FC2 Blog Ranking

2017-09

Latest Entries

ギリシャ情報!

※レートおよび情報は2011年10月当時のもの


€1≒¥103


・移動情報
○スコピエ(マケドニア)―テッサロニキ…・・・バスは日曜以外の朝6:00発、所要3時間、€20。テッサロニキではバスターミナルに着くのではなくどっかの道端に下ろされるので、続いて移動する場合はちょっと苦労する。席数が少ないのでチケットは早めに買っといた方がいいです。バスターミナル内のユーロラインのオフィスで購入。鉄道は一日2本、ただしストの可能性あり。

○テッサロニキ―カランバカ…郊外のマケドニアバスターミナル発。乗ったのは12時発のバス、途中トリカラで1時間の乗換え時間をはさみ17時着。€20。

○カランバカ―アテネ…夜行バスは23時発、途中トリカラで1時間の乗り換え時間をはさみ5時半にアテネのリオシオン・バスターミナル(ターミナルB)着。ここから市バスでアテネ中心部に移動できる。€29。

○アテネ―ピレウス…ピレウスはアテネ首都圏の中にあり、メトロ(地下鉄)で移動できます。メトロ1号線でオモニアから20分ほど。シンタグマ広場からトラムでも行けるが、おそろしく遅いのでメトロのほうがいい。

○アテネ―ミケーネ…キフィスウ・バスターミナル(オモニア広場の少し西から市バス51番で20分)からバスあり。1時間に1本ほど出ているらしく、今回乗ったバスは11時半発、13時ごろ着。€10.8。バスはフィクティアという町に着き、ミケーネ遺跡まで4kmほど歩きます。タクシーもあるけど料金は不明。鉄道でもいけますがストライキやってて乗れなかったw

○ミケーネ―ナフプリオン…ミケーネ遺跡前からバスが出る。今回は15時のバスに乗り、所要1時間、€2.8。遺跡がストライキやっててもバスはちゃんと来ましたw

○ナフプリオン―トリポリ…所要1時間ほど、€6.7。

○トリポリ―ミケーネ…ドイツ人学生の修学旅行団についていったので詳しくは不明ですが、まずスパルタまでバスで行き、数キロ歩くようです。またトリポリからのバスの出発点はバスターミナルとは離れたところにあるよう。

○トリポリ―オリンピア…8時半と18時発のバスあり。所要4時間、€12.4。道は悪いです。

○オリンピア―アテネ…まずピルゴスまで行き(所要1時間、€2.2)、そのままアテネ行きバスに乗り換え(所要4時間、€27)。時間によっては直通バスがあるかも。オリンピアで電車が走っているのを見たので、これでピルゴスまで行けるかもしれない。アテネのキフィスウ・バスターミナルに着く。

○アテネ―アルバニア…バスは多いが、バスターミナルからは出ていない。オモニア広場と国鉄ラリッサ駅の間の大通りにいくつかある代理店でチケットを購入し、そこらへんのガレージから乗ることになる。Albania Interlines アルバニア・インターラインズ社のバスは19時発と20時発があり(おそらくティラナ行き)、ギロカスタルまで所要約10時間、€25。


・都市別情報
☆カランバカ Kalambaka
安宿…ホステル・トッティとかそんな名前:トッティじいさんが毎日バス停に客引きに来る。言い値が個室€25、結局€20で宿泊。wifiはなく、周りにネット屋は少なめ。

メテオラ情報…メテオラには数多くの岩山があり、その上に6つの修道院がある。バスも出ているが、徒歩でも十分回れる。9時にカランバカの町を出発して夕方4時に戻ってこれました(一部ヒッチハイク)。急坂も多いのでそれなりの覚悟は必要。各修道院は€2、曜日によって入れないところもあるようです。


☆アテネ Athens
市内交通…メトロ(地下鉄)は3路線。ただし1号線はオモニアで分断されているので注意。チケットは1回券€1.2、90分有効券が€1.4で、市バスやメトロ、近郊列車にも乗れるが国際空港へは別料金。コインロッカーがある駅はオモニアとラリッサのみ。

郵便情報…シンタグマ広場の郵便局から小包を送った。英語が通じたけど、3kgほどで€32と高め。パルテノン神殿の置物は途中で壊れていた。

インフォメーションはアクロポリス近くにしかないとのこと。また国立博物館近くは昼間でも治安が悪いニオイがプンプンしていた。


☆ピレウス Pireus
サッカー観戦情報…オリンピアコスのホームスタジアム、スタディオ・ヨルギオス・カライスカキスへはメトロ1号線の終点手前、ファリロ駅で下車。スタジアムは駅の目の前。内部にはクラブ公式ショップもあります。チケットブースは17時まで。
以下代表戦情報。 EURO予選クロアチア戦では、€10、€20、€30のチケットがあった。試合直前に行くと€10のチケットは売り切れ。試合当日にはあちこちにグッズショップが出没。発炎筒も焚かれると思うので注意が必要です。


☆ナフプリオン Nafplion
安宿…インフォメーションに行けばプライベートルームを紹介してくれる。二人で€25の部屋に泊まった。wifi・キッチンなしだったがテレビつき。ファーストフード屋も近くにあった。

地図
DSC07525.jpg
赤丸…ツーリストインフォメーション(プライベートルーム紹介)
黄丸…今回泊まったプライベートルーム
緑丸…城塞


☆オリンピア Olimpia
安宿…Pension Leonideon ペンションレオニデオン:バス停から奥に歩き、パレスホテルの十字路を右折、少し行くとある。二人で€25。wifiフリーだが部屋で使うのは厳しいかも(ロビーなら使える)。

地図
DSC07524.jpg
赤丸…ペンションレオニデオン
黄丸…バスターミナル
緑丸…鉄道駅
桃丸…ツーリストインフォメーション
紫丸…オリンピア遺跡入口




ギリシャの遺跡入場料はバックパッカーにとってかなり高い(ほとんど€10以上)。国際学生証があると大活躍する。takumiはコソボで財布ごと盗られたから毎回バカ高い入場料払ってたけどw


また現在ギリシャ全国でストライキがしょっちゅう起こっているようです。電車やバスだけでなく、遺跡や国境など「え、そんなとこも!?」という場所も。日程にはゆとりを持ち、常に情報収集に努めるようにしましょう。

それと同時にデモもしばしばあるようです。

807_20111201001350.jpg

こんなふうに写真なんか撮ったりしないでさっさと逃げましょうw



ではではHAVE A NICE TRIP!

スポンサーサイト

ついにパルテノン神殿へ。

10/9 ギリシャ/アテネ →(Albania Interlines アルバニア・インターラインズ社バス) 車中泊



また時間切れになったら困るので、昼間にさっさとアクロポリスへ。


入場料、大人€12、学生€6。


takumi「すいません、学生なんですけど学生証ホテルに置きわs」

係員「トゥウェルヴ」



断髪式の効果はまだまだ?


054_20111020032454.jpg



055_20111020032453.jpg



058_20111020032453.jpg


肝心の神殿も絶賛工事中。これで€12かあ・・・



070_20111020032452.jpg



071_20111020032452.jpg
古代アゴラ。むかしむかしにソクラテスとかプラトンとかアリストテレスがここで議論してたようですが。。。



ギリシャの歴史に詳しい人や、ここで古代ギリシャ文化が栄えていたことを想像できるような人には感動モンでしょうが、takumiはそんな知識も想像力もないので・・・

やっぱりそんなこと一切なしに楽しめる街歩きが一番いいや。




中心部の広場には、物乞いやゴミ漁りをしている人やパチモンブランドバッグを持ったアヤシイ物売りがうようよ。これがアテネの現実。

物価高に国民の生活が追いついていけず、さらに経済危機。その結果ストライキ、デモ。この国がどんどん落ちぶれていく様子が、旅行者の目にも明らかに分かる。

エーゲ海にある島をオークションに出すとか、パルテノン神殿のネーミングライツを売り出すとかしないと、もうダメなんじゃないか?



2012年X月X日付のニュース:ネーミングライツに売り出されていたパルテノン神殿の正式名称が本日から変わります。その名も「トヨタ自動車神殿」!!

www


ギリシャの産業といえば観光業だけど、今まで見てきた限りこれもやる気が見えない。
「別にたいしたサービスしなくても客足途絶えねーだろー」と思って力を抜いていたら結局廃業に追い込まれた、どこかの高級ホテルやレストランと同じ。




時間が余ったので、前にAさんから聞いていた日本食材店に行ってみる。Aさん、ここで食材を調達して時々和食を作っているそうで。「日本料理は世界で一番おいしい」なんておっしゃっていた。うれしいなあ。


久々の日本食材とのご対面に感動し、カップラーメンとカレーと緑のたぬきとかっぱえびせんとめんつゆを買いだめし、そうめんをAさんちで作って食べていると、あららもう出発の時間。

AさんとUさんと慌しく別れ、走ってバスオフィスへ。バスガレージでは、例の超フレンドリーアルバニアオヤジが見送ってくれました。。。


乗客はほとんどアルバニア人。ああ懐かしい「ポ、ポ、ポ(イエス、イエス、イエス)」の声。コソボ以来のアルバニア語!

穢れ落しに断髪式決行。

10/8 ギリシャ/アテネ アテネ泊



本格的なアテネ観光の前にいろいろやることが。


まずUさんが列車のチケットを購入するため、国鉄のラリッサ駅へ。明日からブルガリアに向かうそうです。

情報だとテッサロニキからソフィアまで夜行列車があるそうですが、ダイヤ改正?かなにかでキャンセルになったとのこと。国際列車って簡単になくなったりするかなあ、普通。



1011.jpg
駅員に包囲されるUさん

結局明日の夜行列車でテッサロニキに行き、バスでソフィアに向かうそうな。せっかくユーレイルパスを持ってらっしゃるのに、もったいない!



一方こちらはアルバニア行きバスを難なく予約。アルバニアなどの国際バスは、大きいバスターミナルから出ているのではなく、ラリッサ駅近くにあっちこっちあるガレージから出発。バスオフィスはラリッサ駅とオモニア広場との間に集中。歩き方にはこの情報一切載ってません。。。
予約したのはアルバニア・インターラインズ社。アルバニア南部のギロカスタルまで一日2本(19時発と20時発)、€25。時間はティラナ行きも同じかな?アルバニア人と思われるスタッフのおっちゃんがやけにフレンドリーで、アルバニアへの期待が膨らむ。英語一切しゃべれなかったけどw


マックでのランチをはさんで、パソコンを購入しに行く。ペロポネソス小旅行の前に、カウチサーフィンホストのAさんから「パソコンの修理は無理って店から連絡来たヨ」って聞いてたので・・・


最近ジョブズさんが亡くなられたので、追悼の意味も込めてマックにしようとしたけど、なんと最低でも€1000。。。 もう1ヶ月旅行できるぞ。

で、結局スタッフの勧めもあってTURBO-Xという中国メーカーのに決定。€300、これでこの店の最低ライン。
TURBO-X、聞きなれないメーカーですが、スタッフいわく

「ギリシャではトーシバの次に人気ありますよ、ミスター!」

とのこと。ほんまかいな。


ジョブズさんごめんなさい!


出費はかかったけど、キーボードにギリシャ文字が書かれていてかっこいいww




夕方になってやっとパルテノン神殿のあるアクロポリスへ向かう、が。。。


そこに向かう地下鉄が遅すぎる。。。 しかも途中で急停車する始末。


で、アクロポリスに着いたのが閉館10分後。アテネ2日目に続いてまたしても阻まれる。。。



1021.jpg
アクロポリス近くの岩。景色は良いけど、足元タバコだらけ・・・



1019.jpg


1031.jpg



さて、コソボ以来パソコン壊れーの、財布盗まれーの、宿の部屋から閉め出されーの、ストライキに遭いーのと、尋常ではない散々な目に遭っております。昨日はサッカー観戦から帰ってきたらAさんご一家がまだ帰ってきておらず、30分ぐらいマンションの外でまちぼーけする羽目になったし。
本来ならお祓いをしてもらう必要があるのですが、ここは日本と遠く離れたギリシャ。シャーマンぐらいならいるかもしれないけどお祓い師はいない。

そこで、突然ながら穢れ落としのため断髪式をすることに。付き添え人?はもちろんUさん。バリカンはAさんが快く貸してくださった。感謝!


かくして、アクロポリス近くのカップルいちゃいちゃエリアの端っこで、

「おいこのエリアにヘンな東洋人2人入ってきたぞ、これゲイちゃーうんか?」的ギリシャ人視線を尻目に断髪式開始。。。



が、途中でバリカンがバッテリー切れのためストップw
髪は、後頭部が不自然な状態になったまま。


結局手を組んで後頭部を隠したまま、Aさん宅に戻って再び続行することに・・


断髪式最中も災難。。。 相当ついてないな。。。





1038.jpg
完成品。Aさんとの豪華ボーズコラボww


明日からいいことあるかな!?

海外サッカー観戦企画第4弾@ギリシャ。

10/7 ギリシャ/オリンピア →(バス、社名不明)→ ピルゴス →(バス、社名不明)→ アテネ →(メトロ)→ ピレウス →(メトロ)→ アテネ アテネ泊


朝から世界遺産のオリンピア遺跡観光。名前のとおり、古代オリンピックが開催された場所ですね。その競技場のほかにも神殿などの跡がある。



で、そんな有名観光地なのですが、インフォメーションの職員はみなさん英語ダメ。ほとんどの一般人は英語ペラペラなのに、何でこんな人ばっか雇ったのか・・・ やっぱり観光に関してやる気が見えない、この国。



遺跡の入場料は、一般€6、学生€3。

「学生証コソボで盗まれたんですう~~~~お願いしますう~~~~~」と頼んでも、無愛想な受付のオヤジ、シックス!としか言わない。もういやんなってくる。ま、盗まれたのが悪いか。

肝心の遺跡も、


944.jpg



946.jpg
これが競技場。


952.jpg


・・・そろそろ遺跡飽き??

オリンピアからアテネへはピルゴスで乗換え。合計約€30。んもう高い。

ピルゴスにはアテネ行きのバスがちょうど出発した直後に着いた。するとバス会社の職員さん、「とりあえず市バスに乗れ」と言ってくる。

よく分からないまま市バスに乗ると、少し行ったところにアテネ行きのバスが止まっていた。これ、俺らのためにバスを止めてくれたってこと?
この国、ヘンなとこで融通が利いたりするので油断なりません。

オリンピアからアテネまで、乗り換え時間ほとんどなしで約5時間。観戦予定のサッカーEURO予選に余裕で間に合った!!



サッカーEURO予選、ギリシャvsクロアチア戦の会場はピレウスのスタジアム。チケットを買いに行くと、€10のチケットは売り切れて€20のしかなかった。全然ノープロブレムじゃないやんけ。でも2000円で代表戦が見れるって安いほうか。
スタジアムでUさんのロンドンの友人と合流。3人でスタジアムへ。


このカード、フツーに見れば地味そうですが、実は予選首位がかかった重要な試合。この試合を含めて残り2試合、現在このグループはクロアチアがトップで勝ち点差1でギリシャが追う展開。つまりホームのギリシャが勝てば首位逆転!グループ2位だと一番成績がよかったチーム以外プレーオフにまわらなければいけないので、どちらも負けられない試合。

ギリシャは2004年に奇跡のEURO優勝を果たしてからは、 南アフリカw杯に出場したりとそれなりに力をつけています。エースはフランクフルト所属のゲカス。
一方のクロアチアは1998年フランスW杯で初出場で3位。こちらも国際大会の常連。ドイツW杯では日本とも対戦(柳沢のQBK事件があった試合ですね)。こちらのエースはトットナムのモドリッチ。


958.jpg



962.jpg
陽気なクロアチアサポ。「ボバン!シュケル!プロシネツキ!」と叫んでいたら、首にギリシャのマフラーを巻いているにもかかわらずクロアチアサッカー帽をプレゼントしてくれた。往年のクロアチア選手の名前を覚えていた甲斐があったw




964.jpg
こちらも陽気なギリシャサポ。経済危機でたまりつつあるストレスをサッカーで発散させているような・・・



発散させすぎて、


963.jpg
試合前から暴動発生w

これギリシャが負けたら血の海になりかねないよ。



970.jpg
キプロスからわざわざご苦労様です。



974.jpg


977.jpg


サッカー観戦恒例のユニフォーム・マフラー購入(計€17)とサポーターとの撮影大会を済ませ、いざ試合開始!

ちなみに購入したユニフォームは8番のカツラニス選手のでした。誰ww


984.jpg


989.jpg


なんと試合開始5分でギリシャサポとクロアチアサポが発炎筒の投げ合い。うわあ。。。初めて発炎筒見たよ。。。



試合中断したものの、こんなこと慣れているのか、サササッと機動隊が出動してそのまま試合続行。日本だったら間違いなく試合中止w


で、ギリシャ代表のプレースタイルですが、とにかくロングボールをどんどん放り込むガチムチサッカー。でもパスもドリブルも雑なのですぐ奪われる。このサッカーでEURO優勝したとは到底思えないなあ。。。
そういやウィキペディアにも、「典型的な堅守速攻サッカー」「超古典的サッカー」とか書いてあったっけ。

一方のクロアチア、こちらは典型的なパスサッカー。確かフランスW杯のときの週刊朝日だったかの特集に、「クロアチア選手は下半分を塗りつぶしたメガネをかけてパス練習している」との記事があったような。これがほんとなら、速いパス回しができるのも納得。
しかし引き分けでも十分なためか、あまり攻め急がない。

そしてサポーター。数は多いけど、トルコと比べると統一感がないような・・・ 国民性? 熱狂さは変わらないけど。
あとクロアチアのセットプレーではキッカーのレーザー光線を浴びせたり。


0-0でハーフタイム。「少なくともギリシャの勝ちはないですね」「そうなったらクロアチアサポ生きて帰れるか分からんな、ハハハハ」なんて会話をする。


993.jpg


ところがところが後半にコーナーキックからギリシャが先制!


1002.jpg


1004.jpg


1005.jpg



1006.jpg
あらら、また発炎筒。。。

さらにまたしてもコーナーから1点追加。

結局そのまま試合終了。内容では勝ってても試合に勝てるとは限らない、サッカーの怖さを見せ付けられた90分(発炎筒騒ぎもあったからホントは100分くらい?)でした。


1007.jpg


それにしてもクロアチアサポの哀れなこと。試合前の暴動でサポーターにケガ人が出るわ、試合中に発炎筒投げ込まれるわ、押しまくっていたのにセットプレーから失点して負けるわ・・・



1009.jpg
ギリシャサポ「Thank you fou your support!!」
「だってギリシャ負けたらあんたらまた暴動起こすでしょ(ボソッ)」


とりあえず無事に帰れて何より。

ドイツ人学生たちとミストラ観光。

10/6 ギリシャ/ナフプリオン →(バス、社名不明)→ トリポリ →(貸切バス)→ ミストラ →(バス、社名不明)→ トリポリ →(バス、社名不明)→ オリンピア オリンピア泊
€1≒¥103

本日は世界遺産の遺跡、ミストラとオリンピアへ移動。まずはその拠点、トリポリへ。


ギリシャのトリポリだけじゃなくてリビアのトリポリにも行きたいなあ・・・ やっぱ今回の旅行では無理かなあ・・・


そのトリポリバスターミナルのチケット窓口がよろしくない。オリンピアまで、わざと乗り換え必要な高いチケットを買わせようとしてきたし、チケットをキャンセルしようとすると渋ってくるし。
一般人の持っているホスピタリティが観光関係の人間にもあれば、この国はもっと旅行しやすくなるのになあ・・・ 観光資源も多いことだし、もったいない。


ここからミストラへはまず徒歩で20分ほど離れた別のターミナルに行き、スパルタで乗り換えるとのこと。やっぱり旅しにくい。めんどくさいなあ。。。

と思っていると、怪しげな白髪のおっさんから「往復€10でミストラに連れったってあげるよ」との申し出。しかも後ろに大学生ぐらいの男女20人ぐらいをぞろぞろ引き連れている。


ますます怪しいので詳しく聞いてみると、おっさんはドイツの学校の先生で、学生と旅行しているとのこと。修学旅行なのかサークルの旅行なのか、結局よく分かりませんでしたが。
それにしてもドイツ人学生でかすぎる。女子でさえほとんどtakumiぐらいの身長がある。よくこんなにデカイやつらに勝ったなあ、なでしこ。

かくしてドイツ人学生団体に日本人2人が紛れ込むという奇妙な事態に。これでバスの中で日独友好ムードが生まれ、、、



たらよかったのですが、話しかけてくれるのは先生だけで、学生さんは誰一人話しかけてきませんでした。遺跡には興味あっても東洋人には興味ないらしい。。。


貸し切りバスなので、本来なら乗り換えるはずのスパルタもあっさり通過。有名な場所なので寄ってみたい気持ちもあったけど、よく名前を聞く割りに遺跡の規模はしょぼいらしいのでまあいいか。
そしてミストラ。今日はストライキはないようですww

888.jpg


898.jpg


906.jpg


ペロポネソス半島の見所はほとんど古代ギリシャの遺跡だけど、この遺跡は中世のビザンツ帝国のもの。丘の斜面に宮殿、教会の廃墟が広がってます。
沢木耕太郎の「深夜特急」を読んでから行きたかった場所。あんなに深夜特急を読みまくったのに、荷物になると思ってこの旅行に持ってこなかったんだよな。少々重くても持ってきたらよかった、といまさら後悔。


912.jpg


913.jpg


914.jpg


というかわざわざこんな斜面に町をつくらなくても。。。 ちょっとは後世に観光する人間のことも思いやってくれよ。しんどいなあ。


917.jpg


923.jpg


938.jpg


939.jpg


トリポリに戻って今度はオリンピアへ。半島を一周するなら絶対通らなければならないこのコース、でもバスは1日2本(8時半、18時半)しかないらしい。トリポリからオリンピアまで€12.4、約4時間。例のドイツグループもついてきた。


そんなわけでオリンピアに着いたのが夜中。目当てのユースホステルは閉まっていたけど、近くにツイン€25のペンションを見つけて一段落。よかったよかった。

«  | ホーム |  »

プロフィール

takumi

Author:takumi
関西の某外大を卒業して日本社会の荒波へ、しかしまだまだ旅中毒末期患者。モラトリアム期間をなんとかして延長したい。。。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
旅行準備・スケジュール (36)
移動安宿ビザ等国別情報目次 (1)
日本/原付ツーリング (10)
日本/鉄道の旅 (8)
日本/その他 (27)
韓国 (13)
中国 (34)
香港 (3)
マカオ (2)
台湾 (6)
フィリピン (2)
ベトナム (3)
カンボジア (3)
ラオス (6)
タイ (2)
マレーシア (7)
シンガポール (2)
インドネシア (2)
バングラデシュ (7)
インド (4)
ブータン (8)
ネパール (4)
パキスタン (10)
キルギス (22)
カザフスタン (11)
ウズベキスタン (21)
トルクメニスタン (6)
タジキスタン (19)
アフガニスタン (5)
イラン (27)
アルメニア (7)
グルジア (7)
イラク領クルディスタン (11)
アラブ首長国連邦 (5)
ヨルダン (5)
イスラエル (8)
パレスチナ (2)
トルコ (24)
フランス (10)
スペイン (13)
ポルトガル (4)
イタリア (15)
バチカン (1)
サンマリノ (3)
ギリシャ (11)
スイス (2)
ベルギー (6)
ドイツ (3)
チェコ (2)
ハンガリー (5)
スロベニア (7)
クロアチア (6)
ボスニア・ヘルツェゴビナ (4)
セルビア (9)
モンテネグロ (6)
コソボ (7)
マケドニア (6)
アルバニア (9)
ブルガリア (8)
ルーマニア (14)
ウクライナ (2)
チュニジア (5)
アルジェリア (8)
モロッコ (18)
西サハラ (1)
エチオピア (26)
ジブチ (6)
ソマリランド (8)
モーリタニア (11)
セネガル (4)
マリ (12)
カナダ (2)
米国 (2)
メキシコ (2)
キューバ (2)
米領プエルトリコ (1)
ペルー (9)
ボリビア (10)
アルゼンチン (18)
チリ (9)
オーストラリア (2)
ニュージーランド (2)
パプアニューギニア (2)
ソロモン諸島 (3)
バヌアツ (4)
総集編 (18)
訪問国とルート (7)
観光に役立つリンク集、用語集 (3)
世界のサッカー (20)
スタンプ、ビザ (7)
世界の鉄道 (17)
世界のお金 (9)
パクチー栽培日記 (1)

 

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

 

FC2カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR