリツァ泊


首都のポドゴリツァに向かいます。頻発で€9(荷物代こみ)。あまり安いとは言えぬ・・・
所要時間は2時間かかりません。小さい国なので。


おお!アドリア海があんなとこに!

003_20111104220925.jpg



・・・とか思っていると、次第に山岳地帯に入り・・・

008_20111104220922.jpg



盆地?平野?が見えてきた。

010_20111104220921.jpg


そしてポドゴリツァ到着。


さて、いままでに見たor聞いたポドゴリツァ評は次の通り。

歩き方「残念ながら第2次世界大戦によって街の多くは破壊されたため、古い建物は少ししか残っていない」

ブルガリア人のやたらJリーグに詳しいおっさん「Go to Budva,Kotor,Bar and Cetinje..Podgorica not so nice..」

アルバニア・モンテネグロ間をヒッチハイクさせてくれたデビッドさん(ポドゴリツァ在住)「ここあまりいいとこないから。。。」

トルコのワークキャンプで会ったSさん(セルビア人)「ugly」


とまあ散々。


で、そういう先入観もあったのか、やっぱり魅力的には程遠い街に思えてしまう。


011_20111104220920.jpg
列車はきれい。でも駅はしょぼい・・・



020_20111104220920.jpg
共和国広場



021_20111104221756.jpg



022_20111104221756.jpg
唯一の歴史的建造物?時計塔


takumiの独断と偏見で決めた世界の首都つまらないランク
ポドゴリツァ≧プリシュティナ>ティラナ>>>>>・・・



そんな場所ですが、レストランやファーストフード店は多い。歩き方に載ってたよさそうな店は見つからなかったけど、ふらふら歩いて見つけた店で遅いランチ。

018_20111104220920.jpg
スタッフがすすめてくれた、そのまんま鳥の唐揚げ(モンテネグロ名ポペツィ)。€4


まあ過ごしやすそうな町だけど、観光にはなあ。。。


今晩の宿は「モンテネグロホステルポドゴリツァ」、コトルのホステルと同系列(他にブドヴァにも)。どうもこのホステル相互間で予約すると1割引になるらしいので(€13→€11.2)。というかこの町にここしか安宿なさそうだし。


コトルもあまりいい宿とは言えなかったけど、ここも。別にレセプションの性格が悪いとかじゃないけど、とにかくここテキトーすぎる。

まず3時ごろに行ってみると、「6時までランチしてるからまた後できてネ☆」との貼り紙。

6時までランチ・・・?


6時が過ぎてやっとチェックインできたけど、その後またレセプションが失踪。夜に6人ぐらい西洋人パッカーが来たけど1時間ぐらい放置プレイww


そんなしょーもない町のしょーもないホステルにこれから3泊もするという日本人の方と乾杯!して、モンテネグロ最後の夜が終了。

ドブロヴニクのおまけとは言わせない。コトル。

10/18 モンテネグロ/コトル コトル泊



この日になってようやくコトル観光。

コトルは、ドブロヴニク人気に比例して注目されるようになってきた町。規模こそドブロヴニクに劣るものの、コトル湾の奥に位置する港、その港に接している旧市街、そして城壁は、青い海とゴツい岩山に完全にマッチしています。
というか、この規模の小ささもコトルの魅力の一つのような気がする。。。 旧市街は1時間歩けば1周できるのよ。


009_20111104214555.jpg



012_20111104214554.jpg



013_20111104214554.jpg
あ、セルビア国旗・・・


026_20111104214553.jpg



028_20111104214553.jpg



039_20111104214552.jpg



041_20111104214909.jpg



047_20111104214908.jpg



049_20111104214908.jpg
城壁から。コトル旧市街がどんだけ小さい町かよく分かるね。


その小さい町の小さいパン屋さん、別れ際に「ハヴァナイスデイ!」と言ってくれる。ささいなことだけど、こんなので町の印象がずっと良くなったりするんだよなあ。


063_20111104214907.jpg



071_20111104214907.jpg



075_20111104214906.jpg


うーんこの町、落ち着いていていい感じやのう・・・

とか思っていると、日本人ご年配ツアー客発見。しかも一組だけじゃなく、わんさか押し寄せてくる。完全にドブロヴニクからの日帰りコース。小さい町なので余計目立つなあ・・・

しかも物乞いの子供に金やってたりするし。本人は「マア、なんて私慈善心にあふれているのお!」とか勝手に思っているんでしょう。まあいいや、ほっとこ。


080_20111104215107.jpg



081_20111104215107.jpg


さてさて、最近お金が飛びっぱなしなので自炊でもしてみませう。めんつゆもあるからドンブリでもつくっちゃえ。

と思ってまず米を購入。じゃあ、上に何のせるか。。。

港町なのでシーフードを物色。でも冷凍ものしかない、そして量が多い・・・ 連チャンで自炊するならビッグサイズの物買って冷蔵庫か冷凍庫に放り込んどいたらいいけど、もう明日出発するし。。。
卵を買おうとしても、パックしか売ってくれない模様。こんなときにバザールのありがたみが分かるなあ。


試行錯誤の末できたものは・・・

090_20111104215106.jpg



豚モモ肉?のドンブリ。名づけてモンテネグロ丼。

が、どうも肉が厚すぎてめんつゆに染みていない。しかも米がビチャビチャ。
ご当地料理製作企画第1弾はほろ苦い結果に。。。

まあ米の炊き方が分かってよかったっす。


ドミトリーの同室の美人スウェーデンガール2人、他のゲストとカラオケに行ってしまった。それも夜の12時から。takumiも誘われたけど丁重にお断りしましたw やれやれ、タフすぎだろ・・・
そしてまた思う。よくこんなのに勝ったなあ、なでしこ。

General Information of Montenegro

モンテネグロ Montenegro    takumi16番目の訪問国(世界一周中13番目)


国旗
fmontenegro.gif

もし世界かっこいい国旗ランキングがあったらベスト5には入ると思う。ライバルははブータン、スリランカ、お隣のアルバニアとかかな。異論大歓迎。


正式名称 モンテネグロ Montenegro


首都 ポドゴリツァ(人口20万 ≒山口市、甲府市、つくば市、岸和田市)


5大都市 ポドゴリツァ、ニクシッチ、プリェヴリャ、ビイェロ・ポーリェ、ツェティニェ


面積 1万km2 (≒福島県)


人口 62万人 (≒鳥取県、鹿児島市)


民族 モンテネグロ人4割、セルビア人3割、その他ボスニア人、アルバニア人など


宗教 キリスト教正教、イスラム教が少数


言語 モンテネグロ語(セルビア語のモンテネグロ方言?)


通貨 ユーロ(€) €1≒¥104
※EUじゃありません。独立して間もないから通貨を作る時間がなかったのか。 


時差 日本と-8時間(サマータイムあり)


ビザ 不要


第一印象 とにかく青いアドリア海とごつごつした岩山。自然環境はすばらしいなあ。バスは(アルバニアほどじゃないけど)オンボロ。


2006年にセルビア・モンテネグロ(旧ユーゴスラビア)から独立、現在世界で3番目に新しい独立国。5年前まで同じ国だったセルビアより洗練されたイメージがあるのは、ユーロが流通しているからか?それともキリル文字よりラテンアルファベットのほうが目立つからか?
日本一有名なモンテネグロ人は名古屋グランパスのブルザノビッチ。ビッチがつくし監督の影響もあるし、セルビア人って思っている人が多いかも。というかまずこの人の知名度がどれだけあるかわからないぞ?
人口たったの60万あまり、でもアドリア海沿岸のリゾート地や峡谷など観光資源には事欠かさない。隣国クロアチアが絶賛フィーバー中なので、この国もいい影響を受けている模様。ドブロヴニクから日帰りで行けるし。ユーゴスラヴィアの盟主セルビアを逆転する力を持っているかも?

«  | ホーム |  »

プロフィール

takumi

Author:takumi
関西の某外大を卒業して日本社会の荒波へ、しかしまだまだ旅中毒末期患者。モラトリアム期間をなんとかして延長したい。。。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
旅行準備・スケジュール (37)
移動安宿ビザ等国別情報目次 (1)
日本/原付ツーリング (10)
日本/鉄道の旅 (8)
日本/その他 (28)
韓国 (13)
中国 (34)
香港 (3)
マカオ (2)
台湾 (6)
フィリピン (2)
ベトナム (3)
カンボジア (3)
ラオス (6)
タイ (2)
マレーシア (7)
シンガポール (2)
インドネシア (2)
バングラデシュ (7)
インド (4)
ブータン (8)
ネパール (4)
パキスタン (10)
キルギス (22)
カザフスタン (11)
ウズベキスタン (21)
トルクメニスタン (6)
タジキスタン (19)
アフガニスタン (5)
イラン (27)
アルメニア (7)
グルジア (7)
イラク領クルディスタン (11)
アラブ首長国連邦 (5)
ヨルダン (5)
イスラエル (8)
パレスチナ (2)
トルコ (25)
フランス (10)
スペイン (13)
ポルトガル (4)
イタリア (15)
バチカン (1)
サンマリノ (3)
ギリシャ (11)
スイス (2)
ベルギー (6)
ドイツ (3)
チェコ (2)
ハンガリー (5)
スロベニア (7)
クロアチア (6)
ボスニア・ヘルツェゴビナ (4)
セルビア (9)
モンテネグロ (6)
コソボ (7)
マケドニア (6)
アルバニア (9)
ブルガリア (8)
ルーマニア (14)
ウクライナ (2)
チュニジア (5)
アルジェリア (8)
モロッコ (18)
西サハラ (1)
エチオピア (26)
ジブチ (6)
ソマリランド (8)
モーリタニア (11)
セネガル (4)
マリ (12)
カナダ (2)
米国 (2)
メキシコ (2)
キューバ (2)
米領プエルトリコ (1)
ペルー (9)
ボリビア (10)
アルゼンチン (18)
チリ (9)
オーストラリア (2)
ニュージーランド (2)
パプアニューギニア (3)
ソロモン諸島 (4)
バヌアツ (6)
総集編 (18)
訪問国とルート (7)
観光に役立つリンク集、用語集 (3)
世界のサッカー (20)
スタンプ、ビザ (7)
世界の鉄道 (17)
世界のお金 (9)
パクチー栽培日記 (1)
ロシア (2)

 

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

 

FC2カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR